プロビジョニング パッケージによる Windows 10 のスタート画面とタスク バーのカスタマイズCustomize Windows 10 Start and taskbar with provisioning packages

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10

ユーザー向けの情報を探している場合Looking for consumer information? スタート メニューのカスタマイズCustomize the Start menu

Windows 10 Pro、Windows 10 Enterprise、Windows 10 Education バージョン 1703 では、Windows 構成デザイナーで作成したプロビジョニング パッケージを使って、カスタマイズしたスタート画面やタスク バーのレイアウトをユーザーに展開できます。In Windows 10 Pro, Windows 10 Enterprise, and Windows 10 Education, version 1703, you can use a provisioning package that you create with Windows Configuration Designer to deploy a customized Start and taskbar layout to users. イメージを再作成することなく、レイアウトが含まれている .xml ファイルを上書きするだけで、スタート画面やタスク バーのレイアウトを簡単に更新できます。No reimaging is required, and the Start and taskbar layout can be updated simply by overwriting the .xml file that contains the layout. プロビジョニング パッケージは実行中のデバイスに適用できます。The provisioning package can be applied to a running device. これにより、スタート画面とタスク バーのレイアウトをさまざまな部署や組織に合わせて最小限の管理オーバーヘッドでカスタマイズできます。This enables you to customize Start and taskbar layouts for different departments or organizations, with minimal management overhead.

重要

タスク バーの構成にプロビジョニング パッケージを使用する場合は、explorer.exe プロセスが再起動されるたびに構成が再適用されます。If you use a provisioning package to configure the taskbar, your configuration will be reapplied each time the explorer.exe process restarts. 構成によって固定されたアプリが、ユーザーによって固定表示が解除された場合、ユーザーの変更は、次回構成が適用されたときに上書きされます。If your configuration pins an app and the user unpins that app, the user's change will be overwritten the next time the configuration is applied. タスク バーの構成を適用し、変更内容を永続的に使用するには、グループ ポリシーを使用して構成を適用します。To apply a taskbar configuration and allow users to make changes that will persist, apply your configuration by using Group Policy.

開始する前に: デスクトップ エディションのスタート画面のレイアウトのカスタマイズとエクスポートBefore you begin: Customize and export Start layout for desktop editions.

スタート画面のレイアウトの制御のしくみHow Start layout control works

スタート画面とタスク バーのレイアウトは、3 つの機能によって制御できます。Three features enable Start and taskbar layout control:

  • Windows PowerShell の Export-StartLayout コマンドレットを使って、現在のスタート画面のレイアウトの記述を .xml ファイル形式でエクスポートします。The Export-StartLayout cmdlet in Windows PowerShell exports a description of the current Start layout in .xml file format.

    注意

    マウントした Windows イメージにスタート画面のレイアウトをインポートするには、Import-StartLayout コマンドレットを使います。To import the layout of Start to a mounted Windows image, use the Import-StartLayout cmdlet.

  • スタート画面の .xml ファイルを変更して <CustomTaskbarLayoutCollection> を追加したり、タスク バーの構成専用の .xml ファイルを作成したりすることができます。You can modify the Start .xml file to include <CustomTaskbarLayoutCollection> or create an .xml file just for the taskbar configuration.

  • Windows 構成デザイナーで、Policies/Start/StartLayout 設定を使って、スタート画面やタスク バーのレイアウトを定義する .xml ファイルの内容を指定します。In Windows Configuration Designer, you use the Policies/Start/StartLayout setting to provide the contents of the .xml file that defines the Start and taskbar layout.

スタート画面のレイアウトの XML ファイルを準備するPrepare the Start layout XML file

Export-StartLayout コマンドレットは、XML ファイルを生成します。The Export-StartLayout cmdlet produces an XML file. Windows 構成デザイナーは構成設定が含まれた customizations.xml ファイルを生成するため、スタート画面のレイアウト セクションを customizations.xml ファイルに直接追加すると、XML ファイルに XML ファイルが埋め込まれることになります。Because Windows Configuration Designer produces a customizations.xml file that contains the configuration settings, adding the Start layout section to the customizations.xml file directly would result in an XML file embedded in an XML file. そこで、スタート画面のレイアウト セクションを customizations.xml ファイルに追加する前に、次の手順で layout.xml のマークアップ文字をエスケープ文字に置き換える必要があります。Before you add the Start layout section to the customizations.xml file, you must replace the markup characters in your layout.xml with escape characters.

