Windows Device PortalWindows Device Portal

Windows デバイスポータル (WDP) を使用すると、ローカルネットワーク経由でデバイスをリモートで構成および管理できます。The Windows Device Portal (WDP) lets you configure and manage your device remotely over your local network. 主な機能については、 「Windows デバイスポータルの概要」ページをご覧ください。The main features are documented on the Windows Device Portal overview page

デバイスポータルホーム

Important

商品化にはメーカーのイメージは使用しないでください。Do not use maker images for commercialization. デバイスを商品化する場合は、最適なセキュリティのためにカスタム FFU を使用する必要があります。If you are commercializing a device, you must use a custom FFU for optimal security. 詳細については、こちらをご覧ください。Learn more here.

Warning

ARM デバイスでは、現在、ライブカーネルデバッグが失敗しています。Live kernel debug is currently failing for ARM devices. これを修正するために取り組んでいます。We are working to get this fixed.

Important

エンドユーザーが最終的な構成を行い、 WDP 用の証明書を取得して WDP にインストールする必要があることを顧客にドキュメント化し、接続するブラウザーとパスワードが WDP で変更されることを文書化する場合は、このナロー商用インスタンスで WDP を使用することをお勧めします。If you are building an open retail device for commercial deployment to a "specific/limited installation" (i.e. factory or retail store) where the end-user does the final configuration and you document your customers that they must obtain a certificate for WDP and install it on both WDP and connecting browsers and passwords are changed on WDP, then using WDP in this narrow commercial instance is acceptable. このシナリオの小売画像には IOT_TOOLKIT を含めることはできませんが、IOT_WEBBEXTN パッケージを使用して WDP にプルする必要があります。Retail images in this scenario should still not include IOT_TOOLKIT, but should use the IOT_WEBBEXTN package to pull in WDP.

共有ドキュメントShared Documentation

WDP は、すべての Windows 10 デバイス間で共有される開発者ツールです。WDP is a developer tool shared among all Windows 10 devices. 各製品には固有の機能がありますが、コア機能は同じです。Each product has its own unique features, but the core functionality is the same. 主な機能のドキュメントについては、 Windows デバイスポータルの概要に関するページを参照してください。Documentation for the main features are found on the Windows Device Portal overview page. 以下のドキュメントの残りの部分は、IoT 固有のものです。The rest of the documentation below will be IoT specific.

セットアップSet up

Windows デバイスポータルを起動して実行するには、2つの方法があります。There are two ways to go get the Windows Device Portal up and running.

1. Windows 10 IoT ダッシュボード1. Windows 10 IoT Dashboard

まず、新しいデバイスを簡単にセットアップできる開発者ツールであるWindows 10 IoT ダッシュボードをダウンロードします。First, you'll want to download the Windows 10 IoT Dashboard, a developer tool that makes it easy to set up new devices. ダッシュボードを使用して Windows 10 IoT Core イメージをデバイスにフラッシュしたら、デバイスが [デバイス] の下に表示されていることを確認します。Once you've used the Dashboard to flash a Windows 10 IoT Core image onto your device, check that your device shows up under "My devices".

そこから、[アクション] の下の省略記号を使用して、[デバイスポータルで開く] を選択します。From there, use the ellipses under "Actions" to select "Open in Device Portal". ここから、[デバイスポータル認証] ページが表示されます。このページでは、資格情報を最初に変更していない限り、既定の資格情報は次のようになります。From there, you'll be taken to the Device Portal authentication page where, unless you changed the credentials initially, the default credentials are:

Username: `Administrator`<br/>
Password: `p@ssw0rd`

2. ブラウザー2. Browser

ダッシュボードにデバイスが見つからない場合、またはダッシュボードの使用をスキップする場合は、デバイスの IP アドレスと最後に :8080 を入力してデバイスポータルを開くこともできます。If you cannot find your device in the dashboard or prefer to skip using the dashboard, you can also open the Device Portal by entering the IP address of your device plus :8080 onto the end. 正常に完了すると、次のようになります。When done correctly, it should look something like this:

IoTDashboard のデバイスの表示

IoT 固有の機能IoT specific features

デバイスの設定Device Settings

IoT Core は、スクリーンキーボードを有効または無効にするチェックボックスを追加します。IoT Core adds a checkbox to enable or disable the on-screen keyboard

Note

このチェックボックスには既知のバグがあり、チェックをオンからオフに "フラッシュ" します。This checkbox has a known bug where it will "flash" from checked to non-checked. クリックしてページを更新し (F5)、チェックボックスが目的の状態を表示していることを確認してください。Please refresh the page (F5) after clicking to ensure that the checkbox is showing your desired state.

