プロキシ ライセンス認証の実行Perform Proxy Activation

ボリュームライセンス認証管理ツール (VAMT) を使用して、インターネットに接続していないクライアントコンピューターのライセンス認証を行うことができます。You can use the Volume Activation Management Tool (VAMT) to perform activation for client computers that do not have Internet access. クライアント製品は、プロキシライセンス認証の対象となる任意の種類のプロダクトキー (複数ライセンス認証キー (MAK)、KMS ホストキー (CSVLK)、または小売キー) を使ってインストールできます。The client products can be installed with any type of product key that is eligible for proxy activation: Multiple activation Key (MAK), KMS Host key (CSVLK), or retail key.

一般的なプロキシ認証のシナリオでは、VAMT host コンピューターは、1つ以上のクライアントコンピューターに MAK を配布し、各コンピューターからインストール ID (IID) を収集します。In a typical proxy-activation scenario, the VAMT host computer distributes a MAK to one or more client computers and collects the installation ID (IID) from each computer. VAMT host コンピューターは、クライアントコンピューターの代わりに IIDs を Microsoft に送信し、対応する確認 Id (CIDs) を取得します。The VAMT host computer sends the IIDs to Microsoft on behalf of the client computers and obtains the corresponding Confirmation IDs (CIDs). 次に、VAMT ホストコンピューターは、ライセンス認証を完了するためにクライアントコンピューターに CIDs をインストールします。The VAMT host computer then installs the CIDs on the client computer to complete the activation. このライセンス認証方法を使用すると、VAMT のホストコンピューターだけがインターネットにアクセスできます。Using this activation method, only the VAMT host computer needs Internet access.

大規模なネットワークから完全に分離されているワークグループでは、MAK、KMS ホストキー (CSVLK)、または小売プロキシのアクティブ化を引き続き実行できます。Note For workgroups that are completely isolated from any larger network, you can still perform MAK, KMS Host key (CSVLK), or retail proxy activation. そのためには、分離されたグループ内のコンピューターに VAMT の2つ目のインスタンスをインストールし、リムーバブルメディアを使用して、そのコンピューターとインターネットアクセスがある別の VAMT ホストコンピューター間でライセンス認証データを転送する必要があります。This requires installing a second instance of VAMT on a computer within the isolated group and using removable media to transfer activation data between that computer and another VAMT host computer that has Internet access. このシナリオの詳細については、「シナリオ 2: プロキシのアクティブ化」を参照してください。For more information about this scenario, see Scenario 2: Proxy Activation. 同様に、分離されたネットワーク内にある KMS ホストキー (CSVLK) をプロキシ化することもできます。Similarly, you can proxy activate a KMS Host key (CSVLK) located in an isolated network. また、KMS ホストコンピューターがインターネット経由で Microsoft に接続しないようにする場合は、コアネットワークの KMS ホストキー (CSVLK) をプロキシ化することもできます。You can also proxy activate a KMS Host key (CSVLK) in the core network if you do not want the KMS host computer to connect to Microsoft over the Internet. 

要件Requirements

プロキシのアクティブ化を実行する前に、ネットワークと VAMT のインストールが次の要件を満たしていることを確認してください。Before performing proxy activation, ensure that your network and the VAMT installation meet the following requirements:

  • インターネットに接続されているコンピューターにインストールされている VAMT のインスタンスがあります。There is an instance of VAMT that is installed on a computer that has Internet access. 分離ワークグループに対してプロキシのアクティブ化を実行している場合は、ワークグループ内のいずれかのコンピューターに VAMT をインストールする必要もあります。If you are performing proxy activation for an isolated workgroup, you also need to have VAMT installed on one of the computers in the workgroup.
  • ライセンス認証される製品は VAMT に追加され、小売のプロダクトキー、KMS ホストキー (CSVLK)、または MAK と共にインストールされます。The products to be activated have been added to VAMT and are installed with a retail product key, a KMS Host key (CSVLK) or a MAK. 適切なプロダクトキーを使用して製品がインストールされていない場合は、プロダクトキーをインストールする手順については、「プロダクトキーを追加および削除する」の手順を参照してください。If the products have not been installed with a proper product key, refer to the steps in the Add and Remove a Product Key section for instructions on how to install a product key.
  • VAMT は、すべての製品に対して管理権限を持ち、windows ファイアウォールを介して Windows Management Instrumentation (WMI) にアクセスできます。VAMT has administrative permissions on all products to be activated and Windows Management Instrumentation (WMI) is accessible through the Windows firewall.
  • ワークグループコンピューターの場合、ユーザーアカウント制御 (UAC) でリモート管理操作を有効にするには、レジストリキーを作成する必要があります。For workgroup computers, a registry key must be created to enable remote administrative actions under User Account Control (UAC). 詳細については、「クライアントコンピューターを構成する」を参照してください。For more information, see Configure Client Computers. クライアント製品にインストールされているプロダクトキーには、残っているライセンス認証の数が十分である必要があります。The product keys that are installed on the client products must have a sufficient number of remaining activations. MAK キーをアクティブ化する場合は、中央のウィンドウの [プロダクトキー] の一覧で [MAK] を選んでから、右側のウィンドウで [プロダクトキーのデータをオンラインで更新する] をクリックすると、そのキーの残りのライセンス認証回数を取得できます。If you are activating a MAK key, you can retrieve the remaining number of activations for that key by selecting the MAK in the product key list in the center pane and then clicking Refresh product key data online in the right-side pane. これにより、MAK の残りのライセンス認証数が Microsoft から取得されます。This retrieves the number of remaining activations for the MAK from Microsoft. この手順を実行するには、インターネットにアクセスする必要があります。また、残りのアクティブ化カウントは MAKs でのみ取得できることに注意してください。Note that this step requires Internet access and that the remaining activation count can only be retrieved for MAKs.

プロキシのアクティブ化を実行するにはTo Perform Proxy Activation

プロキシのアクティブ化を実行するにはTo perform proxy activation

  1. VAMT を開きます。Open VAMT.

  2. 必要に応じて、プロダクトキーをインストールします。If necessary, install product keys. 詳しくは、次のトピックをご覧ください。For more information see:

  3. 中央のウィンドウの [製品] リストで、ライセンス認証する個々の製品を選択します。In the Products list in the center pane, select the individual products to be activated. Filter関数を使用すると、右側のウィンドウで [フィルター ] をクリックして [製品のフィルター ] ダイアログボックスを開くことで、製品の検索を絞り込むことができます。You can use the Filter function to narrow your search for products by clicking Filter in the right-side pane to open the Filter Products dialog box.

  4. [Filter Products] ダイアログ ボックスで、コンピューター名、製品名、プロダクト キーの種類、ライセンスの状態、またはこれらのオプションの任意の組み合わせを使って一覧をフィルター処理することができます。In the Filter Products dialog box, you can filter the list by computer name, product name, product key type, license status, or by any combination of these options.

    • コンピューター名を使って一覧をフィルター処理するには、[Computer Name] ボックスに名前を入力します。To filter the list by computer name, enter a name in the Computer Name box.
    • 製品名、プロダクト キーの種類、またはライセンスの状態を使って一覧をフィルター処理するには、フィルター処理に使う一覧をクリックし、オプションを選びます。To filter the list by Product Name, Product Key Type, or License Status, click the list you want to use for the filter and select an option. 必要な場合は、[clear all filters] をクリックし、新しいフィルターを作成します。If necessary, click clear all filters to create a new filter.
  5. [Filter] をクリックします。Click Filter. VAMT の中央のウィンドウに、フィルター処理された一覧が表示されます。VAMT displays the filtered list in the center pane.

  6. 右側のウィンドウで、[アクティブ化] をクリックし、[プロキシライセンス認証] をクリックして [プロキシライセンス認証] ダイアログボックスを開きます。In the right-side pane, click Activate and then click Proxy activate to open the Proxy Activate dialog box.

  7. [プロキシライセンス認証] ダイアログボックスで 、[確認 ID の適用] をクリックし、選択したコンピューターに適用してライセンス認証を行います。In the Proxy Activate dialog box click Apply Confirmation ID, apply to selected machine(s) and activate.

  8. 現在使用しているものとは異なる管理者資格情報を必要とする製品をライセンス認証する場合は、[別の資格情報を使用する] チェックボックスをオンにします。If you are activating products that require administrator credentials different from the ones you are currently using, select the Use Alternate Credentials checkbox.

  9. [OK] をクリックします。Click OK.

  10. VAMT は、要求された操作を完了するまで、[製品のライセンス認証] ダイアログボックスを表示します。VAMT displays the Activating products dialog box until it completes the requested action. [代替資格情報] オプションを選んだ場合は、資格情報を入力するように求められます。If you selected the Alternate Credentials option, you will be prompted to enter the credentials.

    プロキシのアクティブ化を使用して、異なるキーの種類を持つ製品を選択し、同時に製品をアクティブ化することができます。Note You can use proxy activation to select products that have different key types and activate the products at the same time.