Windows 10 サブスクリプションのライセンス認証Windows 10 Subscription Activation

Windows 10 Pro 以降、バージョン1703の Windows 10 Pro では、windows 10 pro から windows 10 Enterprise へのサブスクリプションが windows 10 enterprise E3 または E5 に登録されている場合に、ユーザーが windows 10 Pro からwindows 10 enterpriseに "ステップアップ" する機能を自動的にサポートします。Starting with Windows 10, version 1703 Windows 10 Pro supports the Subscription Activation feature, enabling users to “step-up” from Windows 10 Pro to Windows 10 Enterprise automatically if they are subscribed to Windows 10 Enterprise E3 or E5.

Windows 10 バージョン1903では、サブスクリプションのアクティブ化機能は、教育機関向けの windows 10 Pro エデュケーションから Enterprise 学年へのステップアップをサポートしています。 windows 10 エデュケーションでもサポートされています。With Windows 10, version 1903 the Subscription Activation feature also supports the ability to step-up from Windows 10 Pro Education to the Enterprise grade edition for educational institutions – Windows 10 Education.

サブスクリプションのアクティブ化機能により、Windows 10 Enterprise または教育機関向けのイメージを各ターゲットデバイスに手動で展開する必要がなくなります。その後、KMS または MAK ベースのライセンス認証、GVLKs の入力、クライアントデバイスの再起動などのオンプレミスのキー管理サービスをインストールする必要があります。The Subscription Activation feature eliminates the need to manually deploy Windows 10 Enterprise or Education images on each target device, then later standing up on-prem key management services such as KMS or MAK based activation, entering GVLKs, and subsequently rebooting client devices.

Windows 10 Enterprise のサブスクリプションのライセンス認証Subscription Activation for Windows 10 Enterprise

Windows 10 バージョン1703では、Windows 10 Enterprise E3 と Windows 10 Enterprise E5 の両方が、サブスクリプション経由でオンラインサービスとして提供されています。With Windows 10, version 1703 both Windows 10 Enterprise E3 and Windows 10 Enterprise E5 are available as online services via subscription. これにより、キーの使用や再起動を行わなくても、組織内で Windows 10 Enterprise の展開を実行することができます。Deploying Windows 10 Enterprise in your organization can now be accomplished with no keys and no reboots.

Windows 10 バージョン1703以降を実行している場合は、次の操作を行います。If you are running Windows 10, version 1703 or later:

  • 最新の Windows 10 Pro のライセンスを持つデバイスは、Windows 10 Enterprise にシームレスにアップグレードできます。Devices with a current Windows 10 Pro license can be seamlessly upgraded to Windows 10 Enterprise.
  • プロダクト キーに基づく Windows 10 Enterprise のソフトウェア ライセンスは、Windows 10 Enterprise サブスクリプションに移行できます。Product key-based Windows 10 Enterprise software licenses can be transitioned to Windows 10 Enterprise subscriptions.

また、エンタープライズ契約を締結している組織は、従来の Active Directory に参加しているデバイスを使用して、新しいサービスからのメリットを受けることもできます。Organizations that have an Enterprise agreement can also benefit from the new service, using traditional Active Directory-joined devices. このシナリオでは、自分のデバイスでサインインする Active Directory ユーザーを、Azure AD Connect 同期を使用して、Azure AD と同期する必要があります。In this scenario, the Active Directory user that signs in on their device must be synchronized with Azure AD using Azure AD Connect Sync.

Windows 10 の教育機関向けサブスクリプションのライセンス認証Subscription Activation for Windows 10 Education

教育機関向けのサブスクリプションのライセンス認証は、エンタープライズバージョンと同じように動作しますが、教育機関向けのサブスクリプションのライセンス認証を使用するには、Windows 10 Pro エデュケーション、バージョン1903以降を実行しているデバイスと、Windows 10 Enterprise ライセンスを持つ有効なサブスクリプションプランを持っている必要があります。Subscription Activation for Education works the same as the Enterprise version, but in order to use Subscription Activation for Education, you must have a device running Windows 10 Pro Education, version 1903 or later and an active subscription plan with a Windows 10 Enterprise license. 詳細については、「要件」セクションを参照してください。For more information, see the requirements section.

この記事の内容In this article

Windows 10 Enterprise ライセンスの展開方法については、「Windows 10 Enterprise ライセンスの展開」をご覧ください。For information on how to deploy Windows 10 Enterprise licenses, see Deploy Windows 10 Enterprise licenses.

