サービスとしての Windows の概要Overview of Windows as a service

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows10
  • Windows 10 MobileWindows 10 IoT Mobile

ユーザー向けの情報をお探しの場合は、Looking for consumer information? Windows Update: FAQ」をご覧ください。See Windows Update: FAQ

Windows 10 オペレーティング システムでは、Windows のビルド、展開、およびサービス提供を行うための新しい方法が導入されました。それは、サービスとしての Windows です。The Windows 10 operating system introduces a new way to build, deploy, and service Windows: Windows as a service. Microsoft は、IT 担当者の生活を簡素化し、お客様に対して一貫性のある Windows 10 エクスペリエンスを維持するために、プロセスの各部分について再考しました。Microsoft has reimagined each part of the process, to simplify the lives of IT pros and maintain a consistent Windows 10 experience for its customers. これらの改善は、Windows 開発へのお客様の関与を最大化し、Windows クライアント コンピューターの展開とサービスを簡略化し、Windows を展開および維持するために必要なリソースを長期にわたり平均化することに重点を置いています。These improvements focus on maximizing customer involvement in Windows development, simplifying the deployment and servicing of Windows client computers, and leveling out the resources needed to deploy and maintain Windows over time.

ビルドBuilding

Windows 10 より前は、Microsoft は数年ごとに新しいバージョンの Windows をリリースしていました。Prior to Windows 10, Microsoft released new versions of Windows every few years. この従来の展開スケジュールでは大幅な機能変更が多く、トレーニングが必要なためユーザーにとっては負担になりました。This traditional deployment schedule imposed a training burden on users because the feature revisions were often significant. また、このスケジュールでは、新機能の追加を長期間待つ必要がありました。今日の急速に変化する世界、つまり課題を解決するために新しいセキュリティ、管理、および展開の機能が必要な世界では機能しないシナリオのままで何年も待たされました。That schedule also meant waiting long periods without new features — a scenario that doesn’t work in today’s rapidly changing world, a world in which new security, management, and deployment capabilities are necessary to address challenges. サービスとしての Windows では、これらの問題に対処できるように年に 2 回、3 月と 9 月ごろに、小規模な機能更新が提供されます。Windows as a service will deliver smaller feature updates two times per year, around March and September, to help address these issues.

これまで、Microsoft は新しいバージョンの Windows を開発するとき、通常は開発プロセスの最終段階付近、Windows の出荷準備がほぼ整った頃にテクニカル プレビューをリリースしていました。In the past, when Microsoft developed new versions of Windows, it typically released technical previews near the end of the process, when Windows was nearly ready to ship. Windows 10 では、新機能は開発サイクル中にフライティングと呼ばれるプロセスを通じて、できるだけ早く Windows Insider コミュニティに提供されます。そのため、組織は Microsoft が何を開発しているかを正確に知り、できるだけ早くテストを開始することができます。With Windows 10, new features will be delivered to the Windows Insider community as soon as possible — during the development cycle, through a process called flighting — so that organizations can see exactly what Microsoft is developing and start their testing as soon as possible.

Microsoft は、リリース後まで待つのではなくできるだけ迅速に調整できるように、開発プロセスの全期間を通じて組織からのフィードバックを受け取りたいと考えています。Microsoft also depends on receiving feedback from organizations throughout the development process so that it can make adjustments as quickly as possible rather than waiting until after release. Windows Insider Program およびサインアップする方法について詳しくは、「Windows Insider」セクションをご覧ください。For more information about the Windows Insider Program and how to sign up, see the section Windows Insider.

もちろん、Microsoft も広範囲の内部テストを行っています。新しいビルドが Windows Insider Program にリリースされる前に、エンジニアリング チームが毎日ビルドをインストールし、より多くの社員が頻繁にビルドをインストールしています。Of course Microsoft also performs extensive internal testing, with engineering teams installing new builds daily, and larger groups of employees installing builds frequently, all before those builds are ever released to the Windows Insider Program.

展開Deploying

Windows 10 の展開は、以前のバージョンの Windows の展開よりもシンプルです。Deploying Windows 10 is simpler than with previous versions of Windows. 以前のバージョンの Windows から移行するときは、簡単な一括アップグレード プロセスを使って、自動的にすべてのアプリ、設定、およびデータを維持することができます。When migrating from earlier versions of Windows, an easy in-place upgrade process can be used to automatically preserve all apps, settings, and data. Windows 10 を実行してからも、Windows 10 機能更新プログラムの展開は同じようにシンプルです。And once running Windows 10, deployment of Windows 10 feature updates will be equally simple.

組織が新しいバージョンの Windows を展開するとき、最大の課題の 1 つは互換性のテストです。One of the biggest challenges for organizations when it comes to deploying a new version of Windows is compatibility testing. 以前は、新しいバージョンの Windows にアップグレードする組織の懸念事項でしたが、Windows 10 は Windows 7 以降で動作するほとんどのハードウェアやソフトウェアと互換性があります。Whereas compatibility was previously a concern for organizations upgrading to a new version of Windows, Windows 10 is compatible with most hardware and software capable of running on Windows 7 or later. この高レベルの互換性のため、アプリの互換性テスト プロセスを大幅に簡略化することができます。Because of this high level of compatibility, the app compatibility testing process can be greatly simplified.

