セーフガード ホールド

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 11

Microsoft では、品質と互換性のデータを使用して、クライアント機能の更新が失敗またはロールバックWindows可能性のある問題を特定します。 このような問題が見つかった場合は、更新プログラムを保護するために、更新プログラムを更新サービスに適用して、影響を受けるデバイスによる更新プログラムのインストールを防止する場合があります。 また、お客様、パートナー、または Microsoft の内部検証で重大な影響を与える問題 (更新プログラムのロールバック、データ損失、接続の喪失、主要な機能の喪失など) が見つかった場合や、回避策がすぐに利用できない場合にもセーフガードホールドを使用します。

セーフガードホールドは、既知の問題を持つデバイスが新しいオペレーティング システムバージョンを提供されるのを防ぐ。 修正プログラムが見つかり、確認された後、製品を更新します。 保留リストを使用して、デバイスが新しいバージョンのクライアントに移動する場合に、お客様のエクスペリエンスをWindowsします。

セーフガードホールドの寿命は、問題の調査と修正に必要な時間によって異なります。 この間、Microsoft は、修正プログラムを調達、開発、検証し、影響を受けるデバイスに提供するために、非常に時間のかかっています。 品質と互換性のデータを監視して、セーフガードホールドを解除する前に修正が完了したと確認します。 セーフガードホールドを解除すると、Windows更新プログラムはデバイスへの新しいオペレーティング システム バージョンの提供を再開します。

セーフガード保持は、更新プログラムに対して Windows更新サービスを使用するデバイスにのみ影響します。 他のチャネル (メディア インストールや Windows Server Update Services からの更新プログラムなど) を通じてデバイスの更新プログラムを管理する IT 管理者は、環境に存在する可能性のある既知の問題を認識し続け推奨します。

Windows Update for Business展開サービスを使用して更新プログラムを管理する IT 管理者は、問題の影響を受ける可能性のあるデバイスのセーフガードホールドも利用できます。 詳細については、「セーフガードは、考え得る既知の問題に対して 保留する」を参照してください

セーフガードホールドの影響を受けるか。

IT 管理者は、更新コンプライアンス を使用 して、組織内のデバイスのさまざまな更新プログラムの正常性指標を監視できます。 更新コンプライアンスは、デバイスの更新またはアップグレードを妨げているセーフガードホールドに関する分析情報を提供するために、セーフガード保持レポートと機能更新状態レポートのクエリを提供します。

更新コンプライアンス レポートは、8 桁の識別子によってセーフガードホールドを識別します。 一般に議論されている既知の問題に関連するセーフガードホールドについては、関連するリリースの [既知の問題] ページでセーフガード保持 ID を検索することで、Windows **** リリースの正常性ダッシュボードで問題に関する追加の詳細を確認できます。

Windows Update (ビジネス向け Windows Update ではない) を使用するデバイス**** では、設定 アプリの Windows Update ページに、更新プログラムが途中でデバイスの準備ができていないことを示すメッセージが表示されます。 更新プログラムをダウンロードしてインストールするオプションの代わりに、次のメッセージが表示されます。

「2020 年 5 月 2020 Windows 10」という機能更新メッセージが表示されます。 デバイスの準備が整ったら、このページに更新プログラムが表示されます。

このメッセージは、デバイスが 1 つ以上のセーフガードホールドによって保護されているという意味です。 問題が解決され、更新プログラムを安全にインストールできる場合は、セーフガード保持を解除し、更新プログラムを安全に再開できます。

どうすればよいですか?

問題が解決され、リリースされるまで、手動で更新を試みないでお勧めします。

注意事項

セーフガードホールドをオプトアウトすると、既知のパフォーマンスの問題からデバイスが危険にさらされる可能性があります。 オプトアウトする前に、影響を受け入れ可能にするための堅牢なテストを完了することを強く推奨します。

この場合、更新コンプライアンスとWindowsリリースの正常性ダッシュボードで通知を受け取った IT 管理者は、すべてのセーフガードホールドの保護を一時的にオプトアウトし、更新を続行することを許可することができます。 IT 環境と検証の目的でのみオプトアウトすることをお勧めします。 保留をオプトアウトする場合、この条件は一時的なものです。 更新が完了すると、セーフガードホールドの保護が自動的に再開されます。