Windows 10 のプロビジョニングのしくみHow provisioning works in Windows 10

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows10
  • Windows 10 MobileWindows10 Mobile

Windows 10 のプロビジョニング パッケージは、Windows 10 デバイスに構成設定を適用する簡素化された方法を IT 管理者に提供します。Provisioning packages in Windows 10 provide IT administrators with a simplified way to apply configuration settings to Windows 10 devices. Windows 構成デザイナーは、プロビジョニング パッケージを簡単に作成できるようにするツールです。Windows Configuration Designer is a tool that makes it easy to create a provisioning package. Windows 構成デザイナーは Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) または Microsoft Store からインストールできます。Windows Configuration Designer can be installed from the Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) or through the Microsoft Store.

プロビジョニング パッケージProvisioning packages

プロビジョニング パッケージには固有の構成/設定や資産が含まれています。これらはリムーバブル メディアで提供されますが、デバイスにダウンロードすることもできます。A provisioning package contains specific configurations/settings and assets that can be provided through a removable media or simply downloaded to the device.

設定や構成のセットを複数追加できるようにするには、プロビジョニング エンジンで使われる構成データを、複数の構成ソースを基に構築します。これらの構成ソースは、それぞれ個別のプロビジョニング パッケージで構成されています。To enable adding multiple sets of settings or configurations, the configuration data used by the provisioning engine is built out of multiple configuration sources that consist of separate provisioning packages. また各プロビジョニング パッケージには、異なるソースからのプロビジョニング データが含まれています。Each provisioning package contains the provisioning data from a different source.

プロビジョニング パッケージ (.ppkg) は、構成設定のコレクションのコンテナーです。A provisioning package (.ppkg) is a container for a collection of configuration settings. パッケージは次の形式です。The package has the following format:

  • パッケージ メタデータ – メタデータにはパッケージの名前、説明、バージョン、ランキングなど、パッケージに関する基本情報が含まれます。Package metadata – The metadata contains basic information about the package such as package name, description, version, ranking, and so on.

  • XML 記述子 – 各記述子は、パッケージに含まれるカスタマイズ資産または構成設定を定義します。XML descriptors – Each descriptor defines a customization asset or configuration setting included in the package.

  • 資産ペイロード – アプリまたはデータ資産に関連付けられたカスタマイズ資産または構成設定のペイロード。Asset payloads – The payloads of a customization asset or a configuration setting associated with an app or data asset.

プロビジョニング パッケージは、実行時のデバイス プロビジョニングにも使うことができます。そのためには、デバイスにアタッチしたリムーバブル メディア上のパッケージにアクセスするか、近距離通信 (NFC) を利用するか、リモート ソースの場所からパッケージをダウンロードします。You can use provisioning packages for runtime device provisioning by accessing the package on a removable media attached to the device, through near field communication (NFC), or by downloading from a remote source location.

プロビジョニング パッケージの優先順位Precedence for provisioning packages

デバイス プロビジョニングで複数のプロビジョニング パッケージを使用できる場合は、パッケージ マニフェストで定義されているパッケージ所有者の種類とパッケージのランク レベルの組み合わせを使って、設定の競合が解決されます。When multiple provisioning packages are available for device provisioning, the combination of package owner type and package rank level defined in the package manifest is used to resolve setting conflicts. 事前に定義されたパッケージ所有者の種類を優先順位が低いものから高いものの順に次に示します。The pre-defined package owner types are listed below in the order of lowest to highest owner type precedence:

  1. MicrosoftMicrosoft

  2. シリコンベンダーSilicon Vendor

  3. OEMOEM

  4. システム インテグレーターSystem Integrator

  5. 携帯電話会社Mobile Operator

  6. IT 管理者IT Admin

パッケージのランク レベルの有効な値の範囲は 0 ~ 99 です。The valid value range of package rank level is 0 to 99.

設定の競合が発生したとき、デバイスにプロビジョニングされる最終的な値は、設定を含むパッケージの所有者の種類の優先順位とランク レベルによって決まります。When setting conflicts are encountered, the final values provisioned on the device are determined by the owner type precedence and the rank level of the packages containing the settings. 所有者の種類が同じパッケージの場合、パッケージのランク レベルによって、デバイスでプロビジョニングする設定値のパッケージが決まります。For packages with the same owner type, the package rank level determines the package from which the setting values get provisioned on the device.