継承されたアクティブ化Inherited Activation

継承されたアクティブ化は、windows 10 のバージョン1803で利用可能な新機能であり、windows 10 仮想マシンは windows 10 のホストからアクティブ化の状態を継承できます。Inherited Activation is a new feature available in Windows 10, version 1803 that allows Windows 10 virtual machines to inherit activation state from their Windows 10 host.

Windows 10 である E3/E5 または A3/A5 ライセンスが割り当てられたユーザーが、Windows 10 のローカルホストを使って新しい Windows 10 仮想マシン (VM) を作成すると、ユーザーがローカルアカウントでサインインしているか、VM で Azure Active Directory (AAD) アカウントを使用しているかに関係なく、ホストコンピューターからアクティブ化の状態がWhen a user with Windows 10 E3/E5 or A3/A5 license assigned creates a new Windows 10 virtual machine (VM) using a Windows 10 local host, the VM inherits the activation state from a host machine independent of whether user signs on with a local account or using an Azure Active Directory (AAD) account on a VM.

継承されたアクティブ化をサポートするには、ホストコンピューターと VM の両方が Windows 10 バージョン1803以降を実行している必要があります。To support Inherited Activation, both the host computer and the VM must be running Windows 10, version 1803 or later.

展開方法の進化The evolution of deployment

注意

このセクションの元のバージョンについては、「Changing between Windows SKUs」 (Windows SKU 間での切り替え) をご覧ください。The original version of this section can be found at Changing between Windows SKUs.

次の図は、リリースごとに Windows 10 の展開方法がどのように進化したかを示しています。The following figure illustrates how deploying Windows 10 has evolved with each release. このリリースでの展開方法は自動です。With this release, deployment is automatic.

Windows 10 の展開方法がどのように進化したかを示す図

  • Windows 7 では、Windows 7 Professional から Windows 10 Enterprise に変更する必要がある場合、フル ワイプ アンド ロード プロセスを使用してオペレーティング システムを再展開する必要がありました。Windows 7 required you to redeploy the operating system using a full wipe-and-load process if you wanted to change from Windows 7 Professional to Windows 10 Enterprise.
  • Windows 8.1 では、Windows 8.1 Pro から Windows 8.1 Enterprise へのインプレース アップグレード (OS のバージョンがアップグレードの前後で同じであるため、"修復アップグレード" と見なされる) のサポートが追加されました。Windows 8.1 added support for a Windows 8.1 Pro to Windows 8.1 Enterprise in-place upgrade (considered a “repair upgrade” because the OS version was the same before and after).これは、ワイプ アンド ロードよりずっと簡単でしたが、それでも時間がかかるプロセスでした。 This was a lot easier than wipe-and-load, but it was still time-consuming.
  • Windows 10 バージョン1507では、プロビジョニングパッケージを使用して新しいプロダクトキーをインストールしたり、MDM を使って SKU を変更したりする機能が追加されました。Windows 10, version 1507 added the ability to install a new product key using a provisioning package or using MDM to change the SKU.この方法では新しい OS コンポーネントをインストールするために再起動が必要であり、完了するまでに数分にかかりました。 This required a reboot, which would install the new OS components, and took several minutes to complete. それでも、インプレース アップグレードよりもずっと速くなりました。However, it was a lot quicker than in-place upgrade.
  • Windows 10 バージョン1607では、 大きな leap が行われました。Windows 10, version 1607 made a big leap forward. プロダクト キーを変更するだけで、SKU が直ちに Windows 10 Pro から Windows 10 Enterprise に変更されるようになりました。Now you can just change the product key and the SKU instantly changes from Windows 10 Pro to Windows 10 Enterprise.プロビジョニング パッケージと MDM に加えて、SLMGR.VBS (キーを WMI に挿入する) を使用してキーを追加できるため、コマンド ラインによる実行も簡単になりました。 In addition to provisioning packages and MDM, you can just inject a key using SLMGR.VBS (which injects the key into WMI), so it became trivial to do this using a command line.
  • Windows 10 バージョン1703では、 Windows 10 Pro の Windows 10 Pro から Windows 10 enterprise に対して、CSP プログラムを介して、windows 10 enterprise E3 または E5 に登録されているユーザーに対して、この "ステップアップ" を自動的に実行しました。Windows 10, version 1703 made this “step-up” from Windows 10 Pro to Windows 10 Enterprise automatic for those that subscribed to Windows 10 Enterprise E3 or E5 via the CSP program.
  • Windows 10 バージョン1709では、Windows 10 サブスクリプションのライセンス認証のサポートが追加されますが、CSP サポートとよく似ていますが、大企業の場合は、Azure AD を使用してユーザーにライセンスを割り当てることができます。Windows 10, version 1709 adds support for Windows 10 Subscription Activation, very similar to the CSP support but for large enterprises, enabling the use of Azure AD for assigning licenses to users. これらのユーザーが AD または Azure AD に参加しているコンピューターにサインインすると、そのコンピューターが自動的に Windows 10 Pro から Windows 10 Enterprise にステップアップします。When those users sign in on an AD or Azure AD-joined machine, it automatically steps up from Windows 10 Pro to Windows 10 Enterprise.
  • Windows 10 バージョン1803では、 Windows 10 サブスクリプションのライセンス認証が更新され、ファームウェアの埋め込みキーをサポートするデバイスのファームウェアから直接ライセンス認証キーを取得できるようになります。Windows 10, version 1803 updates Windows 10 Subscription Activation to enable pulling activation keys directly from firmware for devices that support firmware-embedded keys. エンタープライズを有効にする前に、Windows 10 Pro のライセンス認証手順を実行するためにスクリプトを実行する必要はありません。It is no longer necessary to run a script to perform the activation step on Windows 10 Pro prior to activating Enterprise. Windows 10 を実行している仮想マシンとホストの場合、バージョン1803でのアクティブ化も有効になります。For virtual machines and hosts running Windows 10, version 1803 Inherited Activation is also enabled.
  • Windows 10バージョン1903では、 windows 10 のサブスクリプションのライセンス認証を更新して、Windows 10 Pro エデュケーションから Windows 10 エデュケーションへのステップアップを有効にして、windows 10 または Microsoft 365 サブスクリプションを対象としています。Windows 10, version 1903 updates Windows 10 Subscription Activation to enable step up from Windows 10 Pro Education to Windows 10 Education for those with a qualifying Windows 10 or Microsoft 365 subscription.