  1. エスケープ文字に置換するオンライン ツールに、layout.xml の内容をコピーします。Copy the contents of layout.xml into an online tool that escapes characters.

  2. プロビジョニング パッケージの作成処理中に、エスケープ文字に置換したテキストをコピーして、プロジェクトの customizations.xml ファイルに貼り付けます。During the procedure to create a provisioning package, you will copy the text with the escape characters and paste it in the customizations.xml file for your project.

カスタマイズしたスタート画面のレイアウトが含まれたプロビジョニング パッケージを作成するCreate a provisioning package that contains a customized Start layout

Windows 構成デザイナー ツールを使用して、プロビジョニング パッケージを作成します。Use the Windows Configuration Designer tool to create a provisioning package. Windows 構成デザイナーをインストールする方法をこちらで確認できます。Learn how to install Windows Configuration Designer.

重要

プロビジョニング パッケージを作成する場合、プロジェクト ファイルとプロビジョニング パッケージ (.ppkg) ファイルに機密情報を含めることができます。When you build a provisioning package, you may include sensitive information in the project files and in the provisioning package (.ppkg) file. .ppkg ファイルは暗号化するかどうかを選べますが、プロジェクト ファイルは暗号化されません。Although you have the option to encrypt the .ppkg file, project files are not encrypted. プロジェクト ファイルは、安全な場所に保存し、不要になったときに削除する必要があります。You should store the project files in a secure location and delete the project files when they are no longer needed.

  1. Windows 構成デザイナーを開きます (既定では %systemdrive%\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Imaging and Configuration Designer\x86\ICD.exe)。Open Windows Configuration Designer (by default, %systemdrive%\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Imaging and Configuration Designer\x86\ICD.exe).

  2. [高度なプロビジョニング] を選びます。Choose Advanced provisioning.

  3. プロジェクトに名前を付け、 [次へ] をクリックします。Name your project, and click Next.

  4. [すべての Windows デスクトップ エディション]] を選び、 [次へ] をクリックします。Choose All Windows desktop editions and click Next.

  5. [新しいプロジェクト][完了] をクリックします。On New project, click Finish. パッケージのワークスペースが開きます。The workspace for your package opens.

  6. [実行時の設定] > [ポリシー] > [Start] の順に展開し、[StartLayout] をクリックします。Expand Runtime settings > Policies > Start, and click StartLayout.

    ヒント

    [Start] が表示されない場合、手順 4 で選んだ設定の種類を確認します。If Start is not listed, check the type of settings you selected in step 4. プロジェクトは、[すべての Windows デスクトップ エディション] 用の設定を使って作成する必要があります。You must create the project using settings for All Windows desktop editions.

  7. layout.xml」と入力します。Enter layout.xml. この値により、customizations.xml ファイル内にプレースホルダーが作成されます。これを後の手順で layout.xml の内容で置き換えます。This value creates a placeholder in the customizations.xml file that you will replace with the contents of the layout.xml file in a later step.

  8. プロジェクトを保存して、Windows 構成デザイナーを閉じます。Save your project and close Windows Configuration Designer.

  9. エクスプローラーでは、プロジェクトのディレクトリを開きます。In File Explorer, open the project's directory. (既定の場所は C:\Users\user name\Documents\Windows Imaging and Configuration Designer (WICD)\プロジェクト名)(The default location is C:\Users\user name\Documents\Windows Imaging and Configuration Designer (WICD)\project name)

  10. customizations.xml ファイルをテキスト エディターで開きます。Open the customizations.xml file in a text editor. <Customizations> セクションは次のようになります。The <Customizations> section will look like this:

    置換する文字が強調表示されているカスタマイゼーション ファイル

  11. layout.xml を、マークアップ文字をエスケープ文字で置き換えた layout.xml ファイルのテキストで置き換えます。Replace layout.xml with the text from the layout.xml file, with markup characters replaced with escape characters.