Windows がプロビジョニングする XMLWindows provisioning XML

Windows がプロビジョニングする XML は、エンド ユーザーによる構成が可能な設定を Microsoft や OEM のコンポーネントで宣言できるようにするフレームワークであり、コンポーネントの所有者が最小限の作業で設定を適用する際に利用できるオンデバイス インフラストラクチャです。Windows provisioning XML is the framework that allows Microsoft and OEM components to declare end-user configurable settings and the on-device infrastructure for applying the settings with minimal work by the component owner.

各コンポーネントの設定は、そのコンポーネントのパッケージ マニフェスト ファイルで宣言できます。Settings for each component can be declared within that component's package manifest file. これらの宣言は Windows 構成デザイナーで使われる設定スキーマとなります。この設定スキーマによって、潜在的な設定がユーザーに対して公開され、イメージやプロビジョニング パッケージでカスタマイズを作成できるようになります。These declarations are turned into settings schema that are used by Windows Configuration Designer to expose the potential settings to users to create customizations in the image or in provisioning packages. Windows 構成デザイナーは、Windows がプロビジョニングする応答ファイルを使って宣言されたユーザーの構成を、オンデバイス プロビジョニング形式に変換します。Windows Configuration Designer translates the user configuration, which is declared through Windows provisioning answer file(s), into the on-device provisioning format.

プロビジョニング エンジンで構成が選ばれると、Windows がプロビジョニングする XML が、選ばれたプロビジョニング データに取り込まれ、構成マネージャーを介して Windows がプロビジョニングする CSP に渡されます。When the provisioning engine selects a configuration, the Windows provisioning XML is contained within the selected provisioning data and is passed through the configuration manager and then to the Windows provisioning CSP. その後で、Windows がプロビジョニングする CSP はプロビジョニングを使って、実際に使われるコンポーネントの適切な場所に適用します。The Windows provisioning CSP then takes and applies the provisioning to the proper location for the actual component to use.

プロビジョニング エンジンProvisioning engine

プロビジョニング エンジンとは、Windows 10 を実行するデバイスで実行時にプロビジョニングと構成を管理するためのコア コンポーネントです。The provisioning engine is the core component for managing provisioning and configuration at runtime in a device running Windows 10.

プロビジョニング エンジンには、次の機能があります。The provisioning engine provides the following functionality:

  • デバイスを実行しているときに (初回起動やセットアップ、OOBE を含む)、いつでも構成をプロビジョニングします。Provisioning configuration at any time when the device is running including first boot and setup or OOBE. デバイスの実行中、他のポイントに拡張することもできます。It is also extensible to other points during the run-time of the device.
  • Microsoft、OEM、システム インテグレーターは、複数の構成ソースから設定を読み取ったり、組み合わせたりする機能を、イメージに追加できます。また、IT 管理者、教育管理者、ユーザーは、これらの機能を実行時にデバイスに追加できます。Reading and combining settings from multiple sources of configuration that may be added to an image by Microsoft, the OEM, or system integrator, or added by IT/education administrators or users to the device at run-time. 構成ソースは、イメージに組み込んだり、プロビジョニング パッケージから構築してデバイスに追加したりすることができます。Configuration sources may be built into the image or from provisioning packages added to the device.
  • トリガーやイベントに応答して、プロビジョニングのステージを開始します。Responding to triggers or events and initiating a provisioning stage.
  • プロビジョニング パッケージを認証します。Authenticating the provisioning packages.
  • プロビジョニングのステージや、特定の構成に対応する一連のキー (SIM、MCC/MNC、IMSI 範囲など) に基づいて構成のセットを選んでから、この構成を、適用先となる構成管理インフラストラクチャに渡すことができます。Selecting a set of configuration based on the stage and a set of keys—such as the SIM, MCC/MNC, IMSI range, and so on—that map to a specific configuration then passing this configuration to the configuration management infrastructure to be applied.
  • OOBE やコントロール パネルの UI と共に使うことで、固有の対応付けが判別できなかったときに、ユーザーは構成を選ぶことができます。Working with OOBE and the control panel UI to allow user selection of configuration when a specific match cannot be determined.