要件Requirements

Windows 10 Enterprise の要件Windows 10 Enterprise requirements

注意

次の要件は、Azure での Windows 10 の一般的なライセンス認証には適用されません。The following requirements do not apply to general Windows 10 activation on Azure. Azure のライセンス認証を行うには、Azure KMS に接続する必要があります。ワークグループ、ハイブリッド、Azure AD に参加している Vm はサポートされています。Azure activation requires a connection to Azure KMS only, and supports workgroup, Hybrid, and Azure AD-joined VMs. ほとんどのシナリオでは、Azure Vm のアクティブ化が自動的に行われます。In most scenarios, activation of Azure VMs happens automatically. 詳細については、「 Azure 仮想マシンの Windows 製品のライセンス認証に関する AZURE KMS エンドポイントについて」を参照してください。For more information, see Understanding Azure KMS endpoints for Windows product activation of Azure Virtual Machines.

エンタープライズ契約 (EA) またはマイクロソフト製品/サービス契約 (MPSA) を締結しているお客様については、以下の要件が適用されます。For Microsoft customers with Enterprise Agreements (EA) or Microsoft Products & Services Agreements (MPSA), you must have the following:

  • アップグレード対象のデバイスに Windows 10 (Pro または Enterprise) バージョン1703以降がインストールされている。Windows 10 (Pro or Enterprise) version 1703 or later installed on the devices to be upgraded.
  • ID 管理用に Azure Active Directory (Azure AD) を使用できること。Azure Active Directory (Azure AD) available for identity management.
  • デバイスは、Azure AD に参加しているか、ハイブリッド Azure AD に参加している必要があります。Devices must be Azure AD-joined or Hybrid Azure AD joined. ワークグループに参加しているか Azure AD が登録されているデバイスはサポートされません。Workgroup-joined or Azure AD registered devices are not supported.

EA または MPSA を持っていない Microsoft のお客様の場合、Windows 10 Enterprise E3/E5 または A3/A5 をクラウドソリューションプロバイダー (CSP) で入手できます。For Microsoft customers that do not have EA or MPSA, you can obtain Windows 10 Enterprise E3/E5 or A3/A5 through a cloud solution provider (CSP). ID 管理やデバイスに関する要件は、CSP を使用してライセンスを管理する場合と同じですが、CSP を利用することで Windows 10 Enterprise E3 も Windows 10 バージョン 1607 を実行しているデバイスで利用できる点は異なります。Identity management and device requirements are the same when you use CSP to manage licenses, with the exception that Windows 10 Enterprise E3 is also available through CSP to devices running Windows 10, version 1607. CSP を使用して Windows 10 Enterprise E3 を取得する方法については、「Windows 10 Enterprise E3 in CSP」をご覧ください。For more information about obtaining Windows 10 Enterprise E3 through your CSP, see Windows 10 Enterprise E3 in CSP.

