スタート メニューのエラーのトラブルシューティング

開始エラーは、次のカテゴリに分類できます。

  • 展開/インストールの問題 - 最も簡単に特定できますが、回復は困難です。 このエラーは一貫性があり、通常は永続的です。 復元するには、リセット、バックアップからの復元、またはロールバックを行います。
  • パフォーマンスの問題 - 古いハードウェア、低電力のコンピューターの方が一般的です。 CPU 使用率の高さ、ディスクのコンテンツ、メモリ リソースなどの現象が発生します。 これにより、Start の応答が非常に遅くなります。 使用可能なリソースに応じて、動作は断続的です。
  • クラッシュ - 識別も簡単です。 シェル エクスペリエンス ホストまたは関連するクラッシュは、System イベント ログまたは Application イベント ログで確認できます。 これは、コードの欠陥や、プログラムによるファイルやレジストリ キーに対するアクセス許可の欠落や変更、または誤ったセキュリティ強化構成に関連している可能性があります。 アクセス許可の問題を判断するには時間がかかる場合がありますが 、Procmon という SysInternals ツールには Access Denied が表示されます。 もう 1 つのオプションは、プロセスがクラッシュし、快適度に応じてプロセスのダンプを取得したり、デバッガーでダンプを確認したり、データの確認をサポートしたりすることです。
  • Hangs - シェル エクスペリエンス のホストまたは関連します。 これらは、ログに記録されるイベントが少ない場合に最も難しい問題ですが、通常、動作は断続的または再起動時に回復します。 バックグラウンド アプリケーションまたはサービスがハングアップした場合、Start には時間内に応答するリソースが含めらなされます。 クリーン ブートは、問題が追加のソフトウェアに関連付けられた場合の識別に役立ちます。 Procmon は、このシナリオでも役立ちます。
  • その他の問題 - カスタマイズ、ドメイン ポリシー、展開の問題。

基本的なトラブルシューティング

基本的なスタートの問題 (ほとんどの場合、他のすべての Windows アプリ) のトラブルシューティングを行う場合は、期待通り動作していないか確認する必要があります。 [スタート] メニューまたはサブコンポーネントが機能しない問題については、問題が発生する可能性がある場所を絞り込む簡単なテストを実行できます。

OS と更新プログラムのバージョンを確認する

  • 最新の機能と累積的な月次更新プログラムを実行しているシステムですか?
  • 更新プログラムの直後に問題が発生しましたか? 確認する方法:
    • PowerShell:[System.Environment]::OSVersion.Version
    • WinVer from CMD.exe

スタートがインストールされていることを確認する

  • 機能更新プログラムの直後にスタートが失敗した場合は、アプリ パッケージが正常にインストールできなかったか確認してください。

  • Start が正常に動作し、断続的に失敗した場合は、Start が正しくインストールされている可能性がありますが、問題はダウンストリームで発生します。 この問題を確認する方法は、次の 2 つの PS コマンドからの出力を探す方法です。

    • get-AppXPackage -Name Microsoft.Windows.ShellExperienceHost

    • get-AppXPackage -Name Microsoft.Windows.Cortana

      コマンドレットからの出力の例

      エラー メッセージがインストールされていない場合に表示される

  • Start がインストールされていない場合、最も速い解決策は既知の良好な構成に戻す方法です。 更新プログラムをロールバックしたり、PC を既定にリセットしたり (ユーザー データを削除するために保存する選択肢がある場合)、バックアップから復元することができます。 Start Appx ファイルをインストールする方法はサポートされていません。 結果は、多くの場合、問題があり、不当です。

Start が実行されている場合の確認

いずれかのコンポーネントが起動時に起動に失敗している場合は、起動時にエラーやクラッシュが発生した場合にイベント ログを確認すると、問題が特定される可能性があります。 MSCONFIG を使用して起動し、選択的または診断のスタートアップ オプションを使用すると、追加のアプリケーションによる干渉の可能性を排除および/または特定できます。

