その他の Windows Update 設定の管理Manage additional Windows Update settings

適用対象Applies to

  • Windows10Windows10

ユーザー向けの情報を探している場合、Looking for consumer information? Windows Update: FAQ」をご覧ください。See Windows Update: FAQ

グループ ポリシー設定またはモバイル デバイス管理 (MDM) を使用して、Windows 10 デバイスでの Windows Update (WU) の動作を構成できます。You can use Group Policy settings or mobile device management (MDM) to configure the behavior of Windows Update (WU) on your Windows 10 devices. 更新プログラムの検出頻度の構成、更新プログラムを受信するタイミング、更新サービスの場所の指定などを行うことができます。You can configure the update detection frequency, select when updates are received, specify the update service location and more.

Windows Update の設定の概要Summary of Windows Update settings

グループ ポリシー設定Group Policy setting MDM 設定MDM setting サポートされるバージョンSupported from version
イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定するSpecify Intranet Microsoft update service location UpdateServiceUrl および UpdateServiceUrlAlternateUpdateServiceUrl and UpdateServiceUrlAlternate すべてAll
自動更新の検出頻度Automatic Updates Detection Frequency DetectionFrequencyDetectionFrequency 17031703
Windows Update のすべての機能へのアクセスを削除するRemove access to use all Windows Update features Update/SetDisableUXWUAccessUpdate/SetDisableUXWUAccess すべてAll
インターネット上の Windows Update に接続しないDo not connect to any Windows Update Internet locations すべてAll
クライアント側のターゲットを有効にするEnable client-side targeting すべてAll
イントラネットの Microsoft 更新サービスの保存場所にある署名済み更新を許可するAllow signed updates from an intranet Microsoft update service location AllowNonMicrosoftSignedUpdateAllowNonMicrosoftSignedUpdate すべてAll
Windows Update からドライバーを除外するDo not include drivers with Windows Updates ExcludeWUDriversInQualityUpdateExcludeWUDriversInQualityUpdate 1607 以降1607
自動更新を構成するConfigure Automatic Updates AllowAutoUpdateAllowAutoUpdate すべてAll

重要

デバイスの再起動を管理する設定についてのその他の情報、および更新プログラムが利用可能になったことを伝える再起動通知については、「更新後のデバイスの再起動の管理」をご覧ください。Additional information about settings to manage device restarts and restart notifications for updates is available on Manage device restarts after updates.

機能更新プログラムと品質更新プログラムの受信タイミングを構成する追加設定は、「Windows Update for Business の構成」で説明されています。Additional settings that configure when Feature and Quality updates are received are detailed on Configure Windows Update for Business.

更新プログラムのスキャンScanning for updates

Windows 10 では、管理者は、デバイスでの更新プログラムのスキャン方法や受信方法を柔軟に構成することができます。With Windows 10, admins have a lot of flexibility in configuring how their devices scan and receive updates.

[イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] を利用すると、管理者は、内部の Microsoft 更新サービスの場所を参照するようにデバイスに対して指示することができます。また、[インターネット上の Windows Update に接続しない] オプションを利用すると、デバイスが内部更新サービスのみを参照するように制限できます。Specify Intranet Microsoft update service location allows admins to point devices to an internal Microsoft update service location, while Do not connect to any Windows Update Internet locations gives them to option to restrict devices to just that internal update service. [自動更新の検出頻度] は、デバイスが更新プログラムをスキャンする頻度を制御します。Automatic Updates Detection Frequency controls how frequently devices scan for updates.

[クライアント側のターゲットを有効にする] を使用すると、内部の Microsoft 更新サービスを利用するカスタム デバイス グループを作成できます。You can make custom device groups that'll work with your internal Microsoft update service by using Enable client-side targeting. また、[イントラネットの Microsoft 更新サービスの保存場所にある署名済み更新を許可する] を使用して、Microsoft による署名が行われていない更新プログラムを、デバイスが内部の Microsoft 更新サービスから 受信するように構成することもできます。You can also make sure your devices receive updates that were not signed by Microsoft from your internal Microsoft update service, through Allow signed updates from an intranet Microsoft update service location.

