SetupDiagSetupDiag

適用対象Applies to

  • Windows 10Windows 10

注意

これは、300 レベルのトピック (中程度の高度) です。This is a 300 level topic (moderate advanced).
この記事のトピックの完全な一覧については、「Windows 10 のアップグレード エラーの解決」をご覧ください。See Resolve Windows 10 upgrade errors for a full list of topics in this article.

 SetupDiag のダウンロード Download SetupDiag

SetupDiag についてAbout SetupDiag

SetupDiag の現在のダウンロード可能なバージョン: 1.6.0.42Current downloadable version of SetupDiag: 1.6.0.42

新しい機能や既知の問題の修正にアクセスできるよう、常に最新バージョンの SetupDiag を実行してください。Always be sure to run the most recent version of SetupDiag, so that can access new functionality and fixes to known issues.

SetupDiag は、Windows 10 のアップグレードが失敗した理由の詳細を取得するために使用できるスタンドアロン診断ツールです。SetupDiag is a standalone diagnostic tool that can be used to obtain details about why a Windows 10 upgrade was unsuccessful.

SetupDiag は、Windows セットアップ ログ ファイルを調べることによって機能します。SetupDiag works by examining Windows Setup log files. これらのログ ファイルを解析して、コンピューターを Windows 10 に更新またはアップグレードする失敗の根本的な原因を特定します。It attempts to parse these log files to determine the root cause of a failure to update or upgrade the computer to Windows 10. SetupDiag は、更新に失敗したコンピューターで実行するか、コンピューターから別の場所にログをエクスポートし、オフライン モードで SetupDiag を実行できます。SetupDiag can be run on the computer that failed to update, or you can export logs from the computer to another location and run SetupDiag in offline mode.

Windows 10 バージョン 2004 以降の SetupDiagSetupDiag in Windows 10, version 2004 and later

Windows 10 バージョン 2004 のリリースでは、Windows セットアップに SetupDiag が 含まれていますWith the release of Windows 10, version 2004, SetupDiag is included with Windows Setup.

アップグレードプロセス中に、Windows セットアップによって、すべてのソースファイルが %SystemDrive%$Windows.~bt\Sources ディレクトリに抽出されます。During the upgrade process, Windows Setup will extract all its sources files to the %SystemDrive%$Windows.~bt\Sources directory. Windows 10 バージョン 2004 以降では、setupdiag.exe** ディレクトリにも ** インストールされます。With Windows 10, version 2004 and later, setupdiag.exe is also installed to this directory. アップグレードに問題がある場合は、SetupDiag が自動的に実行され、障害の原因が特定されます。If there is an issue with the upgrade, SetupDiag will automatically run to determine the cause of the failure.

Windows セットアップで実行すると、次の パラメーターが 使用されます。When run by Windows Setup, the following parameters are used:

  • /ZipLogs:False/ZipLogs:False
  • /Format:xml/Format:xml
  • /Output:%windir%\logs\SetupDiag\SetupDiagResults.xml/Output:%windir%\logs\SetupDiag\SetupDiagResults.xml
  • /RegPath:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\SetupDiag\Results/RegPath:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\SetupDiag\Results

結果の SetupDiag 分析は **、%WinDir%\Logs\SetupDiag\SetupDiagResults.xml、 ** レジストリの HKLM\SYSTEM\Setup\SetupDiag\Resultsにあります。The resulting SetupDiag analysis can be found at %WinDir%\Logs\SetupDiag\SetupDiagResults.xml and in the registry under HKLM\SYSTEM\Setup\SetupDiag\Results.

アップグレード プロセスが正常に進む場合は、クリーンアップsetupdiag.exe%SystemDrive%\Windows.Old の下のSourcesディレクトリが移動されます。 **** ****If the upgrade process proceeds normally, the Sources directory including setupdiag.exe is moved under %SystemDrive%\Windows.Old for cleanup. Windows.old ディレクトリが後で削除されると、setupdiag.exeも削除されます。If the Windows.old directory is deleted later, setupdiag.exe will also be removed.

SetupDiag の使用Using SetupDiag

現在のコンピューターで SetupDiag をすばやく使用するには、次の手順を実行します。To quickly use SetupDiag on your current computer:

  1. システムが以下の要件を 満たしていることを 確認します。Verify that your system meets the requirements described below. 必要に応じて 、.NET framework 4.6 をインストールしますIf needed, install the .NET framework 4.6.
  2. SetupDiag をダウンロードしますDownload SetupDiag.
  3. Web ブラウザーでファイルの操作を確認する場合は、[保存] を 選択しますIf your web browser asks what to do with the file, choose Save. 既定では、ファイルはダウンロード フォルダー に保存 されます。By default, the file will be saved to your Downloads folder. [名前を付けて保存] を使用して、必要に応じて別の場所 に保存できますYou can also save it to a different location if desired by using Save As.
  4. SetupDiag のダウンロードが完了したら、ファイルをダウンロードしたフォルダーを開きます。When SetupDiag has finished downloading, open the folder where you downloaded the file. 既定では、これはダウンロードフォルダーで、左側のナビゲーション ウィンドウの [**** クイック アクセス] の下のエクスプローラーに表示されます。By default, this is your Downloads folder, which is displayed in File Explorer under Quick access in the left navigation pane.
  5. SetupDiag ファイルを ダブルクリックして 実行します。Double-click the SetupDiag file to run it. プログラム の実行を 承認するように求める場合は、[はい] をクリックします。Click Yes if you are asked to approve running the program.
    • ファイルをダブルクリックして実行すると、SetupDiag が分析を完了すると、コマンド ウィンドウが自動的に閉じます。Double-clicking the file to run it will automatically close the command window when SetupDiag has completed its analysis. 代わりにこのウィンドウを開いた状態にし、表示されるメッセージを確認する場合は、ダブルクリックするのではなく、コマンド プロンプトで SetupDiag と入力してプログラムを実行します。If you wish to keep this window open instead, and review the messages that you see, run the program by typing SetupDiag at the command prompt instead of double-clicking it. この方法で実行するには、ディレクトリを SetupDiag の場所に変更する必要があります。You will need to change directories to the location of SetupDiag to run it this way.
  6. SetupDiag がコンピューターを診断している間にコマンド ウィンドウが開きます。A command window will open while SetupDiag diagnoses your computer. これが完了するのを待ちます。Wait for this to finish.
  7. SetupDiag が終了すると、SetupDiag をダブルクリックした同じフォルダーに 2 つのファイルが作成されます。When SetupDiag finishes, two files will be created in the same folder where you double-clicked SetupDiag. 1 つは構成ファイル、もう 1 つはログ ファイルです。One is a configuration file, the other is a log file.
  8. メモ帳を使用してログ ファイルを開きます 。 SetupDiagResults.log.Use Notepad to open the log file: SetupDiagResults.log.
  9. 表示される情報を確認します。Review the information that is displayed. ルールが一致した場合は、コンピューターがアップグレードに失敗した理由と、問題を解決する方法が示されます。If a rule was matched, this can tell you why the computer failed to upgrade, and potentially how to fix the problem. 以下の テキスト ログのサンプルを参照 してください。See the Text log sample below.

オフライン モードで、さらに高度なオプションを使用してツールを実行する方法については、以下の「 パラメーター例」 セクションを参照してください。For instructions on how to run the tool in offline mode and with more advanced options, see the Parameters and Examples sections below.

この トピックの下部 にある [リリース ノート] セクションには、このツールの最近の更新に関する情報があります。The Release notes section at the bottom of this topic has information about recent updates to this tool.

要件Requirements

  1. 宛先 OS は Windows 10 である必要があります。The destination OS must be Windows 10.

