64ビット版の Windows の適切なページ ファイル サイズを決定する方法

ページ ファイルのサイズ変更は、システム クラッシュ ダンプの設定要件と、システム コミット料金のピーク使用率または予想されるピーク使用率によって異なります。 どちらの考慮事項も、同一のシステムに対しても、各システムに固有です。 つまり、ページ ファイルのサイズ変更は各システムに固有であり、一般化できません。

適切なページ ファイル サイズを決定する

サーバーのすべてのバージョンのページ ファイルのサイズ変更には、次のWindowsをWindowsしてください。

クラッシュ ダンプの設定

システムクラッシュ中にクラッシュ ダンプ ファイルを作成する場合は、ページ ファイルまたは専用のダンプ ファイルが存在し、システム クラッシュ ダンプ設定をバックアップするのに十分な大きいサイズである必要があります。 それ以外の場合、システム メモリ ダンプ ファイルは作成されません。

詳細については、「システム クラッシュ ダンプのサポート」セクションを参照 してください。

システムコミットのピーク料金

システム コミットの料金は、システム コミットの制限を超えすることはできません。 この制限は、物理メモリ (RAM) とすべてのページ ファイルの合計です。 ページ ファイルが存在しない場合、システム コミットの制限は、インストールされている物理メモリよりわずかに小さい値になります。 システムにコミットされたメモリ使用量のピークは、システムによって大きく異なる場合があります。 したがって、物理メモリとページ ファイルのサイズ変更も異なります。

アクセス頻度の低いページの数

ページ ファイルの目的は、アクセス** 頻度の低い変更されたページを物理メモリから削除できるよう、ページ ファイルをバック (サポート) することです。 これにより、アクセス頻度の高いページの空き領域が広がります。 "\Memory\Modified Page List Bytes" パフォーマンス カウンターは、ハード ディスク宛ての頻繁にアクセス頻度の低い変更ページの数を測定します。 ただし、変更されたページ リストのすべてのメモリがディスクに書き込まれるわけではありません。 通常、数百メガバイトのメモリが変更されたリストに残ります。 したがって、次のすべての条件に当てはまる場合は、ページ ファイルの拡張または追加を検討してください。

  • 使用可能な物理メモリ (\Memory\Available MBytes) が必要です。

  • 変更されたページ リストには、大量のメモリが含まれている。

  • 既存のページ ファイルはかなりいっぱいです (\Paging Files(*)% Usage)。

システム クラッシュ ダンプのサポート

システムが正しく実行できない場合は、システムクラッシュ ("バグ チェック" または "Stop error" とも呼ばれる) が発生します。 このイベントから生成されるダンプ ファイルは、システム クラッシュ ダンプと呼ばれる。 ページ ファイルまたは専用のダンプ ファイルを使用して、クラッシュ ダンプ ファイル (Memory.dmp) をディスクに書き込みます。 したがって、ページ ファイルまたは専用のダンプ ファイルは、選択したクラッシュ ダンプの種類をサポートするのに十分な大さである必要があります。 それ以外の場合、システムはクラッシュ ダンプ ファイルを作成できません。

注意

起動時に、システムで管理されるページ ファイルは、システム クラッシュ ダンプ設定に合ったサイズに設定されます。 これは、十分な空きディスク領域が存在することを前提とします。

システム クラッシュ ダンプの設定 ページ ファイルの最小サイズ要件
小さなメモリ ダンプ (256 KB) 1 MB
カーネル メモリ ダンプ カーネル仮想メモリ使用量に依存
完全なメモリ ダンプ 1 x RAM+ 257 MB*
自動メモリ ダンプ カーネル仮想メモリ使用量に依存します。 詳細については、「自動メモリ ダンプ」を参照してください。

