ビルド 17763.253 のリリース ノートRelease Notes for Build 17763.253

ビルド番号 17763.253。2019 年 2 月。Build Number 17763.253. February 2019.

© 2019 Microsoft Corporation.© 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved.All rights reserved.

このドキュメントでは、Windows 10 IoT Core に含まれているドキュメントを補足する最新情報やその他の情報を提供します。This document provides late-breaking or other information that supplements the documentation included with the Windows 10 IoT Core.

Windows 10 IoT Core をダウンロードしていただき、ありがとうございました。Thank you for downloading Windows 10 IoT Core. Windows 10 IoT Core は、組み込みデバイスや専用デバイスの開発を対象とする Windows 10 のバージョンで、メーカーのコミュニティで選択されています。Windows 10 IoT Core is the version of Windows 10 intended for development of embedded or dedicated purpose devices and the choice for the Maker community. このリリース内のパッケージには、Windows 10 IoT Core を、Intel Atom プロセッサに基づく Minnowboard Max プラットフォーム、Broadcom 2836/2837に基づく Raspberry Pi 2/3、および Qualcomm Snapdragon 400 シリーズのプロセッサに基づく Dragonboard 410c にインストールするために必要なツールとコンテンツが含まれています。The packages within this release contain tools and content needed to install Windows 10 IoT Core on Minnowboard Max platform based on Intel Atom processers, Raspberry Pi 2/3 based on Broadcom 2836/2837, and Dragonboard 410c based on Qualcomm Snapdragon 400 series processors.

プライバシーに関する声明Privacy Statement

このバージョンの Windows オペレーティング システムのプライバシーに関する声明は、こちらからご覧いただけます。The privacy statement for this version of the Windows operating system can be viewed here.

リンクされている条項は、前のリンクをブラウザーのウィンドウに貼り付けることにより表示できます。You can review linked terms by pasting the forward link into your browser window.

このビルドの新機能:What's new in this build:

  • 一般的なバグの修正General bug fixes

追加情報Additional Information

  • Dragon Board イメージに使用されている BSP バージョンは 2120.0.0.0 です。The BSP version used for our Dragon Board image is 2120.0.0.0.

このビルドでの既知の問題:Known issues in this build:

  • Visual Studio からの F5 ドライバーのデプロイは、IoT Core では機能しません。F5 driver deployment from Visual Studio does not work on IoT Core.
  • NOOBS を介してインストールされたデバイスでは、bcdedit ツールを実行してカーネル デバッガーを有効にすることはできません。Devices that were installed via NOOBS cannot run the bcdedit tool to enable the kernel debugger. これは、次の回避策を使用して達成できます: ** SD カードを PC にマウントする** diskpart または Disk Management を使用して EFIESP ドライブ パーティション番号を見つける (仮に “M:” とする) ** コマンド “bcdedit /store M:\EFI\Microsoft\boot\bcd /set {default} debug yes” を実行する** SD カードをアンマウントする。This can be achieved with the following workaround: ** Mount the SD card on your PC ** Find the EFIESP drive partition number with diskpart or Disk Management (say it’s “M:”) ** Run the command “bcdedit /store M:\EFI\Microsoft\boot\bcd /set {default} debug yes” ** Unmount the SD card. ** これで、通常どおりにデバッガーを接続できるはずです。** You should now be able to connect the debugger as usual
  • 時折、IoT デバイスにコマンドを送信しているときに PSSession が切断されます。On occasion, PSSession will break when sending commands to IoT devices.
  • RPi3 は、オンボードの Bluetooth で BT と BTLE のペアリングを行いません。RPi3 will not pair BT + BTLE with onboard Bluetooth.
  • Up2 の SoftAp を使用して WiFi 接続経由でインターネットに接続できません。Unable to connect to internet through WIFI connection with SoftAp of Up2.
  • 明るさの制御設定は、オーバーライド時には IoT で保持されません。Brightness control settings do not persist on IoT during Override.

IoT Core の一般的な既知の問題と回避策IoT Core general known issues and work arounds

Raspberry PiFor Raspberry Pi

モニターが切断された場合の Raspberry Pi の画面の解像度Raspberry Pi Display Resolution if monitor is disconnected

モニターが切断された場合、Raspberry Pi で画面の解像度が維持されない可能性があります。The Raspberry Pi may not maintain Display Resolution if monitor is disconnected. モニターが接続されると、その EDID を使用してシステムの解像度が設定されます。The EDID of the monitor is used to set the resolution of the system when one is connected. 切断されると、Raspberry Pi ファームウェアでは、SD カードのルートにある config.txt の既定値が使用されます。When disconnected, the Raspberry Pi firmware defaults to what is in the config.txt in the root of the SD card.