  2. .NET Framework 4.6 をインストール する必要があります。.NET Framework 4.6 must be installed. 現在インストールされている .NET のバージョンが不明な場合は、「How to: Determine which .NET Framework インストールされているバージョン」 を参照してくださいIf you are not sure what version of .NET is currently installed, see How to: Determine Which .NET Framework Versions Are Installed. 次のコマンド ライン クエリを使用して、インストールされている v4 バージョンを表示することもできます。You can also use the following command-line query to display the installed v4 versions:

    reg query "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Net Framework Setup\NDP\v4" /s
    

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/?/?
  • 対話型のヘルプを表示するDisplays interactive help
/Output:/Output:<path to results file>
  • このオプションのパラメーターを使用すると、結果の出力ファイルを指定できます。This optional parameter enables you to specify the output file for results. ここで、SetupDiag が判断できた情報を確認できます。This is where you will find what SetupDiag was able to determine. テキスト形式の出力だけがサポートされています。Only text format output is supported. SetupDiag を実行するコンテキストが UNC パスにアクセスできる場合、UNC パスは機能します。UNC paths will work, provided the context under which SetupDiag runs has access to the UNC path. パスにスペースがある場合は、パス全体を二重引用符で囲む必要があります (以下の例を参照)。If the path has a space in it, you must enclose the entire path in double quotes (see the example section below).
  • 既定値: 指定しない場合、SetupDiag はファイル SetupDiagResults.log を実行するのと同じディレクトリにSetupDiag.exeします。Default: If not specified, SetupDiag will create the file SetupDiagResults.log in the same directory where SetupDiag.exe is run.
/LogsPath:/LogsPath:<Path to logs>
  • この省略可能なパラメーターはSetupDiag.exe分析のログ ファイルを検索する場所を指定します。This optional parameter tells SetupDiag.exe where to find the log files for an offline analysis. これらのログ ファイルは、フラット フォルダー形式または複数のサブディレクトリを含む場合があります。These log files can be in a flat folder format, or containing multiple subdirectories. SetupDiag は、すべての子ディレクトリを再帰的に検索します。SetupDiag will recursively search all child directories.
/ZipLogs:/ZipLogs:<True | False>
  • この省略可能なパラメーターSetupDiag.exe結果と解析されたログ ファイルを含む zip ファイルを作成する必要があります。This optional parameter tells SetupDiag.exe to create a zip file containing the results and all the log files it parsed. zip ファイルは、ファイルが実行されるのと同SetupDiag.exe作成されます。The zip file is created in the same directory where SetupDiag.exe is run.
  • 既定値: 指定しない場合は、値 'true' が使用されます。Default: If not specified, a value of 'true' is used.
/Format:/Format:<xml | json>
  • この省略可能なパラメーターを使用して、ログ ファイルを xml または JSON 形式で出力できます。This optional parameter can be used to output log files in xml or JSON format. このパラメーターを指定しない場合は、既定でテキスト形式が使用されます。If this parameter is not specified, text format is used by default.
/Scenario:[Recovery]/Scenario:[Recovery]
  • このオプションのパラメーターは、SetupDiag.exeログを検索して処理し、セットアップ/アップグレード ログを無視するように指示します。This optional parameter instructs SetupDiag.exe to look for and process reset and recovery logs and ignore setup/upgrade logs.
/Verbose/Verbose
  • この省略可能なパラメーターは、ログ ファイルにはるかに多くのデータを出力します。This optional parameter will output much more data to a log file. 既定では、SetupDiag は重大なエラーのログ ファイル エントリのみを生成します。By default, SetupDiag will only produce a log file entry for serious errors. /Verbose を使用すると、SetupDiag は常にデバッグの詳細を含む追加のログ ファイルを生成します。Using /Verbose will cause SetupDiag to always produce an additional log file with debugging details. これらの詳細は、SetupDiag で問題を報告する場合に役立ちます。These details can be useful when reporting a problem with SetupDiag.
/NoTel/NoTel
  • この省略可能なパラメーターは、SetupDiag.exeテレメトリを Microsoft に送信しないというメッセージを表示します。This optional parameter tells SetupDiag.exe not to send diagnostic telemetry to Microsoft.
/AddReg/AddReg
  • このオプションのパラメーターはSetupDiag.exeモードでレジストリにエラー情報を追加するように指示します。This optional parameter instructs SetupDiag.exe to add failure information to the registry in offline mode. 既定では、SetupDiag はオンライン モードでのみレジストリにエラー情報を追加します。By default, SetupDiag will add failure information to the registry in online mode only. レジストリ データは、SetupDiag が実行されているシステム上の次の場所に追加されます 。HKLM\SYSTEM\Setup\MoSetup\Volatile\SetupDiag.Registry data is added to the following location on the system where SetupDiag is run: HKLM\SYSTEM\Setup\MoSetup\Volatile\SetupDiag.
/RegPath/RegPath
  • この省略可能なパラメーターはSetupDiag.exeを使用してレジストリにエラー情報を追加するように指示します。This optional parameter instructs SetupDiag.exe to add failure information to the registry using the specified path. このパラメーターを指定しない場合、既定のパスは HKLM\SYSTEM\Setup\MoSetup\Volatile\SetupDiag ですIf this parameter is not specified the default path is HKLM\SYSTEM\Setup\MoSetup\Volatile\SetupDiag.
|

注: /Mode パラメーターは、SetupDiag のバージョン 1.4.0.0 では非推奨です。Note: The /Mode parameter is deprecated in version 1.4.0.0 of SetupDiag.

  • 以前のバージョンでは、このコマンドは LogsPath パラメーターと共に使用され、別のコンピューターからキャプチャされた一連のログ ファイルを分析するために SetupDiag をオフラインで実行する必要があります。In previous versions, this command was used with the LogsPath parameter to specify that SetupDiag should run in an offline manner to analyze a set of log files that were captured from a different computer. バージョン 1.4.0.0 で /LogsPath を指定すると、SetupDiag はオフライン モードで自動的に実行されるため、/Mode パラメーターは不要です。In version 1.4.0.0 when you specify /LogsPath then SetupDiag will automatically run in offline mode, therefore the /Mode parameter is not needed.

例:Examples:

次の例では、SetupDiag を既定のパラメーターで実行します (オンライン モードでは、結果ファイルは SetupDiagResults.log が SetupDiag が実行されているのと同じフォルダーにあります)。In the following example, SetupDiag is run with default parameters (online mode, results file is SetupDiagResults.log in the same folder where SetupDiag is run).

SetupDiag.exe

次の例では、SetupDiag はオンライン モードで実行されます (これが既定です)。In the following example, SetupDiag is run in online mode (this is the default). 現在の (障害が発生している) システム上のログを検索する場所が分かっているので、ログを前もって収集する必要はありません。It will know where to look for logs on the current (failing) system, so there is no need to gather logs ahead of time. 結果のカスタムの場所を指定します。A custom location for results is specified.

SetupDiag.exe /Output:C:\SetupDiag\Results.log

次の例では、/Output パラメーターを使用して、スペースを含むパス名に結果を保存します。The following example uses the /Output parameter to save results to a path name that contains a space:

SetupDiag /Output:"C:\Tools\SetupDiag\SetupDiag Results\Results.log"

次の使用例は、SetupDiag をオフライン モードで実行し 、D:\Temp\Logs\LogSet1にあるログ ファイルを処理する場合に指定します。The following example specifies that SetupDiag is to run in offline mode, and to process the log files found in D:\Temp\Logs\LogSet1.

SetupDiag.exe /Output:C:\SetupDiag\Results.log /LogsPath:D:\Temp\Logs\LogSet1

次の使用例は、オフライン モードで回復シナリオを設定します。The following example sets recovery scenario in offline mode. この例では、SetupDiag は指定された LogsPath の場所でリセット/回復ログを検索し、結果を /Output パラメーターで指定されたディレクトリに出力します。In the example, SetupDiag will search for reset/recovery logs in the specified LogsPath location and output the results to the directory specified by the /Output parameter.

SetupDiag.exe /Output:C:\SetupDiag\RecoveryResults.log /LogsPath:D:\Temp\Cabs\PBR_Log /Scenario:Recovery

次の使用例は、オンライン モードで回復シナリオを設定します。The following example sets recovery scenario in online mode. この例では、SetupDiag は現在のシステムでリセット/回復ログを検索し、XML 形式で出力結果を出力します。In the example, SetupDiag will search for reset/recovery logs on the current system and output results in XML format.

SetupDiag.exe /Scenario:Recovery /Format:xml

ログ ファイルLog files

Windows セットアップ ログ ファイルとイベント ログには、Windows セットアップ中にログが作成される場所に関する情報が含まれます。Windows Setup Log Files and Event Logs has information about where logs are created during Windows Setup. オフライン処理の場合は、フォルダー全体の内容に対して SetupDiag を実行する必要があります。For offline processing, you should run SetupDiag against the contents of the entire folder. たとえば、アップグレードが失敗した時期に応じて、次のいずれかのフォルダーをオフラインの場所にコピーします。For example, depending on when the upgrade failed, copy one of the following folders to your offline location:

\$Windows.~bt\sources\panther\$Windows.~bt\sources\panther
\$Windows.~bt\Sources\Rollback\$Windows.~bt\Sources\Rollback
\Windows\Panther\Windows\Panther
\Windows\Panther\NewOS\Windows\Panther\NewOS

親フォルダーとすべてのサブフォルダーをコピーすると、SetupDiag は自動的にすべてのサブディレクトリ内のログ ファイルを検索します。If you copy the parent folder and all sub-folders, SetupDiag will automatically search for log files in all subdirectories.

セットアップのバグ チェック分析Setup bug check analysis

Microsoft Windows で安全なシステム操作が危険にさらされる状態が発生すると、システムは停止します。When Microsoft Windows encounters a condition that compromises safe system operation, the system halts. この条件はバグ チェックと呼ばれる。This condition is called a bug check. また、システム クラッシュ、カーネル エラー、Stop エラー、または BSOD とも呼ばれます。It is also commonly referred to as a system crash, a kernel error, a Stop error, or BSOD. 通常、ハードウェア デバイス、ハードウェア ドライバー、または関連するソフトウェアによって、このエラーが発生します。Typically a hardware device, hardware driver, or related software causes this error.

