CONSOLE_SCREEN_BUFFER_INFOEX 構造体

コンソール画面バッファーに関する拡張情報が含まれます。

構文

typedef struct _CONSOLE_SCREEN_BUFFER_INFOEX {
  ULONG      cbSize;
  COORD      dwSize;
  COORD      dwCursorPosition;
  WORD       wAttributes;
  SMALL_RECT srWindow;
  COORD      dwMaximumWindowSize;
  WORD       wPopupAttributes;
  BOOL       bFullscreenSupported;
  COLORREF   ColorTable[16];
} CONSOLE_SCREEN_BUFFER_INFOEX, *PCONSOLE_SCREEN_BUFFER_INFOEX;

メンバー

Cbsize
この構造体のサイズ (バイト単位)。

dwSize
コンソール 画面バッファー のサイズを文字列と行に格納する COORD 構造体。

dwCursorPosition
コンソール 画面バッファー 内のカーソルの列座標と行座標を格納する COORD 構造体。

wAttributes
WriteFile 関数と WriteConsole 関数によって画面バッファーに書き込まれた文字、または ReadFile 関数と ReadConsole 関数によって画面バッファーにエコーされた文字の属性。 詳細については、「文字属性」 を参照してください

srWindow
表示 SMALL_RECT の左上隅と右下隅のコンソール画面バッファー座標を格納する構造体です。

dwMaximumWindowSize
現在 の画面 バッファー サイズとフォント、画面サイズを指定して、コンソール ウィンドウの最大サイズを文字列と行で格納する COORD 構造体。

wPopupAttributes
コンソール ポップアップの fill 属性。

bFullscreenSupported
このメンバーが の場合 TRUEは、全画面モードがサポートされます。それ以外の場合はサポートされません。 これは、モニターへのFALSE真の直接 VGA アクセスが使用できなくなったWindows Vista と WDDM ドライバー モデルを使用した後のシステムに対して常に行います。

ColorTable
コンソールの色設定を記述する COLORREF 値の配列。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008 [デスクトップ アプリのみ]
Header ConsoleApi2.h (WinCon.h 経由、Windows.h を含む)

こちらもご覧ください

座標

GetConsoleScreenBufferInfoEx

SetConsoleScreenBufferInfoEx

SMALL_RECT