機能を削除または Windows 10、バージョン 1803 始まる交換の計画

対象: Windows 10、バージョン 1803

Windows 10 の各リリースでは新機能が追加されています。同時に、機能が削除される場合もあります。これは、通常、より優れたオプションが追加されたためです。 以下の機能と、Windows 10 版 1803 で削除した機能の詳細 (もと呼ばれる Windows 10 年 2018年 4 月更新)。

ヒント

この一覧は変更される可能性があります。また、影響を受ける機能でこの一覧に含まれていないものもあります。

このリリースで削除した機能

次の機能と機能を削除しました Windows 10、1803 のバージョンでインストールされている製品の画像から。 アプリケーションまたはコードを調べるには、これらの機能は、別の方法を使用しない場合、このリリースでは機能しません。

機能 代わりに次のように使用することができます。
Groove Music Pass ストリーミング音楽のサービスと音楽トラック売り上げ 2017年で Microsoft ストア Groove を終了しました。 Groove のアプリは、この変更を反映するように更新しています。 Groove の音楽を使って PC または OneDrive から音楽をストリームに音楽を再生することもできます。 Windows 10、または独自に音楽を購入するのには、Spotify またはその他の音楽サービスをストリームの音楽を使用できます。
ユーザーの候補が含まれなくなります Microsoft 以外のアカウントの連絡先が保存されていません。 ユーザーにメールを送信するかからのメールの連絡先の詳細を手動で保存します。
コントロール パネルの [言語コントロール 言語の設定を変更するのには、設定のアプリを使用します。
HomeGroup ホーム グループは、プリンター、ファイルやフォルダーを共有する機能しないは削除します。

ファイル エクスプ ローラーで、[コントロール パネル] のホーム グループを表示またはのトラブルシューティングを行うしない Windows 10、1803、バージョンに更新すると (設定 > 更新とセキュリティ > トラブルシューティング)。 すべてのプリンター、ファイル、およびホーム グループを共有するのには引き続き使用して共有するフォルダーです。

ホーム グループを使用すると、代わりに Windows 10 に組み込まれている機能を使用して、プリンター、ファイルとフォルダーを共有することができますようになりました。
- ネットワーク プリンターを共有します。
- エクスプ ローラーでファイルを共有します。
Wi-fi 設定で開いている候補のホット スポットへの接続オプション お以前候補開くホット スポットを接続する] オプションを無効にし、今すぐ削除すると、Wi-fi 設定] ページで、します。 手動で接続できます無料ワイヤレス ホット スポットをネットワークとインターネットの設定] で (をモバイル デバイス) の Wi-fi 設定を使用して、タスク バーまたはコントロール パネル] から。
XPS ビューアー XPS ビューアーを取得する方法を変更することです。 Windows 10、バージョン 1709 以前のバージョンでインストール イメージにアプリが含まれます。 XPS ビューアーがあるし、Windows 10、1803、バージョンに更新する場合は、操作は必要ありません。 XPS ビューアーもあります。

ただし、Windows 10、1803、バージョンをインストールしている場合新しいデバイスで (またはクリーン インストール) をする必要がありますからアプリと機能の設定のアプリで XPS Viewerのインストールまたは必要に応じて機能。 Windows 10、バージョン、1709 で XPS ビューアーを持っていた更新する前に手動で削除された場合は、手動で、再インストールする必要があります。

機能は、不要になった開発している場合

ここではこれらの機能をアクティブになった開発と、将来の更新を削除することがあります。 他のユーザーは、今すぐ利用できるさまざまなソースから、他の機能や機能に一部の機能が置き換えられました。

した場合、これらの機能の置換に関するフィードバック、フィードバック ハブ アプリを使用することができます。

機能 代わりに次のように使用することができます。
グループ ポリシーのソフトウェアの制限のポリシー グループ ポリシーを使用して、ソフトウェアの制限のポリシーを使用して、代わりには、アプリのユーザーがアクセスできるコントロールでどのようなコードが実行してAppLockerまたはWindows Defender アプリケーションのコントロールを使用できます。
オフラインのシンボル パッケージ(デバッグ記号 Msi) 不要になった行って記号パッケージをダウンロード可能な MSI として使用します。 代わりに、 Microsoft シンボル サーバーが Azure ベース シンボルに移動します。 Windows の記号と特殊文字を必要がある場合は、ローカル シンボルをキャッシュまたはマニフェスト ファイルを SymChk.exe に、インターネットに接続されたコンピューターで使う Microsoft 記号サーバーに接続します。
Windows のヘルプ ビューアー (WinHlp32.exe) すべての Windows のヘルプ情報が利用可能なオンラインします。 Windows 10 では、Windows のヘルプ ビューアーがサポートされていません。 何らかの理由では、「ヘルプについていないサポートされている場合、」可能性のある詳細と、次のステップは、このサポート記事、サードパーティ製アプリケーションを使用するときにエラー メッセージを参照してください。 場合、
エクスプ ローラーで連絡先の機能 不要になった連絡先機能および対応するWindows 連絡先 APIを開発おしている場合。 代わりに、連絡先を維持するために Windows 10 の People アプリを使用することができます。
モバイル コンパニオン 設定アプリでは、電話番号] ページを使用します。 Windows 10、1709、バージョンでは、PC、携帯電話と同期するための新しい電話番号] ページを追加しました。 電話に付属のすべての機能が含まれています。
画面切り替えの IPv4/6 (6to4、テクノロジー ISATAP、直接トンネル) 6to4 は既定では、Windows 10 版 1607 (記念日の更新プログラム) から無効になっている ISATAP は既定では、Windows 10 版 1703 (作成者更新) から無効になっている、直接トンネルが既定で無効になっている常にします。 代わりに、ネイティブ IPv6 サポートを使用してください。
重なったサービス プロバイダー 重なったサービス プロバイダーから Windows 8 および Windows Server 2012 なりました。 Windows プラットフォームのフィルタ リングを使用してください。 Windows 10、1803; のバージョンにアップグレードするときにインストールされているレイヤー サービス プロバイダーが移行されません。アップグレードした後にそれらを再インストールする必要があります。
ビジネスのスキャンを使用して、分散スキャン管理 (DSM)、 (追加 05/03/2018) とも呼ばれる スキャン管理機能では、Windows 7 で導入され、セキュリティで保護されたスキャンおよびスキャナー エンタープライズ内の管理を有効にします。 この機能に注いで不要になったおよびがサポートしているデバイスがないです。