構成マネージャーConfiguration manager

構成マネージャーは、Windows 10 デバイスを管理するための統一された方法を提供します。The configuration manager provides the unified way of managing Windows 10 devices. 構成は、主に Open Mobile Alliance (OMA) Device Management (DM) と Client Provisioning (CP) の各プロトコルを使って実行されます。Configuration is mainly done through the Open Mobile Alliance (OMA) Device Management (DM) and Client Provisioning (CP) protocols. 構成マネージャーでは、さまざまなチャンネルから受け取るこれらのプロトコル要求が処理され、解析されます。また、これらの要求を構成サービス プロバイダー (CSP) に渡し、特定の管理要求と管理の設定を実行します。The configuration manager handles and parses these protocol requests from different channels and passes them down to Configuration Service Providers (CSPs) to perform the specific management requests and settings.

プロビジョニング エンジンは、選んだ構成の実際の処理と適用をすべて、構成マネージャーに依存しています。The provisioning engine relies on configuration manager for all of the actual processing and application of a chosen configuration. プロビジョニング エンジンでは、プロビジョニングのステージが特定され、一連のキーに基づいて、構成マネージャーに送る構成のセットを判別します。The provisioning engine determines the stage of provisioning and, based on a set of keys, determines the set of configuration to send to the configuration manager. その後で、構成マネージャーは解析を行い、設定を適用するために CSP を呼び出します。The configuration manager in turn parses and calls into the CSPs for the setting to be applied.

CSP は構成マネージャーの配下で動作します。Underneath the configuration manager are the CSPs. 構成の各セクションは、特定の CSP 向けに変換され、デバイス上の操作として解釈するための処理が実行されます。Each section of configuration translates to a particular CSP to handle interpreting into an action on the device. 各 CSP では、構成内の指示を変換し、適切な API とコンポーネントを呼び出して、要求されたプロビジョニング アクションを実行します。Each CSP translates the instructions in the configuration and calls into the appropriate APIs and components to perform the requested provisioning actions.

ポリシーとリソースのマネージャー コンポーネントPolicy and resource manager

ポリシー、リソース、およびコンテキストの各マネージャー コンポーネントでは、企業の環境を対象としたデバイスの登録と登録解除を管理します。The policy, resource, and context manager components manage the enrollment and unenrollment of devices into enterprise environments. 企業の環境への登録プロセスは、基本的には、企業がデバイスに適用する構成ポリシーとデバイス管理ポリシーのプロビジョニングとなります。The enrollment process into an enterprise is essentially the provisioning of configuration and device management policies that the enterprise wants to enforce on the device. 通常、このプロビジョニングは、ネットワーク接続を経由して企業のデバイス管理サーバーにデバイスを明示的にサインアップすることで行われます。This is usually done through the explicit signing up of the device to an enterprise's device management server over a network connection. これにより、ユーザーはデバイスを使って企業のリソースにアクセスすることができ、企業はアクセスやデバイス自体の管理と制御を行うことができます。This provides the user with the ability to access the enterprise's resources through the device and the enterprise with a means to manage and control access and manage and control the device itself.

企業の環境への登録と、プロビジョニング エンジンによって実行される構成の主な違いは、次のとおりです。The key differences between enterprise enrollment and the configuration performed by the provisioning engine are:

  • 登録では、制限や制御が加えられた一連のポリシーをデバイスに適用します。このようなポリシーは、ユーザーが完全には制御できない場合があります。Enrollment enforces a limited and controlled set of policies on the device that the user may not have full control over. プロビジョニング エンジンでは、デバイスのさまざまな側面を構成する大規模な設定が公開されます。一般的には、このような設定はユーザーが調整することができます。The provisioning engine exposes a larger set of settings that configure more aspects of the device and are generally user adjustable.
  • ポリシー マネージャーは、複数のエンティティからのポリシー設定を管理し、エンティティの優先順位に基づいて、選ばれた設定を実行します。The policy manager manages policy settings from multiple entities and performs a selection of the setting based on priority of the entities. プロビジョニング エンジンでは、設定の適用は行われますが、さまざまなソースからの設定を優先順位付けすることはできません。The provisioning engine applies the settings and does not offer a means of prioritizing settings from different sources. 最後に適用され、使われているプロビジョニングが、実際に有効なプロビジョニングとなります。The more specific provisioning is the last one applied and the one that is used.
  • さまざまな登録エンティティから適用される個々のポリシー設定は保存されるため、後で登録解除を行うときに、それらのポリシー設定を削除できます。Individual policy settings applied from different enrollment entities are stored so they can be removed later during unenrollment. これにより、ユーザーは企業のポリシーを削除して、企業による制限を受けず、重要なデータを含まない状態にデバイスを戻すことができます。This enables the user to remove enterprise policy and return the device to a state without the enterprise restrictions and any sensitive data. プロビジョニング エンジンでは、個々のプロビジョニング設定は保持されません。また、適用されたすべての設定をロールバックする方法もありません。The provisioning engine does not maintain individual provisioning settings or a means to roll back all applied settings.

