グループ ポリシーによる Windows 10 のスタート画面とタスク バーのカスタマイズCustomize Windows 10 Start and taskbar with Group Policy

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10

ユーザー向けの情報をお探しの場合は、Looking for consumer information? スタート メニューのカスタマイズに関するページをご覧ください。See Customize the Start menu

Windows 10 Pro、Enterprise、Education では、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使って、カスタマイズしたスタート画面とタスク バーのレイアウトをドメイン内のユーザーに展開できます。In Windows 10 Pro, Enterprise, and Education, you can use a Group Policy Object (GPO) to deploy a customized Start and taskbar layout to users in a domain. イメージを再作成することなく、レイアウトが含まれている .xml ファイルを上書きするだけで、レイアウトを簡単に更新できます。No reimaging is required, and the layout can be updated simply by overwriting the .xml file that contains the layout. これにより、スタート画面とタスク バーのレイアウトをさまざまな部署や組織に合わせて最小限の管理オーバーヘッドでカスタマイズできます。This enables you to customize Start and taskbar layouts for different departments or organizations, with minimal management overhead.

このトピックでは、ユーザーのサインイン時にカスタマイズされたスタート画面とタスク バーのレイアウトを表示するようにグループ ポリシー設定を更新する方法について説明します。This topic describes how to update Group Policy settings to display a customized Start and taskbar layout when the users sign in. これらの設定を使ってドメインベースの GPO を作成することで、カスタマイズしたスタート画面とタスク バーのレイアウトをドメイン内のユーザーに展開できます。By creating a domain-based GPO with these settings, you can deploy a customized Start and taskbar layout to users in a domain.

警告

スタート画面のフル レイアウトをこの方法で適用すると、ユーザーがスタート画面でアプリをピン留めしたり、ピン留めを外したり、アンインストールしたりすることはできなくなります。When a full Start layout is applied with this method, the users cannot pin, unpin, or uninstall apps from Start. ユーザーは [すべてのアプリ] ビューですべてのアプリを表示して開くことはできますが、スタート画面にいずれのアプリもピン留めすることはできません。Users can view and open all apps in the All Apps view, but they cannot pin any apps to Start. 部分的なスタート画面のレイアウトが適用された場合、指定されたタイルのグループの内容は変更できませんが、ユーザーは、これらのグループを移動でき、また独自のグループを作成してカスタマイズすることもできます。When a partial Start layout is applied, the contents of the specified tile groups cannot be changed, but users can move those groups, and can also create and customize their own groups. タスク バーのレイアウトを適用しても、ユーザーは引き続きアプリをピン留めしたりピン留めを外したりすることができ、ピン留めしたアプリの順序を変更することもできます。When you apply a taskbar layout, users will still be able to pin and unpin apps, and change the order of pinned apps.

開始する前に: スタート画面のレイアウトのカスタマイズとエクスポートBefore you begin: Customize and export Start layout

オペレーティング システムの要件Operating system requirements

Windows 10 バージョン 1607 では、グループ ポリシーによるスタート画面とタスク バーのレイアウトの制御が、Windows 10 Enterprise と Windows 10 Education でサポートされています。In Windows 10, version 1607, Start and taskbar layout control using Group Policy is supported in Windows 10 Enterprise and Windows 10 Education. Windows 10 バージョン 1703 では、グループ ポリシーによるスタート画面とタスク バーのレイアウトの制御が、Windows 10 Pro でもサポートされています。In Windows 10, version 1703, Start and taskbar layout control using Group Policy is also supported in Windows 10 Pro.

GPO は、Windows 10 の必要な ADMX と ADML ファイル (StartMenu.admx と StartMenu.adml) がインストールされているいずれのコンピューターからも構成できます。The GPO can be configured from any computer on which the necessary ADMX and ADML files (StartMenu.admx and StartMenu.adml) for Windows 10 are installed. グループ ポリシーでは、ADMX ファイルは、[管理用テンプレート] カテゴリのレジストリベースのポリシー設定を定義するために使われます。In Group Policy, ADMX files are used to define Registry-based policy settings in the Administrative Templates category. 管理用テンプレート ファイルのセントラル ストアを作成する方法については、Microsoft サポート技術情報の記事 929841 (Windows Vista 用に書かれていますが、Windows 10 でも適用されます) をご覧ください。To find out how to create a central store for Administrative Templates files, see article 929841, written for Windows Vista and still applicable in the Microsoft Knowledge Base.

スタート画面のレイアウトの制御のしくみHow Start layout control works

スタート画面とタスク バーのレイアウトは、3 つの機能によって制御できます。Three features enable Start and taskbar layout control:

  • Windows PowerShell の Export-StartLayout コマンドレットを使って、現在のスタート画面のレイアウトの記述を .xml ファイル形式でエクスポートします。The Export-StartLayout cmdlet in Windows PowerShell exports a description of the current Start layout in .xml file format.

