互換性管理者ユーザー ガイド

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2

互換性管理者ツールは、新しいバージョンのWindowsを組織に展開する前に、アプリケーションと互換性に関する潜在的な問題を解決するのに役立ちます。 互換性管理者は、次の機能を提供します。

  • 特定の互換性の問題を解決するために使用できる互換性の修正、互換性モード、AppHelp メッセージ。

  • カスタマイズされた互換性修正プログラム、互換性モード、AppHelp メッセージ、および互換性データベースを作成するためのツール。

  • ローカル コンピューターにインストールされている互換性の修正プログラムを検索するために使用できるクエリ ツール。

次のフローチャートは、互換性管理者ツールを使用して互換性の修正プログラム、互換性モード、および AppHelp メッセージを作成する手順を示しています。

act compatibility admin フローチャート。

重要

アプリケーション互換性Toolkit (ACT) では、32 ビットバージョンと 64 ビット バージョンの互換性管理者ツールがインストールされます。 32 ビット バージョンを使用して 32 ビット アプリケーション用のカスタム データベースを作成して操作し、64 ビット バージョンを使用して 64 ビット アプリケーション用のカスタム データベースを作成して操作する必要があります。

このセクションの内容

トピック 説明
Compatibility Administrator ツールの使用 このセクションでは、互換性管理者ツールの使用に関する情報を提供します。
アプリケーション互換性修正プログラムとカスタムの修正データベースの管理 このセクションでは、アプリケーション互換性修正プログラムとカスタム互換性修正データベースの管理に関する情報を提供します。 このセクションでは、互換性の修正プログラムを使用する理由と、カスタム互換性修正データベースを展開する方法について説明します。
Sdbinst.exe コマンド ライン ツールの使用 カスタマイズしたデータベース (.Sdb) ファイルは、互換性の修正、互換性モード、および AppHelp メッセージが適用される前に、組織内の他のコンピューターに送信されます。 カスタマイズしたデータベース ファイルは、ログオン スクリプトの使用、グループ ポリシーの使用、ファイルコピー操作の実行など、さまざまな方法でデプロイできます。