Windows ライブラリWindows libraries

適用対象: Windows 10、Windows 8.1、Windows 7、windows server 2016、windows server 2012 R2、windows server 2012、Windows server 2008 R2Applies to: Windows 10, Windows 8.1, Windows 7, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2

ライブラリは、ユーザーのコンテンツ用の仮想のコンテナーです。Libraries are virtual containers for users’ content. ライブラリには、ローカル コンピューターまたはリモートのストレージの場所に格納されているファイルとフォルダーを含めることができます。A library can contain files and folders stored on the local computer or in a remote storage location. Windows エクスプローラーでは、他のフォルダーとのやり取りと同様の方法でライブラリを操作できます。In Windows Explorer, users interact with libraries in ways similar to how they would interact with other folders. ライブラリは、ユーザーが使い慣れている従来の既知のフォルダー ([マイドキュメント]、[マイピクチャ]、[マイミュージック] など) に基づいて作成され、これらの既知のフォルダーは既定のライブラリに自動的に含まれ、既定の保存場所として設定されます。Libraries are built upon the legacy known folders (such as My Documents, My Pictures, and My Music) that users are familiar with, and these known folders are automatically included in the default libraries and set as the default save location.

ユーザー向けの機能Features for Users

Windows ライブラリは、完全なコンテンツ検索とリッチなメタデータによってサポートされています。Windows libraries are backed by full content search and rich metadata. ライブラリには、次のような利点があります。Libraries offer the following advantages to users:

  • 複数のストレージロケーションのコンテンツを1つの統一されたプレゼンテーションに集約します。Aggregate content from multiple storage locations into a single, unified presentation.
  • ユーザーがメタデータに基づいてライブラリのコンテンツを重ねてグループ化できるようにします。Enable users to stack and group library contents based on metadata.
  • Windows エクスプローラーまたは [スタート] メニューから、複数の記憶域の場所にわたる高速でフルテキスト検索を可能にします。Enable fast, full-text searches across multiple storage locations, from Windows Explorer or from the Start menu.
  • ライブラリに含まれるファイルの種類に基づいて、カスタマイズされたフィルター検索候補をサポートします。Support customized filter search suggestions, based on the types of files contained in the library.
  • ユーザーが新しいライブラリを作成して、どのフォルダーを含めるかを指定できるようにします。Enable users to create new libraries and specify which folders they want to include.

管理者向けの機能Features for Administrators

管理者は、次の方法で Windows ライブラリを構成および制御できます。Administrators can configure and control Windows libraries in the following ways:

  • ライブラリの説明 (* library) ファイルを作成して展開することにより、カスタムライブラリを作成します。Create custom libraries by creating and deploying Library Description (*.library-ms) files.
  • 既定のライブラリを非表示にするか、削除します。Hide or delete the default libraries. (ライブラリノード自体は、エクスプローラーのナビゲーションウィンドウで非表示にしたり削除したりすることはできません。)(The Library node itself cannot be hidden or deleted from the Windows Explorer navigation pane.)
  • 既定のユーザーが使用できる一連のライブラリを指定し、既定のユーザーから派生するユーザーにそれらのライブラリを配置します。Specify a set of libraries available to Default User, and then deploy those libraries to users that derive from Default User.
  • ライブラリに含める場所を指定します。Specify locations to include in a library.
  • ライブラリから既定の場所を削除します。Remove a default location from a library.
  • 環境がファイルのローカルキャッシュをサポートしていない場合は、「インデックス付きのファイルデータグループポリシーに依存する Windows ライブラリの機能を無効にする」を使用して、高度なライブラリ機能を削除します。Remove advanced libraries features, when the environment does not support the local caching of files, by using the Turn off Windows Libraries features that rely on indexed file data Group Policy. これにより、すべてのライブラリ basic (インデックスの要件と基本ライブラリを参照)、[スタート] メニュー検索のスコープからライブラリが削除され、混乱を招く可能性のあるユーザーやリソースを消費しないようにするために、他の機能を削除します。This makes all libraries basic (see Indexing Requirements and Basic Libraries), removes libraries from the scope of the Start menu search, and removes other features to avoid confusing users and consuming resources.

