サービスとしての Windows のクイック ガイドQuick guide to Windows as a service

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows10

サービスとしての Windows は、Windows 10 のリリースに伴って導入された新しい概念です。Windows as a service is a new concept, introduced with the release of Windows 10. 豊富なドキュメントが公開されており、そこですべての詳細およびニュアンスを説明していますが、ここでは最も重要な概念について簡単に説明します。While an extensive set of documentation is available explaining all the specifics and nuances, here is a quick guide to the most important concepts.

定義Definitions

サービスとしての Windows の一部としていくつかの新しい用語が導入されたため、これらの用語の意味を把握しておく必要があります。Some new terms have been introduced as part of Windows as a service, so you should know what these terms mean.

  • 機能更新プログラムは、3月と9月の年に2回リリースされます。Feature updates are released twice per year, around March and September. 名前が示すように、これは Windows 10 に新機能を追加します。3 ~ 5 年ごとに Windows をリリースしていた以前の方法と比較して、変更内容は少なくなります。As the name suggests, these will add new features to Windows 10, delivered in bite-sized chunks compared to the previous practice of Windows releases every 3-5 years.
  • 品質更新プログラムでは、セキュリティとセキュリティ以外の修正プログラムが提供されます。Quality updates deliver both security and non-security fixes. 通常、これらは毎月第2火曜日にリリースされますが、いつでもリリースすることができます。They are typically released on the second Tuesday of each month, though they can be released at any time. 品質更新プログラムには、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラム、サービススタック更新プログラム、ドライバーの更新プログラムが含まれます。Quality updates include security updates, critical updates, servicing stack updates, and driver updates. 品質更新プログラムは累積的であるため、最新の品質更新プログラムをインストールするだけで、特定の Windows 10 機能更新プログラムに関するすべての修正プログラムを入手できます。Quality updates are cumulative, so installing the latest quality update is sufficient to get all the available fixes for a specific Windows 10 feature update. "サービススタック" は、他の更新プログラムをインストールするコードであり、常に最新の状態を維持することが重要です。The "servicing stack" is the code that installs other updates, so they are important to keep current. 詳細については、「サービススタックの更新の処理」をご覧ください。For more information, see Servicing stack updates.
  • Insider Preview ビルドは、次回の機能更新プログラムでリリースされる機能の開発中に提供されます。組織は新機能と、その機能の既存のアプリおよびインフラストラクチャとの互換性を検証し、問題が発生したら Microsoft にフィードバックを提供できます。Insider Preview builds are made available during the development of the features that will be shipped in the next feature update, enabling organizations to validate new features as well as compatibility with existing apps and infrastructure, providing feedback to Microsoft on any issues encountered.
  • サービス チャネルを利用すると、組織は新機能を導入するタイミングを選択できます。Servicing channels allow organizations to choose when to deploy new features.
    • 半期チャネルでは、機能更新プログラムを年に 2 回受け取ります。The Semi-Annual Channel receives feature updates twice per year.
    • 長期サービス チャネルは、医療装置や ATM 機器などを制御する (通常、Office を実行しない) 特殊デバイスでのみ使用するように設計されており、新しい機能リリースを 2 ~ 3 年ごとに受け取ります。The Long Term Servicing Channel, which is designed to be used only for specialized devices (which typically don't run Office) such as those that control medical equipment or ATM machines, receives new feature releases every two to three years.
  • 展開リングとは、デバイスのグループのことで、組織において最初に各機能プログラムをパイロットし、その後幅広く展開するために使用されます。Deployment rings are groups of devices used to initially pilot, and then to broadly deploy, each feature update in an organization.

詳しくは、「サービスとしての Windows の概要」をご覧ください。See Overview of Windows as a service for more information.

累積的な更新プログラムの動作について詳しくは、「 forward と reverse を使用した Windows の更新差」をご覧ください。For some interesting in-depth information about how cumulative updates work, see Windows Updates using forward and reverse differentials.

主要概念Key Concepts

Windows 10 は、1 年に 2 回リリースされる機能更新プログラムによって、新しい機能を受け取ります。Windows 10 gains new functionality with twice-per-year feature update releases. 最初に、組織はこのような機能更新プログラム リリースをパイロット展開に使用して既存のアプリおよびインフラストラクチャとの互換性を確認します。Initially, organizations will use these feature update releases for pilot deployments to ensure compatibility with existing apps and infrastructure. 半期チャネルのリリースごとに、事前導入 (対象化の検証) と、自由に展開するためのランプアップの各デバイスについては、展開をすぐに開始することをお勧めします。With each Semi-Annual Channel release, we recommend beginning deployment right away to devices selected for early adoption (targeted validation) and ramp up to full deployment at your discretion.