  • get-process -name shellexperiencehost
  • get-process -name searchui

インストールされているが実行されていない場合は、セーフ モードで起動をテストするか、MSCONFIG を使用してサード パーティ製または追加のドライバーとアプリケーションを削除します。

システムがクリーン インストールまたはアップグレードかどうかを確認する

  • このシステムはアップグレードまたはクリーン インストールですか?
    • 以下のコマンドを実行します。 test-path "$env:windir\panther\miglog.xml"
    • そのファイルが存在しない場合、システムはクリーン インストールです。
  • アップグレードの問題は、実行中に見つかる可能性があります。 test-path "$env:windir\panther\miglog.xml"

Start が登録またはアクティブ化されている場合の確認

  • 次のイベント ログを CSV にエクスポートし、テキスト エディターまたはスプレッドシートでキーワード検索を実行します。
    • Microsoft-Windows-TWinUI/Operational for Microsoft.Windows。ShellExperienceHost または Microsoft。Windows。Cortana
      • "パッケージが見つかりませんでした"
      • "レジストリの無効な値"
      • "要素が見つかりません"
      • "パッケージを登録できない"

これらのイベントが見つかった場合、Start は正しくアクティブ化されません。 各イベントには説明の詳細が記載され、さらに詳しく調査する必要があります。 イベント メッセージは異なる場合があります。

その他の考慮すべき点

問題が発生したのは、いつですか?

  • スタート メニューの障害の上位の問題がトリガーされる
    • 更新後
    • アプリケーションのインストール後
    • ドメインに参加した後、またはドメイン ポリシーを適用した後
  • これらの問題の多くは、
    • レジストリ キーまたはフォルダーに対するアクセス許可の変更
    • 開始または関連するコンポーネントがクラッシュまたはハングする
    • カスタマイズの失敗

問題をさらに絞り込むには、次の点に注意してください。

  • インストールの背景とは何ですか?

    • これは展開、メディアからのインストール、その他の
    • カスタマイズの使用
      • DISM
      • グループ ポリシーまたは MDM
      • copyprofile
      • Sysprep
      • Other
  • ドメインに参加している

    • フォルダーまたはレジストリ キーへのアクセスまたはアクセス許可を制限するグループ ポリシー設定では、スタートパフォーマンスに問題が発生する可能性があります。
    • 7 歳以上のユーザーを対象Windowsグループ ポリシーの中には、Start で問題が発生することが知られているものがあります。
    • テストされていないスタート メニューのカスタマイズは、通常、開始エラーが完了しない場合に予期しない動作を引き起こす可能性があります。
  • 環境は仮想化されていますか?

    • VMware
    • Citrix
    • Other

[開始の問題] を記録するイベント ログを確認します。

  • システム イベント ログ

  • アプリケーション イベント ログ

  • Microsoft/Windows/Shell-Core*

  • Microsoft/Windows/Apps/

  • Microsoft-Windows-TWinUI*

  • Microsoft/Windows/AppReadiness*

  • Microsoft/Windows/AppXDeployment*

  • Microsoft-Windows-PushNotification-Platform/Operational

  • Microsoft-Windows-CoreApplication/Operational

  • Microsoft-Windows-ShellCommon-StartLayoutPopulation*

  • Microsoft-Windows-CloudStore*

  • Start (タスク バー、タスク バーなど) に関連explorer.exeクラッシュを確認する

    • アプリケーション ログ イベント 1000、1001
    • WER レポートを確認する
      • C:\ProgramData\Microsoft\Windows\WER\ReportArchive\
      • C:\ProgramData\Micrt\Windowsosof\WER\ReportQueue\