アプリケーションの互換性Application compatibility

アプリケーションの互換性テストは、Windows の展開またはアップグレードが近づいたときの負担になっていました。Application compatibility testing has historically been a burden when approaching a Windows deployment or upgrade. Windows 10 では、デスクトップ アプリケーション、Web サイト、およびユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 上に構築されたアプリに関して、アプリケーションの互換性が大幅に改善されました。With Windows 10, application compatibility from the perspective of desktop applications, websites, and apps built on the Universal Windows Platform (UWP) has improved tremendously. Microsoft は、組織が Windows XP オペレーティング システムから Windows 7 に移行したときに経験した課題を理解し、Windows 10 のアップグレードがもっとよい体験になるように努力してきました。Microsoft understands the challenges organizations experienced when they migrated from the Windows XP operating system to Windows 7 and has been working to make Windows 10 upgrades a much better experience.

Windows 7 と互換性のあるほとんどのデスクトップ アプリケーションは、そのままで Windows 10 と互換性があります。Most Windows 7–compatible desktop applications will be compatible with Windows 10 straight out of the box. Windows 10 では、既存の Win32 アプリケーション プログラミング インターフェイスの変更は最小限に抑えられたため、このような高い互換性が実現しました。Windows 10 achieved such high compatibility because the changes in the existing Win32 application programming interfaces were minimal. Windows Insider Program からの貴重なフィードバックや診断データと組み合わせることで、各機能更新プログラムでこのレベルの互換性が維持されます。Combined with valuable feedback via the Windows Insider Program and diagnostic data, this level of compatibility can be maintained through each feature update. Web サイトに関しては、Windows 10 には従来の Web サイト向けに Internet Explorer 11 およびその下位互換性モードが含まれます。As for websites, Windows 10 includes Internet Explorer 11 and its backward-compatibility modes for legacy websites. 最後に、UWP アプリの互換性についてはデスクトップ アプリケーションと同様であるため、ほとんどのアプリは Windows 10 と互換性があります。Finally, UWP apps follow a compatibility story similar to desktop applications, so most of them will be compatible with Windows 10.

最も重要なビジネス クリティカルなアプリケーションについては、今までどおり定期的にテストを行って新しいビルドとの互換性を検証してください。For the most important business-critical applications, organizations should still perform testing on a regular basis to validate compatibility with new builds. 残りのアプリケーションについては、互換性テストに費やす時間を減らすために、パイロット展開プロセスの一部として検証することを検討してください。For remaining applications, consider validating them as part of a pilot deployment process to reduce the time spent on compatibility testing. デスクトップ分析 s 構成マネージャーと統合されるクラウドベースのサービスです。Desktop Analytics s a cloud-based service that integrates with Configuration Manager. このサービスは、既存のアプリケーションの評価を含む、Windows エンドポイントの更新準備について、より多くの意思決定を行うための見識とインテリジェンスを提供します。The service provides insight and intelligence for you to make more informed decisions about the update readiness of your Windows endpoints, including assessment of your existing applications. 詳細については、「最新のデスクトップの廃止に関する FAQ」を参照してください。For more, see Ready for modern desktop retirement FAQ.

デバイスの互換性Device compatibility

Windows 10 では、デバイスの互換性も非常に強力です。Windows 7 以降を実行できるデバイスは Windows 10 を実行できるため、Windows 10 用の新しいハードウェアは必要ありません。Device compatibility in Windows 10 is also very strong; new hardware is not needed for Windows 10 as any device capable of running Windows 7 or later can run Windows 10. 実際、Windows 10を実行するための最小ハードウェア要件は Windows 7 の場合と同じです。In fact, the minimum hardware requirements to run Windows 10 are the same as those required for Windows 7. Windows 8.1、Windows 8、または Windows 7 で機能したハードウェア ドライバーのほとんどは、引き続き Windows 10 でも機能します。Most hardware drivers that functioned in Windows 8.1, Windows 8, or Windows 7 will continue to function in Windows 10.

サービスServicing

従来の Windows のサービスには、いくつかの種類のリリースが含まれていました。メジャー リビジョン (Windows 8.1、Windows 8、および Windows 7 オペレーティング システム)、サービス パック、および毎月の更新プログラムです。Traditional Windows servicing has included several release types: major revisions (e.g., the Windows 8.1, Windows 8, and Windows 7 operating systems), service packs, and monthly updates. Windows 10 では 2 種類のリリースがあります。年に 2 回、新機能を追加する機能更新プログラムと、月に 1 回以上、セキュリティと信頼性の修正プログラムを提供する品質更新プログラムです。With Windows 10, there are two release types: feature updates that add new functionality twice per year, and quality updates that provide security and reliability fixes at least once a month.