システムでクラッシュ ダンプ が有効 になっている場合は、クラッシュ ダンプ ファイルが作成されます。If crash dumps are enabled on the system, a crash dump file is created. アップグレード中にバグ チェックが発生した場合、Windows セットアップはミニダンプ (setupmem.dmp) ファイルを抽出します。If the bug check occurs during an upgrade, Windows Setup will extract a minidump (setupmem.dmp) file. SetupDiag は、これらのセットアップ関連のミニアプリケーションもデバッグできます。SetupDiag can also debug these setup related minidumps.

セットアップ関連のバグ チェックをデバッグするには、次の手順を実行する必要があります。To debug a setup related bug check, you must:

  • /LogsPath パラメーターを指定します。Specify the /LogsPath parameter. オンライン モードでは、メモリ ダンプをデバッグできません。You cannot debug memory dumps in online mode.
  • 障害が発生したシステムからセットアップ メモリ ダンプ ファイル (setupmem.dmp) を収集します。Gather the setup memory dump file (setupmem.dmp) from the failing system.
    • Setupmem.dmp は 、%SystemDrive%$Windows.~bt\Sources\Rollback、 またはバグ チェックが発生した時期に応じて %WinDir%\Panther\NewOS\Rollback で作成されます。Setupmem.dmp will be created in either %SystemDrive%$Windows.~bt\Sources\Rollback, or in %WinDir%\Panther\NewOS\Rollback depending on when the bug check occurs.
  • SetupDiag を実行するコンピューターにWindows デバッグ ツールをインストールします。Install the Windows Debugging Tools on the computer that runs SetupDiag.

次の例では 、setupmem.dmp ファイルが D:\Dump ディレクトリにコピーされ、SetupDiag を実行する前に Windows デバッグ ツールがインストールされます。In the following example, the setupmem.dmp file is copied to the D:\Dump directory and the Windows Debugging Tools are installed prior to running SetupDiag:

SetupDiag.exe /Output:C:\SetupDiag\Dumpdebug.log /LogsPath:D:\Dump

既知の問題Known issues

  1. 関連するログ ファイルが大きい場合、一部のルールでは処理に長い時間がかかる場合があります。Some rules can take a long time to process if the log files involved are large.

出力例Sample output

次に、SetupDiag をオフライン モードで実行する例を示します。The following is an example where SetupDiag is run in offline mode.

D:\SetupDiag>SetupDiag.exe /output:c:\setupdiag\result.xml /logspath:D:\Tests\Logs\f55be736-beed-4b9b-aedf-c133536c946e /format:xml

SetupDiag v1.6.0.0
Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Searching for setup logs...
Found d:\tests\Logs\f55be736-beed-4b9b-aedf-c133536c946e\setupact_6.log with update date 6/12/2019 2:44:20 PM to be the correct setup log.
Found d:\tests\Logs\f55be736-beed-4b9b-aedf-c133536c946e\setupact_1.log with update date 6/12/2019 2:45:19 PM to be the correct rollback log.

Gathering baseline information from setup logs...

SetupDiag: processing rule: CompatScanOnly.
...No match.

...

SetupDiag: processing rule: DISMImageSessionFailure.
..
Error: SetupDiag reports DISM provider failure.
Last Phase: Safe OS
Last Operation: Apply Optional Component status
Message = Failed to get the IDismImage instance from the image session
Function: CDISMManager::CloseImageSession
Error: 0x800706ba
Recommend you re-download the update source files, reboot and try the update again.

SetupDiag found 1 matching issue.

SetupDiag results were logged to: c:\setupdiag\results.xml
Logs ZipFile created at: c:\setupdiag\Logs_14.zip

規則Rules

ログ ファイルを検索する際に、SetupDiag は一連のルールを使用して既知の問題と照合します。When searching log files, SetupDiag uses a set of rules to match known issues. これらのルールは、SetupDiag の実行時rules.xml抽出されるファイルに含まれている。These rules are contained in the rules.xml file which is extracted when SetupDiag is run. 新rules.xmlバージョンの SetupDiag が使用可能になるので、このファイルが更新される可能性があります。The rules.xml file might be updated as new versions of SetupDiag are made available. 詳細については 、「リリース ノート」 セクションを参照してください。See the release notes section for more information.

各ルール名とその関連付けられた一意のルール識別子は、既知のアップグレードブロックの問題の説明と一緒に一覧表示されます。Each rule name and its associated unique rule identifier are listed with a description of the known upgrade-blocking issue. ルールの説明では、"down-level" という用語は、最初の OS で実行されるアップグレード プロセスの最初のフェーズを指します。In the rule descriptions, the term "down-level" refers to the first phase of the upgrade process, which runs under the starting OS.

