カーネルまたは完全なクラッシュダンプを生成するGenerate a kernel or complete crash dump

Windows が正常に動作しない場合、システムがクラッシュする ("バグチェック" または "停止エラー" とも呼ばれます) が発生します。A system crash (also known as a “bug check” or a "Stop error") occurs when Windows can't run correctly. このイベントから生成されるダンプファイルは、システムクラッシュダンプと呼ばれます。The dump file that is produced from this event is called a system crash dump.

手動のカーネルまたは完全なメモリダンプファイルは、クラッシュの発生時にシステムメモリのレコードをキャプチャするプロセスによって、いくつかの問題のトラブルシューティングを行う場合に便利です。A manual kernel or complete memory dump file is useful when you troubleshoot several issues because the process captures a record of system memory at the time of a crash.

ページファイルを設定するSet up page files

システムクラッシュダンプに関するページファイルサイズの要件については、「システムクラッシュダンプのサポート」を参照してください。See Support for system crash dumps for the page file size requirement for system crash dump.

メモリダンプ設定を有効にするEnable memory dump setting

この手順を完了するには、管理者または管理者グループのメンバーとしてログオンしている必要があります。You must be logged on as an administrator or a member of the Administrators group to complete this procedure. コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワークポリシーの設定によってこの手順を完了できないことがあります。If your computer is connected to a network, network policy settings may prevent you from completing this procedure.

メモリダンプ設定を有効にするには、次の手順を実行します。To enable memory dump setting, follow these steps:

  1. コントロールパネルで、[システムとセキュリティ > システム] を選択します。In Control Panel, select System and Security > System.

  2. [詳細システム設定] を選択し、[詳細設定] タブを選択します。Select Advanced system settings, and then select the Advanced tab.

  3. [起動/回復] 領域で、[設定] を選択します。In the Startup and Recovery area, select Settings.

  4. [デバッグ情報の書き込み] で [カーネルメモリダンプ] または [完全メモリダンプ] が選択されていることを確認します。Make sure that Kernel memory dump or Complete memory dump is selected under Writing Debugging Information.

  5. コンピューターを再起動します。Restart the computer.

注意

ダンプファイルのパスを変更するには、[ダンプファイル] フィールドを編集します。You can change the dump file path by edit the Dump file field. 言い換えれば、E:\Memory.dmp. などの十分なディスク領域があるローカルドライブを指すように、.Dmp のパスを変更することができます。In other words, you can change the path from %SystemRoot%\Memory.dmp to point to a local drive that has enough disk space, such as E:\Memory.dmp.

メモリダンプを生成するためのヒントTips to generate memory dumps

コンピューターがクラッシュして再起動すると、物理 RAM の内容が、オペレーティングシステムがインストールされているパーティション上に配置されているページングファイルに書き込まれます。When the computer crashes and restarts, the contents of physical RAM are written to the paging file that is located on the partition on which the operating system is installed.

Windows がインストールされているハードディスクの速度によっては、2 gb を超えるメモリのダンプに時間がかかる場合があります。Depending on the speed of the hard disk on which Windows is installed, dumping more than 2 gigabytes (GB) of memory may take a long time. 最良のケースのシナリオとして、ダンプファイルが別のローカルハードドライブに存在するように構成されている場合でも、大量のデータが読み取られ、ハードディスクに書き込まれます。Even in a best case scenario, if the dump file is configured to reside on another local hard drive, a significant amount of data will be read and written to the hard disks. これにより、サーバーが長時間停止することがあります。This can cause a prolonged server outage.

注意

このメソッドを使用して、完全なメモリダンプファイルを作成します。Use this method to generate complete memory dump files with caution. 理想的には、Microsoft サポートエンジニアから明示的に要求されている場合のみ、この方法をお勧めします。Ideally, you should do this only when you are explicitly requested to by the Microsoft Support engineer. すべての標準のトラブルシューティングの方法が完全に使用された後は、任意のカーネルまたは完全なメモリダンプファイルのデバッグを最後の手段として実行する必要があります。Any kernel or complete memory dump file debugging should be the last resort after all standard troubleshooting methods have been completely exhausted.

メモリダンプファイルを手動で生成するManually generate a memory dump file

NotMyFault ツールを使用するUse the NotMyFault tool

問題が発生している間にログオンできる場合は、Microsoft Sysinternals NotMyFault ツールを使用できます。If you can log on while the problem is occurring, you can use the Microsoft Sysinternals NotMyFault tool. これを行うには、次の手順に従います。To do this, follow these steps:

  1. Notmyfaultツールをダウンロードします。Download the NotMyFault tool.

  2. [スタート] を選択し、[コマンドプロンプト] を選択します。Select Start, and then select Command Prompt.