Windows10 では、デバイスを完全に管理するための DM サーバーを持たない企業や教育機関をサポートする場合に、プロビジョニングを利用したポリシーの適用と登録が必要になります。In Windows 10, the application of policy and enrollment through provisioning is required to support cases where an enterprise or educational institution does not have a DM server for full device management. プロビジョニング エンジンは、構成を使った登録とポリシーのプロビジョニングをサポートします。また、既にあるポリシーやリソースのマネージャー コンポーネントと直接統合したり、構成マネージャーを介して統合したりすることができます。The provisioning engine supports provisioning enrollment and policy through its configuration and integrates with the existing policy and resource manager components directly or through the configuration manager.

トリガーとステージTriggers and stages

トリガーは、システムの有効期間中に発生し、プロビジョニングのステージを開始するイベントです。Triggers are events during the lifetime of the system that start a provisioning stage. トリガーの例として、起動、OOBE、SIM 変更、ユーザーによる追加、管理者による追加、ユーザー ログイン、デバイスの更新、さまざまな手動トリガー (USB 経由の展開、電子メール添付ファイルや USB フラッシュ ドライブからの起動など) を挙げることができます。Some examples of triggers are: boot, OOBE, SIM change, user added, administrator added, user login, device update, and various manual triggers (such as deployment over USB or launched from an email attachment or USB flash drive).

トリガーが発生すると、特定のプロビジョニングのステージに対応したプロビジョニングが開始されます。When a trigger occurs, provisioning is initiated for a particular provisioning stage. ステージは、次の設定の範囲に基づいて、セットにグループ化されます。The stages are grouped into sets based on the scope of the settings:

  • 静的: プロビジョニングで実行される最初のステージです。構成設定をシステムに適用して、OOBE をセットアップしたり、イメージの作成時には実行できなかったデバイス全体の設定を適用したりします。Static: First stage run for provisioning to apply configuration settings to the system to set up OOBE or apply device-wide settings that cannot be done when the image is being created.
  • システム: OOBE 中に実行され、システム全体の設定を構成します。System: Run during OOBE and configure system-wide settings.
  • UICC: UICC ステージはデバイスの新しい UICC ごとに実行され、UICC や SIM カードの ID に基づいて構成とブランド化を処理します。UICC: UICC stages run for each new UICC in a device to handle configuration and branding based on the identity of the UICC or SIM card. これにより、OEM が複数の携帯電話会社用に構成される 1 つのイメージを管理できるという、ランタイム構成のシナリオが可能になります。This enables the runtime configuration scenarios where an OEM can maintain one image that can be configured for multiple operators.
  • 更新: 更新プログラムの後に実行され、更新された設定に関する潜在的な変更を適用します。Update: Runs after an update to apply potential updated settings changes.
  • ユーザー: ユーザー アカウントの最初の実行時に実行され、ユーザーごとの設定を構成します。User: runs during a user account first run to configure per-user settings.

OOBE 中のデバイス プロビジョニングDevice provisioning during OOBE

プロビジョニング エンジンは常に、OS パーティションの C:\Recovery\Customizations フォルダーに保存されたプロビジョニング パッケージを適用します。The provisioning engine always applies provisioning packages persisted in the C:\Recovery\Customizations folder on the OS partition. プロビジョニング エンジンが %ProgramData%\Microsoft\Provisioning フォルダーにあるプロビジョニング パッケージを適用するとき、Windows アプリをインストールして構成するような特定の実行時設定の適用が OOBE パスでは完了せず、デバイスがデスクトップに接続されるときに引き続きバックグラウンドで処理されることがあります。When the provisioning engine applies provisioning packages in the %ProgramData%\Microsoft\Provisioning folder, certain runtime setting applications, such as the setting to install and configure Windows apps, may be extended past the OOBE pass and continually be processed in the background when the device gets to the desktop. ポリシーを構成する設定と特定の重要なシステム構成は、それが有効になる必要のある最初の時点の前に常に完了します。Settings for configuring policies and certain crucial system configurations are always be completed before the first point at which they must take effect.