  12. 保存して、customizations.xml ファイルを閉じます。Save and close the customizations.xml file.

  13. Windows 構成デザイナーを開き、プロジェクトを開きます。Open Windows Configuration Designer and open your project.

  14. [ファイル] メニューの [保存] をクリックします。On the File menu, select Save.

  15. [エクスポート] メニューの [プロビジョニング パッケージ] をクリックします。On the Export menu, select Provisioning package.

  16. [所有者][IT 管理者] に変更して、このプロビジョニング パッケージの優先順位を他のソースからこのデバイスに適用されるプロビジョニング パッケージよりも高くします。次に、[次へ] を選択します。Change Owner to IT Admin, which will set the precedence of this provisioning package higher than provisioning packages applied to this device from other sources, and then select Next.

  17. (省略可能)Optional. [プロビジョニング パッケージ セキュリティ] ウィンドウで、パッケージの暗号化を選択してパッケージの署名を有効にできます。In the Provisioning package security window, you can choose to encrypt the package and enable package signing.

    • [パッケージの暗号化を有効にする] - このオプションを選ぶと、自動生成されたパスワードが画面に表示されます。Enable package encryption - If you select this option, an auto-generated password will be shown on the screen.

    • [パッケージの署名を有効にする] - このオプションを選ぶと、パッケージの署名に使用する有効な証明書を選ぶ必要があります。Enable package signing - If you select this option, you must select a valid certificate to use for signing the package. [参照] をクリックし、パッケージの署名に使う証明書を選んで、証明書を指定します。You can specify the certificate by clicking Browse and choosing the certificate you want to use to sign the package.

  18. [次へ] をクリックし、ビルドしたプロビジョニング パッケージの出力先を指定します。Click Next to specify the output location where you want the provisioning package to go when it's built. 既定では、Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) はプロジェクト フォルダーを出力先として使います。By default, Windows Imaging and Configuration Designer (ICD) uses the project folder as the output location.

    必要に応じて、[参照] をクリックして既定の出力先を変更できます。Optionally, you can click Browse to change the default output location.

  19. [次へ] をクリックします。Click Next.

  20. パッケージのビルドを開始するには、[ビルド] をクリックします。Click Build to start building the package. プロビジョニング パッケージのビルドにはそれほど時間はかかりません。The provisioning package doesn't take long to build. ビルド ページにプロジェクト情報が表示され、進行状況バーでビルドの状態が示されます。The project information is displayed in the build page and the progress bar indicates the build status.

    ビルドを取り消す必要がある場合は、[キャンセル] をクリックします。If you need to cancel the build, click Cancel. これにより、現在のビルド プロセスが取り消され、ウィザードが閉じられて、[カスタマイズ ページ] に戻ります。This cancels the current build process, closes the wizard, and takes you back to the Customizations Page.

  21. ビルドに失敗した場合は、プロジェクト フォルダーへのリンクが含まれたエラー メッセージが表示されます。If your build fails, an error message will show up that includes a link to the project folder. エラーの原因を特定するには、ログを調べることができます。You can scan the logs to determine what caused the error. 問題が解決したら、パッケージをもう一度ビルドしてみてください。Once you fix the issue, try building the package again.

    ビルドに成功した場合は、プロビジョニング パッケージの名前、出力ディレクトリ、プロジェクト ディレクトリが表示されます。If your build is successful, the name of the provisioning package, output directory, and project directory will be shown.

    • 必要に応じて、パッケージの出力先として別のパスを選択し、もう一度プロビジョニング パッケージをビルドすることもできます。If you choose, you can build the provisioning package again and pick a different path for the output package. これを行うには、[戻る] をクリックして出力パッケージの名前とパスを変更し、[次へ] をクリックしてもう一度ビルドを開始します。To do this, click Back to change the output package name and path, and then click Next to start another build.
    • 完了したら、[完了] をクリックしてウィザードを閉じ、[カスタマイズ ページ] に戻ります。If you are done, click Finish to close the wizard and go back to the Customizations Page.
  22. ターゲット デバイスにプロビジョニング パッケージをコピーします。Copy the provisioning package to the target device.

  23. ppkg ファイルをダブルクリックしてインストールします。Double-click the ppkg file and allow it to install.