最後に、更新エクスペリエンスは管理者によって完全に制御されることを確認するために、ユーザーに対して [Windows Update のすべての機能へのアクセスを削除する] を使用することができます。Finally, to make sure the updating experience is fully controlled by the admins, you can Remove access to use all Windows Update features for users.

機能更新プログラムと品質更新プログラムの受信タイミングを構成する追加設定については、「Windows Update for Business の構成」をご覧ください。For additional settings that configure when Feature and Quality updates are received, see Configure Windows Update for Business.

イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定するSpecify Intranet Microsoft update service location

Microsoft Update からの更新プログラムをホストするイントラネット サーバーを指定します。Specifies an intranet server to host updates from Microsoft Update. この更新サービスを使用して、ネットワーク上のコンピューターを自動的に更新できます。You can then use this update service to automatically update computers on your network. この設定を使うと、内部の更新サービスとして機能する、ネットワーク上のサーバーを指定できます。This setting lets you specify a server on your network to function as an internal update service. 自動更新のクライアントは、このサービスにアクセスし、ネットワーク上のコンピューターに適用できる更新プログラムを検索します。The Automatic Updates client will search this service for updates that apply to the computers on your network.

グループ ポリシーでこの設定を使用するには、[コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update]、[イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] の順に移動します。To use this setting in Group Policy, go to Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows Update\Specify Intranet Microsoft update service location. 次に、2 つのサーバー名を設定する必要があります。それらのサーバーは、自動更新クライアントが更新プログラムを検出してダウンロードするためのサーバー、および更新が完了したワークステーションが統計情報をアップロードするためのサーバーです。You must set two server name values: the server from which the Automatic Updates client detects and downloads updates, and the server to which updated workstations upload statistics. 両方に同じサーバーを指定することもできます。You can set both values to be the same server. オプションのサーバー名を指定して、Windows Update エージェントが、イントラネットの更新サービスではなく代替ダウンロード サーバーから更新プログラムをダウンロードするように構成することができます。An optional server name value can be specified to configure Windows Update Agent to download updates from an alternate download server instead of the intranet update service.

この設定が [有効] と指定されている場合、自動更新クライアントは Windows Update ではなく、指定されたイントラネットの Microsoft 更新サービス (または代替ダウンロード サーバー) に接続し、更新プログラムの検索およびダウンロードを実行します。If the setting is set to Enabled, the Automatic Updates client connects to the specified intranet Microsoft update service (or alternate download server), instead of Windows Update, to search for and download updates. この設定を有効にすると、組織内のエンド ユーザーはファイアウォール経由で更新プログラムを入手する必要がなくなります。また、管理者は更新プログラムを展開した後でテストできるようになります。Enabling this setting means that end users in your organization don’t have to go through a firewall to get updates, and it gives you the opportunity to test updates after deploying them. この設定が [無効] または [未構成] と指定されており、ポリシーやユーザー設定で自動更新が無効になっていない場合は、自動更新クライアントは直接インターネットの Windows Update サイトにアクセスします。If the setting is set to Disabled or Not Configured, and if Automatic Updates is not disabled by policy or user preference, the Automatic Updates client connects directly to the Windows Update site on the Internet.

代替ダウンロード サーバーを利用すると、Windows Update エージェントが、イントラネットの更新サービスではなく代替ダウンロード サーバーからファイルをダウンロードするように構成することができます。The alternate download server configures the Windows Update Agent to download files from an alternative download server instead of the intranet update service. URL が示されていないファイルをダウンロードするためのオプションを利用すると、ファイルのダウンロード URL が更新プログラムのメタデータに含まれていない場合、代替ダウンロード サーバーからコンテンツをダウンロードすることができます。The option to download files with missing Urls allows content to be downloaded from the Alternate Download Server when there are no download Urls for files in the update metadata. このオプションは、イントラネットの更新サービスから提供されるファイルの更新プログラムのメタデータにダウンロード URL が含まれておらず、そのファイルが代替ダウンロード サーバー上に存在する場合にのみ使用してください。This option should only be used when the intranet update service does not provide download Urls in the update metadata for files which are present on the alternate download server.