    注意

    マウントした Windows イメージにスタート画面のレイアウトをインポートするには、Import-StartLayout コマンドレットを使います。To import the layout of Start to a mounted Windows image, use the Import-StartLayout cmdlet.

  • スタート画面の .xml ファイルを変更して <CustomTaskbarLayoutCollection> を追加したり、タスク バーの構成専用の .xml ファイルを作成したりすることができます。You can modify the Start .xml file to include <CustomTaskbarLayoutCollection> or create an .xml file just for the taskbar configuration.

  • グループ ポリシーで、[タスク バーと [スタート] メニュー] 管理用テンプレートの [スタート画面のレイアウト] 設定を使って、ポリシーの適用時に .xml ファイルからスタート画面とタスク バーのレイアウトが設定されるようにします。In Group Policy, you use the Start Layout settings for the Start Menu and Taskbar administrative template to set a Start and taskbar layout from an .xml file when the policy is applied. グループ ポリシー オブジェクトでは空のタイル レイアウトがサポートされないため、空の場合は Windows の既定のタイル レイアウトが読み込まれます。The Group Policy object doesn't support an empty tile layout, so the default tile layout for Windows is loaded in that case.

注意

Windows 10 の展開時に基幹業務アプリを含めるようにスタート画面をカスタマイズする方法については、「Windows 10 のスタート画面をカスタマイズする」をご覧ください。To learn how customize Start to include your line-of-business apps when you deploy Windows 10, see Customize the Windows 10 Start layout.

グループ ポリシーを使ってカスタマイズしたスタート画面のレイアウトをドメインに適用するUse Group Policy to apply a customized Start layout in a domain

ドメイン内のユーザーにスタート画面とタスク バーのレイアウトを適用するには、グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) を使って、[タスク バーと [スタート] メニュー] 管理用テンプレートの [スタート画面のレイアウト] ポリシー設定を指定するドメインベースのグループ ポリシー オブジェクト (GPO) をドメインのユーザー用に構成します。To apply the Start and taskbar layout to users in a domain, use the Group Policy Management Console (GPMC) to configure a domain-based Group Policy Object (GPO) that sets Start Layout policy settings in the Start Menu and Taskbar administrative template for users in a domain.

GPO によって、ユーザーの次回サインイン時にスタート画面とタスク バーのレイアウトが適用されます。The GPO applies the Start and taskbar layout at the next user sign-in. ユーザーがサインインするたびに、スタート画面とタスク バーのレイアウトの .xml ファイルのタイムスタンプが確認され、より新しいバージョンのファイルがあれば、最新バージョンのファイルの設定が適用されます。Each time the user signs in, the timestamp of the .xml file with the Start and taskbar layout is checked and if a newer version of the file is available, the settings in the latest version of the file are applied.

GPO は、Windows 10 の必要な ADMX と ADML ファイル (StartMenu.admx と StartMenu.adml) がインストールされているいずれのコンピューターからも構成できます。The GPO can be configured from any computer on which the necessary ADMX and ADML files (StartMenu.admx and StartMenu.adml) for Windows 10 are installed.

スタート画面とタスク バーのレイアウトの .xml ファイルは、ユーザーのサインイン時にそのユーザーのコンピューターから使用できる共有ネットワーク ストレージに置く必要があり、ユーザーはそのファイルへの読み取り専用アクセスが許可されている必要があります。The .xml file with the Start and taskbar layout must be located on shared network storage that is available to the users’ computers when they sign in and the users must have Read-only access to the file. ユーザーが最初にサインインしたときにそのファイルへのアクセスが可能になっていない場合、スタート画面とタスク バーはそのセッションの間はカスタマイズされず、ユーザーはスタート画面に変更を加えることができなくなります。If the file is not available when the first user signs in, Start and the taskbar are not customized during the session, but the user will be prevented from making changes to Start. それ以降のサインインでは、サインイン時にファイルを利用できるようになっていれば、そのファイルに格納されているレイアウトがスタート画面とタスク バーに適用されます。On subsequent sign-ins, if the file is available at sign-in, the layout it contains will be applied to the user's Start and taskbar.

ドメインへの GPO の展開について詳しくは、「グループ ポリシー オブジェクトを操作する」をご覧ください。For information about deploying GPOs in a domain, see Working with Group Policy Objects.

グループ ポリシーを使ってカスタマイズしたスタート画面のレイアウトをローカル コンピューターに適用するUse Group Policy to apply a customized Start layout on the local computer

ローカル グループ ポリシー エディターを使って、ローカル コンピューターでサインインするいずれのユーザーにも、カスタマイズしたスタート画面とタスク バーのレイアウトが適用されるようにできます。You can use the Local Group Policy Editor to provide a customized Start and taskbar layout for any user who signs in on the local computer. サインインするユーザーすべてにカスタマイズしたスタート画面とタスク バーのレイアウトを表示するには、[タスク バーと [スタート] メニュー] 管理用テンプレートの [スタート画面のレイアウト] ポリシー設定を構成します。To display the customized Start and taskbar layout for any user who signs in, configure Start Layout policy settings for the Start Menu and Taskbar administrative template. **[ユーザーの構成]** または **[コンピューターの構成]** の **[スタート] メニューとタスク バー]** 管理用テンプレートを使用できます。You can use the Start Menu and Taskbar administrative template in User Configuration or Computer Configuration.

