モバイル デバイス管理 (MDM) による Windows 10 のスタート画面とタスク バーのカスタマイズCustomize Windows 10 Start and taskbar with mobile device management (MDM)

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10

ユーザー向けの情報を探している場合Looking for consumer information? スタート メニューのカスタマイズCustomize the Start menu

Windows 10 Pro、Windows 10 Enterprise、Windows 10 Education では、モバイル デバイス管理 (MDM) ポリシーを使って、カスタマイズしたスタート画面やタスク バーのレイアウトをユーザーに展開できます。In Windows 10 Pro, Windows 10 Enterprise, and Windows 10 Education, you can use a mobile device management (MDM) policy to deploy a customized Start and taskbar layout to users. イメージを再作成することなく、レイアウトが含まれている .xml ファイルを上書きするだけで、レイアウトを簡単に更新できます。No reimaging is required, and the layout can be updated simply by overwriting the .xml file that contains the layout. これにより、スタート画面のレイアウトをさまざまな部署や組織に合わせて最小限の管理オーバーヘッドでカスタマイズできます。This enables you to customize Start layouts for different departments or organizations, with minimal management overhead.

注意

Windows 10 バージョン1703 には、カスタマイズされたタスク バーを MDM によって適用するためのサポートが追加されています。Support for applying a customized taskbar using MDM is added in Windows 10, version 1703.

開始する前に: デスクトップ エディションのスタート 画面のレイアウトをカスタマイズしてエクスポートします (タスク バーのカスタマイズにも機能します)。Before you begin: Customize and export Start layout for desktop editions (also works for taskbar customization).

警告

スタート画面のフル レイアウトをこの方法で適用すると、ユーザーがスタート画面でアプリをピン留めしたり、ピン留めを外したり、アンインストールしたりすることはできなくなります。When a full Start layout is applied with this method, the users cannot pin, unpin, or uninstall apps from Start. ユーザーは [すべてのアプリ] ビューですべてのアプリを表示して開くことはできますが、スタート画面にいずれのアプリもピン留めすることはできません。Users can view and open all apps in the All Apps view, but they cannot pin any apps to Start. 部分的にスタート画面のレイアウトが適用された場合、指定されたタイルのグループの内容は変更できませんが、ユーザーは、これらのグループを移動でき、また独自のグループを作成してカスタマイズすることもできます。When a partial Start layout is applied, the contents of the specified tile groups cannot be changed, but users can move those groups, and can also create and customize their own groups.

スタート画面のレイアウトの制御のしくみHow Start layout control works

次の 2 つの機能によりスタート画面のレイアウトのコントロールが可能になっています。Two features enable Start layout control:

  • Windows PowerShell の Export-StartLayout コマンドレットを使って、現在のスタート画面のレイアウトの記述を .xml ファイル形式でエクスポートします。The Export-StartLayout cmdlet in Windows PowerShell exports a description of the current Start layout in .xml file format.

    注意

    マウントした Windows イメージにスタート画面のレイアウトをインポートするには、Import-StartLayout コマンドレットを使います。To import the layout of Start to a mounted Windows image, use the Import-StartLayout cmdlet.

  • Microsoft Intune で、スタート画面のレイアウトの XML ファイルを選択し、デバイスの構成プロファイルに追加します。In Microsoft Intune, you select the Start layout XML file and add it to a device configuration profile.

    注意

    スタート 画面のレイアウト XML ファイルに XML Prologs <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> を含めないで下さい。Please do not include XML Prologs like <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> in the Start layout XML file. 設定が正しく反映されない場合があります。The settings may not be reflected correctly.

スタート画面のカスタム レイアウト用のポリシーを作成するCreate a policy for your customized Start layout

この例では、Microsoft Intune を使用して、カスタマイズされたスタート画面のレイアウトを適用する MDM ポリシー設定を構成します。This example uses Microsoft Intune to configure an MDM policy that applies a customized Start layout. ポリシーの適用に役立つ MDM ソリューションについては、ドキュメントを参照してください。See the documentation for your MDM solution for help in applying the policy.

  1. Microsoft Azure Portal で、Intune を検索するか、[その他のサービス] > [Intune] に移動します。In the Microsoft Azure portal, search for Intune or go to More services > Intune.

  2. [デバイスの構成] を選択します。Select Device configuration.

  3. [プロファイル] を選択します。Select Profiles.

  4. [プロファイルの作成] を選択します。Select Create profile.

  5. プロファイルのフレンドリ名を入力します。Enter a friendly name for the profile.

  6. プラットフォームとして [Windows 10 以降] を選択します。Select Windows 10 and later for the platform.

  7. プロファイルの種類として [デバイスの制限] を選択します。**Select **Device restrictions for the profile type.

  8. [スタート] を選択します。Select Start.

  9. [スタート メニューのレイアウト] で、スタート画面のレイアウトの XML ファイルを参照して選択します。In Start menu layout, browse to and select your Start layout XML File.

  10. [OK] を 2 回選択し、[作成] を選択します。Select OK twice, and then select Create.

  11. デバイス グループにプロファイルを割り当てます。Assign the profile to a device group.

その他の MDM ソリューションの場合は、ポリシー構成サービス プロバイダー (CSP) に応じて、スタート画面のレイアウトに OMA-URI 設定を使用する必要があります、For other MDM solutions, you may need to use an OMA-URI setting for Start layout, based on the Policy configuration service provider (CSP). OMA-URI の設定は、./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Start/StartLayout です。The OMA-URI setting is ./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Start/StartLayout.