デバイスのユーザーは、デバイスの OOBE での初回起動時にリモート ソースからプロビジョニング パッケージを適用できます。Device users can apply a provisioning package from a remote source when the device first boots to OOBE. OOBE 中のデバイス プロビジョニングは、言語、ロケール、タイムゾーンなどの設定が OOBE の最初の UI ページで構成された後にのみトリガーされます。The device provisioning during OOBE is only triggered after the language, locale, time zone, and other settings on the first OOBE UI page are configured. デバイス プロビジョニングがトリガーされると、OOBE ページにプロビジョニング UI が表示されます。When device provisioning is triggered, the provisioning UI is displayed in the OOBE page. プロビジョニング UI では、NFC やリムーバブル メディアなどのリモート ソースから取得したプロビジョニング パッケージを選択できます。The provisioning UI allows users to select a provisioning package acquired from a remote source, such as through NFC or a removable media.

次の表は、ユーザーが OOBE で初回起動したときに、どのようにデバイス プロビジョニングを開始できるかを示しています。The following table shows how device provisioning can be initiated when a user first boots to OOBE.

パッケージの配信Package delivery 開始方法Initiation method サポートされるデバイスSupported device
リムーバブル メディア: USB ドライブまたは SD カードRemovable media - USB drive or SD card
(パッケージはメディアのルートに配置します)(Packages must be placed at media root)
Windows キーを 5 回高速タップして、プロビジョニング UI を表示します。5 fast taps on the Windows key to launch the provisioning UI すべての Windows デバイスAll Windows devices
管理者デバイスからコンピューターを介してコンピューター NFC または NFC タグへFrom an administrator device through machine-to-machine NFC or NFC tag
(管理者デバイスでは NFC 経由でパッケージを転送できるアプリを実行します)(The administrator device must run an app that can transfer the package over NFC)
Windows キーを 5 回高速タップして、プロビジョニング UI を表示します。5 fast taps on the Windows key to launch the provisioning UI Windows 10 Mobile デバイスと IoT Core デバイスWindows 10 Mobile devices and IoT Core devices

プロビジョニング エンジンは、OOBE 中に処理する前に、取得したプロビジョニング パッケージを %ProgramData%\Microsoft\Provisioning フォルダーに常にコピーします。The provisioning engine always copies the acquired provisioning packages to the %ProgramData%\Microsoft\Provisioning folder before processing them during OOBE. プロビジョニング エンジンは、パッケージが署名され信頼できるかどうかに関係なく、Windows セットアップの OOBE パス中に、インストールされた Windows イメージに埋め込まれたプロビジョニング パッケージを常に適用します。The provisioning engine always applies provisioning packages embedded in the installed Windows image during Windows Setup OOBE pass regardless of whether the package is signed and trusted. OOBE 中にプロビジョニング エンジンが暗号化されたプロビジョニング パッケージをエンドユーザー デバイスに適用するとき、ユーザーはまずパッケージの暗号化を解除する有効なパスワードを指定する必要があります。When the provisioning engine applies an encrypted provisioning package on an end-user device during OOBE, users must first provide a valid password to decrypt the package. プロビジョニング エンジンは、プロビジョニング パッケージが署名され信頼できるかどうかも確認します。そうでない場合、ユーザーは、パッケージをデバイスに適用する前に、適用に同意する必要があります。The provisioning engine also checks whether a provisioning package is signed and trusted; if it's not, the user must provide consent before the package is applied to the device.

プロビジョニング エンジンが OOBE 中にプロビジョニング パッケージを適用するときは、パッケージから実行時設定のみがデバイスに適用されます。When the provisioning engine applies provisioning packages during OOBE, it applies only the runtime settings from the package to the device. 実行時設定には、セキュリティ ポリシー、Windows アプリのインストール/アンインストール、ネットワーク構成、MDM 登録のブートストラップ、ファイル資産のプロビジョニング、アカウントとドメインの構成、Windows エディションのアップグレードなど、システム全体の構成設定を含みます。Runtime settings can be system-wide configuration settings, including security policy, Windows app install/uninstall, network configuration, bootstrapping MDM enrollment, provisioning of file assets, account and domain configuration, Windows edition upgrade, and more. プロビジョニング エンジンは、地域/ロケールや SIM カードなど、デバイスの構成設定も確認し、条件に一致するマルチバリアント設定を適用します。The provisioning engine also checks for the configuration settings on the device, such as region/locale or SIM card, and applies the multivariant settings with matching condition(s).