  1. CompatScanOnly - FFDAFD37-DB75-498A-A893-472D49A1311DCompatScanOnly - FFDAFD37-DB75-498A-A893-472D49A1311D
    • このルールは、setup.exeコマンド ライン パラメーターを使用して呼び出された場合、セットアップがアップグレードではなく、同一スキャンのみを実行する必要があることを示します。This rule indicates that setup.exe was called with a specific command line parameter that indicated setup was to do a compat scan only, not an upgrade.
  2. BitLockerHardblock - C30152E2-938E-44B8-915B-D1181BA635AEBitLockerHardblock - C30152E2-938E-44B8-915B-D1181BA635AE
    • これは、ターゲット OS が BitLocker をサポートしていないが、ホスト OS が BitLocker を有効にしている場合のブロックです。This is a block when the target OS does not support BitLocker, yet the host OS has BitLocker enabled.
  3. VHDHardblock - D9ED1B82-4ED8-4DFD-8EC0-BE69048978CCVHDHardblock - D9ED1B82-4ED8-4DFD-8EC0-BE69048978CC
    • このブロックは、ホスト OS が VHD イメージに起動された場合に発生します。This block happens when the host OS is booted to a VHD image. ホスト OS が VHD イメージから起動された場合、アップグレードはサポートされません。Upgrade is not supported when the host OS is booted from a VHD image.
  4. PortableWorkspaceHardblock - 5B0D3AB4-212A-4CE4-BDB9-37CA404BB280PortableWorkspaceHardblock - 5B0D3AB4-212A-4CE4-BDB9-37CA404BB280
    • これは、ホスト OS が Windows デバイス (USB キー) からTo-Go示します。This indicates that the host OS is booted from a Windows To-Go device (USB key). Windows 環境ではアップグレードTo-Goされません。Upgrade is not supported in the Windows To-Go environment.
  5. AuditModeHardblock - A03BD71B-487B-4ACA-83A0-735B0F3F1A90AuditModeHardblock - A03BD71B-487B-4ACA-83A0-735B0F3F1A90
    • このブロックは、ホスト OS が現在 Windows の状態を変更する特別なモードである監査モードで起動されている状態を示します。This block indicates that the host OS is currently booted into Audit Mode, a special mode for modifying the Windows state. この状態からのアップグレードはサポートされていません。Upgrade is not supported from this state.
  6. SafeModeHardblock - 404D9523-B7A8-4203-90AF-5FBB05B6579BSafeModeHardblock - 404D9523-B7A8-4203-90AF-5FBB05B6579B
    • このブロックは、ホスト OS がセーフ モードで起動され、アップグレードがサポートされていない場合に示されます。This block indicates that the host OS is booted to Safe Mode, where upgrade is not supported.
  7. InsufficientSystemPartitionDiskSpaceHardblock - 3789FBF8-E177-437D-B1E3-D38B4C4269D1InsufficientSystemPartitionDiskSpaceHardblock - 3789FBF8-E177-437D-B1E3-D38B4C4269D1
    • このブロックは、セットアップでシステム パーティション (ブート ローダー ファイルが格納されている場所) が、アップグレード プロセス中に必要な新しいブート ファイルで処理できる十分な領域を持たなかったと判断した場合に発生します。This block is encountered when setup determines the system partition (where the boot loader files are stored) does not have enough space to be serviced with the newer boot files required during the upgrade process.
  8. CompatBlockedApplicationAutoUninstall – BEBA5BC6-6150-413E-8ACE-5E1EC8D34DD5CompatBlockedApplicationAutoUninstall – BEBA5BC6-6150-413E-8ACE-5E1EC8D34DD5
    • このルールは、セットアップを続行する前にアンインストールする必要があるアプリケーションを示します。This rule indicates there is an application that needs to be uninstalled before setup can continue.
  9. CompatBlockedApplicationDismissable - EA52620B-E6A0-4BBC-882E-0686605736D9CompatBlockedApplicationDismissable - EA52620B-E6A0-4BBC-882E-0686605736D9
    • /quiet モードでセットアップを実行する場合、コマンド ラインで "/compat ignorewarning" も指定しない限り、ブロックに変わる無視可能なアプリケーション メッセージがあります。When running setup in /quiet mode, there are dismissible application messages that turn into blocks unless the command line also specifies “/compat ignorewarning”. このルールは、セットアップが /quiet モードで実行されたが、セットアップを続行できないアプリケーションの却下可能なブロック メッセージを示します。This rule indicates setup was executed in /quiet mode but there is an application dismissible block message that have prevented setup from continuing.
  10. CompatBlockedApplicationManualUninstall - 9E912E5F-25A5-4FC0-BEC1-CA0EA5432FF4CompatBlockedApplicationManualUninstall - 9E912E5F-25A5-4FC0-BEC1-CA0EA5432FF4
    • このルールは、プログラムの追加/削除エントリのないアプリケーションがシステムに存在し、セットアップの続行をブロックする方法を示します。This rule indicates that an application without an Add/Remove Programs entry, is present on the system and blocking setup from continuing. 通常、続行するには、このアプリケーションに関連付けられているファイルを手動で削除する必要があります。This typically requires manual removal of the files associated with this application to continue.
  11. HardblockDeviceOrDriver - ED3AEFA1-F3E2-4F33-8A21-184ADF215B1BHardblockDeviceOrDriver - ED3AEFA1-F3E2-4F33-8A21-184ADF215B1B
    • これは、ホスト OS に読み込まれるデバイス ドライバーが新しい OS バージョンと互換性がなく、アップグレードの前に削除する必要がある場合を示します。This indicates a device driver that is loaded on the host OS is not compatible with the newer OS version and needs to be removed prior to the upgrade.
  12. HardblockMismatchedLanguage - 60BA8449-CF23-4D92-A108-D6FCEFB95B45HardblockMismatchedLanguage - 60BA8449-CF23-4D92-A108-D6FCEFB95B45
    • このルールは、ホスト OS とターゲット OS の言語エディションが一致しないことを示します。This rule indicates the host OS and the target OS language editions do not match.
  13. HardblockFlightSigning - 598F2802-3E7F-4697-BD18-7A6371C8B2F8HardblockFlightSigning - 598F2802-3E7F-4697-BD18-7A6371C8B2F8
    • このルールは、ターゲット OS がプレリリースの Windows Insider ビルドであり、ターゲット マシンがセキュア ブートを有効にしている状態を示します。This rule indicates the target OS is a pre-release, Windows Insider build, and the target machine has Secure Boot enabled. これにより、コンピューターにインストールされている場合、プレリリースの署名付きビルドが起動をブロックします。This will block the pre-release signed build from booting if installed on the machine.
  14. DiskSpaceBlockInDownLevel - 6080AFAC-892E-4903-94EA-7A17E69E549EDiskSpaceBlockInDownLevel - 6080AFAC-892E-4903-94EA-7A17E69E549E
    • このエラーは、アップグレードのダウンレベル操作中にシステムがディスク領域を使い切った状態を示します。This failure indicates the system ran out of disk space during the down-level operations of upgrade.
  15. DiskSpaceFailure - 981DCBA5-B8D0-4BA7-A8AB-4030F7A10191DiskSpaceFailure - 981DCBA5-B8D0-4BA7-A8AB-4030F7A10191
    • このエラーは、システム ドライブがアップグレードへの最初の再起動後、ある時点で使用可能なディスク領域を使い切った状態を示します。This failure indicates the system drive ran out of available disk space at some point after the first reboot into the upgrade.
  16. DeviceInstallHang - 37BB1C3A-4D79-40E8-A556-FDA126D40BC6DeviceInstallHang - 37BB1C3A-4D79-40E8-A556-FDA126D40BC6
    • このエラー ルールは、アップグレードのデバイス インストール フェーズ中にシステムがハングまたはバグ チェックされた状態を示します。This failure rule indicates the system hung or bug checked during the device installation phase of upgrade.
  17. DebugSetupMemoryDump - C7C63D8A-C5F6-4255-8031-74597773C3C6DebugSetupMemoryDump - C7C63D8A-C5F6-4255-8031-74597773C3C6
    • このオフライン専用ルールは、セットアップ中にバグ チェックが発生したかどうかを示します。This offline only rule indicates a bug check occurred during setup. デバッガー ツールがシステムで使用できる場合、SetupDiag はメモリ ダンプをデバッグし、詳細を提供します。If the debugger tools are available on the system, SetupDiag will debug the memory dump and provide details.
  18. DebugSetupCrash - CEEBA202-6F04-4BC3-84B8-7B99AED924B1DebugSetupCrash - CEEBA202-6F04-4BC3-84B8-7B99AED924B1
    • このオフライン専用ルールは、セットアップ自体にエラーが発生し、プロセス メモリ ダンプが発生したかどうかを示します。This offline only rule indicates that setup itself encountered a failure that resulted in a process memory dump. デバッガー ツールがシステムにインストールされている場合、SetupDiag はメモリ ダンプをデバッグし、さらに詳しい情報を提供します。If the debugger tools are installed on the system, SetupDiag will debug the memory dump and give further details.
  19. DebugMemoryDump - 505ED489-329A-43F5-B467-FCAAF6A1264CDebugMemoryDump - 505ED489-329A-43F5-B467-FCAAF6A1264C
    • このオフライン専用ルールは、セットアップ/アップグレード操作中に発生した memory.dmp ファイルに対するルールです。This offline only rule is for any memory.dmp file that resulted during the setup/upgrade operation. デバッガー ツールがシステムにインストールされている場合、SetupDiag はメモリ ダンプをデバッグし、さらに詳しい情報を提供します。If the debugger tools are installed on the system, SetupDiag will debug the memory dump and give further details.
  20. BootFailureDetected - 4FB446C2-D4EC-40B4-97E2-67EB19D1CFB7BootFailureDetected - 4FB446C2-D4EC-40B4-97E2-67EB19D1CFB7
    • このルールは、更新プログラムの特定のフェーズ中に起動エラーが発生したと示します。This rule indicates a boot failure occurred during a specific phase of the update. このルールは、診断の目的でエラー コードとフェーズを示します。The rule will indicate the failure code and phase for diagnostic purposes.
  21. FindDebugInfoFromRollbackLog - 9600EB68-1120-4A87-9FE9-3A4A70ACFC37FindDebugInfoFromRollbackLog - 9600EB68-1120-4A87-9FE9-3A4A70ACFC37
    • このルールは、メモリ ダンプが発生したセットアップ/アップグレード プロセス中にバグ チェックが発生したが、実行中のコンピューター上にあるデバッガー パッケージの要件を満たさずに、詳細を判断し、詳細を示します。This rule will determine and give details when a bug check occurs during the setup/upgrade process that resulted in a memory dump, but without the requirement of the debugger package being on the executing machine.
  22. AdvancedInstallerFailed - 77D36C96-32BE-42A2-BB9C-AAFFE64FCADCAdvancedInstallerFailed - 77D36C96-32BE-42A2-BB9C-AAFFE64FCADC
    • セットアップエラーの原因となる致命的な高度なインストーラー操作を検索します。Finds fatal advanced installer operations that cause setup failures.
  23. FindMigApplyUnitFailure - A4232E11-4043-4A37-9BF4-5901C46FD781FindMigApplyUnitFailure - A4232E11-4043-4A37-9BF4-5901C46FD781
    • 更新が失敗した移行ユニットの障害を検出します。Detects a migration unit failure that caused the update to fail. このルールは、移行プラグインの名前と、診断のために生成されたエラー コードを出力します。This rule will output the name of the migration plug-in as well as the error code it produced for diagnostic purposes.
  24. FindMigGatherUnitFailure - D04C064B-CD77-4E64-96D6-D26F30B4EE29FindMigGatherUnitFailure - D04C064B-CD77-4E64-96D6-D26F30B4EE29
    • 更新が失敗した移行収集ユニットの障害を検出します。Detects a migration gather unit failure that caused the update to fail. このルールは、収集ユニット/プラグインの名前と、診断のために生成されたエラー コードを出力します。This rule will output the name of the gather unit/plug-in as well as the error code it produced for diagnostic purposes.
  25. CriticalSafeOSDUFailure - 73566DF2-CA26-4073-B34C-C9BC70DBF043CriticalSafeOSDUFailure - 73566DF2-CA26-4073-B34C-C9BC70DBF043
    • このルールは、重要な動的更新で SafeOS イメージの更新中にエラーが発生したかどうかを示します。This rule indicates a failure occurred while updating the SafeOS image with a critical dynamic update. これは、診断目的で SafeOS イメージを更新しようとして発生したフェーズコードとエラー コードを示します。It will indicate the phase and error code that occurred while attempting to update the SafeOS image for diagnostic purposes.
  26. UserProfileCreationFailureDuringOnlineApply - 678117CE-F6A9-40C5-BC9F-A22575C78B14UserProfileCreationFailureDuringOnlineApply - 678117CE-F6A9-40C5-BC9F-A22575C78B14
    • 更新プログラムのオンライン適用フェーズ中に User Profile の作成または変更中に重大な障害が発生したと示します。Indicates there was a critical failure while creating or modifying a User Profile during the online apply phase of the update. 診断の目的でエラーに関連付けられた操作とエラー コードを示します。It will indicate the operation and error code associated with the failure for diagnostic purposes.
  27. WimMountFailure - BE6DF2F1-19A6-48C6-AEF8-D3B0CE3D4549WimMountFailure - BE6DF2F1-19A6-48C6-AEF8-D3B0CE3D4549
    • このルールは、wim ファイルのマウントに失敗した更新プログラムを示します。This rule indicates the update failed to mount a wim file. wim ファイルの名前と、診断の目的でエラーに関連付けられたエラー メッセージとエラー コードが表示されます。It will show the name of the wim file as well as the error message and error code associated with the failure for diagnostic purposes.
  28. FindSuccessfulUpgrade - 8A0824C8-A56D-4C55-95A0-22751AB62F3EFindSuccessfulUpgrade - 8A0824C8-A56D-4C55-95A0-22751AB62F3E
    • 指定したセットアップが成功したかどうかを判断します。Determines if the given setup was a success or not based off the logs.