注意

[自動更新を構成する] ポリシーが無効になっている場合、このポリシーは効果はありません。If the "Configure Automatic Updates" policy is disabled, then this policy has no effect.

"代替ダウンロード サーバー" が設定されていない場合、更新プログラムのダウンロードには、既定でイントラネットの更新サービスが使用されます。If the "Alternate Download Server" is not set, it will use the intranet update service by default to download updates.

"URL が示されていないファイルをダウンロードする" ためのオプションは、"代替ダウンロード サーバー" が設定されている場合にのみ使用します。The option to "Download files with no Url..." is only used if the "Alternate Download Server" is set.

このポリシーを MDM で構成するには、UpdateServiceUrlUpdateServiceUrlAlternate を使用します。To configure this policy with MDM, use UpdateServiceUrl and UpdateServiceUrlAlternate.

自動更新の検出頻度Automatic Updates detection frequency

利用可能な更新プログラムを確認するまでの待機時間を Windows で判別するための時間数を指定します。Specifies the hours that Windows will use to determine how long to wait before checking for available updates. 正確な待機時間は、ここで指定した時間から 0 ~ 20% の時間を差し引いた時間になります。The exact wait time is determined by using the hours specified here minus zero to twenty percent of the hours specified. たとえば、このポリシーで検出頻度が 20 時間に指定されている場合、このポリシーが適用されるすべてのクライアントでは 16 ~ 20 時間の間で更新が確認されます。For example, if this policy is used to specify a 20-hour detection frequency, then all clients to which this policy is applied will check for updates anywhere between 16 to 20 hours.

グループ ポリシーでこの設定を構成するには、[コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update]、[自動更新の検出頻度] の順に移動します。To set this setting with Group Policy, navigate to Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows Update\Automatic Updates detection frequency.

設定が [有効] と指定されている場合、Windows では指定した間隔で使用可能な更新プログラムが確認されます。If the setting is set to Enabled, Windows will check for available updates at the specified interval. 設定が [無効] または [未構成] と指定されている場合、Windows では既定の間隔である 22 時間で利用可能な更新プログラムが確認されます。If the setting is set to Disabled or Not Configured, Windows will check for available updates at the default interval of 22 hours.

注意

このポリシーを有効にするには、[イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] の設定も有効にする必要があります。The “Specify intranet Microsoft update service location” setting must be enabled for this policy to have effect.

[自動更新を構成する] ポリシーが無効になっている場合、このポリシーは効果はありません。If the “Configure Automatic Updates” policy is disabled, this policy has no effect.

このポリシーを MDM で構成するには、DetectionFrequency を使用します。To configure this policy with MDM, use DetectionFrequency.

Windows Update のすべての機能へのアクセスを削除するRemove access to use all Windows Update features

管理者は、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows update]、[Windows Update のすべての機能へのアクセスを削除する] の下でグループ ポリシー設定を有効にして、ユーザーの [更新プログラムの確認] をオフにすることができます。By enabling the Group Policy setting under Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows update\Remove access to use all Windows update features, administrators can disable the "Check for updates" option for users. バック グラウンドでの更新プログラムのスキャン、ダウンロード、インストールは引き続き構成どおりに実行されます。Any background update scans, downloads and installations will continue to work as configured.

インターネット上の Windows Update に接続しないDo not connect to any Windows Update Internet locations

イントラネットの更新サービスから更新プログラムを受信するように Windows Update が構成されている場合でも、公開されている Windows Update サービスから情報を定期的に取得して、Windows Update やその他のサービス (Microsoft Update や Microsoft Store など) に今後接続できるようにします。Even when Windows Update is configured to receive updates from an intranet update service, it will periodically retrieve information from the public Windows Update service to enable future connections to Windows Update, and other services like Microsoft Update or the Microsoft Store.

