Windows 10 バージョン1809での外部記憶域メディアの既定の削除ポリシーの変更

Windows では、2つの主要なポリシー (クイック削除パフォーマンスの向上) が定義されています。これは、USB サムドライブや Thunderbolt 対応の外部ドライブなどの外部ストレージデバイスとシステムの対話方法を制御します。 Windows 10 バージョン1809以降では、既定のポリシーはクイック削除されています。

以前のバージョンの Windows では、既定のポリシーのパフォーマンスが向上していました。

各外部デバイスのポリシー設定は変更できますが、設定したポリシーは、デバイスを切断してから同じコンピューターのポートに再接続した場合に有効になります。

詳細

[記憶域デバイス] ポリシー設定を使用して、必要に応じて、Windows が記憶域デバイスを管理する方法を変更できます。 ポリシー設定には、次のような効果があります。

  • クイック削除: このポリシーは、デバイスをいつでも削除できるように、ストレージ操作を管理します。 ハードウェアの安全な処理を使わずにデバイスを削除することができます。 ただし、この操作を行うには、Windows でディスク書き込み操作をキャッシュすることはできません。 これにより、システムのパフォーマンスが低下することがあります。
  • パフォーマンスの向上: このポリシーは、システムのパフォーマンスを向上させる方法で記憶域の操作を管理します。 このポリシーが有効になっていると、Windows は外部デバイスへの書き込み操作をキャッシュできます。 ただし、[ハードウェアの安全な削除] を使用して外部ドライブを取り外す必要があります。 [ハードウェアの安全な削除] は、すべてのキャッシュされた操作が完了したことを確認して、デバイス上のデータの整合性を保護します。

    重要

    適切なパフォーマンスポリシーを使用する場合は、[ハードウェアの安全な削除] を使用してデバイスを削除する必要があります。 安全な取り外しの手順に従ってデバイスを取り外すか接続を解除すると、データが失われる可能性があります。

    注意

    [パフォーマンスの向上] を選択した場合は、デバイスで [書き込みキャッシュを有効にする] も選択することをお勧めします。

外部ストレージデバイスのポリシーを変更するには、次の操作を行います。

  1. デバイスをコンピューターに接続します。
  2. [スタート] を右クリックし、[エクスプローラー] を選択します。
  3. エクスプローラーで、デバイスに関連付けられている文字またはラベル ( USB ドライブ (D:) など) を確認します。
  4. [スタート] を右クリックし、[ディスク管理] を選択します。
  5. [ディスク管理] ウィンドウの下部で、デバイスのラベルを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

    [ディスクの管理] で、デバイスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  6. [ポリシー] を選択し、使用するポリシーを選択します。

    ディスク管理のポリシーオプション