アプリApps

デバイスに AppX パッケージとバンドルをインストール/アンインストールする機能を提供します。Provides install/uninstall functionality for AppX packages and bundles on your device. アプリの一覧App list

IoT Core は、1つのフォアグラウンドアプリを一度に実行できるだけであるということに固有です。IoT Core is unique in that it only allows one foreground app to run at one time. アプリの一覧が変更され、これが確実になります。The app list is modified to ensure that this is the case. [スタートアップ] 列では、既定で開始するバックグラウンドアプリケーションをいくつでも選択できますが、設定できるフォアグラウンドアプリケーションは1つだけです。Under the STARTUP column, you can select as many background applications to start by default, but can only set one foreground application.

アプリのエクスプローラーApp File Explorer

アプリファイルエクスプローラーに、アプリからアクセスできるディレクトリが表示されます。The app file explorer shows the directories that your apps can access.

  • CameraRoll はすべてのアプリで共有されますCameraRoll is shared among all apps
  • ドキュメントはすべてのアプリで共有されますDocuments is shared among all apps
  • LocalAppData には、各アプリに固有のフォルダーが含まれています。LocalAppData contains folders specific to each app. このフォルダーは、アプリと同じ名前になり、他のアプリがアクセスすることはできません。This folder will be the same name as your app and other apps cannot access it.

デバッグDebugging

カーネルダンプKernel dumps

カーネルダンプを使用したデバッグ

システムクラッシュは、自動的にログに記録され、web 管理ツールを使用して表示できます。Any system crashes will automatically be logged and available to view through the web management tool. その後、カーネルダンプをダウンロードして、何が起こっているかを調べることができます。You can then download the kernel dump and try to figure out what's going on.

プロセスダンプProcess dumps

プロセスダンプを使用したデバッグ

これは、ライブカーネルダンプに似ていますが、ユーザーモードプロセスで使用されます。This is similar to Live kernel dumps, but for the user mode processes. [ダウンロード] ボタンをクリックすると "ミニダンプ" が表示され、そのプロセスの状態全体がダウンロードされます。Clicking the download button will cause a 'minidump', and the entire state of that process will be downloaded. これは、ハングしているプロセスのデバッグに適しています。This is good for debugging hanging processes.

カーネルクラッシュの設定Kernel crash settings

カーネルクラッシュの設定

[Bluetooth]Bluetooth

このページには、すべての bluetooth ペアリングデバイスと、検出可能なすべてのデバイスが表示されます。This page shows you all the bluetooth paired devices and all the devices which are discoverable. 別の Bluetooth デバイスとペアリングするには、デバイスをペアリングモードにし、[使用可能なデバイス] 一覧に表示されるのを待ちます。To pair with another Bluetooth device, put the device in pairing mode and wait for it to appear in the available devices list.
Bluetooth デバイス一覧

[ペア] リンクをクリックして、デバイスをペアリングします。Click on Pair link to pair the device. デバイスがペアリングのために PIN を必要とする場合は、PIN を表示するメッセージボックスがポップアップ表示されます。If the device requires a PIN for pairing, it will pop-up a message box displaying the PIN. デバイスがペアリングされると、[ペアリングされたデバイス] の一覧に表示されます。Once the device is paired, it will show up in the Paired devices list. [削除] をクリックすると、デバイスのペアリングを解除できます。You can un-pair the device by clicking on Remove.

Bluetooth ページに移動すると、デバイスは他のデバイスで検出できるようになります。Once you navigate to the Bluetooth page, your device will be discoverable by other devices. PC/電話から検索して、そこからペアリングすることもできます。You can also find it from your PC/Phone and pair it from there.

Bluetooth の詳細については、 bluetooth のページを参照してください。More information on bluetooth can be found on the bluetooth page.