一貫してクラッシュしている Start のコンポーネントがある場合は、Microsoft サポートで確認できるダンプをキャプチャします。

一般的なエラーと軽減策

次の一覧では、スタート メニューで発生する可能性のある一般的なエラーに関する情報と、それらを軽減するための手順を示します。

現象: スタート メニューが 2012 R2、Windows、または 2016 Windows 10でWindowsしない

原因: バックグラウンド タスク インフラストラクチャ サービス (BrokerInfrastructure) サービスが開始されていない。

解決策: バックグラウンド タスク インフラストラクチャ サービスが Services MMC で自動起動に設定されている必要があります。

バックグラウンド タスク インフラストラクチャ サービスの開始に失敗した場合は、Power Dependency コーディネーター ドライバー (PDC) ドライバーとレジストリ キーが無効または削除されていないか確認します。 どちらかが見つからない場合は、バックアップまたはインストール メディアから復元します。

PDC サービスを確認するには、コマンド C:\>sc query pdc プロンプトで実行します。 結果は次のようになります。

SERVICE_NAME: pdc TYPE : 1 KERNEL_DRIVER STATE : 4 RUNNING (STOPPABLE, NOT_PAUSABLE, IGNORES_SHUTDOWN) WIN32_EXIT_CODE : 0 (0x0) SERVICE_EXIT_CODE : 0 (0x0) チェックポイント : 0x0 WAIT_HINT : 0x0

PDC サービスは、%WinDir%\system32\drivers にあるpdc.sysを使用します。

PDC レジストリ キーは、説明 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\pdc ****="@%SystemRoot%\system32\drivers\pdc.sys,-101" DisplayName="@%SystemRoot%\system32\drivers\pdc.sys,-100" ErrorControl=dword:00000003グループ="Boot Bus Extender" ImagePath =hex(2):73) です。 ,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,00,64,00,
72,00,69,000,76,00,65,00,72,00,73,00,5c,00,70,00,64,64,00,2e,00,00,73,000,000,79,000
00,73,00,00,000 Start=dword:000000000 Type=dword:000000001

サービスの一覧に示されている依存関係に加えて、バックグラウンド タスク インフラストラクチャ サービスでは、Power Dependency コーディネーター ドライバーを読み込む必要があります。 PDC が起動時に読み込めない場合、バックグラウンド タスク インフラストラクチャ サービスは失敗し、[スタート] メニューに影響します。

PDC とバックグラウンド タスク インフラストラクチャ サービスの両方のイベントがイベント ログに記録されます。 PDC を無効にしたり削除したりすることはできません。 BrokerInfrastructure は自動サービスです。 このサービスは、安定したスタート メニューを使用するために、これらのすべてのオペレーティング システムが実行されている場合に必要です。

注意

コンピューターが実行されている場合は、この自動サービスを停止できません (C:\windows\system32\svchost.exe -k DcomLaunch -p)。

現象: 1511 から 1607 バージョンの Windows にアップグレードした後、グループ ポリシー "スタート メニューからすべてのプログラムを削除する" が機能しない場合があります。

原因: バージョン 1511 と 1607 の間で [すべてのアプリ] Windows 10が変更されました。 これらの変更は、元のグループ ポリシーと対応するレジストリ キーが適用されなくなったことを意味します。

解決策: この問題は、2017 年 6 月の更新プログラムで解決されました。 バージョン 1607 Windows 10、最新の累積的な更新プログラムまたは機能更新プログラムに更新します。

注意

グループ ポリシーが有効になっている場合は、目的の動作も選択する必要があります。 既定では、[なし] に 設定されています

現象: アラーム、電卓、エッジのようなアプリケーション タイルが [スタート] メニューに表示され、設定 アプリが Windows 10 バージョン 1709 でローカル ユーザー プロファイルが削除された場合に開かない

アプリ タイルと不足しているアプリ タイルにダウンロード アイコンを表示するスクリーンショット

原因: この問題は既知です。 初回サインイン エクスペリエンスは検出されないので、一部のアプリのインストールはトリガーされません。

解決策: この問題は、Windows 10 バージョン 1709 (KB 4089848 2018年 3 月 22 日) に修正されています。KB4089848 (OS ビルド 16299.334)