デバイスで Windows 7 または Windows 8.1 を実行している場合は、「New Windows 10 upgrade benefits for Windows Cloud Subscriptions in CSP」(Windows 10 のアップグレードによって提供される、CSP の Windows クラウド サブスクリプションに関する新しいメリット) をご覧ください。If devices are running Windows 7 or Windows 8.1, see New Windows 10 upgrade benefits for Windows Cloud Subscriptions in CSP

多要素認証Multi-factor authentication

多要素認証(MFA) を有効にしたハイブリッド Azure AD に参加しているデバイスで問題が検出されました。An issue has been identified with Hybrid Azure AD joined devices that have enabled multi-factor authentication (MFA). ユーザーが Active Directory アカウントを使用してデバイスにサインインし、MFA が有効になっている場合、デバイスは Windows Enterprise サブスクリプションに正常にアップグレードされません。If a user signs into a device using their Active Directory account and MFA is enabled, the device will not successfully upgrade to their Windows Enterprise subscription.

この問題を解決するには、次の操作を行います。To resolve this issue:

デバイスで Windows 10、バージョン1703、1709、または1803を実行している場合、ユーザーは Azure AD アカウントでサインインするか、30日間のポーリング期間中にこのユーザーの MFA を無効にする必要があります。If the device is running Windows 10, version 1703, 1709, or 1803, the user must either sign in with an Azure AD account, or you must disable MFA for this user during the 30-day polling period and renewal.

デバイスが Windows 10 バージョン1809以降を実行している場合は、次の操作を行います。If the device is running Windows 10, version 1809 or later:

  1. Windows 10 バージョン1809では、 KB4497934を使用して更新する必要があります。Windows 10, version 1809 must be updated with KB4497934. 次のバージョンの Windows 10 では、この修正プログラムが自動的に追加されています。Later versions of Windows 10 automatically include this patch.

  2. ユーザーが MFA を有効にしたハイブリッド Azure AD に参加しているデバイスでサインインすると、問題があることが通知されます。When the user signs in on a Hybrid Azure AD joined device with MFA enabled, a notification will indicate that there is a problem. 通知をクリックし、[今すぐ修正] をクリックして、サブスクリプションのアクティブ化プロセスの手順を実行します。Click the notification and then click Fix now to step through the subscription activation process. 次の例を参照してください。See the example below:

    MFA1 でのサブスクリプションのライセンス認証
    MFA2 でのサブスクリプションのライセンス認証
    MFA2 でのサブスクリプションのライセンス認証

Windows 10 の教育要件Windows 10 Education requirements

  1. アップグレード対象のデバイスに Windows 10 Pro エデュケーション、バージョン1903以降がインストールされている。Windows 10 Pro Education, version 1903 or later installed on the devices to be upgraded.
  2. Windows 10 Pro エデュケーションデジタルライセンスを持つデバイス。A device with a Windows 10 Pro Education digital license. [設定] でこの情報を確認することができます。セキュリティ > ライセンス認証 & 更新 > ます。You can confirm this information in Settings > Update & Security > Activation.
  3. 教育機関向けのテナントでは、Windows 10 Enterprise ライセンスまたは Windows 10 Enterprise または教育機関向けサブスクリプションを使用して、Microsoft 365 へのアクティブなサブスクリプションを持っている必要があります。The Education tenant must have an active subscription to Microsoft 365 with a Windows 10 Enterprise license or a Windows 10 Enterprise or Education subscription.
  4. デバイスは、Azure AD に参加しているか、ハイブリッド Azure AD に参加している必要があります。Devices must be Azure AD-joined or Hybrid Azure AD joined. ワークグループに参加しているか Azure AD が登録されているデバイスはサポートされません。Workgroup-joined or Azure AD registered devices are not supported.

重要

Windows 10 Pro が教育機関向けストアで利用可能な特典を使用して Windows 10 Pro の教育機関に変換された場合は、この機能は使用できません。If Windows 10 Pro is converted to Windows 10 Pro Education by using benefits available in Store for Education, then the feature will not work. Windows 10 Pro エデュケーションエディションを使用して、デバイスのイメージを再作成する必要があります。You will need to re-image the device by using a Windows 10 Pro Education edition.