  29. FindSetupHostReportedFailure - 6253C04F-2E4E-4F7A-B88E-95A69702F7ECFindSetupHostReportedFailure - 6253C04F-2E4E-4F7A-B88E-95A69702F7EC
    • アップグレード プロセスの早い段階で発生したエラーに関する情報を、setuphost.exeGives information about failures surfaced early in the upgrade process by setuphost.exe
  30. FindDownlevelFailure - 716334B7-F46A-4BAA-94F2-3E31BC9EFA55FindDownlevelFailure - 716334B7-F46A-4BAA-94F2-3E31BC9EFA55
    • SetupPlatform によって、ダウンレベルフェーズの後半に表示されるエラー情報を提供します。Gives failure information surfaced by SetupPlatform, later in the down-level phase.
  31. FindAbruptDownlevelFailure - 55882B1A-DA3E-408A-9076-23B22A0472BDFindAbruptDownlevelFailure - 55882B1A-DA3E-408A-9076-23B22A0472BD
    • システムがダウンレベルで失敗したが、ログが突然終了した場合に、最後の操作エラー情報を提供します。Gives last operation failure information when the system fails in the down-level, but the log just ends abruptly.
  32. FindSetupPlatformFailedOperationInfo - 307A0133-F06B-4B75-AEA8-116C3B53C2D1FindSetupPlatformFailedOperationInfo - 307A0133-F06B-4B75-AEA8-116C3B53C2D1
    • SetupPlatform が重大なエラーを示す場合に、最後のフェーズとエラー情報を提供します。Gives last phase and error information when SetupPlatform indicates a critical failure. このルールは、診断の目的でエラーに関連付けられた操作とエラーを示します。This rule will indicate the operation and error associated with the failure for diagnostic purposes.
  33. FindRollbackFailure - 3A43C9B5-05B3-4F7C-A955-88F991BB5A48FindRollbackFailure - 3A43C9B5-05B3-4F7C-A955-88F991BB5A48
    • ロールバックが発生した場合の最後の操作、失敗フェーズ、エラー情報を提供します。Gives last operation, failure phase and error information when a rollback occurs.
  34. AdvancedInstallerGenericFailure – 4019550D-4CAA-45B0-A222-349C48E86F71AdvancedInstallerGenericFailure – 4019550D-4CAA-45B0-A222-349C48E86F71
    • 一般的な意味での AdvancedInstaller の読み取り/書き込みエラーに一致するルール。A rule to match AdvancedInstaller read/write failures in a generic sense. 呼び出される実行可能ファイルとエラー コードを出力し、報告された終了コードを出力します。Will output the executable being called as well as the error code and exit code reported.
  35. OptionalComponentFailedToGetOCsFromPackage – D012E2A2A2-99D8-4A8C-BBB2-088B92083D78 (注: このルールは、v1.10 に存在する OptionalComponentInstallFailure ルールに置き換えてください。OptionalComponentFailedToGetOCsFromPackage – D012E2A2-99D8-4A8C-BBB2-088B92083D78 (NOTE: This rule replaces the OptionalComponentInstallFailure rule present in v1.10.
    • これは、パッケージ内のコンポーネントを列挙しようとするときに、特定の省略可能なコンポーネントのエラーと一致します。This matches a specific Optional Component failure when attempting to enumerate components in a package. パッケージ名とエラー コードを出力します。Will output the package name and error code.
  36. OptionalComponentOpenPackageFailed – 22952520-EC89-4FBD-94E0-B67DF88347F6OptionalComponentOpenPackageFailed – 22952520-EC89-4FBD-94E0-B67DF88347F6
    • OC パッケージを開く際の特定のオプション コンポーネントのエラーと一致します。Matches a specific Optional Component failure when attempting to open an OC package. パッケージ名とエラー コードを出力します。Will output the package name and error code.
  37. OptionalComponentInitCBSSessionFailed – 63340812-9252-45F3-A0F2-B2A4CA5E9317OptionalComponentInitCBSSessionFailed – 63340812-9252-45F3-A0F2-B2A4CA5E9317
    • 高度なインストーラー サービスまたはコンポーネントがシステム上で動作または開始されていない特定のエラーと一致します。Matches a specific failure where the advanced installer service or components aren’t operating or started on the system. エラー コードを出力します。Will output the error code.
  38. UserProfileCreationFailureDuringFinalize – C6677BA6-2E53-4A88-B528-336D15ED1A64UserProfileCreationFailureDuringFinalize – C6677BA6-2E53-4A88-B528-336D15ED1A64
    • セットアップの最終段階で、特定のユーザー プロファイル作成エラーと一致します。Matches a specific User Profile creation error during the finalize phase of setup. エラー コードを出力します。Will output the failure code.
  39. WimApplyExtractFailure – 746879E9-C9C5-488C-8D4B-0C811FF3A9A8WimApplyExtractFailure – 746879E9-C9C5-488C-8D4B-0C811FF3A9A8
    • セットアップの wim 抽出フェーズ中に wim apply エラーと一致します。Matches a wim apply failure during wim extraction phases of setup. 拡張機能、パス、エラー コードを出力します。Will output the extension, path and error code.
  40. UpdateAgentExpanderFailure – 66E496B3-7D19-47FA-B19B-4040B9FD17E2UpdateAgentExpanderFailure – 66E496B3-7D19-47FA-B19B-4040B9FD17E2
    • WU からの更新のダウンレベル フェーズの DPX エキスパンダーエラーと一致します。Matches DPX expander failures in the down-level phase of update from WU. パッケージ名、関数、式、エラー コードを出力します。Will output the package name, function, expression and error code.
  41. FindFatalPluginFailure – E48E3F1C-26F6-4AFB-859B-BF637DA49636FindFatalPluginFailure – E48E3F1C-26F6-4AFB-859B-BF637DA49636
    • setupplatform がセットアップに致命的と判断したプラグインのエラーと一致します。Matches any plug-in failure that setupplatform decides is fatal to setup. プラグイン名、操作、エラー コードを出力します。Will output the plugin name, operation and error code.
  42. AdvancedInstallerFailed - 77D36C96-32BE-42A2-BB9C-AAFFE64FCADCAdvancedInstallerFailed - 77D36C96-32BE-42A2-BB9C-AAFFE64FCADC
    • インストーラー パッケージの実行中に AdvancedInstaller で重大なエラーが発生した場合、呼び出される .exe、フェーズ、モード、コンポーネント、エラー コードが含まれます。Indicates critical failure in the AdvancedInstaller while running an installer package, includes the .exe being called, the phase, mode, component and error codes.
  43. MigrationAbortedDueToPluginFailure - D07A24F6-5B25-474E-B516-A730085940C9MigrationAbortedDueToPluginFailure - D07A24F6-5B25-474E-B516-A730085940C9
    • セットアップが移行を中止する移行プラグインの重大なエラーを示します。Indicates a critical failure in a migration plugin that causes setup to abort the migration. セットアップ操作、プラグイン名、プラグインアクション、エラー コードを提供します。Will provide the setup operation, plug-in name, plug-in action and error code.
  44. DISMAddPackageFailed - 6196FF5B-E69E-4117-9EC6-9C1EAB20A3B9DISMAddPackageFailed - 6196FF5B-E69E-4117-9EC6-9C1EAB20A3B9
    • DISM パッケージの追加操作中の重大なエラーを示します。Indicates a critical failure during a DISM add package operation. パッケージ名、DISM エラーを指定し、パッケージ エラー コードを追加します。Will specify the Package Name, DISM error and add package error code.
  45. PlugInComplianceBlock - D912150B-1302-4860-91B5-527907D08960PlugInComplianceBlock - D912150B-1302-4860-91B5-527907D08960
    • サーバー コンプライアンス プラグインからすべての compat ブロックを検出します。 ブロック情報と修復を出力します。Detects all compat blocks from Server compliance plug-ins. Outputs the block information and remediation.
  46. AdvancedInstallerGenericFailure - 4019550D-4CAA-45B0-A222-349C48E86F71AdvancedInstallerGenericFailure - 4019550D-4CAA-45B0-A222-349C48E86F71
    • 一般的な意味で高度なインストーラーのエラーをトリガーし、アプリケーションの呼び出し、フェーズ、モード、コンポーネント、エラー コードを出力します。Triggers on advanced installer failures in a generic sense, outputting the application called, phase, mode, component and error code.
  47. FindMigGatherApplyFailure - A9964E6C-A2A8-45FF-B6B5-25E0BD71428EFindMigGatherApplyFailure - A9964E6C-A2A8-45FF-B6B5-25E0BD71428E
    • 収集操作または適用操作で移行エンジンが失敗した場合のエラーを表示します。Shows errors when the migration Engine fails out on a gather or apply operation. 移行オブジェクト (ファイルまたはレジストリ パス) を示します。移行Indicates the Migration Object (file or registry path), the Migration
  48. OptionalComponentFailedToGetOCsFromPackage - D012E2A2-99D8-4A8C-BBB2-088B92083D78OptionalComponentFailedToGetOCsFromPackage - D012E2A2-99D8-4A8C-BBB2-088B92083D78
    • 省略可能なコンポーネント (OC) の移行操作が OC パッケージから省略可能なコンポーネントを列挙できなかったかどうかを示します。Indicates the optional component (OC) migration operation failed to enumerate optional components from an OC Package. パッケージ名とエラー コードを出力します。Outputs the package name and error code.
  49. OptionalComponentOpenPackageFailed - 22952520-EC89-4FBD-94E0-B67DF88347F6OptionalComponentOpenPackageFailed - 22952520-EC89-4FBD-94E0-B67DF88347F6
    • 省略可能なコンポーネントの移行操作で、オプションのコンポーネント Package を開けできなかったかどうかを示します。Indicates the optional component migration operation failed to open an optional component Package. パッケージ名とエラー コードを出力します。Outputs the package name and error code.
  50. OptionalComponentInitCBSSessionFailed - 63340812-9252-45F3-A0F2-B2A4CA5E9317OptionalComponentInitCBSSessionFailed - 63340812-9252-45F3-A0F2-B2A4CA5E9317
    • ダウンレベル システムのサービス スタックの破損を示します。Indicates corruption in the servicing stack on the down-level system. 既存の OS でサービス コンポーネントを初期化しようとしている間に発生したエラー コードを出力します。Outputs the error code encountered while trying to initialize the servicing component on the existing OS.
  51. DISMproviderFailure - D76EF86F-B3F8-433F-9EBF-B4411F8141F4DISMproviderFailure - D76EF86F-B3F8-433F-9EBF-B4411F8141F4
    • 重要な操作で DISM プロバイダー (プラグイン) が失敗するとトリガーされます。Triggers when a DISM provider (plug-in) fails in a critical operation. ファイル (プラグイン名)、+ エラー コードと呼ばれる関数、およびプロバイダーからのエラー メッセージを出力します。Outputs the file (plug-in name), function called + error code, and error message from the provider.
  52. SysPrepLaunchModuleFailure - 7905655C-F295-45F7-8873-81D6F9149BFDSysPrepLaunchModuleFailure - 7905655C-F295-45F7-8873-81D6F9149BFD
    • sysPrep プラグインが重要な操作で失敗したと示します。Indicates a sysPrep plug-in has failed in a critical operation. プラグイン名、操作名、エラー コードを示します。Indicates the plug-in name, operation name and error code.
  53. UserProvidedDriverInjectionFailure - 2247C48A-7EE3-4037-AFAB-95B92DE1D980UserProvidedDriverInjectionFailure - 2247C48A-7EE3-4037-AFAB-95B92DE1D980
    • (コマンド ライン入力を介して) セットアップに提供されたドライバーが何らかの方法で失敗しました。A driver provided to setup (via command line input) has failed in some way. ドライバーインストール機能とエラー コードを出力します。Outputs the driver install function and error code.
  54. PlugInComplianceBlock - D912150B-1302-4860-91B5-527907D08960PlugInComplianceBlock - D912150B-1302-4860-91B5-527907D08960
    • これらは、サーバーのアップグレード専用であり、必要なコンプライアンス ブロックと修復を出力します。These are for server upgrades only, will output the compliance block and remediation required.
  55. PreReleaseWimMountDriverFound - 31EC76CC-27EC-4ADC-9869-66AABEDB56F0PreReleaseWimMountDriverFound - 31EC76CC-27EC-4ADC-9869-66AABEDB56F0
    • 認識されていないドライバーがシステムに登録wimmount.sysエラーをキャプチャします。Captures failures due to having an unrecognized wimmount.sys driver registered on the system.
  56. WinSetupBootFilterFailure - C073BFC8-5810-4E19-B53B-4280B79E096CWinSetupBootFilterFailure - C073BFC8-5810-4E19-B53B-4280B79E096C
    • カーネル モード のファイル操作でエラーを検出します。Detects failures in the kernel mode file operations.
  57. WimMountDriverIssue - 565B60DD-5403-4797-AE3E-BC5CB972FBAEWimMountDriverIssue - 565B60DD-5403-4797-AE3E-BC5CB972FBAE
    • システム上の登録WimMount.sysエラーを検出します。Detects failures in WimMount.sys registration on the system.
  58. DISMImageSessionFailure - 61B7886B-10CD-4C98-A299-B987CB24A11CDISMImageSessionFailure - 61B7886B-10CD-4C98-A299-B987CB24A11C
    • DISM がイメージ セッションを正常に開始できない場合にエラー情報をキャプチャします。Captures failure information when DISM fails to start an image session successfully.
  59. FindEarlyDownlevelError - A4CE4FC9-5E10-4BB1-8ECE-3B29EB9D7C52FindEarlyDownlevelError - A4CE4FC9-5E10-4BB1-8ECE-3B29EB9D7C52
    • セットアップ プラットフォームが呼び出される前に、ダウンレベル フェーズのエラーを検出します。Detects failures in down-level phase before setup platform is invoked.
  60. FindSPFatalError - A4028172-1B09-48F8-AD3B-86CDD7D55852FindSPFatalError - A4028172-1B09-48F8-AD3B-86CDD7D55852
    • セットアップ プラットフォームで致命的なエラーが発生した場合にエラー情報をキャプチャします。Captures failure information when setup platform encounters a fatal error.