IoT オンボードIoT Onboarding

IoT オンボードは、IoT デバイスの Wi-fi 接続オプションの構成をサポートしています。IoT Onboarding provides support for configuring an IoT device's Wi-Fi connectivity options.

インターネット接続の共有 (ICS) インターネット接続の共有を使用すると、Wi-fi SoftAP 経由でデバイスに接続されている他のデバイスとデバイスのインターネットアクセスを共有できます。Internet Connection Sharing (ICS) Internet Connection Sharing allows you to share the Internet access of your device with other devices connected to your device over the Wi-Fi SoftAP. この機能を使用するには、Windows 10 IoT デバイスがインターネットにアクセスできる必要があります (たとえば、ワイヤード (有線) LAN 接続を介して)。To use this feature, your Windows 10 IoT Device needs to have access to the internet (e.g. through a wired LAN connection). [接続 > オンボード-> SoftAP の設定] で、[有効] をクリックし、SSID の名前とパスワードを設定します。In 'Connectivity->Onboarding->SoftAP settings' click 'enable' and set SSID name and password. 次に、[アクセスポイントアダプター] の [接続 > インターネット接続の共有] で、[Microsoft Wi-fi ダイレクト仮想アダプター #2] を選択し、[共有ネットワークアダプター] でワイヤードイーサネットアダプターを選択します。Then in 'Connectivity->Internet connection sharing' for 'access point adapter' select "Microsoft Wi-FI Direct Virtual Adapter #2" and for 'shared network adapter' select your wired ethernet adapter. 最後に、[共有アクセスの開始] をクリックします。Finally, click 'start shared access.' 開始したら、別の Wi-fi 対応デバイスを Windows 10 IoT デバイスの SoftAP に接続します。Once started, connect a separate Wi-Fi enabled device to the SoftAP on your Windows 10 IoT device. 接続が確立されると、別の Wi-fi 対応デバイスが Windows 10 IoT デバイスを介してインターネットに接続できるようになります。After a connection is established your separate Wi-Fi enabled device will be able to connect to the internet through your Windows 10 IoT device.

Note

デバイスに Wi-fi プロファイルが存在する場合、ICS は無効になります。ICS is disabled when a Wi-Fi profile exists on the device. たとえば、Wi-fi アクセスポイントに接続して [プロファイルの作成 (自動再接続)] をオンにした場合、ICS は無効になります。For example, ICS will be disabled if you connect to a Wi-Fi access point and check “Create profile (auto re-connect)”.

SoftAP の設定SoftAP 設定を使用すると、デバイスの SoftAP を有効にするかどうかを制御できます。SoftAP Settings The SoftAP Settings allow you to control whether or not your device's SoftAP is enabled. また、SoftAP の SSID と、別のデバイスから SoftAP を接続するために必要な WPA2 PSK キーを構成するための手段も提供します。It also provides a means for configuring your SoftAP's SSID and the WPA2-PSK key which are necessary to connect the SoftAP from another device.

AllJoyn のオンボードの設定AllJoyn のオンボード設定を使用すると、デバイスの Wi-fi オンボードプロデューサーを使用してデバイスの Wi-fi 接続を構成できるかどうかを制御できます。AllJoyn Onboarding Settings The AllJoyn Onboarding Settings allow you to control whether or not your device's Wi-Fi connection can configured through your device's AllJoyn Onboarding Producer. AllJoyn オンボードコンシューマーアプリケーションを実行している別のデバイスが Windows 10 IoT SoftAP に接続するときに、AllJoyn オンボードコンシューマーアプリケーションを使用して、IoT デバイスの Wi-fi アダプターを構成できます。When a separate device running an AllJoyn Onboarding Consumer application connects to your Windows 10 IoT SoftAP, the AllJoyn Onboarding Consumer application can be used to configure your IoT device's Wi-Fi adapter. 有効にすると、AllJoyn オンボードプロデューサーアプリ (IoTOnboarding ボード) で ECDHE_NULL 認証方法が使用されます。When enabled, the AllJoyn Onboarding Producer app (IoTOnboarding) uses the ECDHE_NULL authentication method.

Note

Windows 10 IoT ビルドでの AllJoyn のオンボードを使用するには、10.0.14393 またはそれ以前のバージョンでIotonboarding ボードサンプルを更新する必要があります。このサンプルは、こちらからダウンロードできます。To use AllJoyn Onboarding with Windows 10 IoT builds 10.0.14393 or earlier requires an update to the IotOnboarding sample which may be downloaded here.