メリットBenefits

Windows 10 Enterprise または Windows 10 の教育機関向けの企業および機関は、エンタープライズレベルのセキュリティと管理によってメリットを得ることができます。With Windows 10 Enterprise or Windows 10 Education, businesses and institutions can benefit from enterprise-level security and control. 以前は、Microsoft ボリュームライセンス契約を持っている組織のみが Windows 10 の教育機関向けまたは Windows 10 Enterprise をユーザーに展開することができました。Previously, only organizations with a Microsoft Volume Licensing Agreement could deploy Windows 10 Education or Windows 10 Enterprise to their users. Windows 10 Enterprise E3、A3、および E5 または A5 を実際のオンラインサービスとして利用できるようになったため、すべての組織がエンタープライズグレードの Windows 10 機能を活用できるようになりました。Now, with Windows 10 Enterprise E3 or A3 and E5 or A5 being available as a true online service, it is available in select channels thus allowing all organizations to take advantage of enterprise-grade Windows 10 features. Windows 10 の各エディションの比較、および価格の確認については、以下をご覧ください。To compare Windows 10 editions and review pricing, see the following:

オンライン サービスとしての Windows に移行することで、次のようなメリットを得ることができます。You can benefit by moving to Windows as an online service in the following ways:

  1. Windows 10 Enterprise および教育機関向けのライセンスは、Azure Active Directory (Azure AD) の資格情報に基づいてチェックされます。そのため、ビジネスでは、組織内のエンドユーザーやグループにライセンスを割り当てるための体系的な手段となります。Licenses for Windows 10 Enterprise and Education are checked based on Azure Active Directory (Azure AD) credentials, so now businesses have a systematic way to assign licenses to end users and groups in their organization.
  2. ユーザーのログオンによって、エディションのサイレント アップグレードがトリガーされます。再起動は必要ありません。User logon triggers a silent edition upgrade, with no reboot required
  3. モバイル ワーカー/BYOD のライセンス認証のサポート。オンプレミスの KMS キーや MAK キーを使用しない移行が可能になります。Support for mobile worker/BYOD activation; transition away from on-prem KMS and MAK keys.
  4. 接続クライアントの割り当てによるコンプライアンス サポート。Compliance support via seat assignment.
  5. ライセンスは、さまざまなユーザーに動的に更新することができ、ニーズの変化に応じてライセンスの投資を最適化することができます。Licenses can be updated to different users dynamically, enabling you to optimize your licensing investment against changing needs.

動作のしくみHow it works

デバイスは、[設定] から [職場または学校へのアクセス] > の > アカウントに参加します。The device is AAD joined from Settings > Accounts > Access work or school.

IT 管理者は、Windows 10 Enterprise をユーザーに割り当てます。The IT administrator assigns Windows 10 Enterprise to a user. 次の図を参照してください。See the following figure.

Windows 10 Enterprise

ライセンスを取得したユーザーが、Azure AD の資格情報を使用して要件を満たすデバイスにサインインすると、オペレーティングシステムは Windows 10 Pro から Windows 10 Enterprise (または Windows 10 Pro 教育まで) まで、適切な Windows 10 Enterprise/エデュケーション機能のロックが解除されます。When a licensed user signs in to a device that meets requirements using their Azure AD credentials, the operating system steps up from Windows 10 Pro to Windows 10 Enterprise (or Windows 10 Pro Education to Windows 10 Education) and all the appropriate Windows 10 Enterprise/Education features are unlocked. ユーザーのサブスクリプションの有効期限が切れた場合、または別のユーザーに転送された場合、現在のサブスクリプションの有効期限が切れると、デバイスは Windows 10 Pro/Windows 10 Pro エデュケーションエディションにシームレスに戻ります。When a user’s subscription expires or is transferred to another user, the device reverts seamlessly to Windows 10 Pro / Windows 10 Pro Education edition, once current subscription validity expires.

Windows 10 Pro、バージョン1703、または Windows 10 Pro エデュケーション、バージョン1903以降を実行しているデバイスでは、ライセンスによってカバーされる各ユーザーに対して、最大5台のデバイスで Windows 10 Enterprise または教育機関向けの半期チャネルを取得できます。Devices running Windows 10 Pro, version 1703 or Windows 10 Pro Education, version 1903 or later can get Windows 10 Enterprise or Education Semi-Annual Channel on up to five devices for each user covered by the license. このメリットには、長期サービス チャネルは含まれていません。This benefit does not include Long Term Servicing Channel.

次の図は、サブスクリプションのアクティブ化モデルがどのように動作するかをまとめたものです。The following figures summarize how the Subscription Activation model works:

Windows 10 バージョン1903の場合:Before Windows 10, version 1903:
1703

Windows 10 バージョン1903の場合は、次の操作を行います。After Windows 10, version 1903:
1903

注意

  • Windows 10 Pro エデュケーションデバイスは、M365 管理センター (2019 年5月) に "Windows 10 Enterprise" ライセンスが割り当てられている場合にのみ、Windows 10 の教育機関向けにご利用いただけます。A Windows 10 Pro Education device will only step up to Windows 10 Education edition when “Windows 10 Enterprise” license is assigned from M365 Admin center (as of May 2019).