リリース ノートRelease notes

2019/08/08 - SetupDiag v1.6.0.42 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、60 のルールでリリースされます。08/08/2019 - SetupDiag v1.6.0.42 is released with 60 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • ログ検出のパフォーマンスが向上しました。Log detection performance is improved. 1 分かかる時間は約 10 秒以下です。What used to take up to a minute should take around 10 seconds or less.
  • 結果ログとレジストリ情報の両方にセットアップ操作とセットアップ フェーズの情報を追加しました。Added Setup Operation and Setup Phase information to both the results log and the registry information.
    • これは、エラーが発生した時点でセットアップが行った最後の操作とフェーズです。This is the last Operation and Phase that Setup was in when the failure occurred.
  • /verbose が指定されている場合に出力ログに詳細なセットアップ操作とセットアップ フェーズの情報 (およびタイミング) を追加しました。Added detailed Setup Operation and Setup Phase information (and timing) to output log when /verbose is specified.
    • 見つかった問題が compat ブロックの場合、セットアップ操作やフェーズ情報はまだ存在しなかっていないため、使用できません。Note, if the issue found is a compat block, no Setup Operation or Phase info exists yet and therefore won’t be available.
  • レジストリ出力に詳細情報を追加しました。Added more info to the Registry output.
    • 利用可能な場合の詳細な 'FailureData' 情報。Detailed ‘FailureData’ info where available. 例: "AppName = MyBlockedApplication" または "DiskSpace = 6603" (MB 単位)Example: “AppName = MyBlockedApplication” or “DiskSpace = 6603” (in MB)
      • 見つかったエラーに固有の "Key = Value" データ。“Key = Value” data specific to the failure found.
    • 'UpgradeStartTime','UpgradeEndTime','UpgradeElapsedTime' を追加しましたAdded ‘UpgradeStartTime’, ‘UpgradeEndTime’ and ‘UpgradeElapsedTime’
    • 'SetupDiagVersion', 'DateTime' (システムで SetupDiag が実行された日時を示す)、'TargetOSVersion'、'HostOSVersion' などの機能が追加されました。Added ‘SetupDiagVersion’, ‘DateTime’ (to indicate when SetupDiag was executed on the system), ‘TargetOSVersion’, ‘HostOSVersion’ and more…