ライブラリの詳細More about Libraries

企業を適切に管理するために理解しておく必要があるライブラリについては、次の重要な情報を参照してください。The following is important information about libraries you may need to understand to successfully manage your enterprise.

ライブラリのコンテンツLibrary Contents

ライブラリにフォルダーを含めることで、ファイルまたはフォルダーの保存場所が物理的に移動または変更されることはありません。ライブラリは、それらのフォルダーを表示します。Including a folder in a library does not physically move or change the storage location of the files or folders; the library is a view into those folders. ただし、ライブラリ内のファイルを操作しているユーザーは、ファイルのコピー、移動、削除を行うことができます。これらのファイルはコピーされません。However, users interacting with files in a library are copying, moving, and deleting the files themselves, not copies of these files.

既定のライブラリと既知のフォルダーDefault Libraries and Known Folders

既定のライブラリには、次のものがあります。The default libraries include:

  • ドキュメントDocuments
  • ミュージックMusic
  • ピクチャPictures
  • ビデオVideos

ライブラリは、ユーザーが使い慣れた従来の既知のフォルダー ([マイドキュメント]、[マイピクチャ]、[マイミュージック] など) に基づいて構築されます。Libraries are built upon the legacy known folders (such as My Documents, My Pictures, and My Music) that users are familiar with. これらの既知のフォルダーは既定のライブラリに自動的に含まれ、既定の保存場所として設定されます。These known folders are automatically included in the default libraries and set as the default save location. つまり、ユーザーがドキュメントライブラリにファイルをドラッグ、コピー、または保存すると、そのファイルは [マイドキュメント] フォルダーに移動、コピー、または保存されます。That is, when users drag, copy, or save a file to the Documents library, the file is moved, copied, or saved to the My Documents folder. 管理者とユーザーは、既定の保存場所を変更できます。Administrators and users can change the default save-to location.

既定のライブラリを非表示にするHiding Default Libraries

ユーザーまたは管理者は、既定のライブラリを非表示にしたり、削除したりすることはできますが、[ライブラリ] ノードは非表示にすることも削除することもできません。Users or administrators can hide or delete the default libraries, though the libraries node in the Navigation pane cannot be hidden or deleted. 既定のライブラリを非表示にすることは、アプリを削除する場合に適しています。 Windows Media Player などのアプリケーションは既定のライブラリに依存しており、コンピューター上に存在しない場合はそれらを再作成します。Hiding a default library is preferable to deleting it, as applications like Windows Media Player rely on the default libraries and will re-create them if they do not exist on the computer. 手順については、「既定のライブラリを非表示にする方法」をご覧ください。See How to Hide Default Libraries for instructions.

ライブラリの既定の保存場所Default Save Locations for Libraries

各ライブラリには、既定の保存場所があります。Each library has a default save location. ライブラリ内の特定の場所ではなく、ライブラリにファイルを保存またはコピーすることをユーザーが選択した場合、ファイルはこの場所に保存またはコピーされます。Files are saved or copied to this location if the user chooses to save or copy a file to a library, rather than a specific location within the library. 既知のフォルダーは、既定の保存場所です。ただし、ユーザーは別の保存場所を選ぶことができます。Known folders are the default save locations; however, users can select a different save location. ユーザーがライブラリから既定の保存場所を削除した場合、次の場所が新しい既定の保存場所として自動的に選択されます。If the user removes the default save location from a library, the next location is automatically selected as the new default save location. ライブラリの場所が空であるか、含まれているすべての場所を保存できない場合、保存操作は失敗します。If the library is empty of locations or if all included locations cannot be saved to, then the save operation fails.