このポリシーを有効にするには、[コンピューターの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update]、[インターネット上の Windows Update に接続しない] の順に移動します。Use Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows update\Do not connect to any Windows Update Internet locations to enable this policy. このポリシーが有効になっている場合、上で説明した機能が無効になります。また、公開されているサービス (Microsoft Store、Windows Update For Business、配信の最適化など) への接続が停止することがあります。When enabled, this policy will disable the functionality described above, and may cause connection to public services such as the Microsoft Store, Windows Update for Business and Delivery Optimization to stop working.

注意

このポリシーは、[イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] ポリシーを使用してイントラネットの更新サービスに接続するようにデバイスが構成されているときにのみ適用されます。This policy applies only when the device is configured to connect to an intranet update service using the "Specify intranet Microsoft update service location" policy.

クライアント側のターゲットを有効にするEnable client-side targeting

イントラネットの Microsoft 更新サービスから更新プログラムを受信するために使用されるターゲットのグループ名を指定します。Specifies the target group name or names that should be used to receive updates from an intranet Microsoft update service. これにより、管理者は WSUS や Configuration Manager などのソースから異なる更新プログラムを受信するデバイス グループを構成できます。This allows admins to configure device groups that will receive different updates from sources like WSUS or Configuration Manager.

このグループ ポリシー設定を使用するには、[コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update]、[クライアント側のターゲットを有効にする] の順に移動します。This Group Policy setting can be found under Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows update\Enable client-side targeting. 設定が [有効] と指定されている場合、指定されたターゲット グループの情報がイントラネットの Microsoft 更新サービスに送信されます。Microsoft 更新サービスはグループの情報を使用して、このコンピューターに展開する必要がある更新プログラムを決定します。If the setting is set to Enabled, the specified target group information is sent to the intranet Microsoft update service which uses it to determine which updates should be deployed to this computer. 設定が [無効] または [未構成] と指定されている場合は、イントラネットの Microsoft 更新サービスにはターゲット グループの情報は送信されません。If the setting is set to Disabled or Not Configured, no target group information will be sent to the intranet Microsoft update service.

イントラネットの Microsoft 更新サービスが複数のターゲット グループに対応している場合、このポリシーでは、グループ名をセミコロンで区切り、複数のグループ名を指定できます。If the intranet Microsoft update service supports multiple target groups, this policy can specify multiple group names separated by semicolons. サポートされていない場合は、指定できるグループは 1 つだけです。Otherwise, a single group must be specified.

注意

このポリシーは、デバイスの接続先となるイントラネットの Microsoft 更新サービスが、クライアント側のターゲットをサポートするように構成されているときにのみ適用されます。This policy applies only when the intranet Microsoft update service the device is directed to is configured to support client-side targeting. [イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] ポリシーが無効になっているか構成されていない場合、このポリシーは効果はありません。If the “Specify intranet Microsoft update service location” policy is disabled or not configured, this policy has no effect.

イントラネットの Microsoft 更新サービスの保存場所にある署名済み更新を許可するAllow signed updates from an intranet Microsoft update service location

このポリシー設定では、Microsoft 以外のエンティティによって署名された更新プログラムがイントラネットの Microsoft 更新サービスの場所で見つかったときに、自動更新がその更新プログラムを受け入れるかどうかを管理できます。This policy setting allows you to manage whether Automatic Updates accepts updates signed by entities other than Microsoft when the update is found on an intranet Microsoft update service location.

グループ ポリシーでこの設定を構成するには、[コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update]、[イントラネットの Microsoft 更新サービスの保存場所にある署名済み更新を許可する] の順に移動します。To configure this setting in Group Policy, go to Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows update\Allow signed updates from an intranet Microsoft update service location.