  • Windows 10 Pro デバイスは、"Windows 10 Enterprise" ライセンスが M365 管理センターから割り当てられている場合にのみ、Windows 10 Enterprise edition の手順を実行します (2019 年5月の場合)。A Windows 10 Pro device will only step up to Windows 10 Enterprise edition when “Windows 10 Enterprise” license is assigned from M365 Admin center (as of May 2019).

シナリオScenarios

シナリオ #1: windows 10 バージョン1803以上を使用していて、Windows 10 enterprise E3 または e5 サブスクリプションを購入した場合 (または、しばらくの間に e3 または e5 のサブスクリプションを持っていて、Windows 10 enterprise をまだ展開していない場合)。Scenario #1: You are using Windows 10, version 1803 or above, and just purchased Windows 10 Enterprise E3 or E5 subscriptions (or have had an E3 or E5 subscription for a while but haven’t yet deployed Windows 10 Enterprise).

すべての Windows 10 Pro デバイスは、Windows 10 Enterprise にステップアップします。また、Windows 10 Enterprise を実行しているデバイスでは、サブスクリプションのアクティブ化が有効になっているユーザーがデバイスにサインインしたときに、KMS または MAK のアクティブ化された enterprise edition からサブスクリプションのライセンス認証済み Enterprise edition に移行します。All of your Windows 10 Pro devices will step-up to Windows 10 Enterprise, and devices that are already running Windows 10 Enterprise will migrate from KMS or MAK activated Enterprise edition to Subscription activated Enterprise edition when a Subscription Activation-enabled user signs in to the device.

シナリオ #2: ライセンス認証用に windows 10、バージョン1607、1703、または1709を使用していて、Windows 10 enterprise E3 または e5 サブスクリプションを購入した (または、しばらくの間は E3 または e5 のサブスクリプションを持っているが、Windows 10 enterprise を展開していない)。Scenario #2: You are using Windows 10, version 1607, 1703, or 1709 with KMS for activation, and just purchased Windows 10 Enterprise E3 or E5 subscriptions (or have had an E3 or E5 subscription for a while but haven’t yet deployed Windows 10 Enterprise).

すべての Windows 10 Pro デバイスを Windows 10 Enterprise に変更するには、各コンピューターで次のコマンドを実行します。To change all of your Windows 10 Pro devices to Windows 10 Enterprise, run the following command on each computer:

cscript.exe c:\windows\system32\slmgr.vbs /ipk NPPR9-FWDCX-D2C8J-H872K-2YT43

このコマンドは、OS を Windows 10 Enterprise に変更し、再アクティブ化用に KMS サーバーを探します。The command causes the OS to change to Windows 10 Enterprise and then seek out the KMS server to reactivate.このキーは、ボリューム ライセンス認証ガイドの「付録 A:KMS クライアント セットアップ キー」に記載されています。 This key comes from Appendix A: KMS Client Setup Keys in the Volume Activation guide.Enterprise から Pro に戻す場合は、この記事の Windows 10 Pro キーを挿入することもできます。 It is also possible to inject the Windows 10 Pro key from this article if you wish to step back down from Enterprise to Pro.

シナリオ #3: azure ad に参加しているデバイス、または windows 10 1709 以降を実行している Active Directory に参加しているデバイスを使用するか、azure ad 同期を構成して、「 windows 10 Enterprise ライセンスの展開」の手順に従って、$0 SKU を取得し、新しい windows 10 Enterprise E3 ライセンスを Azure ad で取得します。Scenario #3: Using Azure AD-joined devices or Active Directory-joined devices running Windows 10 1709 or later, and with Azure AD synchronization configured, just follow the steps in Deploy Windows 10 Enterprise licenses to acquire a $0 SKU and get a new Windows 10 Enterprise E3 or E5 license in Azure AD. 次に、そのライセンスをすべての Azure AD ユーザーに割り当てます。Then, assign that license to all of your Azure AD users. AD に同期されているアカウントも使用できます。These can be AD-synced accounts.ユーザーがサインインすると、デバイスが自動的に Windows 10 Pro から Windows 10 Enterprise に変更されます。 The device will automatically change from Windows 10 Pro to Windows 10 Enterprise when that user signs in.

つまり、Windows 10 Enterprise E3 または E5 のサブスクリプションを持っていて、まだ Windows 10 Pro を実行している場合は、上のいずれかのシナリオで簡単 (かつ迅速) に Windows 10 Enterprise に移行できます。In summary, if you have a Windows 10 Enterprise E3 or E5 subscription, but are still running Windows 10 Pro, it’s really simple (and quick) to move to Windows 10 Enterprise using one of the scenarios above.