インデックス作成の要件と "基本" ライブラリIndexing Requirements and “Basic” Libraries

特定のライブラリ機能は、インデックスが作成されるライブラリの内容によって異なります。Certain library features depend on the contents of the libraries being indexed. ライブラリの場所は、ローカルインデックス作成の際に使用できるようにするか、Windows インデックスプロトコルに準拠した方法でインデックス処理する必要があります。Library locations must be available for local indexing or be indexed in a manner conforming to the Windows Indexing Protocol. ライブラリ内の1つ以上の場所でインデックス処理が有効になっていない場合、ライブラリ全体が基本的な機能に戻ります。If indexing is not enabled for one or more locations within a library, the entire library reverts to basic functionality:

  • [並べ替え] ビュー使ったメタデータ参照はサポートされません。No support for metadata browsing via Arrange By views.
  • Grep のみの検索。Grep-only searches.
  • Grep のみの検索候補。Grep-only search suggestions. 入力候補で使用できるプロパティは、[日付の変更サイズ] のみです。The only properties available for input suggestions are Date Modified and Size.
  • [スタート] メニューからの検索はサポートされません。No support for searching from the Start menu. [スタート] メニュー検索は、基本的なライブラリからファイルを返しません。Start menu searches do not return files from basic libraries.
  • コンテンツモードで返される検索結果のファイルスニペットのプレビューは表示されません。No previews of file snippets for search results returned in Content mode.

この機能が制限されないようにするには、ライブラリ内のすべての場所をローカルまたはリモートでインデックス付けする必要があります。To avoid this limited functionality, all locations within the library must be indexable, either locally or remotely. ユーザーがローカルフォルダーをライブラリに追加すると、Windows によって場所がインデックス作成のスコープに追加され、コンテンツがインデックス処理されます。When users add local folders to libraries, Windows adds the location to the indexing scope and indexes the contents. リモートでインデックスが作成されていないリモートの場所は、オフラインファイル同期を使用してローカルインデックスに追加することができます。Remote locations that are not indexed remotely can be added to the local index using Offline File synchronization. これにより、場所がリモートである場合でも、ユーザーはローカルストレージの利点を享受できます。This gives the user the benefits of local storage even though the location is remote. フォルダーを "常にオフラインで使える" にすると、フォルダーのファイルのローカルコピーが作成され、それらのファイルがインデックスに追加され、ローカルとリモートのコピーの同期が維持されます。ユーザーは、リモートでインデックスが作成されていない場所で手動で同期を行うことができます。また、フォルダーリダイレクションを使用しないで、ローカルでインデックス処理を行うことができます。Making a folder “Always available offline” creates a local copy of the folder’s files, adds those files to the index, and keeps the local and remote copies in sync. Users can manually sync locations which are not indexed remotely and are not using folder redirection to gain the benefits of being indexed locally.

インデックス作成を有効にする方法については、「ライブラリの場所のインデックス作成を有効にする方法」を参照してください。For instructions on enabling indexing, see How to Enable Indexing of Library Locations.

環境がローカルでのファイルのキャッシュをサポートしていない場合は、インデックス付きのファイルデータグループポリシーに依存する Windows ライブラリ機能を無効にする必要があります。If your environment does not support caching files locally, you should enable the Turn off Windows Libraries features that rely on indexed file data Group Policy. これにより、すべてのライブラリが基本的になります。This makes all libraries basic. 詳細については、「 Windows の検索、参照、整理のためのグループポリシー」を参照してください。For further information, see Group Policy for Windows Search, Browse, and Organize.