このポリシー設定を有効にすると、更新プログラムがイントラネットの Microsoft 更新サービスの場所 ([イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所を指定する] で指定) に保存されており、ローカル コンピューターの "信頼された発行元" の証明書ストアに含まれている証明書によって署名されている場合、自動更新はその更新プログラムの受信を受け入れます。If you enable this policy setting, Automatic Updates accepts updates received through an intranet Microsoft update service location, as specified by Specify Intranet Microsoft update service location, if they are signed by a certificate found in the “Trusted Publishers” certificate store of the local computer. このポリシー設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、イントラネットの Microsoft 更新サービスの場所からダウンロードする更新プログラムは、Microsoft によって署名されている必要があります。If you disable or do not configure this policy setting, updates from an intranet Microsoft update service location must be signed by Microsoft.

注意

イントラネットの Microsoft 更新サービス以外のサービスからダウンロードする更新プログラムには、このポリシー設定に関係なく Microsoft による署名が常に必要です。Updates from a service other than an intranet Microsoft update service must always be signed by Microsoft and are not affected by this policy setting.

このポリシーを MDM で構成するには、AllowNonMicrosoftSignedUpdate を使用します。To configure this policy with MDM, use AllowNonMicrosoftSignedUpdate.

更新プログラムのインストールInstalling updates

更新プロセスの柔軟性をさらに高めるために、更新プログラムのインストールを制御する設定を利用できます。To add more flexibility to the update process, settings are available to control update installation.

[自動更新を構成する] には、更新プログラムの自動インストールに利用できる 4 種類のオプションが用意されています。また、[Windows Update からドライバーを除外する] を使用すると、ドライバーは、受信した他の更新プログラムと一緒にはインストールされなくなります。Configure Automatic Updates offers 4 different options for automatic update installation, while Do not include drivers with Windows Updates makes sure drivers are not installed with the rest of the received updates.

Windows Update からドライバーを除外するDo not include drivers with Windows Updates

管理者は、更新中に Windows Update (WU) ドライバーを除外することができます。Allows admins to exclude Windows Update (WU) drivers during updates.

グループ ポリシーでこの設定を構成するには、[コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update]、[Windows Update からドライバーを除外する] の順に移動します。To configure this setting in Group Policy, use Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows update\Do not include drivers with Windows Updates. Windows 品質更新プログラムにドライバーを含めないようにするには、このポリシーを有効にします。Enable this policy to not include drivers with Windows quality updates. このポリシーを無効にした場合、または構成しなかった場合は、Windows Update にドライバー分類の更新プログラムが含まれます。If you disable or do not configure this policy, Windows Update will include updates that have a Driver classification.

自動更新を構成するConfigure Automatic Updates

IT 管理者は、更新プログラムのスキャン、ダウンロード、およびインストールに関する自動更新の動作を管理できます。Enables the IT admin to manage automatic update behavior to scan, download, and install updates.

グループ ポリシーを使用して自動更新を構成するConfiguring Automatic Updates by using Group Policy

[コンピュータの構成]、[管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows Update]、[自動更新を構成する] の順に移動し、次の 4 つのオプションのいずれかを選択してください。Under Computer Configuration\Administrative Templates\Windows Components\Windows update\Configure Automatic Updates, you must select one of the four options:

[2 - ダウンロードと自動インストールを通知] - このデバイスに適用する更新プログラムが Windows で見つかると、ユーザーには、ダウンロードできる更新プログラムがあることが通知されます。2 - Notify for download and auto install - When Windows finds updates that apply to this device, users will be notified that updates are ready to be downloaded. [設定] > [更新とセキュリティ]> [Windows Update] の順に移動すると、使用可能なすべての更新プログラムをダウンロードしてインストールできます。After going to Settings > Update & security > Windows Update, users can download and install any available updates.