2019/06/19 - SetupDiag v1.5.0.0 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、60 のルールでリリースされます。06/19/2019 - SetupDiag v1.5.0.0 is released with 60 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • すべての日付と時刻の出力は、ユーザー要求ごとにローカライズされた形式に更新されます。All date and time outputs are updated to localized format per user request.
  • /verbose ログにセットアップ操作とフェーズ情報を追加しました。Added setup Operation and Phase information to /verbose log.
  • 最後のセットアップ操作と最後のセットアップ フェーズの情報が、意味のあるほとんどのルールに追加されました (以下の新しい出力を参照)。Added last Setup Operation and last Setup Phase information to most rules where it make sense (see new output below).
  • setupact.logs を検索して、解析する正しいログを判断するパフォーマンスが向上しました。Performance improvement in searching setupact.logs to determine correct log to parse.
  • テキスト レポートに SetupDiag バージョン番号を追加しました (xml と json は常に持っていました)。Added SetupDiag version number to text report (xml and json always had it).
  • ユーザー要求ごとに xml および json の "一致しない" レポートが追加されました。Added "no match" reports for xml and json per user request.
  • 読みやすくするために書式設定された Json 出力。Formatted Json output for easy readability.
  • セットアップ ログを検索する場合のパフォーマンスの向上。これではるかに高速になる必要があります。Performance improvements when searching for setup logs; this should be much faster now.
  • PlugInComplianceBlock、PreReleaseWimMountDriverFound、WinSetupBootFilterFailure、WimMountDriverIssue、DISMImageSessionFailure、FindEarlyDownlevelError、FindSPFatalError の 7 つの新しいルールが追加されました。Added 7 new rules: PlugInComplianceBlock, PreReleaseWimMountDriverFound, WinSetupBootFilterFailure, WimMountDriverIssue, DISMImageSessionFailure, FindEarlyDownlevelError, and FindSPFatalError. 詳細については 、上記 の「ルール」セクションを参照してください。See the Rules section above for more information.
  • 診断情報が HKLM\SYSTEM\Setup\MoSetup\Volatile\SetupDiag のレジストリに出力されるDiagnostic information is now output to the registry at HKLM\SYSTEM\Setup\MoSetup\Volatile\SetupDiag
    • レジストリ出力を切り替える /AddRegコマンドが追加されました。The /AddReg command was added to toggle registry output. この設定は、オフライン モードでは既定でオフ、オンライン モードでは既定でオンになっています。This setting is off by default for offline mode, and on by default for online mode. このコマンドはオンライン モードには影響を与えず、オフライン モードのレジストリ出力を有効にします。The command has no effect for online mode and enables registry output for offline mode.
    • このレジストリ キーは、SetupDiag を 2 回目に実行するとすぐに削除され、現在のデータに置き換えられるので、常に最新の状態になります。This registry key is deleted as soon as SetupDiag is run a second time, and replaced with current data, so it’s always up to date.
    • このレジストリ キーは、新しい更新インスタンスが呼び出されると削除されます。This registry key also gets deleted when a new update instance is invoked.
    • 例については、「サンプル レジストリ キー」を参照してくださいFor an example, see Sample registry key.

2019/05/17 - SetupDiag v1.4.1.0 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、53 のルールでリリースされます。05/17/2019 - SetupDiag v1.4.1.0 is released with 53 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • このリリースでは、リセットと回復の失敗 (プッシュ ボタンのリセット) を検出して診断する機能が dds です。This release dds the ability to find and diagnose reset and recovery failures (Push Button Reset).

2018/12/18 - SetupDiag v1.4.0.0 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、53 のルールでリリースされます。12/18/2018 - SetupDiag v1.4.0.0 is released with 53 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • このリリースでは、ルール処理のパフォーマンスが大幅に向上しました。ルール処理のパフォーマンスが約 3 倍向上しました。This release includes major improvements in rule processing performance: ~3x faster rule processing performance!
    • FindDownlevelFailure ルールは最大 10 倍高速です。The FindDownlevelFailure rule is up to 10x faster.
  • Windows 10 バージョン 1809 へのアップグレードの失敗を分析する新しいルールが追加されました。New rules have been added to analyze failures upgrading to Windows 10 version 1809.
  • ルールの一致がこの種類のエラーを示す場合に、ダウンレベルの OS でサービス スタックの障害を解決するための新しいヘルプ リンクを使用できます。A new help link is available for resolving servicing stack failures on the down-level OS when the rule match indicates this type of failure.
  • /Mode パラメーターを指定する必要が取り除かれました。Removed the need to specify /Mode parameter. /LogsPath を指定すると、自動的にオフライン モードと見なされます。Now if you specify /LogsPath, it automatically assumes offline mode.
  • いくつかのルールに対して機能と出力の改善が行われた。Some functional and output improvements were made for several rules.

2018/07/16 - SetupDiag v1.3.1 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、44 のルールでリリースされます。07/16/2018 - SetupDiag v1.3.1 is released with 44 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • このリリースでは、setupmem.dmp ファイルを生成するが、デバッガー バイナリがインストールされていないコンピューターでオンライン モードで SetupDiag を実行するときに発生する可能性のある問題を修正します。This release fixes a problem that can occur when running SetupDiag in online mode on a computer that produces a setupmem.dmp file, but does not have debugger binaries installed.

2018/07/10 - SetupDiag v1.30 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、44 のルールでリリースされます。07/10/2018 - SetupDiag v1.30 is released with 44 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • 一致し過ぎたプラグイン ルールのバグ修正。Bug fix for an over-matched plug-in rule. このルールは、重要な (セットアップエラー) プラグインの問題にのみ正しく一致するようになりました。The rule will now correctly match only critical (setup failure) plug-in issues.
  • 新機能: JSON および XML 形式でログを出力する機能。New feature: Ability to output logs in JSON and XML format.
    • "/Format:xml" または "/Format:json" コマンド ライン パラメーターを使用して、新しい出力形式を指定します。Use "/Format:xml" or "/Format:json" command line parameters to specify the new output format. この トピックの下部 にあるサンプル ログを参照してください。See sample logs at the bottom of this topic.
    • "/Format:xml" または "/Format:json" パラメーターを省略すると、ログ出力形式は既定でテキストになります。If the “/Format:xml” or “/Format:json” parameter is omitted, the log output format will default to text.
  • 新機能: 可能な場合は、特定のエラーを修復するためにルール出力に特定の指示が提供されます。New Feature: Where possible, specific instructions are now provided in rule output to repair the identified error. たとえば、互換性のないアプリのアンインストールやシステム ドライブの領域の解放など、既知のブロックの問題を修復する手順が提供されています。For example, instructions are provided to remediate known blocking issues such as uninstalling an incompatible app or freeing up space on the system drive.
  • 3 つの新しいルールが追加されました。AdvancedInstallerFailed、MigrationAbortedDueToPluginFailure、DISMAddPackageFailed。3 new rules added: AdvancedInstallerFailed, MigrationAbortedDueToPluginFailure, DISMAddPackageFailed.

05/30/2018 - SetupDiag v1.20 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、41 のルールでリリースされます。05/30/2018 - SetupDiag v1.20 is released with 41 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • オンライン モードでのデバイス インストールエラー検出のバグを修正しました。Fixed a bug in device install failure detection in online mode.
  • setupDiag を setupact.log のインスタンスなしで動作するに変更しました。Changed SetupDiag to work without an instance of setupact.log. 以前は、SetupDiag は少なくとも 1 つの setupact.log を操作する必要があります。Previously, SetupDiag required at least one setupact.log to operate. この変更により、ツールは SetupHost を呼び出す前に発生した更新エラーを分析できます。This change enables the tool to analyze update failures that occur prior to calling SetupHost.
  • テレメトリは、ルール名と GUID (ルールが一致しない場合は "NoRuleMatched") と Setup360 ReportId のみを送信するためにリファクタリングされます。Telemetry is refactored to only send the rule name and GUID (or “NoRuleMatched” if no rule is matched) and the Setup360 ReportId. この変更により、ルールの処理中にデータのプライバシーが確保されます。This change assures data privacy during rule processing.

05/02/2018 - SetupDiag v1.10 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、34 のルールでリリースされます。05/02/2018 - SetupDiag v1.10 is released with 34 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

  • パフォーマンスの強化が追加され、ルール処理が高速化されました。A performance enhancement has been added to result in faster rule processing.
  • ルール出力に、該当する場合はサポート記事へのリンクが含まれる。Rules output now includes links to support articles, if applicable.
  • SetupDiag は、処理中のファイルのパスと名前を提供します。SetupDiag now provides the path and name of files that it is processing.
  • SetupDiag を実行するには、それをクリックして出力ログ ファイルを調べるだけで実行できます。You can now run SetupDiag by simply clicking on it and then examining the output log file.
  • ルールが一致したかどうかに関わり、出力ログ ファイルが常に作成されます。An output log file is now always created, whether or not a rule was matched.