フォルダリダイレクションFolder Redirection

ライブラリファイル自体をリダイレクトすることはできませんが、フォルダーリダイレクションを使用して、ライブラリに含まれる既知のフォルダーをリダイレクトすることができます。While library files themselves cannot be redirected, you can redirect known folders included in libraries by using Folder Redirection. たとえば、既定のドキュメントライブラリに含まれている "マイドキュメント" フォルダーをリダイレクトすることができます。For example, you can redirect the “My Documents” folder, which is included in the default Documents library. 既知のフォルダーをリダイレクトする場合は、完全なライブラリ機能を維持するために、送信先がインデックス付きであるか、常にオフラインで使用できることを確認する必要があります。When redirecting known folders, you should make sure that the destination is either indexed or always available offline in order to maintain full library functionality. どちらの場合も、エクスポート先フォルダーのファイルにインデックスが付けられ、ライブラリでサポートされます。In both cases, the files for the destination folder are indexed and supported in libraries. これらの設定はサーバー側で構成されます。These settings are configured on the server side.

サポートされているストレージの場所Supported storage locations

次の表は、Windows ライブラリでサポートされている場所を示しています。The following table show which locations are supported in Windows libraries.

サポートされている場所Supported Locations サポートされていない場所Unsupported Locations
固定ローカルボリューム (NTFS/FAT)Fixed local volumes (NTFS/FAT) リムーバブルドライブRemovable drives
インデックスが作成された共有 (部署内サーバー *、Windowshome Pc)Shares that are indexed (departmental servers*, Windowshome PCs) リムーバブルメディア (Dvd など)Removable media (such as DVDs)

DFS 名前空間経由でアクセスできる、またはフェールオーバークラスターの一部であるネットワーク共有Network shares that are accessible through DFS Namespaces or are part of a failover cluster
オフラインで使用できる共有 (オフラインファイルを使用するリダイレクトフォルダー)Shares that are available offline (redirected folders that use Offline Files) オフラインまたはリモートでインデックスが作成されていないネットワーク共有Network shares that aren't available offline or remotely indexed

ネットワーク接続ストレージ (NAS) デバイスNetwork Attached Storage (NAS) devices
その他のデータソース: SharePoint、Exchange などOther data sources: SharePoint, Exchange, etc.

\ * 部門サーバー上でインデックスが作成されている共有の場合、Windows Search はワークグループで適切に機能します。または、ワークグループサーバーと同様の特性を持つドメインサーバーで動作します。* For shares that are indexed on a departmental server, Windows Search works well in workgroups or on a domain server that has similar characteristics to a workgroup server. たとえば、Windows Search は、次の特徴を持つ1つの共有部門サーバーで適切に動作します。For example, Windows Search works well on a single share departmental server with the following characteristics:

  • 予想される最大負荷は、4つの同時クエリ要求です。Expected maximum load is four concurrent query requests.
  • 期待されるインデックスコーパスは、最大100万ドキュメントです。Expected indexing corpus is a maximum of one million documents.
  • ユーザーがサーバーに直接アクセスします。Users directly access the server. つまり、サーバーは DFS 名前空間経由では利用できません。That is, the server is not made available through DFS Namespaces.
  • 障害が発生した場合、ユーザーは別のサーバーにリダイレクトされません。Users are not redirected to another server in case of failure. つまり、サーバークラスターは使用されません。That is, server clusters are not used.

ライブラリの属性Library Attributes

次のライブラリ属性は、Windows エクスプローラー、[ライブラリ管理] ダイアログ、またはライブラリ説明ファイル (* library-ms) で変更できます。The following library attributes can be modified within Windows Explorer, the Library Management dialog, or the Library Description file (*.library-ms):

  • 名前Name
  • ライブラリの場所Library locations
  • ライブラリの場所の順序Order of library locations
  • 既定の保存場所Default save location

ライブラリアイコンは、ライブラリの説明のスキーマファイルを直接編集することによって、管理者またはユーザーが変更することができます。The library icon can be modified by the administrator or user by directly editing the Library Description schema file.

ライブラリの説明ファイルの作成については、MSDN のライブラリの説明のスキーマに関するトピックを参照してください。See the Library Description Schema topic on MSDN for information on creating Library Description files.

関連項目See also

概念Concepts

その他のリソースOther resources