Windows 10 では、更新プログラムの展開を処理する方法を変更する必要があります。With Windows 10, organizations will need to change the way they approach deploying updates. サービス チャネルは、ユーザーを機能更新プログラムおよび品質更新プログラムの展開グループに分割する第 1 の方法です。Servicing channels are the first way to separate users into deployment groups for feature and quality updates. サービス チャネルの導入により、展開リングという概念が生まれました。これは、連続する展開に備えて展開グループとサービス チャネルの組み合わせを分類してデバイスをグループ化するシンプルな方法です。With the introduction of servicing channels comes the concept of a deployment ring, which is simply a way to categorize the combination of a deployment group and a servicing channel to group devices for successive waves of deployment. サービス チャネルと展開リングを活用する展開方法の開発について詳しくは、「Windows 10 更新プログラムのサービス方法を計画する」をご覧ください。For more information about developing a deployment strategy that leverages servicing channels and deployment rings, see Plan servicing strategy for Windows 10 updates.

Windows 10 で利用可能な各サービス ツールについては、「サービス ツール」をご覧ください。For information about each servicing tool available for Windows 10, see Servicing tools.

この新しい更新プログラム配信モデルに合わせて、Windows 10 には 3 つのサービス チャネルが用意されています。各サービス チャネルでは、更新プログラムをクライアント コンピューターに配信するタイミングに関する柔軟性のレベルがそれぞれ異なります。To align with this new update delivery model, Windows 10 has three servicing channels, each of which provides different levels of flexibility over when these updates are delivered to client computers. Windows 10 で利用可能なサービス チャネルについて詳しくは、「サービス チャネル」をご覧ください。For information about the servicing channels available in Windows 10, see Servicing channels.

名称の変更Naming changes

現在、Windows 10 には2つのリリースチャネルがあります。There are currently two release channels for Windows 10:

  • 半期チャネルでは、機能更新プログラムを年に 2 回受け取ります。The Semi-Annual Channel receives feature updates twice per year.
  • 長期サービス チャネルは、医療装置や ATM 機器などを制御する (通常、Office を実行しない) 特殊デバイスでのみ使用するように設計されており、新しい機能リリースを 2 ~ 3 年ごとに受け取ります。The Long Term Servicing Channel, which is designed to be used only for specialized devices (which typically don't run Office) such as those that control medical equipment or ATM machines, receives new feature releases every two to three years.

重要

半期チャネルのリリースごとに、事前導入 (対象化の検証) と、自由に展開するためのランプアップの各デバイスについては、展開をすぐに開始することをお勧めします。With each Semi-Annual Channel release, we recommend beginning deployment right away to devices selected for early adoption (targeted validation) and ramp up to full deployment at your discretion. これにより、新機能、新しいエクスペリエンス、統合されたセキュリティへのアクセスをいち早く獲得できます。This will enable you to gain access to new features, experiences, and integrated security as soon as possible. "半期チャネル (対象指定)" の指定は廃止されました。The "Semi-Annual Channel (Targeted)" designation is no longer used. 詳細については、「Windows 10 のブログ投稿」と「消失」 SAC-Tを参照してください。For more information, see the blog post Windows 10 and the "disappearing" SAC-T.

注意

詳しくは、「サービス チャネル」に関するセクションをご覧ください。For additional information, see the section about Servicing Channels.

また、この変更について詳しくは、「簡略化して配置する」のブログ投稿をご覧ください。You can also read the blog post Waas simplified and aligned, with details on this change.

重要

半期チャネルのデバイスでは、サービスが期待される品質で実行されるように、診断データを1 (Basic) 以上に設定する必要があります。Devices on the Semi-Annual Channel must have their diagnostic data set to 1 (Basic) or higher, in order to ensure that the service is performing at the expected quality. 診断データレベルを設定する手順については、「オペレーティングシステム診断データレベルを構成する」を参照してください。For instructions to set the diagnostic data level, see Configure the operating system diagnostic data level.

機能更新プログラムFeature updates

Windows 10 では、Microsoft は既存の管理ツールを使って展開できる機能更新プログラムに、新機能をパッケージ化します。With Windows 10, Microsoft will package new features into feature updates that can be deployed using existing management tools. 機能更新プログラムは以前の Windows のリリースのときより頻繁に配信されるため (3 ~ 5 年ごとではなく、年に 2 回、3 月と 9 月ごろ)、変更内容はすべての更新を 1 回で行うときより少なくなり、エンドユーザーが使用するための準備に要する時間も大幅に短くなります。Because feature updates are delivered more frequently than with previous Windows releases — twice per year, around March and September, rather than every 3–5 years — changes will be in bite-sized chunks rather than all at once and end user readiness time much shorter.

