更新後のデバイスの再起動の管理

適用対象

  • Windows 10

ユーザー向けの情報をお探しの場合は、Windows Update: FAQ」をご覧ください。

Windows 10 更新プログラムのインストール後にデバイスを再起動するタイミングは、グループ ポリシー設定、モバイル デバイス管理 (MDM)、レジストリ (非推奨) のいずれかの方法で構成できます。 更新プログラムをインストールするスケジュールを設定し、再起動のポリシーを設定できます。また再起動を実行しないアクティブ時間を設定できます。

更新プログラムのインストールのスケジュール設定

グループ ポリシーの [自動更新を構成する] では、指定時刻にインストールした後、強制的に再起動するように構成できます。

時間を設定するには、[自動更新を構成する] に移動し、オプション [4 - 自動ダウンロードしインストール日時を指定] を選んで、[インストールを実行する時間] ドロップダウンに時間を入力します。 または指定した自動メンテナンス時間 ([コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [メンテナンス スケジューラ] で構成) にインストールを実行するように指定することもできます。

[スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する] を有効にすると、指定したインストール時間の後に強制的に再起動されます。またサインインしているユーザーに対し、まもなく再起動されることを警告するようにタイマーを構成できます。

レジストリを使っても同じ結果が得られますが、推奨はできません。 HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU の下で AuOptions4 に設定し、ScheduledInstallTime でインストールする時刻を設定します。次に AlwaysAutoRebootAtScheduledTime を有効にし、AlwaysAutoRebootAtScheduledTimeMinutes で再起動までの遅延時間を分単位で指定します。 グループ ポリシーと同様、AlwaysAutoRebootAtScheduledTimeMinutes を使って、サインインしているユーザーに対し、まもなく再起動されることを警告するタイマーを設定できます。

これらのレジストリ キーについて詳しくは、「再起動の管理に使われるレジストリ キー」をご覧ください。

自動再起動を後で実行する

グループ ポリシーで [自動更新を構成する] が有効な場合、次のいずれかのポリシーを追加で有効にすると、更新プログラムをインストールした後の自動再起動を遅らせることができます。

  • [アクティブ時間内の更新プログラムの自動再起動をオフにします] を有効にすると、アクティブ時間内は自動再起動が行われません。
  • [スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない] を有効にすると、ユーザーがサインインしている間は自動再起動が行われません。 ユーザーが更新通知で再起動のスケジュールを設定している場合は、そのときにユーザーがサインインしていてもユーザーが指定した時間にデバイスが再起動されます。 このポリシーは、[自動更新を構成する][4 - 自動ダウンロードしインストール日時を指定] オプションに設定されている場合にのみ適用されます。

注意

リモートデスクトッププロトコル接続を使用している場合、アクティブな RDP セッションのみが、ログオンしているユーザーと見なされます。 ローカルにログオンしているユーザーがいないか、アクティブな RDP セッションがあるデバイスは再起動されます。

レジストリを使っても、ユーザーのサインイン中に自動再起動しないように設定できます。 これには、HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AUAuOptions4 に設定し、NoAutoRebootWithLoggedOnUsers を有効にします。 グループ ポリシーと同様、ユーザーが更新通知で再起動をスケジュール設定している場合は、この設定が上書きされます。

これらのレジストリ キーについて詳しくは、「再起動の管理に使われるレジストリ キー」をご覧ください。

アクティブ時間の構成

アクティブ時間 には、デバイスを使用している可能性の高い時間帯を指定します。 更新後の自動再起動は、アクティブ時間を除く時間帯に行われます。

既定のアクティブ時間は、PC が午前 8 時~午後 5 時、電話が午前 5 時~午後 11 時です。 ユーザーはアクティブ時間を手動で変更できます。

Windows 10 バージョン 1703 以降では、アクティブな時間の最大範囲を指定することもできます。 指定された範囲は、アクティブ時間の開始時刻からカウントされます。

管理者は以下のような複数の方法を使って、管理対象デバイスのアクティブ時間を設定できます。

グループ ポリシーを使ったアクティブ時間の構成

グループ ポリシーを使ってアクティブ時間を構成するには、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windowsコンポーネント]、[Windows Update] の順に選択し、[アクティブ時間内の更新プログラムの自動再起動をオフにします] ポリシー設定を開きます。 このポリシーが有効な場合は、アクティブ時間の開始時間と終了時間を設定できます。

グループ ポリシーを使って、アクティブ時間を構成する

MDM を使ったアクティブ時間の構成

MDM では、ポリシー CSPUpdate/ActiveHoursStart and Update/ActiveHoursEnd および Update/ActiveHoursMaxRange の設定を使ってアクティブ時間を構成します。