注意

この手順は、ローカル コンピューターのポリシー設定にのみ適用されます。This procedure applies the policy settings on the local computer only. ドメイン内のユーザーへのスタート画面とタスク バーのレイアウトの展開について詳しくは、「グループ ポリシーを使ってカスタマイズしたスタート画面のレイアウトをドメインに展開する」をご覧ください。For information about deploying the Start and taskbar layout to users in a domain, see Use Group Policy to deploy a customized Start layout in a domain.

この手順では、コンピューターのすべてのユーザーに適用されるローカル グループ ポリシーを作成します。This procedure creates a Local Group Policy that applies to all users on the computer. コンピューターの特定のユーザーまたはグループに適用されるローカル グループ ポリシーを構成するには、 複数のローカル グループ ポリシー オブジェクトの管理のステップ バイ ステップ ガイドをご覧ください。To configure Local Group Policy that applies to a specific user or group on the computer, see Step-by-Step Guide to Managing Multiple Local Group Policy Objects. このガイドは Windows Vista 用に書かれていますが、手順は Windows 10 にも適用されます。The guide was written for Windows Vista and the procedures still apply to Windows 10.

この手順では、カスタマイズしたスタート画面とタスク バーのレイアウトをユーザー構成に追加します。ユーザーがコンピューターにサインインすると、このスタート画面のレイアウト設定がローカル コンピューターの対応する設定にすべて上書きされます。This procedure adds the customized Start and taskbar layout to the user configuration, which overrides any Start layout settings in the local computer configuration when a user signs in on the computer.

ローカル グループ ポリシー エディターでスタート画面のレイアウトのポリシー設定を構成するにはTo configure Start Layout policy settings in Local Group Policy Editor

  1. テスト コンピューターで、Windows キーを押し、「gpedit」と入力してから、[グループ ポリシーの編集] (コントロール パネル) を選びます。On the test computer, press the Windows key, type gpedit, and then select Edit group policy (Control panel).

  2. [ユーザーの構成] または [コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [タスク バーと [スタート] メニュー] に移動します。Go to User Configuration or Computer Configuration > Administrative Templates >Start Menu and Taskbar.

    スタート画面のレイアウトのポリシー設定

  3. 右側のウィンドウで [スタート画面のレイアウト] を右クリックし、[編集] をクリックします。Right-click Start Layout in the right pane, and click Edit.

    これにより、[スタート画面のレイアウト] ポリシー設定が開きます。This opens the Start Layout policy settings.

    スタート画面のレイアウトのポリシー設定

  4. 次の設定を入力し、[OK] をクリックします。Enter the following settings, and then click OK:

    1. [有効] を選びます。Select Enabled.

    2. [オプション] で、スタート画面とタスク バーのレイアウトが含まれている .xml ファイルのパスを指定します。Under Options, specify the path to the .xml file that contains the Start and taskbar layout. たとえば、「C:\Users\Test01\StartScreenMarketing.xml」と入力します。For example, type C:\Users\Test01\StartScreenMarketing.xml.

    3. 必要に応じて、スタート画面とタスク バーのレイアウトを識別するためのコメントを入力します。Optionally, enter a comment to identify the Start and taskbar layout.

    重要

    有効になっていたスタート画面のレイアウトのポリシー設定を無効にしてから再び有効にした場合、ユーザーがスタート画面に変更を加えることはできず、.xml ファイル内のレイアウトは、ファイルが更新されるまで再適用されません。If you disable Start Layout policy settings that have been in effect and then re-enable the policy, users will not be able to make changes to Start, however the layout in the .xml file will not be reapplied unless the file has been updated. Windows PowerShell で、次のコマンドを実行することで、ファイルのタイムスタンプを更新できます。In Windows PowerShell, you can update the timestamp on a file by running the following command:

    (ls <path>).LastWriteTime = Get-Date

カスタマイズしたスタート画面のレイアウトを更新するUpdate a customized Start layout

グループ ポリシーを使って、カスタマイズしたスタート画面とタスク バーのレイアウトをコンピューターまたはドメインに適用した後、レイアウトを更新するには、スタート画面のレイアウトのポリシー設定で指定した .xml ファイルを新しいタイムスタンプのファイルに置き換えるだけです。After you use Group Policy to apply a customized Start and taskbar layout on a computer or in a domain, you can update the layout simply by replacing the .xml file that is specified in the Start Layout policy settings with a file with a newer timestamp.