Windows 10 のすべてのリリースには、すべてのエディションに対して18か月間のサービスが用意されています。これらの更新プログラムは、リリースのセキュリティと機能の更新プログラムを提供します。All releases of Windows 10 have 18 months of servicing for all editions--these updates provide security and feature updates for the release. Enterprise および教育機関向けの製品をお使いのお客様には、特定の Windows 10 リリースを対象とした12ヶ月分のサービスが追加されています。最初のリリースから30か月分。Customers running Enterprise and Education editions have an additional 12 months of servicing for specific Windows 10 releases, for a total of 30 months from initial release. これらのバージョンには、Windows 10、バージョン1607以降用の Enterprise および教育機関向けエディションが含まれています。These versions include Enterprise and Education editions for Windows 10, versions 1607 and later. 2018年10月以降、年9月/10 月の半期チャネルのリリースはすべて、最初のリリースから30か月分のサービスを利用できるようになります。Starting in October 2018, all Semi-Annual Channel releases in the September/October timeframe will also have the additional 12 months of servicing for a total of 30 months from the initial release. 年3月/4 月にリリースされた半期チャネルのバージョンは、引き続き18ヶ月のライフサイクルを持っています。The Semi-Annual Channel versions released in March/April timeframe will continue to have an 18-month lifecycle.

Windows 10 Enterprise LTSB は、個別の長期サービス チャネル バージョンです。Windows 10 Enterprise LTSB is a separate Long Term Servicing Channel version. 各リリースは、合計で 10 年間サポートされます (5 年間の標準サポートと 5 年間の延長サポート)。Each release is supported for a total of 10 years (five years standard support, five years extended support). 新しいリリースは、3 年ごとに提供される予定です。New releases are expected about every three years.

詳しくは、「Windows 10 更新プログラムのサービス チャネルへデバイスを割り当てる」をご覧ください。See Assign devices to servicing channels for Windows 10 updates for more information.

最新の状態の維持Staying up to date

Windows 10 を最新の状態に維持するプロセスでは、機能更新プログラムを、リリース後の適切な時期に展開する必要があります。The process for keeping Windows 10 up to date involves deploying a feature update, at an appropriate time after its release. Windows Update、Windows Update for Business、windows Server Update Services、Microsoft Endpoint Configuration Manager、サードパーティ製の製品など、さまざまな管理および更新ツールを使用して、このプロセスを支援することができます。A variety of management and update tools such as Windows Update, Windows Update for Business, Windows Server Update Services, Microsoft Endpoint Configuration Manager, and third-party products) can be used to help with this process. アップグレードの準備として、Windows アップグレードプロジェクトを合理化するための無料ツールとして、さらに便利なツールがあります。Upgrade Readiness, a free tool to streamline Windows upgrade projects, is another important tool to help.

Windows 10 は、デスクトップ アプリと Web アプリの両方のアプリの互換性に優れているため、多岐にわたる高度なテストは必要ありません。Because app compatibility, both for desktop apps and web apps, is outstanding with Windows 10, extensive advanced testing isn’t required. 代わりに、テストが必要なのはビジネス クリティカルなアプリだけで、残りのアプリは一連のパイロット展開リングで検証します。Instead, only business-critical apps need to be tested, with the remaining apps validated through a series of pilot deployment rings. これらのパイロット展開でほとんどのアプリを検証したら、幅広い展開を開始できます。Once these pilot deployments have validated most apps, broad deployment can begin.

このプロセスが、新しい機能更新プログラムがリリースされるたびに繰り返されます (年に 2 回)。This process repeats with each new feature update, twice per year. これらは、以前の 3 ~ 5 年の Windows リリース サイクルで必要だった大規模なプロジェクトと比較すると小規模な展開プロジェクトです。These are small deployment projects, compared to the big projects that were necessary with the old three-to-five-year Windows release cycles.

BranchCache や配信の最適化といった追加テクノロジは両方ともピア ツー ピアの配布ツールで、機能更新プログラムのインストール ファイルの配布に役立ちます。Additional technologies such as BranchCache and Delivery Optimization, both peer-to-peer distribution tools, can help with the distribution of the feature update installation files.

詳細については、「Windows 10 更新プログラムの展開リングの構築」と「Windows 10 更新プログラムの配信の最適化」をご覧ください。See Build deployment rings for Windows 10 updates and Optimize update delivery for Windows 10 updates for more information.

詳細情報Learn more

関連トピックRelated topics