* 1 MB のヘッダー データとデバイス ドライバーは、256 MB のセカンダリ クラッシュ ダンプ データを合計できます。

[ 自動メモリ ダンプ] 設定 は既定で有効になっています。 これは、クラッシュ ダンプの種類ではなく設定です。 この設定では、システムクラッシュの頻度に応じて、最適なページ ファイル サイズが自動的に選択されます。

自動メモリ ダンプ機能は、最初は小さなページング ファイル サイズを選択します。 ほとんどの場合、カーネル メモリに対応します。 システムが 4 週間以内に再度クラッシュした場合、自動メモリ ダンプ機能は、ページ ファイルサイズを RAM サイズまたは 32 GB のいずれか小さい方に設定します。

カーネル メモリ クラッシュ ダンプには、仮想メモリ使用量のカーネル モード側に対応するのに十分なページ ファイル領域または専用のダンプ ファイル領域が必要です。 前のクラッシュから 4 週間以内にシステムが再びクラッシュした場合、再起動時に完全メモリ ダンプが選択されます。 これには、メモリからダンプされる可能性のあるすべてのデータをサポートするために、少なくとも物理メモリ (RAM) のサイズに 1 MB のヘッダー情報と 256 MB の可能性のあるドライバー データのページ ファイルまたは専用ダンプ ファイルが必要です。 繰り返しますが、システム管理のページ ファイルは、この種類のクラッシュ ダンプを戻すまで増加します。 ページ ファイルまたは特定のサイズの専用ダンプ ファイルを持つシステムが構成されている場合は、このセクションの前の表に記載されているクラッシュ ダンプの設定と、システムのコミット料金のピークを戻すのに十分なサイズを確保してください。

専用のダンプ ファイル

Microsoft Windows または Microsoft Windows サーバーを実行しているコンピューターには、通常、システム クラッシュ ダンプをサポートするページ ファイルが必要です。 システム管理者は、代わりに専用のダンプ ファイルを作成するオプションを使用できます。

専用のダンプ ファイルは、ページングに使用されないページ ファイルです。 代わりに、システム クラッシュが発生した場合、システム クラッシュ ダンプ ファイル (Memory.dmp) をバックアップする専用のファイルです。 専用のダンプ ファイルは、ページ ファイルをサポートできる任意のディスク ボリュームに置くことができる。 システム クラッシュ ダンプが必要なが、ページ ファイルが必要ない場合は、専用のダンプ ファイルを使用することをお勧めします。

システム管理ページ ファイル

既定では、ページ ファイルはシステムで管理されます。 つまり、ページ ファイルは、インストールされている物理メモリの量、システム コミットの料金を収容するプロセス、システム クラッシュ ダンプを収容するプロセスなど、多くの要因に基づいて増加および減少します。

たとえば、システム コミットの料金がシステム コミット制限の 90% を超える場合、ページ ファイルが増加してバックアップされます。 これは、ページ ファイルが物理メモリのサイズの 3 倍または 4 GB に達するまで続きます。どちらが大きい場合でも発生します。 これはすべて、ページ ファイルをホストしている論理ディスクのサイズが拡大に対応できる十分な大きいと仮定します。

次の表に、11 のシステム管理ページ ファイルの最小サイズと最大ページ Windows 10サイズWindows示します。

ページ ファイルの最小サイズ ページ ファイルの最大サイズ
ページ ファイルの使用状況の履歴、RAM の量 (RAM ÷ 8、最大 32 GB)、クラッシュ ダンプの設定によって異なります。 3 × RAM または 4 GB のどちらが大きいか。 次に、これは 8 のボリューム サイズ÷されます。 ただし、クラッシュ ダンプの設定に必要な場合は、ボリュームの空き領域が 1 GB 以内に増える可能性があります。