現象: スタート メニュー のレイアウトをカスタマイズしようとすると、カスタマイズが適用されないか、結果が予期されない

原因: この問題の主な理由は次の 2 つがあります。

  • 正しくない形式: 余分なスペースやスペースを追加したり、文字を入力したり、間違った形式で保存したりして、xml ファイルを誤って編集します。

    • 形式が正しくないかを確認するには、"Applications and Services\Microsoft\Windows\ShellCommon-StartLayoutPopulation\Operational" ログでイベントID: 22を確認します。
    • イベント ID 22 は、xml の形式が正しくありません。つまり、指定されたファイルは単に有効な xml ではありません。
    • xml ファイルを編集する場合は、ファイル形式でUTF-8があります。
  • 予期しない情報: 予期しないメソッドまたは文書化されていないメソッドを使用してタイルを追加しようとしている場合に発生します。

XML ファイルは、展開またはグループ ポリシーによるアプリケーションの前に、Hyper-V または他の仮想マシンでローカルにテストできます。また、テストする必要があります。

現象: 起動時に PC が F12 を使用して更新された後、スタート メニューが機能しなくなりました

説明: ユーザーが PC に問題がある場合は、更新、リセット、または復元できます。 PC を更新すると、個人用ファイルと設定が維持されます。 ユーザーが PC の起動に問題がある場合は、ユーザーが PC の設定を変更設定アクセスできません。 そのため、システム更新にアクセスするために、ユーザーは起動時に F12 キーを使用できます。 PC の更新は終了しますが、スタート メニューにアクセスできません。

原因: この問題は既知であり、2018 年 8 月 30 日にリリースされた累積的な更新プログラムで解決されました。

解決策: 修正更新プログラムをインストールします。修正プログラムは 2018-KB4457142リリースに含まれています。

現象: [スタート] メニューの [すべてのアプリ] リストが見つからない

原因: [スタート] メニューから [すべてのプログラムの一覧を削除する] グループ ポリシーが有効になっています。

解決策: [スタート] メニューから [すべてのプログラムを削除する] グループ ポリシーを無効にします。

現象: Windows 10、バージョン 1703 以前、Windows Server 2016、および移動ユーザー プロファイルをスタート レイアウトで使用している場合、タイルが [スタート] メニューに表示されていない

説明: 次の 2 つの異なるスタート メニューの問題Windows 10。

  • 開始レイアウトの管理者が構成したタイルはローミングに失敗します。
  • 開始レイアウトに対するユーザーが開始した変更はローミングされません。

具体的には、次のような動作が含まれます。

  • スタート メニューにピン留めされたアプリケーション (アプリまたはアイコン) が見つからない。
  • タイル ウィンドウ全体が表示されなくなります。
  • スタート ボタンは応答に失敗します。
  • 新しいローミング ユーザーが作成されると、最初のサインインは通常の状態で表示されますが、それ以降のサインインではタイルが表示されません。

作業レイアウトの例

新しいローミング ユーザー プロファイルの最初のサインインの作業レイアウト

失敗したレイアウトの例

後続のサインインでのレイアウトの失敗

原因: データがローミング ユーザー プロファイルからローカルにプルされる前にスタート メニューが準備されているタイミングの問題が存在します。 コード パスが異なるので、新しいローミング ユーザーの最初のログオンでは問題は発生しません。

解決策: この問題は、Windows 10 バージョン 1703 および 1607、2017 年 3 月時点の累積的な更新プログラムで解決されています。

現象: スタート メニューのレイアウトのカスタマイズは、バージョン 1703 Windows 10アップグレード後に失われます

説明:

アップグレードの前に、次の手順を実行します。

カスタマイズが適用されたスタート画面の例

アップグレード後、ユーザーがピン留めしたタイルが見つからない。

以前にピン留めされたタイルが見つからないスタート画面の例

また、ネットワーク接続なしでサインインが試行された場合、ユーザーに空白のタイルが表示される場合があります。

空白のタイルの例

解決策: この問題は 、2017 年 10月の更新プログラムで修正されました。

現象: Windows 10 バージョン 1607 からバージョン 1709 へのアップグレード後、ローミング ユーザー プロファイル (RUP) を有効にし、部分的なロックダウンを使用してスタート メニューレイアウトを管理した場合、タイルが見つからない

解決策ユーザーがログオンする前に、バージョン 1709 Windows 10 2018 年 4 月の LCU を適用する必要があります。

現象: Sysprep 中に応答ファイルで CopyProfile オプションが使用されている場合、スタート メニューやタスク バーのレイアウトのカスタマイズは適用されません

解決策: スタート メニューまたはタスク バーをカスタマイズする際に、CopyProfile がサポートされlayoutmodification.xml。

現象: タイル データ層の破損に関するスタート メニューの問題

原因: Windows 10バージョン 1507 からバージョン 1607 のリリースまで、タイル イメージ情報にデータベースを使用します。 これをタイル データ層データベースと呼ぶ。 (この機能は1703 Windows 10で廃止されました。)

解決策 アイコンを修正するために実行できる手順があります。まず、対処する必要がある問題を確認します。

  1. アプリまたはアプリは、タイルを選択すると問題ありません。
  2. タイルは空白で、汎用的なプレースホルダー アイコンを持ち、間違ったタイトル情報または奇妙なタイトル情報を持っています。
  3. アプリが見つからないが、PowerShell 経由でインストール済みとして一覧表示され、URI 経由で起動すると動作します。
    • 例: windows-feedback://
  4. 場合によっては、Start を空白にし、アクション センターと Cortana が起動しない場合があります。

注意

破損の回復では、スタートから手動ピンが削除されます。 アプリは引き続き表示されますが、セカンダリ タイルを再ピン留めするか、アプリ タイルをメインのスタート 画面にピン留めする必要があります。 ただし、"すべてのアプリ" から完全に欠落しているインストール済み Aps は予想外です。 これは、再登録が機能しなかったことを意味します。

  • コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。
C:\Windows\System32\tdlrecover.exe -reregister -resetlayout -resetcache

再起動は必要ありませんが、コマンドの実行後に残りの問題を解決するのに役立つ場合があります。

現象: Symantec アプリケーションがインストールされている場合、Windows 10 バージョン 1809 へのアップグレード後にスタート メニューとアプリEndpoint Protectionできません

説明: Symantec Endpoint Protection がインストールされている Windows 7 を実行しているコンピューターを Windows 10 バージョン 1809 にアップグレードした後、スタート メニュー、検索、およびアプリは開始されません。

原因: この問題は、読み込みエラーが原因で発生sysfer.dll。 アップグレード中、セットアップ プロセスでは、アプリケーション モジュールおよび他のシマンテック モジュールに特権グループ "All Application Packages" sysfer.dll設定しません。

解決策この問題は、2018 年 12 月 5 日にリリースされた Windows 累積的な更新プログラム KB4469342 (OS ビルド 17763.168) によって修正されました。

この問題が既に発生している場合は、次の 2 つのオプションのいずれかを使用して問題を解決します。

オプション 1 system32 sysfer.dllファイルを削除し、コピーし戻します。 Windows特権が自動的に設定されます。

オプション 2

  1. ディレクトリ C:\Windows\system32 を見つける。

  2. [プロパティ] を右クリックsysfer.dllし、[プロパティ] を 選択します

  3. [セキュリティ] タブ に切り替 えます。

  4. [すべてのアプリケーション パッケージ] グループが 見つからないか確認します。

  5. [ 編集] を選択し、[追加 ] を選択して グループを追加します。

  6. スタートと他のアプリをテストします。