レジストリを使ったアクティブ時間の構成

この方法は推奨できません。グループ ポリシーも MDM も使用できない場合のみ使用してください。 レジストリで構成した設定は、上記のいずれかの方法を使った既存の構成と競合する可能性があります。

アクティブ時間を構成するには、次のレジストリ値の組み合わせを設定する必要があります。 HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate の下で、SetActiveHours を使ってアクティブ時間を有効または無効にし、ActiveHoursStartActiveHoursEnd を使ってアクティブ時間の範囲を指定します。

これらのレジストリ キーについて詳しくは、「再起動の管理に使われるレジストリ キー」をご覧ください。

注意

単一のデバイスでアクティブ時間を手動で構成するには、[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] の順に選択し、[アクティブ時間の変更] を選択します。

アクティブ時間の変更

アクティブ時間の最大範囲の構成

Windows 10 バージョン 1703 では、ユーザーが設定できるアクティブな時間の最大範囲を管理者が指定できます。 このオプションによって柔軟性が増し、ユーザー側にアクティブ時間の決定をある程度委ねつつ、更新のための十分な時間を確保できるようになります。 最大範囲は、アクティブ時間の開始時刻から計算されます。

グループ ポリシーを使ってアクティブ時間の最大範囲を構成するには、[コンピューターの構成][管理用テンプレート][Windows コンポーネント][Windows Update] に移動して、[自動再起動のアクティブ時間範囲を指定する] を開きます。

MDM を使ってアクティブ時間の最大範囲を構成するには、Update/ActiveHoursMaxRange を使います。

再起動遅延の制限

更新プログラムのインストール後、Windows 10 はアクティブ時間を除く時間に自動再起動を試みます。 7 日後 (既定) に再起動が成功していない場合は、再起動が必要なことを示す通知が表示されます。 [Specify deadline before auto-restart for update installation] ポリシーを使って、遅延を 7 日から 2 ~ 14 日の値に変更できます。

再起動通知の制御

Windows 10 バージョン 1703 には、ユーザー向けの再起動通知を制御するための設定が追加されています。

自動再起動通知

管理者は、自動再起動必須通知の既定の動作を上書きできます。 既定では、この通知は自動的に非表示になります。

グループ ポリシーを使ってこの動作を構成するには、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] の順に移動し、[更新のための自動再起動必須通知を構成する] を選択します。 [2 - ユーザー操作] に構成した場合、この通知を受け取ったユーザーは、通知を手動で非表示にする必要があります。

MDM を使ってこの動作を構成するには、Update/AutoRestartRequiredNotificationDismissal を使います。

更新の前にこの通知が表示される期間を構成することもできます。 既定値は 15 分です。

グループ ポリシーを使って変更するには、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] の下の [更新のための自動再起動リマインダー通知を構成する] を選択して、期間を分単位で選択します。

MDM を使って変更するには、Update/AutoRestartNotificationSchedule を使います。

場合によっては、通知を表示する必要がないこともあります。

グループ ポリシーを使ってそのようにするには、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] の順に移動し、[更新プログラムをインストールするための自動再起動通知をオフにする] を選択します。

MDM を使ってそのようにするには、Update/SetAutoRestartNotificationDisable を使います。

スケジュールされた自動再起動警告

再起動の期限に達するとユーザーはスケジュールされた再起動を延期することができないため、スケジュールされた再起動の前の警告リマインダーを構成できます。 また、再起動の前にも通知を表示するように構成して、再起動が間近に迫ったら作業を保存できるようにユーザーに通知することもできます。

グループ ポリシーを使ってこれら両方を構成するには、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] の順に移動し、[更新のための自動再起動警告通知のスケジュールを構成する] を選択します。 警告リマインダーは [リマインダー (時間)] で構成でき、間近に迫った自動再起動の前の警告は [警告 (分)] で構成できます。

MDM では、警告リマインダーは Update/ScheduleRestartWarning を使って構成し、間近に迫った自動再起動の警告は Update/ScheduleImminentRestartWarning を使って構成します。

再起動猶予期間

再起動猶予期間は、ユーザーが再起動のスケジュール設定を求められているときの期間です。 最初に、Windows は稼働時間外に自動再起動を実行します。 スケジュールの設定期間 (既定では 7 日間) が終了すると、Windows はユーザーがスケジュールした再起動に移行します。

再起動猶予期間に対して、次の設定を調整できます。

  • 自動再起動が再起動猶予期間に移行するまでの期間。
  • 再起動猶予期間のリマインダー通知をユーザーが再通知できる日数。
  • 保留中の再起動が稼働時間外に自動的に実行されるまでの日数。

グループ ポリシーでは、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update] の順に移動し、[更新プログラムのための再起動猶予期間を移行および通知するスケジュールを指定します] を選択します。

MDM では、Update/EngagedRestartTransitionScheduleUpdate/EngagedRestartSnoozeSchedule、および Update/EngagedRestartDeadline をそれぞれ使います。