Windows 7 を実行している場合は、もう少し手順が増えます。If you’re running Windows 7, it can be more work.ワイプ アンド ロード アプローチも使用できますが、直接 Windows 7 Pro から Windows 10 Enterprise にアップグレードする方が簡単になる可能性があります。 A wipe-and-load approach works, but it is likely to be easier to upgrade from Windows 7 Pro directly to Windows 10 Enterprise. このパスはサポートされており、1 つの手順で移動を完了させることができます。This is a supported path, and completes the move in one step.この方法は、Windows 8.1 Pro を実行している場合にも使用できます。 This method also works if you are running Windows 8.1 Pro.

ライセンスLicenses

デバイスでのライセンスの取得と更新には、次のポリシーが適用されます。The following policies apply to acquisition and renewal of licenses on devices:

  • アップグレードされたデバイスは、30日間に1回のライセンスの更新を試みます。また、ライセンスを正常に取得または更新するには、インターネットに接続している必要があります。Devices that have been upgraded will attempt to renew licenses about every 30 days, and must be connected to the Internet to successfully acquire or renew a license.
  • 現在のサブスクリプションの有効期限が切れるまで、デバイスがインターネットから切断された場合、オペレーティングシステムは Windows 10 Pro または Windows 10 Pro エデュケーションに戻ります。If a device is disconnected from the Internet until its current subscription expires, the operating system will revert to Windows 10 Pro or Windows 10 Pro Education. デバイスがインターネットに再接続されるとすぐに、ライセンスが自動的に更新されます。As soon as the device is connected to the Internet again, the license will automatically renew.
  • 各ユーザー ライセンスについて、最大で 5 台のデバイスをアップグレードできます。Up to five devices can be upgraded for each user license.
  • デバイスが要件を満たしていて、ライセンスを取得したユーザーがそのデバイスでサインインした場合、そのデバイスはアップグレードされます。If a device meets the requirements and a licensed user signs in on that device, it will be upgraded.

ライセンスを1人のユーザーから別のユーザーに再割り当てすることができます。そのため、ニーズの変化に応じてライセンスの投資を最適化することができます。Licenses can be reallocated from one user to another user, allowing you to optimize your licensing investment against changing needs.

必要な Azure AD サブスクリプションがある場合は、Enterprise E3 および E5 のライセンスをユーザーに割り当てる際に、グループ ベースのライセンスを利用することをお勧めします。When you have the required Azure AD subscription, group-based licensing is the preferred method to assign Enterprise E3 and E5 licenses to users. 詳しくは、「Azure AD のグループ ベースのライセンスの基礎」をご覧ください。For more information, see Group-based licensing basics in Azure AD.

既存のエンタープライズ展開Existing Enterprise deployments

Windows 10 バージョン1803以降を実行している場合、サブスクリプションのアクティブ化によって、Windows 10 のファームウェア埋め込みキーが自動的に取得され、基になる Pro ライセンスが有効になります。If you are running Windows 10, version 1803 or later, Subscription Activation will automatically pull the firmware-embedded Windows 10 activation key and activate the underlying Pro License. ライセンスは、サブスクリプションのライセンス認証を使用して、Windows 10 Enterprise にステップアップします。The license will then step-up to Windows 10 Enterprise using Subscription Activation. これにより、KMS または MAK のアクティブ化されたエンタープライズからサブスクリプションのアクティブ化されたエンタープライズにデバイスが自動的に移行されますThis automatically migrates your devices from KMS or MAK activated Enterprise to Subscription activated Enterprise.

注意事項

ファームウェアの埋め込み Windows 10 のアクティブ化は、既定のエクスペリエンス (OOBE) を通過するときにのみ自動的に行われます。Firmware-embedded Windows 10 activation happens automatically only when we go through the Out-of-Box Experience (OOBE).

Windows 10、バージョン1607、1703、または1709を使用していて、Windows 10 Enterprise を既に展開しているが、windows クライアントコンピューターの KMS サーバーと MAK キーによって移動したくない場合は、コンピューターがファームウェアに埋め込まれた Windows 10 Pro のプロダクトキーでライセンス認証されていれば、シームレスに移行できます。If you are using Windows 10, version 1607, 1703, or 1709 and have already deployed Windows 10 Enterprise, but you want to move away from depending on KMS servers and MAK keys for Windows client machines, you can seamlessly transition as long as the computer has been activated with a firmware-embedded Windows 10 Pro product key.