[3 - 自動ダウンロードしインストールを通知] - デバイスに適用できる更新プログラムが Windows で見つかると、これらの更新プログラムがバックグラウンドでダウンロードされます (ユーザーには通知されず、作業も中断されません)。3 - Auto download and notify for Install - Windows finds updates that apply to the device and downloads them in the background (the user is not notified or interrupted during this process). ダウンロードが完了すると、ユーザーには、更新プログラムをインストールする準備ができたことが通知されます。When the downloads are complete, users will be notified that they are ready to install. [設定] > [更新とセキュリティ]> [Windows Update] の順に移動すると、ユーザーは更新プログラムをインストールすることができます。After going to Settings > Update & security > Windows Update, users can install them.

[4 - 自動ダウンロードしインストール日時を指定] - グループ ポリシー設定のオプションを使用してスケジュールを指定します。4 - Auto download and schedule the install - Specify the schedule using the options in the Group Policy Setting. この設定について詳しくは、「更新プログラムのインストールのスケジュール設定」をご覧ください。For more information about this setting, see Schedule update installation.

[5 - ローカルの管理者の設定選択を許可] - このオプションを使用すると、ローカルの管理者は設定アプリを使用して、このオプションに対応した構成オプションを選択できます。5 - Allow local admin to choose setting - With this option, local administrators will be allowed to use the settings app to select a configuration option of their choice. ローカルの管理者が自動更新の構成を無効にすることはできません。Local administrators will not be allowed to disable the configuration for Automatic Updates.

この設定が [無効] と指定されている場合は、Windows Update に利用可能な更新プログラムがあれば、手動でダウンロードしインストールする必要があります。If this setting is set to Disabled, any updates that are available on Windows Update must be downloaded and installed manually. そのためには、[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] の順に移動してください。To do this, users must go to Settings > Update & security > Windows Update.

この設定が [未構成] と指定されていれば、管理者は設定アプリを使用して自動更新を構成できます。構成を行う際は、[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update] > [詳細オプション] の順に移動してください。If this setting is set to Not Configured, an administrator can still configure Automatic Updates through the settings app, under Settings > Update & security > Windows Update > Advanced options.

レジストリを編集して自動更新を構成するConfiguring Automatic Updates by editing the registry

注意

レジストリ エディターなどを使用してレジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生する場合があります。Serious problems might occur if you modify the registry incorrectly by using Registry Editor or by using another method. このような問題では、オペレーティング システムの再インストールが必要になることもあります。These problems might require you to reinstall the operating system. Microsoft では、このような問題の解決に関しては保証できません。Microsoft cannot guarantee that these problems can be resolved. レジストリの変更は各自の責任で行ってください。Modify the registry at your own risk.

Active Directory が展開されていない環境では、レジストリ設定を編集して、自動更新のグループ ポリシーを構成することができます。In an environment that does not have Active Directory deployed, you can edit registry settings to configure group policies for Automatic Update.

これを行うためには、次の手順を実行します。To do this, follow these steps:

  1. [スタート] を選択し、「regedit」を検索して、レジストリ エディターを開きます。Select Start, search for "regedit", and then open Registry Editor.

  2. 次のレジストリ キーを開きます。Open the following registry key:

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU
    
  3. 自動更新を構成するには、次のいずれかのレジストリ値を追加します。Add one of the following registry values to configure Automatic Update.

    • NoAutoUpdate (REG_DWORD):NoAutoUpdate (REG_DWORD):

      • 0: 自動更新は有効になっています (既定)。0: Automatic Updates is enabled (default).

      • 1: 自動更新は無効になっています。1: Automatic Updates is disabled.

    • AUOptions (REG_DWORD):AUOptions (REG_DWORD):

      • 1: コンピューターを最新の状態に保つ設定が自動更新で無効になっています。1: Keep my computer up to date is disabled in Automatic Updates.

      • 2: ダウンロードとインストールを通知します。2: Notify of download and installation.

      • 3: 自動的にダウンロードし、インストールを通知します。3: Automatically download and notify of installation.