品質更新プログラムQuality updates

以前のバージョンの Windows での月例の更新プログラムは、毎月の利用可能な更新プログラムの数の多さに圧倒されることがよくありました。Monthly updates in previous Windows versions were often overwhelming because of the sheer number of updates available each month. 多くの組織では、インストールする更新プログラムとインストールしない更新プログラムを個別に選択していたため、無数のシナリオが存在しました。たとえば、重要なセキュリティ更新プログラムは展開されているが、セキュリティ以外の修正プログラムはサブセットのみが選択されている場合などです。Many organizations selectively chose which updates they wanted to install and which they didn’t, and this created countless scenarios in which organizations deployed essential security updates but picked only a subset of non-security fixes.

Windows 10 では、管理者が毎月いくつかの更新プログラムを受信して、組織に必要なものを判別するのではなく (このような方法では最終的にプラットフォームの断片化が発生します)、前月の更新プログラムに取って代わる 1 つの累積的な更新プログラムを月ごとに受信します。これには、セキュリティ修正プログラムとセキュリティ以外の修正プログラムの両方が含まれます。In Windows 10, rather than receiving several updates each month and trying to figure out which the organization needs, which ultimately causes platform fragmentation, administrators will see one cumulative monthly update that supersedes the previous month’s update, containing both security and non-security fixes. このアプローチでは、修正プログラムの適用が簡単になり、お客様のデバイスは Microsoft で行われたテストとより近いものになるため、修正プログラムの適用による予期しない問題を減らすことができます。This approach makes patching simpler and ensures that customers’ devices are more closely aligned with the testing done at Microsoft, reducing unexpected issues resulting from patching. 図 1 の左側は、企業の Windows 7 デバイスの例で、現在の修正プログラム適用レベルがどのようになっているかを示しています。The left side of Figure 1 provides an example of Windows 7 devices in an enterprise and what their current patch level might look like. 右側には、Microsoft のテスト環境デバイスに含まれているものがあります。On the right is what Microsoft’s test environment devices contain. この大きな違いが、多くの互換性の問題や Windows 更新プログラムに関連するシステム異常の原因です。This drastic difference is the basis for many compatibility issues and system anomalies related to Windows updates.

図 1Figure 1

企業の環境とテスト環境での修正プログラム適用状況の比較

サービス チャネルServicing channels

Windows 10 での機能更新プログラムと品質更新プログラムを配信する新しい方法に合わせて、Microsoft はサービス チャネルという概念を導入しました。これにより、お客様は個々のデバイスをどの程度積極的に更新するかを指定できます。To align with the new method of delivering feature updates and quality updates in Windows 10, Microsoft introduced the concept of servicing channels to allow customers to designate how frequently their individual devices are updated. たとえば、組織には IT 部門ができるだけ早く新機能で更新するためのテスト デバイスがあり、継続性を確保するためにより長い機能更新サイクルが必要な特殊デバイスはその後で更新される場合があります。For example, an organization may have test devices that the IT department can update with new features as soon as possible, and then specialized devices that require a longer feature update cycle to ensure continuity.

これを念頭に置いて、Windows 10 では3つのサービスチャネルが提供されています。With that in mind, Windows 10 offers three servicing channels. Windows Insider Program を利用すると、組織は、次回の機能更新プログラムでリリースされる機能についてテストを実施したり、フィードバックを提供したりすることができます。The Windows Insider Program provides organizations with the opportunity to test and provide feedback on features that will be shipped in the next feature update. 半期チャネルでは、年に 2 回の機能更新プログラムのリリースによって、新機能が提供されます。The Semi-Annual Channel provides new functionality with twice-per-year feature update releases. 組織は、半期チャネルから更新プログラムを展開するタイミングを選択できます。Organizations can choose when to deploy updates from the Semi-Annual Channel. 長期サービス チャネルは、医療装置や ATM 機器などを制御する (通常、Office を実行しない) 特殊デバイスでのみ使用するように設計されており、新しい機能リリースを 2 ~ 3 年ごとに受け取ります。The Long Term Servicing Channel, which is designed to be used only for specialized devices (which typically don't run Office) such as those that control medical equipment or ATM machines, receives new feature releases every two to three years. 各サービス チャネルのバージョンについて詳しくは、「Windows 10 のリリース情報」をご覧ください。For details about the versions in each servicing channel, see Windows 10 release information.

サービス チャネルの概念は新しいものですが、組織は以前のバージョンの Windows の更新とアップグレードを管理するために使っていたものと同じ管理ツールを使うことができます。The concept of servicing channels is new, but organizations can use the same management tools they used to manage updates and upgrades in previous versions of Windows. Windows 10 とその機能について利用できるサービス ツールについて詳しくは、「サービス ツール」をご覧ください。For more information about the servicing tool options for Windows 10 and their capabilities, see Servicing tools.