実行時のデバイス プロビジョニングDevice provisioning at runtime

デバイス実行時に、ユーザーによる操作でスタンドアロンのプロビジョニング パッケージを適用することができます。At device runtime, stand-alone provisioning packages can be applied by user initiation. 次の表に、デバイス実行時のプロビジョニングをいつ開始できるかを示します。The following table shows when provisioning at device runtime can be initiated.

パッケージの配信Package delivery 開始方法Initiation method サポートされるデバイスSupported device
リムーバブル メディア: USB ドライブまたは SD カードRemovable media - USB drive or SD card
(パッケージはメディアのルートに配置します)(Packages must be placed at media root)
[設定] > [アカウント] > [職場または学校にアクセスする] > [プロビジョニング パッケージを追加または削除する]Settings > Accounts > Access work or school > Add or remove a provisioning package すべての Windows デバイスAll Windows devices
ネットワーク接続からダウンロードし、ローカル フォルダーにコピーDownloaded from a network connection and copied to a local folder パッケージ ファイルのダブルクリックDouble-click the package file Windows 10 デスクトップ エディションのデバイスWindows 10 for desktop editions devices
USB テザリングを介してターゲット デバイスに接続された管理者デバイスからFrom an administrator device connected to the target device through USB tethering パッケージ ファイルをドラッグしてターゲット デバイスにドロップDrag and drop the package file onto the target device Windows 10 Mobile デバイスと IoT Core デバイスWindows 10 Mobile devices and IoT Core devices

デバイスに接続されたリムーバブル メディアからプロビジョニング パッケージを適用するときは、プロビジョニングするパッケージを選ぶ前に、[設定] UI でパッケージの内容を表示できます。When applying provisioning packages from a removable media attached to the device, the Settings UI allows viewing contents of a package before selecting the package for provisioning. ソースが不明のプロビジョニング パッケージを適用してデバイスがスパムの標的となるリスクを最小限に抑えるために、プロビジョニング パッケージに署名して暗号化することができます。To minimize the risk of the device being spammed by applying provisioning packages from unknown sources, a provisioning package can be signed and encrypted. パートナーは、デバイス実行時のプロビジョニング パッケージの適用を制限するポリシーも設定できます。Partners can also set policies to limit the application of provisioning packages at device runtime. デバイス実行時にプロビジョニング パッケージを適用するには、管理者特権が必要です。Applying provisioning packages at device runtime requires administrator privilege. パッケージが署名または信頼されていない場合、ユーザーは、パッケージをデバイスに適用する前に、適用に同意する必要があります。If the package is not signed or trusted, a user must provide consent before the package is applied to the device. パッケージが暗号化されている場合は、デバイスに適用する前に、パッケージの暗号化を解除する有効なパスワードが必要です。If the package is encrypted, a valid password is needed to decrypt the package before it can be applied to the device.

複数のプロビジョニング パッケージをデバイスに適用するとき、プロビジョニング エンジンは、パッケージのメタデータで定義されているパッケージ所有者の種類とパッケージのランク レベルの組合せを使用してパッケージのランクを評価することで、パッケージによって構成値が異なるという設定の競合を解決します。When applying multiple provisioning packages to a device, the provisioning engine resolves settings with conflicting configuration values from different packages by evaluating the package ranking using the combination of package owner type and package rank level defined in the package metadata. パッケージのランクが一番高いプロビジョニング パッケージから適用される構成設定が、デバイスに適用される最終的な値になります。A configuration setting applied from a provisioning package with the highest package ranking will be the final value applied to the device.

スタンドアロンのプロビジョニング パッケージをデバイスに適用すると、そのパッケージはデバイスの %ProgramData%\Microsoft\Provisioning フォルダーに保存されます。After a stand-alone provisioning package is applied to the device, the package is persisted in the %ProgramData%\Microsoft\Provisioning folder on the device. 管理者は、[設定] > [アカウント] > [職場または学校にアクセスする] の下にある [プロビジョニング パッケージを追加または削除する] を使って、プロビジョニング パッケージを削除できます。Provisioning packages can be removed by an administrator by using the Add or remove a provisioning package available under Settings > Accounts > Access work or school.

詳細情報Learn more

関連トピックRelated topics