Windows Autopilot の概要

適用対象

  • Windows 10

Windows Autopilot は、新しいデバイスのセットアップと事前構成に使用されるテクノロジのコレクションで、生産性の高い使用ができるようにデバイスを準備するためのものです。 また、Windows Autopilot を使用して、デバイスのリセット、用途変更、回復を行うこともできます。
このソリューションでは、管理するインフラストラクチャをほとんどあるいはまったく使用せずに、IT 部門は上記の機能を実現できます。また、そのプロセスは簡単でシンプルです。

Windows Autopilot は、最初の展開から最終的なサポート終了まで、IT とエンド ユーザーの両方にとって Windows デバイスのライフサイクルのあらゆる部分を簡略化することを目的としています。 クラウド ベースのサービスを利用すると、あらゆる種類のエンド ユーザーにとって使いやすいものとしながら、IT がプロセスにかける時間と維持が必要なインフラストラクチャの量を減らすことにより、デバイスの展開、管理、廃棄にかかる全体的なコストを削減できます。

新しい Windows デバイスを最初に展開するとき、Windows Autopilot はデバイスにプレインストールされている OEM によって最適化されたバージョンの Windows 10 を利用することで、カスタム イメージや使用されるデバイスのあらゆるモデルのドライバーを維持する組織の労力を軽減します。 デバイスのイメージを再作成する代わりに、設定とポリシーを適用してアプリをインストールし、さらには使用される Windows 10 のエディションも変更することで (高度な機能をサポートするために Windows 10 Pro から Windows 10 Enterprise へ変更するなど)、その既存の Windows 10 インストールを "ビジネス対応" の状態に変換できます。

展開すると、Microsoft Intune、Windows Update for Business、System Center Configuration Manager、他の同様のツールなどのツールによって Windows 10 デバイスを管理できます。 Windows Autopilot は、Windows Autopilot リセットを利用して新しいユーザー向けにデバイスをすばやく準備したり、破損/修理シナリオではデバイスをすばやくビジネス対応の状態に戻したり、デバイスを再利用するのに役立ちます。

Windows Autopilot のチュートリアル

次のビデオは、Windows Autopilot のセットアップのプロセスを示しています。


Windows Autopilot の利点

従来、IT 技術者は、イメージの構築やカスタマイズに多くの時間を費やしてきました。こうしたイメージは、後でデバイスに展開されます。 Windows Autopilot には、新しいアプローチが導入されています。

ユーザー側から見ると、数回の簡単な操作を行うだけで、デバイスを使用する準備が整います。

IT 担当者側から見ると、エンド ユーザーから要求される作業は、ネットワークへの接続とユーザーの資格情報の確認だけです。 これまで行われた多くのことが自動化されています。

要件

Windows Autopilot を使用するためには、Windows 10 バージョン 1703 移行が必要です。 次のエディションがサポートされています。

  • Pro
  • Pro Education
  • Pro for Workstations
  • Enterprise
  • Education

構成、ネットワーク、およびライセンス要件の詳細については、「Windows Autopilot の要件」をご覧ください。

Windows Autopilot のシナリオ

Windows Autopilot を使用すると、組織にデバイスを事前登録できるため、ユーザーが追加の操作を行う必要なく、デバイスが完全に構成されます。

Windows Autopilot では、次のことを実行できます。

  • Azure Active Directory (Azure AD) または Active Directory (Hybrid Azure AD Join による) へデバイスを自動的に参加させる。 これらの 2 つの参加オプションの違いについて詳しくは、「Azure Active Directory のデバイス管理の概要」をご覧ください。
  • デバイスを Microsoft Intune などの MDM サービスに自動的に登録する (Azure AD Premium サブスクリプションが必要です)。
  • 管理者アカウントの作成を制限する。
  • デバイスのプロファイルに基づいて構成グループを作成し、デバイスをこのグループに自動的に割り当てる。
  • 組織に固有の OOBE コンテンツをカスタマイズする。

Windows Autopilot を使用するシナリオについて詳しくは、「Windows Autopilot のシナリオ」を参照してください。

関連トピック

Windows Autopilot を使用して、Intune での Windows デバイスを登録する