セーフガードホールド

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 11

セーフガード保持レポートは、セーフガードホールドの影響を受ける人口のデバイスに関する 情報を提供します

Microsoft では、診断データを使用して、Windows更新プログラムを使用するデバイスが機能更新プログラムの準備ができているかどうかを判断し、スムーズなエクスペリエンスを実現します。 既知の問題のためにデバイスを更新する準備ができていないと Microsoft が判断すると**、デバイスのアップグレードを遅らせ、エンド ユーザー エクスペリエンスを保護するためのセーフガードホールドが生成されます。 セーフガード保持は、診断データが分析され、修正に対処されると、時間の長い間に解放されます。 詳細は、一部のリリースで提供されますが、特定のリリースの Windowsクライアント リリース情報ページに関する一部のセーフガードが保持される場合があります。

保護ホールド レポートの一環として、Update Compliance は、人口のデバイスに適用されるセーフガードホールドに集約されたデバイス固有のビューを提供します。 これらのビューには、オプション レベル (以前は完全) で診断データ** を送信するように構成されているすべてのデバイスのデータが表示されます。 デバイスWindows 10、拡張レベルで診断データを送信するように構成されたデバイスも含まれます。 デバイスが必要な診断データを送信していない場合は、これらのビューから除外されます。

セーフガード保持レポートは、他の更新コンプライアンス レポートとは異なる場所で確認できます。 セーフガードホールド レポートにアクセスするには、以下の手順に従います。

  1. 更新コンプライアンスが展開されている Log Analytics ワークスペースに移動します。
  2. 左側のメニューで、[ソリューション] を 選択します
  3. WaaSUpdateInsights( ) という名前のソリューションを <your workspace name> 選択します。 (この概要ページには、[コンプライアンスの更新] タイルがあります)。
  4. 左側のメニューで、[ブック] を選択します
  5. サブセクション WaaSUpdateInsights の下で、Safeguard Holds という名前の ブックを選択します

このレポートには、ビジネス向け Update for Business 展開サービスの Windowsを使用して管理されているデバイスの情報が表示されます。 他のデバイスのセーフガードホールドに関する情報を表示するには 、WaaSUpdateInsightsという名前のブックを使用するか、機能更新プログラムの状態レポートでセーフガードホールドのクエリを使用できます。

セーフガードホールド ビュー

セーフガードホールド レポートのセーフガードホールド ビュー。

セーフガード保持ビューには、人口のデバイスに適用されるセーフガードホールドと、各セーフガードホールドの影響を受けるデバイスの数が表示されます。 レポートの上部にある [セーフガード保持 ID] ドロップダウンを使用して、グラフと対応するテーブルをフィルター処理して、選択したセーフガード保持 ID のみを表示できます。 デバイスは、複数のセーフガードホールドの影響を受ける可能性があります。

デバイス ビュー

セーフガード保持レポートのデバイス ビュー。

デバイス ビューには、セーフガードホールドの影響を受けるデバイスが表示されます。 表の [セーフガード保持の IDs] 列には、各デバイスに適用されるセーフガードホールドの一覧が表示されます。 レポートの上部にある [セーフ ガード保持 ID] ドロップダウンを使用して、テーブルをフィルター処理して、選択したセーフガード保持 ID の影響を受けるデバイスのみを表示することもできます。

セーフガードホールドに関する追加情報の取得

一般に議論されている既知の問題からデバイスを保護するために、関連するリリースに対応する既知の問題の下にあるWindowsリリースの正常性ページでデバイス**** の 8 桁の識別子を確認できます。

Windows Update for Business展開サービスによって管理されるデバイスで、問題が発生する可能性のあるセーフガードホールドの影響を受けるデバイスは、セキュリティ保護ホールド ID 値が 00000001 でレポートに一覧表示されます

セーフガード ホールドをオプトアウトする

既知の問題に対する保護を保留するセーフガードをオプトアウトするには、「保護機能の保留をオプトアウトする」 を参照してください

セーフガードをオプトアウトするには、「Windows Update for Business展開サービスを使用した機能更新プログラムの展開の保護を管理する」を参照してください。