2018/03/30 - SetupDiag v1.00 は、ダウンロード センターから利用できるスタンドアロン ツールとして、26 のルールでリリースされます。03/30/2018 - SetupDiag v1.00 is released with 26 rules, as a standalone tool available from the Download Center.

サンプル ログSample logs

テキスト ログのサンプルText log sample

Matching Profile found: OptionalComponentOpenPackageFailed - 22952520-EC89-4FBD-94E0-B67DF88347F6
System Information:
    Machine Name = Offline
    Manufacturer = MSI
    Model = MS-7998
    HostOSArchitecture = x64
    FirmwareType = PCAT
    BiosReleaseDate = 20160727000000.000000+000
    BiosVendor = BIOS Date: 07/27/16 10:01:46 Ver: V1.70
    BiosVersion = 1.70
    HostOSVersion = 10.0.15063
    HostOSBuildString = 15063.0.amd64fre.rs2_release.170317-1834
    TargetOSBuildString = 10.0.16299.15 (rs3_release.170928-1534)
    HostOSLanguageId = 2057
    HostOSEdition = Core
    RegisteredAV = Windows Defender,
    FilterDrivers = WdFilter,wcifs,WIMMount,luafv,Wof,FileInfo,
    UpgradeStartTime = 3/21/2018 9:47:16 PM
    UpgradeEndTime = 3/21/2018 10:02:40 PM
    UpgradeElapsedTime = 00:15:24
    ReportId = dd4db176-4e3f-4451-aef6-22cf46de8bde

Error: SetupDiag reports Optional Component installation failed to open OC Package. Package Name: Foundation, Error: 0x8007001F
Recommend you check the "Windows Modules Installer" service (Trusted Installer) is started on the system and set to automatic start, reboot and try the update again.  Optionally, you can check the status of optional components on the system (search for Windows Features), uninstall any unneeded optional components, reboot and try the update again.
Error: SetupDiag reports down-level failure, Operation: Finalize, Error: 0x8007001F - 0x50015
Refer to https://docs.microsoft.com/windows/deployment/upgrade/upgrade-error-codes for error information.

XML ログのサンプルXML log sample

<?xml version="1.0" encoding="utf-16"?>
<SetupDiag xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="https://docs.microsoft.com/windows/deployment/upgrade/setupdiag">
  <Version>1.6.0.0</Version>
  <ProfileName>FindSPFatalError</ProfileName>
  <ProfileGuid>A4028172-1B09-48F8-AD3B-86CDD7D55852</ProfileGuid>
  <SystemInfo>
    <MachineName>Offline</MachineName>
    <Manufacturer>Gigabyte Technology Co., Ltd.</Manufacturer>
    <Model>X470 AORUS ULTRA GAMING</Model>
    <HostOSArchitecture>1033</HostOSArchitecture>
    <FirmwareType>UEFI</FirmwareType>
    <BiosReleaseDate>20180808000000.000000+000</BiosReleaseDate>
    <BiosVendor>F3</BiosVendor>
    <BiosVersion />
    <HostOSVersion>10.0.18908</HostOSVersion>
    <HostOSBuildString>18908.1000.amd64fre.rs_prerelease.190524-1658</HostOSBuildString>
    <TargetOSBuildString>10.0.18912.1001 (rs_prerelease.190601-1739)</TargetOSBuildString>
    <HostOSLanguageId />
    <HostOSEdition>Professional</HostOSEdition>
    <RegisteredAV>Windows Defender</RegisteredAV>
    <FilterDrivers />
    <UpgradeStartTime>2019-06-06T21:19:10</UpgradeStartTime>
    <UpgradeElapsedTime />
    <UpgradeEndTime>2019-06-06T22:21:49</UpgradeEndTime>
    <RollbackStartTime>0001-01-01T00:00:00</RollbackStartTime>
    <RollbackEndTime>0001-01-01T00:00:00</RollbackEndTime>
    <RollbackElapsedTime />
    <FinalizeStartTime>0001-01-01T00:00:00</FinalizeStartTime>
    <PostOOBESuccessTime>0001-01-01T00:00:00</PostOOBESuccessTime>
    <TotalOfflineTime />
    <CommercialId>Offline</CommercialId>
    <CV>MgUweCZk90KdwUiZ</CV>
    <SetupReportId>F21F8FB6-00FD-4349-84FB-2AC75F389E73</SetupReportId>
    <ReportId>F21F8FB6-00FD-4349-84FB-2AC75F389E73</ReportId>
  </SystemInfo>
  <LogErrorLine>2019-06-06 21:47:11, Error                 SP     Error converting install time 5/2/2019 to structure[gle=0x00000057]</LogErrorLine>
  <FailureData>
Error: SetupDiag reports Fatal Error.
Last Setup Phase = Downlevel
Last Setup Operation: Gather data, scope: EVERYTHING
Error: 0x00000057</FailureData>
  <FailureData>LogEntry: 2019-06-06 21:47:11, Error                 SP     Error converting install time 5/2/2019 to structure[gle=0x00000057]</FailureData>
  <FailureData>LogEntry: 2019-06-06 21:47:11, Error                 SP     Error converting install time 5/2/2019 to structure[gle=0x00000057]</FailureData>
  <FailureData>
Refer to "https://docs.microsoft.com/windows/desktop/Debug/system-error-codes" for error information.</FailureData>
  <FailureDetails>Err = 0x00000057, LastOperation = Gather data, scope: EVERYTHING, LastPhase = Downlevel</FailureDetails>
</SetupDiag>

JSON ログのサンプルJSON log sample

{
    "Version":"1.6.0.0",
    "ProfileName":"FindSPFatalError",
    "ProfileGuid":"A4028172-1B09-48F8-AD3B-86CDD7D55852",
    "SystemInfo":{
        "BiosReleaseDate":"20180808000000.000000+000",
        "BiosVendor":"F3",
        "BiosVersion":"F3",
        "CV":"MgUweCZk90KdwUiZ",
        "CommercialId":"Offline",
        "FilterDrivers":"",
        "FinalizeStartTime":"\/Date(-62135568000000-0800)\/",
        "FirmwareType":"UEFI",
        "HostOSArchitecture":"x64",
        "HostOSBuildString":"18908.1000.amd64fre.rs_prerelease.190524-1658",
        "HostOSEdition":"Professional",
        "HostOSLanguageId":"",
        "HostOSVersion":"",
        "MachineName":"Offline",
        "Manufacturer":"Gigabyte Technology Co., Ltd.",
        "Model":"X470 AORUS ULTRA GAMING",
        "PostOOBESuccessTime":"\/Date(-62135568000000-0800)\/",
        "RegisteredAV":"Windows Defender",
        "ReportId":"F21F8FB6-00FD-4349-84FB-2AC75F389E73",
        "RollbackElapsedTime":"PT0S",
        "RollbackEndTime":"\/Date(-62135568000000-0800)\/",
        "RollbackStartTime":"\/Date(-62135568000000-0800)\/",
        "SetupReportId":"F21F8FB6-00FD-4349-84FB-2AC75F389E73",
        "TargetOSArchitecture":null,
        "TargetOSBuildString":"10.0.18912.1001 (rs_prerelease.190601-1739)",
        "TotalOfflineTime":"PT0S",
        "UpgradeElapsedTime":"PT1H2M39S",
        "UpgradeEndTime":"\/Date(1559884909000-0700)\/",
        "UpgradeStartTime":"\/Date(1559881150000-0700)\/"
    },
    "LogErrorLine":"2019-06-06 21:47:11, Error                 SP     Error converting install time 5\/2\/2019 to structure[
        gle=0x00000057
    ]",
    "FailureData":[
        "\u000aError: SetupDiag reports Fatal Error.\u000aLast Setup Phase = Downlevel\u000aLast Setup Operation: Gather data, scope: EVERYTHING\u000aError: 0x00000057",
        "LogEntry: 2019-06-06 21:47:11, Error                 SP     Error converting install time 5\/2\/2019 to structure[
            gle=0x00000057
        ]",
        "LogEntry: 2019-06-06 21:47:11, Error                 SP     Error converting install time 5\/2\/2019 to structure[
            gle=0x00000057
        ]",
        "\u000aRefer to \"https:\/\/docs.microsoft.com\/en-us\/windows\/desktop\/Debug\/system-error-codes\" for error information."
    ],
    "FailureDetails":"Err = 0x00000057, LastOperation = Gather data, scope: EVERYTHING, LastPhase = Downlevel",
    "DeviceDriverInfo":null,
    "Remediation":[
        
    ],
    "SetupPhaseInfo":null,
    "SetupOperationInfo":null
}

レジストリ キーのサンプルSample registry key

Addreg の例

Windows 10 アップグレード エラーの解決: IT Pros の技術情報Resolve Windows 10 upgrade errors: Technical information for IT Pros