Windows 10 の展開に関する考慮事項Windows 10 deployment considerations

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows10

展開プロセスを簡素化し、既存の設定とアプリケーションを自動的に移行するための新しい展開オプションが Windows 10 に用意されています。There are new deployment options in Windows10 that help you simplify the deployment process and automate migration of existing settings and applications.

長年にわたり、組織は、"ワイプ アンド ロード" と呼ばれる展開プロセスを使って、Windows の新しいバージョンを展開してきました。For many years, organizations have deployed new versions of Windows using a “wipe and load” deployment process. 大まかに言うと、このプロセスでは、既存のデバイスから既存のデータと設定をキャプチャする、新しく構築したカスタム Windows イメージを PC に展開する、ハードウェア ドライバーを挿入する、アプリケーションを再インストールするといった作業を行い、最後にデータと設定を復元します。At a high level, this process captures existing data and settings from the existing device, deploys a new custom-built Windows image to a PC, injects hardware drivers, reinstalls applications, and finally restores the data and settings. Windows 10 では、このプロセスは完全にサポートされていますが、一部の展開シナリオではまだ必要です。With Windows10, this process is still fully supported, and for some deployment scenarios is still necessary.

また、windows 10 には、組織が検討する必要がある2つのシナリオがいくつかあります。Windows10 also introduces two additional scenarios that organizations should consider:

  • インプレース アップグレード。Windows セットアップ プロセスを利用するシンプルで自動化されたプロセスによって、以前のバージョンの Windows から自動的にアップグレードします。In-place upgrade, which provides a simple, automated process that leverages the Windows setup process to automatically upgrade from an earlier version of Windows. このプロセスでは、既存のデータ、設定、ドライバー、アプリケーションが自動的に移行されます。This process automatically migrates existing data, settings, drivers, and applications.

  • 動的プロビジョニング: 新しいカスタム組織イメージをデバイスに展開せずに、組織が使用する新しい windows 10 デバイスを構成できるようにします。Dynamic provisioning, which enables organizations to configure new Windows10 devices for organization use without having to deploy a new custom organization image to the device.

    この 2 つのシナリオでは、いずれもイメージの作成プロセスが不要になるため、展開プロセスを大幅に簡素化することができます。Both of these scenarios eliminate the image creation process altogether, which can greatly simplify the deployment process.

    それでは、どのようにして選べばよいでしょうか。So how do you choose? その概要は次のとおりです。At a high level:

検討するプロセスConsider ... 該当するシナリオFor these scenarios
インプレース アップグレードIn-place upgrade
  • すべて (またはほとんど) の既存のアプリケーションを保持する必要がある場合When you want to keep all (or at least most) existing applications

  • デバイスの構成での大きな変更 (BIOS から UEFI へなど) またはオペレーティング システムの構成での大きな変更 (x86 から x64 へ、言語の変更、管理者から管理者以外のユーザーへ、Active Directory ドメインの統合など) を計画していない場合When you do not plan to significantly change the device configuration (for example, BIOS to UEFI) or operating system configuration (for example, x86 to x64, language changes, Administrators to non-Administrators, Active Directory domain consolidations)

  • Windows 10 から Windows 10 の今後のリリースに移行する場合To migrate from Windows 10 to a later Windows 10 release

従来のワイプ アンド ロードTraditional wipe-and-load
  • 新しい Windows OS と共に膨大な数のアプリケーションをアップグレードする場合When you upgrade significant numbers of applications along with the new Windows OS

  • デバイスやオペレーティング システムの構成を大幅に変更する場合When you make significant device or operating system configuration changes

  • "クリーンな状態で開始する" 場合。When you “start clean”. たとえば、既存のアプリやデータを必要としないシナリオ (コール センターなど) や、管理されていない PC から適切に管理されている PC に移行する場合For example, scenarios where it is not necessary to preserve existing apps or data (for example, call centers) or when you move from unmanaged to well-managed PCs

  • Windows Vista またはその他のバージョンの以前のオペレーティング システムから移行する場合When you migrate from Windows Vista or other previous operating system versions