  3. コマンドラインで、次のコマンドを実行します。At the command line, run the following command:

    notMyfault.exe /crash
    

注意

この操作により、メモリダンプファイルと D1 Stop エラーが生成されます。This operation generates a memory dump file and a D1 Stop error.

NMI を使用するUse NMI

一部のコンピューターでは、キーボードを使用してクラッシュダンプファイルを生成することはできません。On some computers, you cannot use keyboard to generate a crash dump file. たとえば、hewlett-packard の開発会社からのヒューレット・パッカード (HP) BladeSystem サーバーは、ブラウザベースのグラフィカルユーザーインターフェイス (GUI) で管理されます。For example, Hewlett-Packard (HP) BladeSystem servers from the Hewlett-Packard Development Company are managed through a browser-based graphical user interface (GUI). キーボードが HP BladeSystem サーバーに接続されていない。A keyboard is not attached to the HP BladeSystem server.

このような場合、システムプロセッサで NMI を発生させるノンマスク割り込み (NMI) スイッチを使用して、完全なクラッシュダンプファイルまたはカーネルクラッシュダンプファイルを生成する必要があります。In these cases, you must generate a complete crash dump file or a kernel crash dump file by using the Non-Maskable Interrupt (NMI) switch that causes an NMI on the system processor.

これを行うには、次の手順に従います。To do this, follow these steps:

重要

このセクションの手順に慎重に従います。Follow the steps in this section carefully. 誤ってレジストリを変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。Serious problems might occur if you modify the registry incorrectly. 問題が発生した場合は、変更する前にレジストリをバックアップして復元します。Before you modify it, back up the registry for restoration in case problems occur.

  1. レジストリエディターで、次のレジストリサブキーを見つけます。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControlIn Registry Editor, locate the following registry subkey: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl

  2. [ CrashControl] を右クリックし、[新規作成] をポイントして、[ DWORD 値] をクリックします。Right-click CrashControl, point to New, and then click DWORD Value.

  3. 「NMICrashDump」と入力して、enter キーを押します。Type NMICrashDump, and then press Enter.

  4. [ Nmicrashdump] を右クリックし、[変更] を選択します。Right-click NMICrashDump, and then select Modify.

  5. [値のデータ] ボックスに「 1」と入力し、[ OK] を選択します。In the Value data box, type 1, and then select OK.

  6. コンピューターを再起動します。Restart the computer.

  7. HP、IBM、Dell などのハードウェアベンダーは、自動システム回復 (ASR) 機能を提供することがあります。Hardware vendors, such as HP, IBM, and Dell, may provide an Automatic System Recovery (ASR) feature. トラブルシューティングの際には、この機能を無効にする必要があります。You should disable this feature during troubleshooting. たとえば、HP と Compaq の ASR 機能が BIOS で有効になっている場合は、トラブルシューティングを行って完全な memory.dmp ファイルを生成するときに、この機能を無効にします。For example, if the HP and Compaq ASR feature is enabled in the BIOS, disable this feature while you troubleshoot to generate a complete Memory.dmp file. 正確な手順については、ハードウェアベンダーにお問い合わせください。For the exact steps, contact your hardware vendor.

  8. BIOS で NMI スイッチを有効にするか、内蔵のライトアウト (iLO) Web インターフェイスを使用します。Enable the NMI switch in the BIOS or by using the Integrated Lights Out (iLO) Web interface.

    注意

    詳細な手順については、BIOS リファレンスマニュアルを参照するか、ハードウェアベンダーにお問い合わせください。For the exact steps, see the BIOS reference manual or contact your hardware vendor.

  9. NMI スイッチを使用して、サーバー上でこのメソッドをテストし、ダンプファイルを生成します。Test this method on the server by using the NMI switch to generate a dump file. STOP 0x00000080 ハードウェア誤動作が表示されます。You will see a STOP 0x00000080 hardware malfunction.

キーボードを使用するUse the keyboard

キーボードを使用したシステムクラッシュの強制Forcing a System Crash from the Keyboard

デバッガーを使用するUse Debugger

デバッガーからのシステムクラッシュの強制Forcing a System Crash from the Debugger