      • 4: 自動的にダウンロードし、スケジュールされている時間にインストールします。4: Automatically download and scheduled installation.

    • ScheduledInstallDay (REG_DWORD):ScheduledInstallDay (REG_DWORD):

      • 0: 毎日。0: Every day.

      • 17: 日曜日 (1) から土曜日 (7) までの曜日。1 through 7: The days of the week from Sunday (1) to Saturday (7).

    • ScheduledInstallTime (REG_DWORD):ScheduledInstallTime (REG_DWORD):

      n、ここで n は 24 時間形式 (0 ~ 23) の時間となります。n, where n equals the time of day in a 24-hour format (0-23).

    • UseWUServer (REG_DWORD)UseWUServer (REG_DWORD)

      この値を 1 に設定すると、自動更新で、Windows Update ではなく Software Update Services を実行しているサーバーを使用するように構成できます。Set this value to 1 to configure Automatic Updates to use a server that is running Software Update Services instead of Windows Update.

    • RescheduleWaitTime (REG_DWORD)RescheduleWaitTime (REG_DWORD)

      m、ここで m は、自動更新が開始されてから、スケジュールした時間が経過してインストールが開始されるまでの待機時間となります。m, where m equals the time period to wait between the time Automatic Updates starts and the time that it begins installations where the scheduled times have passed. 時刻は、1 ~ 60 (1 分~ 60 分) の分単位で設定されます。The time is set in minutes from 1 to 60, representing 1 minute to 60 minutes)

      注意

      この設定は、クライアントが SUS SP1 クライアント バージョンまたはそれ以降のバージョンに更新された後のクライアント動作にのみ影響します。This setting only affects client behavior after the clients have updated to the SUS SP1 client version or later versions.

    • NoAutoRebootWithLoggedOnUsers (REG_DWORD):NoAutoRebootWithLoggedOnUsers (REG_DWORD):

      0 (false) または 1 (true)。0 (false) or 1 (true). 1 に設定した場合、ユーザーがログオンしている間、自動更新でコンピューターが自動的に再起動されません。If set to 1, Automatic Updates does not automatically restart a computer while users are logged on.

      注意

      この設定は、クライアントが SUS SP1 クライアント バージョンまたはそれ以降のバージョンに更新された後のクライアントの動作に影響します。This setting affects client behavior after the clients have updated to the SUS SP1 client version or later versions.

Software Update Services を実行しているサーバーで Automatic Updates を使用するには、「Microsoft Windows Server Update Services 2.0 の展開」ガイダンスを参照してください。To use Automatic Updates with a server that is running Software Update Services, see the Deploying Microsoft Windows Server Update Services 2.0 guidance.

ポリシーのレジストリ キーを使用して自動更新を直接構成すると、ポリシーによって、ローカル管理者ユーザーがクライアントを構成するために設定した基本設定が上書きされます。When you configure Automatic Updates directly by using the policy registry keys, the policy overrides the preferences that are set by the local administrative user to configure the client. 管理者が後でレジストリ キーを削除した場合、ローカル管理者ユーザーによって設定された基本設定が再び使用されます。If an administrator removes the registry keys at a later date, the preferences that were set by the local administrative user are used again.

クライアント コンピューターとサーバーが更新のために接続する WSUS サーバーを確認するには、次のレジストリ値をレジストリに追加します。To determine the WSUS server that the client computers and servers connect to for updates, add the following registry values to the registry:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\
  • WUServer (REG_SZ)WUServer (REG_SZ)

    この値は、HTTP 名 (例: http://IntranetSUS)) で WSUS サーバーを設定します。This value sets the WSUS server by HTTP name (for example, http://IntranetSUS).

  • WUStatusServer (REG_SZ)WUStatusServer (REG_SZ)

    この値は、SUS 統計サーバーを HTTP 名 (例: http://IntranetSUS)) で設定しますThis value sets the SUS statistics server by HTTP name (for example, http://IntranetSUS).

関連トピックRelated topics