動的プロビジョニングDynamic provisioning
  • 新しいデバイスの場合。特に、シンプルな構成 (イメージを再作成しない) のみが必要な場合の "自分自身のデバイスの選択" シナリオFor new devices, especially in “choose your own device” scenarios when simple configuration (not reimaging) is all that is required

  • ユーザー固有または役割固有のアプリのセルフサービス インストールを実現する、管理ツール (たとえば、Microsoft Intune などの MDM サービス) と組み合わせて使用する場合When used in combination with a management tool (for example, an MDM service like Microsoft Intune) that enables self-service installation of user-specific or role-specific apps

 

以前のバージョンの Windows からの移行Migration from previous Windows versions

Windows7 または Windows 8.1 を実行している既存の Pc の場合、インプレースアップグレードは Windows 10 の展開に推奨される方法であり、可能な限り使用する必要があります。For existing PCs running Windows7 or Windows8.1, in-place upgrade is the recommended method for Windows 10 deployment and should be used whenever possible. ワイプと読み込み (OS の更新) の展開はまだ完全にサポートされていますが (前に説明したように、いくつかのシナリオでは必要です)、インプレースアップグレードはより簡単かつ速く、より高速な Windows 10 展開を実現します。Although wipe-and-load (OS refresh) deployments are still fully supported (and necessary in some scenarios, as mentioned previously), in-place upgrade is simpler and faster, and enables a faster Windows10 deployment overall.

元の Windows8 リリースは、2016年1月までサポートされています。The original Windows8 release was only supported until January 2016. Windows 8.0 を実行しているデバイスでは、Windows 8.1 に更新してから、Windows 10 にアップグレードすることができます。For devices running Windows 8.0, you can update to Windows8.1 and then upgrade to Windows10.

Windows 7 よりも古いオペレーティングシステムを実行している Pc の場合は、互換性のあるハードウェアを使用しているときに、ワイプアンドロード (OS の更新) 展開を実行できます。For PCs running operating systems older than Windows 7, you can perform wipe-and-load (OS refresh) deployments when you use compatible hardware.

Windows 向けソフトウェア アシュアランスを利用している組織では、インプレース アップグレードとワイプ アンド ロードのいずれも利用できます (既に説明したように、インプレース アップグレードをお勧めします)。For organizations with Software Assurance for Windows, both in-place upgrade or wipe-and-load can be leveraged (with in-place upgrade being the preferred method, as previously discussed).

無料アップグレードプランを利用しておらず、Windows のソフトウェアアシュアランスに登録されていない組織の場合、Windows 10 アップグレードライセンスは既存のボリュームライセンス (VL) 契約を通じて購入できます。For organizations that did not take advantage of the free upgrade offer and are not enrolled in Software Assurance for Windows, Windows10 upgrade licenses are available for purchase through existing Volume License (VL) agreements.

新しいコンピューターをセットアップするSetting up new computers

Windows 10 がプレインストールされている新しいコンピューターの場合は、動的プロビジョニングのシナリオを活用して、デバイスを初期状態から完全に構成された組織の PC に変換することができます。For new computers acquired with Windows10 preinstalled, you can leverage dynamic provisioning scenarios to transform the device from its initial state into a fully-configured organization PC. 使用できる動的プロビジョニングのシナリオは、主に次の 2 つです。There are two primary dynamic provisioning scenarios you can use:

  • ユーザーによる、クラウドからのプロビジョニング。User-driven, from the cloud. Azure Active Directory にデバイスを参加させ、自動モバイル デバイス管理 (MDM) プロビジョニング機能を活用することひより、エンド ユーザーは、Azure Active Directory アカウントとパスワード (Windows 10 では "職場または学校のアカウント" と呼ばれます) を入力するだけで、自分でプロビジョニング プロセスを開始できます。By joining a device into Azure Active Directory and leveraging the automatic mobile device management (MDM) provisioning capabilities at the same time, an end user can initiate the provisioning process themselves just by entering the Azure Active Directory account and password (called their “work or school account” within Windows 10). MDM サービスによって、デバイスを完全に構成された組織の PC に変換できます。The MDM service can then transform the device into a fully-configured organization PC. 詳しくは、Azure Active Directory と MDM の統合に関するページをご覧ください。For more information, see Azure Active Directory integration with MDM.