AllJoyn](../media/DevicePortal/OnboardingAllJoyn.png) ![オンボードを 、ICS にオンボードOnboarding onto AllJoyn Onboarding onto ICS

Note

アクセスポイントアダプターは wifi アクセスポイントとして機能する WiFi アダプターです (通常、192.168.137.1 のような IP アドレスがあります)。Access point adapter is the WiFi adapter that act as a WiFi access point (it usually has an IP address like 192.168.137.1). 共有ネットワークアダプターは、インターネット (例: イーサネットアダプター) に接続するアダプターです。Shared network adapter is the adapter that connects to Internet (e.g.: Ethernet adapter).

ソフト AP にオンボードする

Note

AllJoyn オンボードが有効になっている場合は、SoftAP SSID の先頭に "AJ_" が付けられ、Wifi アダプターの MAC アドレスが後置されます。SoftAP SSID will be automatically prefixed by "AJ_" if AllJoyn onboarding is enabled and postfixed with the MAC address of the Wifi adapter. SoftAP のパスフレーズは、8 ~ 63 の ASCII 文字である必要があります。The SoftAP passphrase must be between 8 and 63 ASCII characters.

TPM の構成TPM configuration

トラステッドプラットフォームモジュール (TPM) は、ランダムな数値の生成、セキュリティで保護された暗号化キー、使用の制限などの機能を含む暗号化コプロセッサです。The Trusted Platform Module (TPM) is a cryptographic coprocessor including capabilities for random number generation, secure generation of cryptographic keys and limitation of their use. また、リモート構成証明や封印ストレージなどの機能も含まれています。It also includes capabilities such as remote attestation and sealed storage. IoT Core の TPM とセキュリティの詳細については、セキュリティで保護されたデバイスの構築に関するページとtpmに関するページを参照してください。To learn about the TPM and security on IoT Core, visit the Building secure devices page and the TPM page.

Important

Windows IoT Core の一部として使用されている limpet .exe。Limpet.exe used to be part of Windows IoT Core. 2018年10月以降、 https://github.com/ms-iot/azure-dm-clientでオープンソースのポートフォリオとして使用できるようになりました。Starting with October 2018, it is now available as an open source porject at https://github.com/ms-iot/azure-dm-client.

テストを容易にするために、署名されていない事前構築済みのバージョンの Limpet .exe が用意されており、WDP から直接ダウンロードできます。To make testing easier, we have a non-signed pre-built version of Limpet.exe available and can be downloaded right from WDP. [TPM 構成] タブをクリックし、[最新のインストール] ボタンをクリックするだけです。You just need to go the 'TPM Configuration' tab and click the 'Install Latest' button.

Note

このバージョンの Limpet .exe は、最終的な製品に付属していてはなりません。This version of Limpet.exe should not be shipped with your final product. 代わりに、オープンソースプロジェクトをビルドし、署名して、イメージと共にパッケージ化する必要があります。Instead, you need to build the open source project, sign it, and package it with your image.

Azure クライアントの構成Azure Clients configuration

IoT デバイスは、クラウドサービスを介してリモートで管理できます。IoT devices can be remotely managed through cloud services. Azure には、このようなシナリオを可能にする非常に豊富なサービスのセットが用意されています。Azure provides a very rich set of services to enable such scenarios. Windows プラットフォームで Azure の Device Provisioning Service (DPS) と Azure の IoT Hub サービスを補完するデバイス管理クライアントを作成しました。また、いくつかの Windows 管理機能も公開しています。We have created a device management client that complements Azure's Device Provisioning Service (DPS) and Azure's IoT Hub service on the Windows platform and which also exposes several Windows manageability features.

クライアントはオープンソースプロジェクトとして提供されます。The clients will be provided as open source projects. テストを簡単にするために、ビルド済みのバイナリを提供する予定です。To make testing them easier, we will be providing pre-built binaries. WDP の [Azure クライアント] タブを使用すると、これらのテストバイナリをインストールして実行できます。You can use the 'Azure Clients' tab in WDP to install and run those test binaries.

