Windows 10 IoT Core の既定のアプリの概要Windows 10 IoT Core Default App Overview

ヒント

このサンプルアプリに追加された機能を確認したい場合は、GitHub で問題を開き、お知らせください。If you find that you'd like to see a feature added to this sample app, open an issue on GitHub to let us know. バグを報告する場合は、こちらのフィードバックハブの指示に従ってください。If you'd like to file a bug, follow the instructions for the Feedback Hub here.

最初に Windows 10 IoT Core をフラッシュすると、起動時に Windows 10 IoT Core の既定のアプリが表示されます。これは次のようになります。When you initially flash Windows 10 IoT Core, you will be presented with the Windows 10 IoT Core Default App upon startup, which looks like this:

IoT Core の既定のアプリのスクリーンショット

このアプリケーションの目的は、初めて Windows 10 IoT Core を起動したときに操作するための使いやすいシェルを提供することだけではありませんが、独自のカスタムアプリケーションにこれらの機能をプラグインできるように、ここでこのアプリケーションのコードをオープンソースにしています。The purpose of this application is not only to provide you with a friendly shell to interact with when you first boot up Windows 10 IoT Core, but we have open-sourced the code for this application here so that you can plug and play with these features on your own custom application(s).

この記事では、Windows 10 IoT Core の既定のアプリが提供するさまざまな機能の概要と、独自のアプリケーションに対してこれらのさまざまな機能を活用する方法について説明します。This article will give you a rundown of the different features that the Windows 10 IoT Core Default App offers as well as how you can leverage these different features for your own applications.

IoT Core の既定のアプリを活用するLeveraging the IoT Core Default App

重要

商品化にはメーカーのイメージは使用しないでください。Do not use maker images for commercialization. デバイスを商品化する場合は、最適なセキュリティのためにカスタム FFU を使用する必要があります。If you are commercializing a device, you must use a custom FFU for optimal security. 詳細については、こちらをご覧ください。Learn more here.

IoT Core の既定のアプリをカスタマイズおよび拡張することも、ソースコードを独自のアプリの例として使用することもできます。The IoT Core Default App can be customized and extended, or you can use the source code as an example for your own app. 自分で試してみるには、サンプルの zip ファイルをダウンロードするか、IoT Core の既定のアプリのコードをここで確認してください。To try this out for yourself, download the zip of our samples or check out the code for the IoT Core Default App here. 質問がある場合は、こちらのサンプルリポジトリで問題を報告してください。For any questions, please file an issue on our samples repo here.

下の [設定] セクションに示されているように、エンドユーザーに代わって、顧客システムで既定の設定と機能を構成する場合があります。As shown under the Settings section below, in some cases, you may configure default settings and features on your customer system on behalf of the end user. ただし、これらの設定と機能を既定で有効にする場合、または診断が基本設定より上にある場合は、次の手順を実行する必要があります。However, if you turn these settings and features on by default or if diagnostics are above the basic setting, you must:

  • これらの機能が有効になっていることをエンドユーザーに通知し、エンドユーザーに Microsoft のプライバシーに関する声明 web ページへのリンクを提供します。Notify the end user that these features have been enable and provide the end user with the link to Microsoft's Privacy Statement web page here.
  • このような機能を既定で有効にするために、関連するエンドユーザーからの同意をセキュリティで保護する (適用法によっては必須)。Secure consent from the relevant end user to enable such features by default (as required by applicable law).
  • エンドユーザーに対して、診断設定を基本設定に戻す機能を提供します。Provide end users the ability to change the Diagnostics setting back to the basic setting.
  • Microsoft アカウントを有効にし、エンドユーザーのデータにアクセスできる場合は、エンドユーザーが Microsoft アカウントを削除すると、デバイス上のすべてのエンドユーザーの Microsoft アカウントデータを同時に削除できるようにする必要があります。If you enable Microsoft Accounts and you have access to end user data, if the end user deletes the Microsoft Account, you must enable simultaneous deletion of all the end user's Microsoft Account data on the device.

既定のエクスペリエンス (OOBE)Out-of-Box Experience (OOBE)

IoT Core の既定のアプリでは、すぐに使用可能なエクスペリエンスが得られます。The out-of-box experience for the IoT Core Default App is as lean as it gets. 最初のページでは、既定の言語と wi-fi の設定を要求します。The first pages will ask for a default language and wi-fi settings. そこから、アプリを GDPR に準拠させるには、[診断データ] 画面が必要です。また、場所を追跡する場合は、[場所のアクセス許可] 画面も表示されている必要があります。From there, in order for your app to be GDPR-compliant, you must have a diagnostic data screen and, if you're planning to track location, you will need to have a location permissions screen too. 両方の例を次に示します。Examples of both are shown below.

oobe](../media/IoTCoreDefaultApp/OOBE3.jpg) の ![の場所の設定 OOBE の診断設定Location settings for OOBE Diagnostic settings for OOBE

コマンド バーCommand Bar

コマンドバーは、画面の下部にある永続的な horizonatal Bar です。The Command Bar is the persistant horizonatal bar located at the bottom of the screen. これにより、次の機能に簡単にアクセスできます。This provides easy access to the following funtionality:

  • 前方と後方のページナビゲーションForward and backward page navigation
  • 現在のページから離れずに基本的なデバイス情報Basic device info without leaving the current page
  • 全画面モードをオンまたはオフにするTurning fullscreen mode on or off
  • ショートカットキーAdvance shortcuts
  • ページ固有のボタンPage specific buttons

コマンドバーにはボタンがたくさんありますが、これらのボタンが混乱したり見えなくなったりすることがあります。There are a lot buttons in the Command Bar, and sometimes those buttons can be confusing or hidden. コマンドバーを展開してそれらのボタンにアクセスするには、右下にあるメニューボタンを押してください。To expand the Command Bar and access those buttons, please press the menu button in the bottom right:

コマンドバーを展開する方法

スタートメニュー-再生Start Menu - Play

[スタート] メニューでは、ほとんどのプラグアンドプレイ機能がライブで動作します。The Start Menu is where most plug and play features live.

天気Weather

Weather ページでは、各国の気象サービスのデータを使用して、現在の場所に気象情報を表示します。Using data from the National Weather Service, the weather page renders weather information in your current location.

Web ブラウザWeb Browser

Web ブラウザーを使用すると、ほとんどのサイトを web からプルできます。The web browser allows you to pull up most sites from the web.

ミュージックMusic

このページでは、 Windows デバイスポータルを使用してアクセスできる音楽ライブラリから MP3 および WAV ファイルを再生します。This page will play MP3 and WAV files from the Music Library, that can be accessed via the Windows Device Portal. 音楽プレーヤーにファイルをアップロードするには、Windows デバイスポータルに移動し、[アプリ] ドロップダウンをクリックし、[エクスプローラー] に移動して、[音楽] を選択し、そこからファイルをアップロードする必要があります。To upload files to the music player, you will need to navigate to the Windows Device Portal, click on the "Apps" dropdown, navigate to "File Explorer", select "Music" and upload your files from there.

音楽ファイルをアップロードする方法

[スライド ショー]Slideshow

このページには、 Windows デバイスポータルからアクセスできる画像ライブラリの PNG または JPEG イメージファイルが表示されます。This page will display any PNG or JPEG image files from the Pictures Library, that can be accessed via the Windows Device Portal. スライドショーに画像をアップロードするには、Windows デバイスポータルに移動し、[アプリ] ドロップダウンをクリックし、[エクスプローラー] に移動して、[画像] を選択し、そこからファイルをアップロードする必要があります。To upload images to the slideshow, you will need to navigate to the Windows Device Portal, click on the "Apps" dropdown, navigate to "File Explorer", select "Pictures" and upload your files from there.

音楽ファイルをアップロードする方法

DrawDraw

このページでは、Windows 10 IoT Core のインク機能をテストできます。This page allows you to test out Windows 10 IoT Core's inking capabilities.

[スタート] メニュー-探索Start Menu - Explore

アプリApps

このページでは、デバイスにインストールされている他のフォアグラウンドアプリケーションを起動できます。This page allows you to launch other foreground applications installed on the device. アプリケーションを起動すると、IoT Core の既定のアプリが中断されます。これは、 Windows デバイスポータルで app Manager を使用して再起動できます。Launching an application will suspend IoT Core Default App, which can be relaunched by using App Manager in Windows Device Portal.

ページに前景アプリケーションを一覧表示するために特別なことは必要ありません。単にアプリケーションをインストールまたは展開します。Nothing special is needed to have your foreground application listed in the page, simply install or deploy the application. インストールまたは展開が正常に完了したら、[アプリ] ページに移動して、アプリケーションの一覧を更新します。After successful installation or deployment, re-navigate to the Apps page to refresh the list of applications.

自動的に生成された OS 関連アプリケーションがいくつかあることに注意してください。ここでアプリ名の一覧を見つけることができます。Note that there are a couple of auto-generated OS related applications that we filter out, you can find the list of app names here.

通知Notifications

このページには、IoT Core の既定のアプリが起動されてからの過去20件の通知が一覧表示されます。This page will list the past 20 notifications since IoT Core Default App was launched. IoT Core の既定のアプリがデバッグモードで実行されている場合、テスト通知を作成するボタンが追加されます。When IoT Core Default App is running in debug mode, buttons are added that will create test notifications.

ログLogs

このページには、自動生成されたクラッシュまたはエラーログが一覧表示されます。このログは、デバイスから取得して分析できます。This page will list any auto-generated crash or error logs, which then can be taken off the device and analyzed.

GitHubGitHub

このページでは、IoT Core の既定のアプリコードのオープンソースの GitHub の場所に移動します。This page will take you to the open-sourced GitHub location of the IoT Core Default App code.

スタートメニュー-Windows デバイスポータルStart Menu - Windows Device Portal

このセクションのページでは、windows デバイスポータルの REST Api を利用しています。そのためには、Windows デバイスポータルの資格情報を使用してサインインする必要があります。The pages in this section leverage the Windows Device Portal REST APIs, which requires you to sign in using your Windows Device Portal credentials.