  • IT 管理者による、新しいツールを使ったプロビジョニング。IT admin-driven, using new tools. IT 管理者は、新しい Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) ツールを使用して、プロビジョニング パッケージを作成できます。プロビジョニング パッケージをコンピューターに適用すると、完全に構成された組織の PC に変換することができます。Using the new Windows Imaging and Configuration Designer (ICD) tool, IT administrators can create provisioning packages that can be applied to a computer to transform it into a fully-configured organization PC. 詳しくは、「Windows イメージングおよび構成デザイナー」をご覧ください。For more information, see Windows Imaging and Configuration Designer.

これらのシナリオのどちらでも、PC に対してさまざまな構成の変更を行うことができます。In either of these scenarios, you can make a variety of configuration changes to the PC:

  • 使用中の Windows 10 のエディション (SKU) を変換します。Transform the edition (SKU) of Windows10 that is in use.
  • 構成と設定をデバイスに適用します (セキュリティの設定、デバイスの制限、ポリシー、Wi-Fi と VPN のプロファイル、証明書など)。Apply configuration and settings to the device (for example, security settings, device restrictions, policies, Wi-Fi and VPN profiles, certificates, and so on).
  • アプリ、言語パック、更新プログラムをインストールします。Install apps, language packs, and updates.
  • 管理ソリューションでデバイスを登録します (IT 管理者によるシナリオに適用され、管理ツールで構成や継続的な管理を引き継ぐのに十分なデバイスを構成する)。Enroll the device in a management solution (applicable for IT admin-driven scenarios, configuring the device just enough to allow the management tool to take over configuration and ongoing management).

最新の状態の維持Stay up to date

半期チャネルで既に Windows 10 を実行しているコンピューターの場合、新しいアップグレードは1年間に2回展開されます。For computers already running Windows10 on the Semi-Annual Channel, new upgrades will be deployed two times per year. さまざまな方法で、これらのアップグレードを展開できます。You can deploy these upgrades by using a variety of methods:

  • Windows Update または Windows Update for Business。インターネットから直接更新プログラムを受信するデバイスで使います。Windows Update or Windows Update for Business, for devices where you want to receive updates directly from the Internet.
  • Windows Server Update Services (WSUS)。承認された後、内部サーバーから更新プログラムをプルするように構成されたデバイスで使います (更新プログラムなどの展開)。Windows Server Update Services (WSUS), for devices configured to pull updates from internal servers after they are approved (deploying like an update).
  • 構成マネージャーのタスクシーケンス。Configuration Manager task sequences.
  • Configuration Manager のソフトウェア更新機能 (更新プログラムのような展開)。Configuration Manager software update capabilities (deploying like an update).

これらのアップグレード (月例の更新プログラムとは異なる方法でインストールされます) は、インプレースアップグレードプロセスを利用します。These upgrades (which are installed differently than monthly updates) leverage an in-place upgrade process. 比較的小さい更新プログラムとは異なり、これらのアップグレードには、完全なオペレーティング システムのイメージ (64 ビット オペレーティング システムの場合、約 3 GB) が含まれ、完了するには時間 (1 ~ 2 時間) とディスク領域 (約 10 GB) が必要になります。Unlike updates, which are relatively small, these upgrades will include a full operating system image (around 3 GB for 64-bit operating systems), which requires time (1-2 hours) and disk space (approximately 10 GB) to complete. 使用する展開方法で、必要なネットワーク帯域幅とディスク領域の要件をサポートできることを確認します。Ensure that the deployment method you use can support the required network bandwidth and/or disk space requirements.

アップグレードプロセスも、全体的な時間とネットワーク帯域幅を節約するために最適化されています。The upgrade process is also optimized to reduce the overall time and network bandwidth consumed.

関連トピックRelated topics

Windows 10 の互換性Windows 10 compatibility
Windows 10 のインフラストラクチャ要件Windows 10 infrastructure requirements