注意

サービス チャネルは、更新プログラムを使うときにデバイスをグループ分けするための唯一の方法ではありません。Servicing channels are not the only way to separate groups of devices when consuming updates. 各チャネルにデバイスのサブセットを含めて、サービス適用をさらに調整することができます。Each channel can contain subsets of devices, which staggers servicing even further. サービス チャネルの役割など、Windows 10 のサービス方法と継続的な展開のプロセスについては、「Windows 10 更新プログラムのサービス方法を計画する」をご覧ください。For information about the servicing strategy and ongoing deployment process for Windows 10, including the role of servicing channels, see Plan servicing strategy for Windows 10 updates.

半期チャネルSemi-Annual Channel

半期サービス チャネルでは、Microsoft がリリースすればすぐに機能更新プログラムを入手できます。In the Semi-Annual servicing channel, feature updates are available as soon as Microsoft releases them. Windows 10 バージョン 1511 には、半期サービス チャネルの機能更新プログラムを延期して、半期サービス チャネルの使用を制限する際に利用できるサービス ツールがあまりありません。Windows 10, version 1511, had few servicing tool options to delay feature updates, limiting the use of the Semi-Annual servicing channel. Windows 10 バージョン1607以降では、最大で365日間の機能更新プログラムを遅らせることができるサービスツールが追加されています。Starting with Windows 10, version 1607, more servicing tools that can delay feature updates for up to 365 days are available. このサービスモデルは、Windows 10 の機能更新プログラムと、最新機能をすぐに使用する必要がある開発者などの試験的展開とテストに適しています。This servicing model is ideal for pilot deployments and testing of Windows 10 feature updates and for users such as developers who need to work with the latest features immediately. 最新リリースが展開され、テストが完了すると、展開が広くなっているタイミングを選択できるようになります。Once the latest release has gone through pilot deployment and testing, you will be able to choose the timing at which it goes into broad deployment.

Microsoft が Windows 10 の機能更新プログラムを正式にリリースしたとき、これらのデバイスがすぐにインストールできるように、機能の更新プログラムを延期するように構成されていないすべてのデバイスで利用可能になります。When Microsoft officially releases a feature update for Windows 10, it is made available to any device not configured to defer feature updates so that those devices can immediately install it. ただし、Windows Server Update Services (WSUS)、Microsoft Endpoint Configuration Manager、または一般法人向け Windows Update を使用している組織は、承認と展開を源泉徴収することで、選択したデバイスに対する機能の更新を延期することができます。Organizations that use Windows Server Update Services (WSUS), Microsoft Endpoint Configuration Manager, or Windows Update for Business, however, can defer feature updates to selective devices by withholding their approval and deployment. このシナリオでは、半期チャネルで使うことができるコンテンツは利用可能になりますが、管理システムのポリシーによっては、必ずしもすぐに必須にはなりません。In this scenario, the content available for the Semi-Annual Channel will be available but not necessarily immediately mandatory, depending on the policy of the management system. Windows 10 のサービス ツールについて詳しくは、「サービス ツール」をご覧ください。For more details about Windows 10 servicing tools, see Servicing tools.

組織では、半年間のチャネルリリースで対象指定の展開を開始することが求められます。Organizations are expected to initiate targeted deployment on Semi-Annual Channel releases. すべてのお客様、独立系ソフトウェアベンダー (Isv)、パートナーは、この時間を使用して環境内でのテストとパイロット実施を行う必要があります。All customers, independent software vendors (ISVs), and partners should use this time for testing and piloting within their environments. 2-4 か月後に、お客様やパートナーに、展開を拡大し、展開することを促します。After 2-4 months, we will transition to broad deployment and encourage customers and partners to expand and accelerate the deployment of the release. 一般法人向け Windows Update を使用しているお客様の場合、半期チャネルでは、次のリリースへの更新が必要になるまでに、3か月分の展開時間を追加できます。For customers using Windows Update for Business, the Semi-Annual Channel provides three months of additional total deployment time before being required to update to the next release.

注意

Windows 10 のすべてのリリースには、すべてのエディションに対して18か月間のサービスが用意されています。これらの更新プログラムは、リリースのセキュリティと機能の更新プログラムを提供します。All releases of Windows 10 have 18 months of servicing for all editions--these updates provide security and feature updates for the release. ただし、 Enterprise および教育機関向けの秋のリリースには、特定の Windows 10 リリースに向けて12か月分のサービスが追加され、最初のリリースから30か月分のサービスが提供されます。However, fall releases of the Enterprise and Education editions will have an additional 12 months of servicing for specific Windows 10 releases, for a total of 30 months from initial release. この延長サービスウィンドウは、Windows 10 バージョン1607以降の Enterprise および教育機関向けのエディションに適用されます。This extended servicing window applies to Enterprise and Education editions starting with Windows 10, version 1607.

注意

組織は、サービス ツールのセクションで説明したサービス ツールの 1 つを使って、選択的に更新プログラムを希望するフェーズまで延期することができます。Organizations can electively delay feature updates into as many phases as they wish by using one of the servicing tools mentioned in the section Servicing tools.