Pro のキーを使ってコンピューターがライセンス認証されていない場合は、次のスクリプトを実行します。If the computer has never been activated with a Pro key, run the following script. 以下のテキストを .cmd ファイルにコピーし、管理者特権のコマンド プロンプトでこのファイルを実行します。Copy the text below into a .cmd file and run the file from an elevated command prompt:

@echo off
FOR /F "skip=1" %%A IN ('wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey') DO  (
SET "ProductKey=%%A"
goto InstallKey
)

:InstallKey
IF [%ProductKey%]==[] (
echo No key present
) ELSE (
echo Installing %ProductKey%
changepk.exe /ProductKey %ProductKey%
)

Azure AD ライセンスの取得Obtaining an Azure AD license

エンタープライズ契約/ソフトウェア アシュアランス (EA/SA):Enterprise Agreement/Software Assurance (EA/SA):

  • 従来の EA を締結している組織は、0 ドル の SKU を注文し、会社のライセンス管理者に送信される電子メールを処理し、Azure AD を使用してライセンスを割り当てる必要があります (理想的な方法は、グループ割り当てに関する新しい Azure AD Premium 機能を使用して、グループに割り当てる方法です)。Organizations with a traditional EA must order a $0 SKU, process e-mails sent to the license administrator for the company, and assign licenses using Azure AD (ideally to groups using the new Azure AD Premium feature for group assignment). 詳細については、既存の EA によるサブスクリプションのライセンス認証の有効化に関するページをご覧ください。For more information, see Enabling Subscription Activation with an existing EA.
  • ライセンス管理者は、O365 で使用されるプロセスと同じプロセスで接続クライアントを Azure AD ユーザーに割り当てることができます。The license administrator can assign seats to Azure AD users with the same process that is used for O365.
  • 新しい EA/SA Windows Enterprise のユーザーは、SA サブスクリプションおよび関連する 0 ドルのクラウド サブスクリプションの両方を取得できます。New EA/SA Windows Enterprise customers can acquire both an SA subscription and an associated $0 cloud subscription.

マイクロソフト製品/サービス契約 (MPSA):Microsoft Products & Services Agreements (MPSA):

  • MPSA を締結している組織は、新しいサービスの詳細が自動的にメールで通知されます。Organizations with MPSA are automatically emailed the details of the new service. こうした組織では、メールを受け取るための指示に従った手順を実行する必要があります。They must take steps to process the instructions.
  • 既存の MPSA のお客様は、サービスのライセンス認証に関するメールを受け取ります。これにより、お客様の管理者はユーザーをサービスに割り当てることができます。Existing MPSA customers will receive service activation emails that allow their customer administrator to assign users to the service.
  • ソフトウェア サブスクリプションである Windows Enterprise E3 および E5 を購入する新しい MPSA のお客様は、従来のキー ベースのライセンス認証方法と新しいサブスクリプションのライセンス認証方法の両方を利用できます。New MPSA customers who purchase the Software Subscription Windows Enterprise E3 and E5 will be enabled for both the traditional key-based and new subscriptions activation method.

ライセンスの展開Deploying licenses

Windows 10 Enterprise ライセンスの展開」をご覧ください。See Deploy Windows 10 Enterprise licenses.

仮想デスクトップ アクセス (VDA)Virtual Desktop Access (VDA)

Windows 10 Enterprise へのサブスクリプションは、仮想化されたクライアントでも使用できます。Subscriptions to Windows 10 Enterprise are also available for virtualized clients. Windows 10 Enterprise E3 および E5 は、Windows Azure や他の認定を受けたマルチテナント ホスティング パートナーの仮想デスクトップ アクセス (VDA) で利用できます。Windows 10 Enterprise E3 and E5 are available for Virtual Desktop Access (VDA) in Windows Azure or in another qualified multitenant hoster.

仮想マシン (VM) は、VDA 用の Windows 10 Enterprise サブスクリプションを有効にするように構成する必要があります。Virtual machines (VMs) must be configured to enable Windows 10 Enterprise subscriptions for VDA. Active Directory に参加しているクライアントおよび Azure Active Directory に参加しているクライアントは、サポート対象です。Active Directory-joined and Azure Active Directory-joined clients are supported. サブスクリプションのライセンス認証用に VDA を有効にする」をご覧ください。See Enable VDA for Subscription Activation.

関連トピックRelated topics

Windows 10 エクスペリエンスのためにドメイン参加済みデバイスを Azure AD に接続するConnect domain-joined devices to Azure AD for Windows 10 experiences
Windows 10 エディションの比較Compare Windows 10 editions
ビジネス向け WindowsWindows for business