パフォーマンス カウンター

いくつかのパフォーマンス カウンターは、ページ ファイルに関連しています。 このセクションでは、カウンターとカウンターの測定方法について説明します。

\Memory\Page/sec および他のハード ページ障害カウンター

次のパフォーマンス カウンターは、ハード ページの障害 (ページ ファイルの読み取りを含むが、これらに限定されない) を測定します。

  • \Memory\Page/sec

  • \Memory\Page 読み取り/秒

  • \Memory\Page Inputs/sec

次のパフォーマンス カウンターは、ページ ファイルの書き込みを測定します。

  • \Memory\Page 書き込み/秒

  • \Memory\Page Output/sec

ハード ページの障害は、ディスクからデータを取得して解決する必要があるエラーです。 このようなデータには、DLL、ファイル、メモリ マップ.exeページ ファイルの一部を含めることもできます。 これらの障害は、ページ ファイルやメモリの少ない状態に関連している場合と関連していない場合があります。 ハード ページ障害は、オペレーティング システムの標準的な機能です。 これらは、次の項目が読み取らされた場合に発生します。

  • イメージ ファイルの一部 (.dllファイル.exeファイル)

  • メモリマップされたファイル

  • ページ ファイル

これらのカウンター (過剰なページング) の値が高い場合は、x86 および x64 バージョンの Windows および Windows Server のページ フォールトあたり通常 4 KB のディスク アクセスを示します。 このディスク アクセスは、ページ ファイルのアクティビティに関連する場合と関連しない場合がありますが、ディスクのパフォーマンスが低下し、関連するディスクが圧倒された場合にシステム全体の遅延が発生する可能性があります。

したがって、ページ ファイルをホストする論理ディスクのディスク パフォーマンスを、これらのカウンターと相関して監視することをお勧めします。 1 秒あたり 100 のハード ページ 障害が発生するシステムでは、1 秒あたり 400 KB のディスク転送が発生します。 ほとんどの 7,200 RPM ディスク ドライブは、IO サイズ 4 KB で 16 KB または 800 KB/秒の IO サイズで、1 秒あたり約 5 MB を処理できます。 パフォーマンス カウンターは、ハード ページの障害が解決される論理ディスクを直接測定します。

\ページング ファイル (*)% 使用法

\Paging File(*)% Usage performance counter は、各ページ ファイルの使用率を測定します。 ページ ファイルの使用率が 100% である場合、システム コミットの制限に達していない限り、および大量のメモリがページ ファイルに書き込まれるのを待てない限り、パフォーマンスの問題は示されない。

注意

変更されたページ 一覧 (\Memory\Modified Page List Bytes) のサイズは、ディスクへの書き込み待ちである変更されたデータの合計です。

[変更済みページ 一覧] (アクセス頻度が最も低い物理メモリ ページの一覧) に大量のメモリが含まれている場合、すべてのページ ファイルの 使用率の %値が 90 より大きい場合は、ページ ファイルを増やしたり追加したりして、より頻繁にページにアクセスできる物理メモリを増やします。

注意

変更されたページ 一覧のすべてのメモリがディスクに書き込まれるとは言えな。 通常、数百メガバイトのメモリが変更されたリストに残ります。

複数のページ ファイルとディスクに関する考慮事項

複数のページ ファイルを含むシステムが構成されている場合、最初に応答するページ ファイルが使用されます。 つまり、高速ディスク上にあるページ ファイルの使用頻度が高くなります。 また、ページ ファイルを "高速" ディスクまたは "低速" ディスクに置くかどうかは、ページ ファイルに頻繁にアクセスする場合と、それぞれのページ ファイルをホストしているディスクが圧倒される場合にのみ重要です。 実際のページ ファイルの使用状況は、システムが管理している変更されたメモリの量に大きく依存します。 つまり、ディスク上に既に存在するファイル (.txt、.doc、.dll、.exe など) はページ ファイルに書き込みされません。 ディスク上に存在しない変更されたデータ (メモ帳 の未保存のテキストなど) だけが、ページ ファイルによってバックアップされる可能性のあるメモリです。 保存されていないデータがファイルとしてディスクに保存された後は、ページ ファイルではなくディスクによってバックアップされます。