長期サービス チャネルLong-term Servicing Channel

医療機器、pos システム、Atm を制御するデバイスなどの専門システムは、その目的により長いサービスオプションを必要とする場合があります。Specialized systems—such as devices that control medical equipment, point-of-sale systems, and ATMs—often require a longer servicing option because of their purpose. 通常、これらのデバイスは 1 つの重要なタスクを実行し、組織内の他のデバイスほど頻繁に機能更新プログラムを適用する必要がありません。These devices typically perform a single important task and don’t need feature updates as frequently as other devices in the organization. これらのデバイスでは、ユーザー インターフェイスの変更など最新の状態を維持することよりも、可能な限り高い安定性と安全性を確保することが重要となります。It’s more important that these devices be kept as stable and secure as possible than up to date with user interface changes. LTSC サービス モデルは、Windows 10 Enterprise LTSB デバイスが通常の機能更新プログラムを受信することを防止し、デバイスのセキュリティを最新の状態に保つ品質更新プログラムのみを提供します。The LTSC servicing model prevents Windows 10 Enterprise LTSB devices from receiving the usual feature updates and provides only quality updates to ensure that device security stays up to date. これを考慮しながら、Windows 10 Enterprise の LTSB クライアントで品質更新プログラムをすぐに利用できますが、お客様はサービス ツールのセクションで説明したサービス ツールの 1 つを使ってそれらを延期することを選択できます。With this in mind, quality updates are still immediately available to Windows 10 Enterprise LTSB clients, but customers can choose to defer them by using one of the servicing tools mentioned in the section Servicing tools.

注意

Windows 10 Enterprise LTSB は、個別の長期サービス チャネルのバージョンです。Windows 10 Enterprise LTSB is a separate Long Term Servicing Channel version.

長期サービスチャネルは、組織内のほとんどまたはすべてのデバイスでの展開を目的としていません。特別な用途のデバイスにのみ使用することをお勧めします。Long-term Servicing channel is not intended for deployment on most or all the devices in an organization; it should be used only for special-purpose devices. 一般的なガイドラインとして、Microsoft Office がインストールされているデバイスは一般的な用途のデバイスであり、通常はインフォメーションワーカーによって使用されるため、半期のサービスチャネルに適しています。As a general guideline, a device with Microsoft Office installed is a general-purpose device, typically used by an information worker, and therefore it is better suited for the Semi-Annual servicing channel.

Microsoft は、Windows 10 Enterprise LTSB を実行するデバイスでは、Windows Update を通じて機能更新プログラムを公開しません。Microsoft never publishes feature updates through Windows Update on devices that run Windows 10 Enterprise LTSB. 通常は、その代わりに 2 ~ 3 年ごとに新しい LTSC リリースを提供します。組織はインプレース アップグレードとしてそれらをインストールすることも、10 年間のライフ サイクル全体にわたってリリースを省略することもできます。Instead, it typically offers new LTSC releases every 2–3 years, and organizations can choose to install them as in-place upgrades or even skip releases over a 10-year life cycle.

注意

Windows 10 LTSB は、LTSB のリリース時点で現在リリースされているプロセッサとチップセットをサポートします。Windows 10 LTSB will support the currently released processors and chipsets at the time of release of the LTSB. 将来の CPU 世代がリリースされると、そのシステム用にユーザーが展開できる将来の Windows 10 LTSB リリースによってサポートが作成されます。As future CPU generations are released, support will be created through future Windows 10 LTSB releases that customers can deploy for those systems. 詳しくは、「サポート ライフサイクル ポリシーに関する FAQ - Windows 製品」の「Windows 上での最新のプロセッサとチップセットのサポート」をご覧ください。For more information, see Supporting the latest processor and chipsets on Windows in Lifecycle support policy FAQ - Windows Products.

長期サービス チャネルは、Windows 10 Enterprise LTSB エディションでのみ利用できます。The Long-term Servicing Channel is available only in the Windows 10 Enterprise LTSB edition. このバージョンの Windows には、Microsoft Edge、Microsoft ストア、Cortana (一部の検索機能は引き続き利用可能)、Microsoft メール、予定表、OneNote、天気予報、ニュース、スポーツ、マネー、写真、カメラ、音楽、時計など、さまざまなアプリケーションが含まれています。This edition of Windows doesn’t include a number of applications, such as Microsoft Edge, Microsoft Store, Cortana (though limited search capabilities remain available), Microsoft Mail, Calendar, OneNote, Weather, News, Sports, Money, Photos, Camera, Music, and Clock. これらのアプリは、サイドローディングを使用してインストールした場合でも、Windows 10 Enterprise LTSB edition ではサポートされていません。These apps are not supported in Windows 10 Enterprise LTSB edition, even if you install by using sideloading.