デバイス情報Device Information

このページでは、イーサネット、OS のバージョン、接続されているデバイスなど、デバイスのさまざまな機能を確認できます。This page allows you to see the different features for your device including Ethernet, OS version, connected devices, and more.

コマンド ラインCommand Line

このページでは、デバイス上で直接コマンドを実行できます。This page allows you to run commands directly on your device.

この機能を有効にするには、アプリがコマンドを実行できるようにレジストリキーを設定する必要があります。To enable this feature you have to set a registry key so that the app can run the commands. コマンドを初めて実行しようとすると、Windows デバイスポータルへの呼び出しを使用してレジストリキーを設定できるリンクが表示されます。The first time you try to run a command you will see a link that allows you to set the registry key using a call to Windows Device Portal. デバイスでコマンドを実行できるようにするには、リンクをクリックします。Click the link to enable your device to run commands.

一部のコマンドでは、管理者アクセス権が必要です。Some commands require administrator access. セキュリティ上の理由から、アプリは既定で管理者以外のアカウントを使用してコマンドを実行します。For security purposes the app uses a non-admin account by default to run commands. 管理者としてコマンドを実行する必要がある場合は、コマンドラインプロンプトで「RunAsAdmin 」と入力します。If you need to run a command as an admin you can type "RunAsAdmin " in the command line prompt.

設定Settings

Wi-fi、Bluetooth、電源オプションなど、さまざまな設定を構成することができます。You'll be able to configure a number of settings here including Wi-Fi, Bluetooth, power options, and more.

アプリ設定App Settings

[アプリの設定] セクションでは、アプリ内のページのさまざまな設定を構成できます。The App Settings section allows you to configure various settings for pages in the app.

カスタマイズできる設定には、次のものがあります。Some of the settings you can customize are:

[General Settings]General Settings
  • アプリの起動時に表示される既定のページを設定するSet the default page that appears when the app is started
  • スクリーンセーバーを有効/無効にするEnable/disable the screensaver
気象設定Weather Settings
  • 場所の変更Change the location

    この機能は、有効なBing マップサービストークンを指定した場合にのみ有効になります。This feature is only enabled if you have provided a valid Bing Map Service Token. トークンをアプリに渡すには、アプリの LocalState フォルダーにmaptoken .configファイルを作成します (例: C:\Data\USERS\[User Account] \AppData\Packages\[Package Full Name] \ localstate/config)。アプリを再起動します。To pass the token to the app, create a MapToken.config file in the LocalState folder of the app (e.g. C:\Data\USERS\[User Account]\AppData\Packages\[Package Full Name]\LocalState\MapToken.config) and restart the app.

  • マップを展開するExpand the map
  • マップの反転を有効または無効にして、マップと気象スイッチが画面の書き込みを防止するために定期的に配置されるようにします。Enable/disable map flipping so that the map and the weather switch places periodically to prevent screen burn-in
Web ブラウザーの設定Web Browser Settings
  • Web ブラウザーのホームページを設定するSet the home page for the Web Browser
スライドショーの設定Slideshow Settings
  • スライドショーの間隔を設定するSet the slideshow interval
デザインAppearance
  • タイルアイコンに Emojis ではなく MDL2 Assets を使用するUse MDL2 Assets instead of Emojis for the tile icons
  • タイルの幅と高さを設定するSet the tile width and height
  • UI スケーリングの設定-既定で自動スケーリングが設定されるSet UI scaling - Automatic scaling is set by default
  • タイルの色を設定するSet the tile color

[システム]System

言語、キーボードレイアウト、およびタイムゾーンを変更します。Change the language, keyboard layout, and time zone.

ネットワーク & Wi-fiNetwork & Wi-Fi

ネットワークアダプターのプロパティを表示するか、使用可能な Wi-fi ネットワークに接続します。View network adapter properties or connect to an available Wi-Fi network.

[Bluetooth]Bluetooth

Bluetooth デバイスとペアリングします。Pair with a Bluetooth device.

アプリの更新プログラムApp Updates

アプリの更新プログラムを確認するか、自動更新の設定を変更します。Check for app updates or change automatic update settings.

電源オプションPower Options

デバイスを再起動またはシャットダウンします。Restart or shutdown the device.

診断Diagnostics

Microsoft に提供する診断データの量を選択します。Select the amount of diagnostic data you wish to provide Microsoft. ユーザーは、問題を迅速に診断して製品の改善を行うことができるように、完全な診断データをオプトインすることをお勧めします。We encourage users to opt into Full diagnostic data so we can diagnose issues quickly and make improvements to the product.

基本Basic

デバイスとその設定および機能に関する情報と、それが適切に実行されているかどうかを送信します。Send only info about your device, its settings and capabilities, and whether it is performing properly.

完全Full

すべての基本的な診断データと、参照する web サイトおよびアプリと機能の使用方法に関する情報、およびデバイスの正常性、デバイスのアクティビティ、および強化されたエラー報告に関する追加情報を送信します。Send all Basic diagnostic data, along with info about websites you browse and how you use apps and features, plus additional info about device health, device activity, and enhanced error reporting.

インストール先Location

自分の場所へのアプリのアクセスを許可または拒否します。Allow or deny the app access to your location.