Raspberry Pi のビデオのパフォーマンスRaspberry Pi Video Performance

Raspberry Pi プラットフォームでのビデオ再生のパフォーマンスは最適化されません。Video playback performance on the Raspberry Pi platform is not optimized.  XAML ベースのドロップダウン メニューなどのアニメーション化されたユーザー要素で、最適ではないパフォーマンスが示される場合があります。  Animated user elements including XAML-based dropdown menus may exhibit less than optimal performance.  

Raspberry Pi のカメラのサポートRaspberry Pi Camera Support

カメラの周辺機器のサポートは制限されています。Support for camera peripheral devices is limited. オンボード カメラ バスに直接接続された PiCam デバイスはサポートされていません。これは、D3D Modern USB Webカメラをサポートするプラットフォームの制限により、USB ホスト コントローラーに対して非常に要求の厳しいデータ ストリームが生成されるためです。The PiCam device directly connected to the onboard camera bus is not supported due to limitations in the platform to support D3D Modern USB webcams produce data streams that are very demanding on the USB Host controller.  低い解像度の設定で使用した場合でも、Webカメラには、USB の微調整できる特殊な追加の制御ロジックが必要になります。  Even when used with low resolution settings webcams will require additional USB fine tuning and specialized control logic. 

Raspberry Pi3 の Bluetooth のサポートRaspberry Pi3 Bluetooth support

Raspberry Pi3 の組み込み Bluetooth ドライバーでは、低帯域幅のデバイスのみがサポートされます。The Raspberry Pi3 built-in Bluetooth driver only supports low bandwidth devices.

RPi2 でのシリアル ポートの使用状況とアクセスSerial Port Usage and Access on RPi2

Raspberry Pi 2 では、PL011 UART を介した通信でシリアル トランスポートがサポートされます。Raspberry Pi 2 supports the serial transport for communication through the PL011 UART.  これは、カーネル デバッグ シナリオでは既定で設定されます。  This is set by default in kernel debugging scenarios.  アプリケーションまたはデバイス ドライバーは、次のコマンドを使ってデバッガーをオフにして、PL011 UART を使用して PL011 デバイス ドライバーでデータを送受信することができます。  An application or device driver can use the PL011 UART to send and receive data with the PL011 device driver turning off the debugger using the following command:

bcedit /set debug off 

Raspberry Pi2 でデータ ブレークポイントが無効化されているData breakpoints have been disabled on the Raspberry Pi2

現時点では、回避策はありません。No workaround at this time.

Raspberry Pi 3 のオンボード アダプターの無効化Disabling the onboard adapters for Raspberry Pi 3

Raspberry Pi 3 にはオンボードの Bluetooth がありますが、これは、別のドングルを使用するために無効にする必要があります。オンボードの Bluetooth を無効にするには、telnet/ssh セッションを開いて次を実行してください。The Raspberry Pi 3 has onboard Bluetooth which must be disabled to use a different dongle to disable to onboard Bluetooth, open a telnet/ssh session and run:

reg add hklm\system\controlset001\services\BtwSerialH5Bus /v Start /t REG_DWORD /d 4 

次のコマンドを使用して WiFi を無効にすることができます。You may disable WiFi with the following command:

reg add hklm\system\controlset001\services\bcmsdh43xx /v Start /t REG_DWORD /d 4 

DragonBoardFor Dragon Board

Dragonboard 410c のシャットダウンDragonboard 410c Shutdown

DragonBoard では、シャットダウン コマンドではボードの電源はオフになりません。On the DragonBoard, a shutdown command will not power off the board. システムが再起動します。The system will restart. 電源を切ってボードの電源をオフにしてください。Please power off the board by disconnecting the power.

Dragon Board と WinDbgDragon Board and windbg

WinDbg を使用して DragonBoard に接続しているときは、GPIO/I2C/SPI/UART の各ドライバーは無効になります。The GPIO/I2C/SPI/UART drivers will be disabled when connecting to the DragonBoard with windbg.

Dragon Board のヘッドセットとマイクのジャックDragon Board headset & microphone jack

Dragonboard BSP には、ヘッドセット ジャックとマイク ジャック用のドライバーがありますが、これらのジャックのいずれもオンボードではありません。The Dragonboard BSP has drivers for the headset jack and microphone jack, but it doesn't have either of these jacks on board.

Dragonboard SPI が 4.8Mhz で実行されるDragonboard SPI runs at 4.8Mhz

Dragonboard の SPI は、要求された速度を無視し、常に 4.8 Mhz で実行されます。The SPI on the Dragonboard will ignore the requested speed and always run at 4.8 Mhz.