注意

組織に、現在は Windows 10 Enterprise LTSB を実行するデバイスがあり、それを半期チャネルに変更したい場合は、ユーザー データを失わずに変更を加えることができます。If an organization has devices currently running Windows 10 Enterprise LTSB that it would like to change to the Semi-Annual Channel, it can make the change without losing user data. ただし、LTSB は独自の SKU であるため、アップグレードは Windows 10 Enterprise LTSB から、半期チャネルをサポートする Windows 10 Enterprise に対して行う必要があります。Because LTSB is its own SKU, however, an upgrade is required from Windows 10 Enterprise LTSB to Windows 10 Enterprise, which supports the Semi-Annual Channel.

Windows InsiderWindows Insider

多くの IT 担当者が、半期チャネルで利用可能になる前に機能更新プログラムの情報を把握できる場合、こうした情報は、将来のエンド ユーザー コミュニケーションに役立つ、興味深い情報となります。またこの情報により、次回の半期チャネル リリースでの問題に対するテスト方法を手に入れることもできます。For many IT pros, gaining visibility into feature updates early—before they’re available to the Semi-Annual Channel — can be both intriguing and valuable for future end user communications as well as provide the means to test for any issues on the next Semi-Annual Channel release. Windows 10 では、機能フライティングによって、Windows insider の参加者が実稼働前コードをテスト コンピューターに展開し、次のビルドの内容を早期に知ることができます。With Windows 10, feature flighting enables Windows Insiders to consume and deploy preproduction code to their test machines, gaining early visibility into the next build. Windows 10 の初期ビルドをテストすると、更新プログラムが公式に利用可能になる前に問題を発見する可能性があり、それを Microsoft に報告することができるため、Microsoft とお客様の両方に役立ちます。Testing the early builds of Windows 10 helps both Microsoft and its customers because they have the opportunity to discover possible issues before the update is ever publicly available and can report it to Microsoft.

すべての組織が Windows Insider プログラムに登録された少なくともいくつかのデバイスを持っていて、問題が発生した場合はフィードバックを提供することをお勧めします。Microsoft recommends that all organizations have at least a few devices enrolled in the Windows Insider Program and provide feedback on any issues they encounter. Windows Insider Program for Business について詳しくは、「Windows Insider Program for Business」を参照してください。For information about the Windows Insider Program for Business, go to Windows Insider Program for Business.

注意

Microsoft は、すべての組織が Windows Insider プログラムに登録された少なくともいくつかのデバイスを持っていることをお勧めします。これにより、Windows Insider プログラムを展開計画に含めることができます。また、フィードバック Hub アプリで Microsoft に発生した問題についてフィードバックを提供します。Microsoft recommends that all organizations have at least a few devices enrolled in the Windows Insider Program, to include the Windows Insider Program in their deployment plans and to provide feedback on any issues they encounter to Microsoft via our Feedback Hub app.

Windows Insider Program は、組織の半期チャネル展開の代替となるものではありません。The Windows Insider Program isn’t intended to replace Semi-Annual Channel deployments in an organization. そうではなくて、IT 担当者やその他の関係者がテストして Microsoft にフィードバックを提供できるように、プレリリース版の Windows ビルドを提供するものです。Rather, it provides IT pros and other interested parties with pre-release Windows builds that they can test and ultimately provide feedback on to Microsoft.

サービス ツールServicing tools

IT 担当者がサービスとしての Windows を操作するための多くのツールがあります。There are many tools with which IT pros can service Windows as a service. 機能や制御からシンプルさや管理要件の低さまで、各オプションにはそれぞれ長所と短所があります。Each option has its pros and cons, ranging from capabilities and control to simplicity and low administrative requirements. 以下に、サービスとしての Windows の更新プログラムを管理するために使用できるサービス ツールの例を示します。The following are examples of the servicing tools available to manage Windows as a service updates:

  • Windows Update (スタンドアロン) は、IT 担当者が半期チャネルに移行するデバイスを手動で構成できるように、機能更新プログラムに対する制限つきの制御を提供します。Windows Update (stand-alone) provides limited control over feature updates, with IT pros manually configuring the device to be in the Semi-Annual Channel. 組織では、Windows 10 デバイスの Start\Settings\Update & Security\Advanced オプションで [アップグレードの保留] チェックボックスをオンにして、更新プログラムを延期するデバイスをターゲットにすることができます。Organizations can target which devices defer updates by selecting the Defer upgrades check box in Start\Settings\Update & Security\Advanced Options on a Windows 10 device.
  • Windows Update for Business は、サービスとしての Windows を操作するための 2 つ目のオプションです。Windows Update for Business is the second option for servicing Windows as a service. このサービス ツールは、更新プログラムの延期に関する制御機能を備えており、グループ ポリシーを使った一元管理を行うことができます。This servicing tool includes control over update deferment and provides centralized management using Group Policy. また Windows Update for Business では、そのバージョンに応じて、最大 365 日まで更新プログラムを延期できます。Windows Update for Business can be used to defer updates by up to 365 days, depending on the version. これらの展開オプションは、半期チャネルのクライアントで利用できます。These deployment options are available to clients in the Semi-Annual Channel. グループ ポリシーを使って Windows Update for Business を管理できることに加えて、Intune を使って、どちらのオプションもオンプレミスのインフラストラクチャなしで構成することができます。In addition to being able to use Group Policy to manage Windows Update for Business, either option can be configured without requiring any on-premises infrastructure by using Intune.
  • Windows Server Update Services (WSUS) は、Windows 10 更新プログラムに対する広範囲の制御を提供し、Windows Server オペレーティング システムではネイティブに利用できます。Windows Server Update Services (WSUS) provides extensive control over Windows 10 updates and is natively available in the Windows Server operating system. 更新プログラムを延期できることに加えて、更新プログラムの承認層を追加し、準備できるたびに特定のコンピューターまたはコンピューターのグループに展開することを選択できます。In addition to the ability to defer updates, organizations can add an approval layer for updates and choose to deploy them to specific computers or groups of computers whenever ready.
  • Microsoft Endpoint Configuration Managerは、サービスとしての Windows のサービスを最大限に制御できるようにします。Microsoft Endpoint Configuration Manager provides the greatest control over servicing Windows as a service. IT 担当者は、更新プログラムを延期、承認することができ、展開のターゲットを設定し、帯域幅の使用と展開回数を管理するための複数のオプションを選択できます。IT pros can defer updates, approve them, and have multiple options for targeting deployments and managing bandwidth usage and deployment times.

これらすべてのオプションからどれを選択するかは、その IT 組織に既にあるリソース、スタッフ、および専門知識によって異なります。With all these options, which an organization chooses depends on the resources, staff, and expertise its IT organization already has. たとえば、既に Microsoft Endpoint Configuration Manager を使用して Windows の更新プログラムを管理している場合は、引き続き使うことができます。For example, if IT already uses Microsoft Endpoint Configuration Manager to manage Windows updates, it can continue to use it. 同様に、IT 部門が WSUS を使っている場合は、引き続きそれを使うことができます。Similarly, if IT is using WSUS, it can continue to use that. 表 1 に、各ツールのメリットをまとめました。For a consolidated look at the benefits of each tool, see Table 1.

表 1Table 1

サービス ツールServicing tool 更新プログラムを延期できるかCan updates be deferred? 更新プログラムを承認する機能Ability to approve updates ピア ツー ピア オプションPeer-to-peer option 追加機能Additional features
Windows UpdateWindows Update 〇 (手動)Yes (manual) ×No 配信の最適化Delivery Optimization なしNone
Windows Update for BusinessWindows Update for Business ありYes いいえNo 配信の最適化Delivery Optimization その他のグループ ポリシー オブジェクトOther Group Policy objects
WSUSWSUS ありYes ありYes BranchCache または 配信の最適化BranchCache or Delivery Optimization アップストリーム/ダウンストリームのサーバーのスケーラビリティUpstream/downstream server scalability
Configuration ManagerConfiguration Manager ありYes ありYes BranchCache、クライアントピアキャッシュ、または配信最適化。BranchCache, Client Peer Cache, or Delivery Optimization. 後者については、「ピアツーピアコンテンツ配布Windows 10 更新プログラム配信の最適化」を参照してください。For the latter, see peer-to-peer content distribution and Optimize Windows 10 Update Delivery 配布ポイント、複数の展開オプションDistribution points, multiple deployment options

注意

名前の変更のため、グループポリシーなどの一部の製品には、CB や cbb などの古い用語が引き続き表示されることがあります。Due to naming changes, older terms like CB and CBB might still be displayed in some of our products, such as in Group Policy. これらの用語が表示されている場合、"CB" は半期チャネル (対象指定) を表していますが、現在使用されていません。また、"CBB" は半期チャネルを表しています。If you encounter these terms, "CB" refers to the Semi-Annual Channel (Targeted)--which is no longer used--while "CBB" refers to the Semi-Annual Channel.


Windows 10 の更新プログラムを管理する手順Steps to manage updates for Windows 10

完了 更新プログラムとサービス ブランチに関する学習 (このトピック)Learn about updates and servicing channels (this topic)
未了 Windows 10 更新プログラムのサービス方法の準備Prepare servicing strategy for Windows 10 updates
未了 Windows 10 更新プログラムの展開リングの構築Build deployment rings for Windows 10 updates
未了 Windows 10 更新プログラムのサービス チャネルへデバイスを割り当てるAssign devices to servicing channels for Windows 10 updates
未了 Windows 10 更新プログラムの配信の最適化Optimize update delivery for Windows 10 updates
未了 Windows Update for Business を使った更新プログラムの展開Deploy updates using Windows Update for Business
または、Windows Server Update Services を使った Windows 10 更新プログラムの展開or Deploy Windows 10 updates using Windows Server Update Services
または、Microsoft Endpoint Configuration Manager を使った Windows 10 更新プログラムの展開or Deploy Windows 10 updates using Microsoft Endpoint Configuration Manager

関連トピックRelated topics