再起動のグループ ポリシー設定

グループ ポリシー エディターで、[コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [Windows コンポーネント] > [Windows Update] の順に選択すると、再起動の動作に関連する多くのポリシー設定が表示されます。 次の表に、どのポリシーが Windows 10 に適用されるかを示します。

ポリシー Windows 10 に適用
アクティブ時間内の更新プログラムの自動再起動をオフにします 必須 このポリシーを使って、その時間帯にデバイスが再起動されないアクティブ時間を構成します。 [スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない] または [スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する] ポリシーが有効な場合、このポリシーには効果がありません。
スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する 必須 このポリシーを使って、Windows Update で重要な更新プログラムをインストールした直後に開始される再起動タイマー (15 ~ 180分) を構成します。 [スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない] ポリシーが有効な場合、このポリシーには効果がありません。
Specify deadline before auto-restart for update installation 必須 このポリシーを使って、自動再起動を遅らせることができる日数 (2 ~ 14) を指定します。 [スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない] または [スケジュールされた時刻に常に自動的に再起動する] ポリシーが有効な場合、このポリシーには効果がありません。
スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない ○ このポリシーを使って、ユーザーがログオンしているときに自動的に再起動されないようにします。 このポリシーは、[自動更新を構成する] ポリシーがスケジュールされた更新プログラムのインストールを実行するように構成されているときにのみ適用されます。
Windows 10 Mobile 向けのこれに相当する MDM ポリシー設定はありません。
スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する ×
スケジュールされたインストールの再起動を遅らせる ×
自動更新のインストールの予定を変更する ×

注意

再起動の動作には、1 つのパスのみを選択できます。 競合する再起動ポリシーを設定した場合、実際の再起動の動作が予期した動作と異なることがあります。 RDP を使用している場合、アクティブな RDP セッションのみが、ログオンしているユーザーと見なされます。

再起動の管理に使われるレジストリ キー

次の表では、Windows 10 で更新後の再起動を制御するための、グループ ポリシー設定に対応するレジストリ値を示します。

HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate

レジストリ キー キーの種類
ActiveHoursEnd REG_DWORD 0 ~ 23: アクティブ時間の終了時刻を設定する
値の範囲は、午前 12 時 (0) から午後 11 時 (23) までです
ActiveHoursStart REG_DWORD 0 ~ 23: アクティブ時間の開始時刻を設定する
値の範囲は、午前 12 時 (0) から午後 11 時 (23) までです
SetActiveHours REG_DWORD 0: 更新後、アクティブ時間以外に自動再起動しない
1: 更新後、アクティブ時間以外でも自動再起動する

HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

レジストリ キー キーの種類
AlwaysAutoRebootAtScheduledTime REG_DWORD 0: 更新プログラムをインストールした後のスケジュール設定による自動再起動を無効にする
1: 更新プログラムをインストールした後のスケジュール設定による自動再起動を有効にする
AlwaysAutoRebootAtScheduledTimeMinutes REG_DWORD 15 ~ 180: 指定した分数の経過後、自動再起動する
AUOptions REG_DWORD 2: ダウンロードと更新プログラムのインストールを通知する
3: 更新プログラムを自動的にダウンロードして、インストールを通知する
4 : 自動的にダウンロードし、スケジュールに従って更新プログラムをインストールする
5: ローカルの管理者によるこれらの設定の構成を許可する
注: 再起動の動作を構成するには、この値を 4 に設定します
NoAutoRebootWithLoggedOnUsers REG_DWORD 0: ユーザー ログオン時の再起動防止を無効にする
1: ユーザーがログオンしている場合は、更新プログラムのインストール後に再起動しない
注: 無効になっている場合: 自動更新は、インストールを完了するためにコンピューターが5分後に自動的に再起動することをユーザーに通知します。
ScheduledInstallTime REG_DWORD 0 ~ 23: 特定の時刻に更新プログラムがインストールされるようにスケジュール設定する
値の範囲は、午前 12 時 (0) から午後 11 時 (23) までです

再起動の動作の制御には、次の 3 種類のレジストリの組み合わせを使用できます。

  • アクティブ時間を設定するには、SetActiveHours1 に設定し、ActiveHoursStartActiveHoursEnd で時間範囲を定義します。
  • 特定のインストールと再起動のスケジュールを設定するには、AUOptions4 に設定して ScheduledInstallTime にインストール時間を指定し、AlwaysAutoRebootAtScheduledTime1 に設定して AlwaysAutoRebootAtScheduledTimeMinutes に再起動までの待機時間を分数で指定します。
  • ユーザーがログオンしている場合に再起動を後で実行するように設定するには、AUOptions4 に設定し、NoAutoRebootWithLoggedOnUsers1 に設定します。

関連トピック