削除された機能または、Windows 10、バージョン 1803 以降では置換が計画されています。

適用対象: Windows 10、バージョン 1803

Windows 10 の各リリースでは新機能が追加されています。同時に、機能が削除される場合もあります。これは、通常、より優れたオプションが追加されたためです。 ここでは、Windows 10、バージョン 1803 で削除された機能についての詳細 (もと呼ばれる Windows 10 April 2018 Update)。

ヒント

この一覧は変更される可能性があります。また、影響を受ける機能でこの一覧に含まれていないものもあります。

このリリースで削除された機能

Windows 10、バージョン 1803 でインストールされる製品イメージから、次の機能を削除しました。 これらの機能に依存するアプリケーションまたはコードは、別の方法を使用しない限りこのリリースでは機能しません。

機能 代わりに使用できる機能
Groove Music Pass 音楽サービスおよび 2017 年に、Microsoft Store を通じて音楽トラックの販売をストリーミング Groove を終了します。 Groove アプリは、この変更を反映するように更新されています。 お使いの PC、または OneDrive からの音楽をストリームに音楽を再生するのに Groove ミュージックを引き続き使用できます。 Windows 10、または独自に音楽を購入する Spotify またはストリームの音楽を他の音楽サービスを使用できます。
ユーザーの候補含まれなくなります Microsoft 以外のアカウントの連絡先が保存されていません。 手動でメールを送信する、またはからのメールを取得するユーザーの連絡先情報を保存します。
コントロール パネルの [言語の管理 言語の設定を変更するには、設定アプリを使います。
HomeGroup ホーム グループがないプリンター、ファイル、およびフォルダーを共有する機能を削除します。

Windows 10 バージョン 1803 への更新ファイル エクスプ ローラーで、コントロール パネルの [ホーム グループを参照してください。 またはのトラブルシューティングがされません (設定 > 更新とセキュリティ > トラブルシューティング)。 任意のプリンター、ファイル、およびホーム グループを共有するのには引き続き使用する共有フォルダーです。

ホーム グループを使用してではなく Windows 10 に組み込まれている機能を使用してプリンター、ファイルやフォルダーを共有することができるようになりました。
- ネットワーク プリンターを共有します。
- エクスプ ローラーでファイルを共有します。
Wi-fi 設定で [推奨されたオープン ホット スポットへの接続オプション お以前に推奨されるオープン ホット スポットへの接続オプションを無効になっていると、Wi-fi の設定] ページから削除できるようになりましたがします。 手動で接続できます無料のワイヤレス ホット スポットにネットワークとインターネットの設定では、タスク バーやコントロール パネルで、または (モバイル デバイス) の Wi-fi 設定を使用しています。
XPS ビューアー 変更を行っています XPS ビューアーを取得する方法。 Windows 10、バージョン 1709 と以前のバージョンでは、アプリはインストール イメージに含まれています。 XPS ビューアーから Windows 10、バージョン 1803 を更新する場合は、操作は必要ありません。 XPS ビューアーをまだがあります。

ただし、Windows 10 バージョン 1803 をインストールする場合は、新しいデバイスに (またはクリーン インストールで) する必要がありますをXPS ビューアーからアプリと機能、設定アプリをインストールしたり、オンデマンド機能を通じて。 Windows 10 バージョン 1709 で XPS ビューアーを使った手動で更新する前に削除された場合は、手動で再インストールする必要があります。

開発を行っていない機能

次の機能の開発はアクティブに行っていません。今後の更新プログラムから削除される可能性があります。 他の機能に置き換えられた機能と、現在さまざまなソースから利用可能な機能があります。

提案されているこれらの機能の置換についてフィードバックがある場合は、フィードバック Hub アプリを使用できます。

機能 代わりに使用できる機能
グループ ポリシーのソフトウェア制限ポリシー グループ ポリシーを介してソフトウェア制限ポリシーを使用する代わりに、AppLocker または Windows Defender アプリケーション制御を使用してユーザーがアクセスできるアプリ、およびカーネルで実行できるコードを制御することができます。
オフラインのシンボル パッケージ (デバッグ シンボル MSI) シンボル パッケージをダウンロード可能な MSI として利用できなくなりました。 代わりに、Microsoft シンボル サーバーは Azure ベースのシンボル ストアに移行しています。 Windows シンボルが必要な場合は、Microsoft シンボル サーバーに接続してシンボルをローカルにキャッシュするか、またはインターネットにアクセスできるコンピューターで SymChk.exe によりマニフェスト ファイルを使用します。
Windows のヘルプ ビューアー (WinHlp32.exe) すべての Windows のヘルプ情報利用可能なオンラインします。 Windows のヘルプ ビューアーは Windows 10 ではサポートされません。 何らかの理由に関する「ヘルプしない、サポートされている」可能性があります追加情報と、次の手順については、このサポート資料を読み取り、Microsoft 以外のアプリケーションを使用する場合、エラー メッセージが表示場合されます。
エクスプ ローラーでの連絡先の機能 連絡先の機能や、対応するWindows 連絡先 APIをしなくなった開発しています。 代わりに、People アプリを Windows 10 では、連絡先を維持するために使用できます。
モバイル コンパニオン 設定アプリには、電話のページを使用します。 Windows 10 バージョン 1709 では、お使いの PC の携帯電話を同期するための新しい電話ページを追加しました。 すべての電話コンパニオン機能が含まれています。
IPv4/6 移行テクノロジ (6to4、ISATAP、および Direct Tunnels) Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update) 以降、6to4 は既定で無効になり、Windows 10 バージョン 1703 (Creators Update) 以降、ISATAP は既定で無効になり、Direct Tunnels は常に既定で無効になっています。 代わりに、ネイティブ IPv6 サポートを使用してください。
階層化サービス プロバイダー 階層型のサービス プロバイダーは、Windows 8 と Windows Server 2012 以降推奨なりました。 代わりに、 Windows フィルタ リング プラットフォームを使用します。 Windows の以前のバージョンからアップグレードする場合は階層化サービス プロバイダーを使用しているは移行されません。アップグレードした後それらを再インストールする必要があります。
ビジネスのスキャン、分散スキャン管理 (DSM) (追加 2018/05/03) とも呼ばれます スキャン管理機能は Windows 7 で導入され、セキュリティで保護されたスキャンおよびエンタープライズ内のスキャナーの管理を有効にします。 この機能への投資は行っておらず、それをサポートするデバイスはありません。