Note

このバージョンのツールは、最終的な製品に付属していてはなりません。This version of the tools should not be shipped with your final product. 代わりに、オープンソースプロジェクトをビルドし、署名して、イメージと共にパッケージ化する必要があります。Instead, you need to build the open source project, sign it, and package it with your image.

このドキュメントは、オープンソースプロジェクトを使用できるようになった時点で更新されます。We will update this documentation once the open source projects are available for consumption.

[リモート]Remote

Windows IoT リモートサーバーを使用すると、ユーザーは、物理モニターをキーボードに接続しなくても、デバイスの表示を確認できます。The Windows IoT Remote Server allows users to see what their device is displaying without connecting a physical monitor to the keyboard.

追加情報Additional Information

既定のポートの変更Changing the default port

  1. Powershell を起動し、デバイスに接続します。Launch powershell and connect to your device.

  2. TakeRegistryOwnershipツールをダウンロードしてビルドし、デバイスにコピーします。Download TakeRegistryOwnership tool, build it, and copy it to your device.

  3. を実行して、サービスのレジストリキーの所有権を取得します。Take ownership of the registry key for the service by running

     .\TakeRegistryOwnership.exe MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\webmanagement\service
    
  4. レジストリ設定を変更して、目的のポートを設定します。Set the desired port by modifying the registry settings

     reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\webmanagement\service /v HttpPort /t REG_DWORD /d <your port number>
    
  5. 次のように実行するか、デバイスを再起動して、Web 管理サービスを再開します。Restart the WebManagement service by running following or by restarting the device

     net stop webmanagement ; net start webmanagement
    

HTTPS の使用Using HTTPS

HTTPS を使用する場合は、まず、前のセクションで説明したレジストリキーの所有権を取得し、次のように HttpsPort および EncryptionMode のレジストリキーを設定してから、web 管理サービスを再起動します。If you want to use HTTPS, first take the ownership of the registry key as described in previous section and set the HttpsPort and EncryptionMode registry keys as below and then restart the webmanagement service

    reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\webmanagement\service /v EncryptionMode /t REG_DWORD /d 0x3 /f
    reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\webmanagement\service /v HttpsPort /t REG_DWORD /d <your port number> /f
    net stop webmanagement ; net start webmanagement

カスタム SSL 証明書を使用してデバイスポータルをプロビジョニングするProvisoning Device Portal with a custom SSL certificate

Windows 10 の作成者の更新プログラムでは、Windows デバイスポータルは、HTTPS 通信で使用するカスタム証明書をデバイス管理者がインストールする方法を追加しました。In the Windows 10 Creators Update, the Windows Device Portal added a way for device administrators to install a custom certificate for use in HTTPS communication.

詳細については、 Windows デバイスポータルのドキュメントを参照してください。To learn more, read the documentation under the Windows Device Portal docs.

メモリダンプをキャプチャするためのクラッシュダンプ設定:Crash Dump Settings for Capturing Memory Dump:

メモリダンプ全体をキャプチャするには、次の手順を実行します。To capture a Full Memory Dump, do the following:

  1. WDP を使用して IoT デバイスに接続します。Connect to a IoT device through WDP.

  2. デバッグ設定から > デバッグ設定-> カーネルクラッシュ設定-> クラッシュダンプの種類。From Debug -> Debug settings -> Kernel crash settings -> Crash dump type.

  3. [メモリダンプを完了する (メモリ使用時)] を選択します。Select: Complete memory dump (in use memory). 設定を有効にするには、デバイスが再起動されていることを確認してください。Make sure the device is rebooted for the setting to take effect.

  4. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\CrashControl\CrashDumpEnabled が0x1 に設定されていることを確認します。Verify that HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\CrashControl\CrashDumpEnabled is set to 0x1.

  5. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\CrashControl\DumpFileSize を0x0 に更新します。Update HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\CrashControl\DumpFileSize to 0x0.

  6. このダンプを生成するのに十分な領域がデバイスにあることを確認します。Make sure you have enough space on the device for this Dump to be generated. ダンプファイルの場所を変更するには、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\CrashControl\DumpFile 次のようにします。You can configure the changing the DumpFile location from here: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\CrashControl\DumpFile

その他の情報Additional Resources


  1. Windows デバイスポータルの [概要] ページWindows Device Portal overview page