Dragonboard のコネクト スタンバイDragonboard Connected Standby

既定では、コネクト スタンバイは Qualcomm Dragonboard で有効ではありません。Connected Standby is not enabled on the Qualcomm Dragonboard by default. DragonBoard でコネクト スタンバイを有効にするには、次のレジストリ キーを "1" に設定する必要があります。To enable Connected Standby on DragonBoard the following registry key needs to be set to “1”:

HKLM\System\Controlset001\Control\Power\CsEnabled=DWORD:1 

注意

すべてのプラットフォームにコネクト スタンバイのサポートがあるわけではありません。Not all platforms have support for Connected Standby. これは、一部のプラットフォームでは機能しない可能性があります。This may not work on all platforms.

MinnowBoardFor MinnowBoard

Minnowboard Max の起動とファームウェアの更新Minnowboard Max Boot and Firmware Update

ファームウェアがバージョン.092 以降でない限り、MinnowBoard Max は起動しません。The MinnowBoard Max will not boot unless the firmware is version .092 or later. ファームウェアの推奨される最小バージョンは "MinnowBoard MAX 0.92 32-Bit" です。The minimum recommended version of the firmware is “MinnowBoard MAX 0.92 32-Bit”. ファームウェアの更新は、こちらからダウンロードできます。Firmware updates can be downloaded from here.

Minnow Board の周辺機器のサポートMinnow Board Peripheral Support

このドロップに含まれている Windows 10 IoT Core イメージでは、MinnowBoard MAX ボード上で公開されている周辺機器がサポートされています。The Windows 10 IoT Core image included in this drop supports the peripherals that are exposed on the MinnowBoard MAX board. これに続き、Intel® では、Intel Celeron™ プロセッサ J1900/N2930/N2807 および Intel Atom™ プロセッサ E38XX を含む、Baytrail プロセッサの全機能セットのサポートを提供する予定です。Subsequently, Intel® will provide support of the full feature set of the Baytrail processors including the Intel Celeron™ Processors J1900/N2930/N2807 and Intel Atom™ Processors E38XX.

すべてのプラットフォームFor All Platforms

デバッグ中にマウス ポインターが消えるMouse Pointer disappears while debugging

一部の例で、Visual Studio でアプリをデプロイまたはデバッグした後にマウス ポインターが見えなくなります。マウス ポインターは、キーボード (タブ) を使用してフォーカスを変更すると再び表示されます。In some cases, the mouse pointer is not visible after deploying or debugging apps with Visual Studio, the mouse pointer should reappear if you change focus using the keyboard (Tab).

パブリック ドキュメントにアクセスするAccessing public documents

ファイル アクセスのための基盤の API に対して変更が行われました。これには、パブリック ドキュメント ディレクトリにアクセスするために、アプリケーションで broadFileSystem アクセスを指定する必要があります。A change was made to the underlying APIs for file access which requires an application specify broadFileSystem access in order to access the public documents directory.

.XML ファイルのスニペットは次のようになります。The .XML file snippet should look like this:

<Package
  xmlns="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10"
  xmlns:mp="http://schemas.microsoft.com/appx/2014/phone/manifest"
  xmlns:uap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/uap/windows10"
  xmlns:rescap="http://schemas.microsoft.com/appx/manifest/foundation/windows10/restrictedcapabilities"
  IgnorableNamespaces="uap mp rescap">
--snip--
  <Capabilities>
    <uap:Capability Name="removableStorage" />
    <uap:Capability Name="picturesLibrary" />
    <rescap:Capability Name="broadFileSystemAccess" />
 </Capabilities>

</Package>

SoftAP を使用するサーバー アプリケーションServer Applications with SoftAP

SoftAP を使用しているとき、クライアントは、UAP アプリによって公開されているコンテンツにアクセスできなくなります。When using the SoftAP clients will not be able to access content exposed by UAP apps.
SoftAP を介して UAP アプリを公開するには、デバイスのコンソールから次の変更を行う必要があります。To expose UAP applications via SoftAP the following changes must be made from the console on the device:

reg add hklm\system\currentcontrolset\services\mpssvc\parameters /v IoTInboundLoopbackPolicy /t REG_DWORD /d 1 
checknetisolation loopbackexempt -a -n=<AppID for SoftAP App> 
checknetisolation loopbackexempt -a -n=<AppID for Additional App>  

次に、例を示します。For example:

checknetisolation loopbackexempt -a -n=IoTOnboardingTask-uwp_1w720vyc4ccym

再起動しますReboot

事前構築された FFU でのセンサー ドライバーの競合Sensor Driver conflict in pre-built FFUs

提供されている FFU でセンサー ドライバーの競合があります。There is a Sensor Driver Conflict in the provided FFUs. リモートのセンサー フレームワークは、コンパス、磁力計、加速度計、ジャイロ用の各ドライバーをインストールします。The Remote Sensor Framework installs drivers for Compass, Magnetometer, Accelerometer and Gyro. アプリケーションからこれらにアクセスするための UWP API では、1 つのみがインストールされていると想定されています。The UWP APIs for accessing these from an application assume just 1 is installed. 物理的にアタッチされたデバイス用のドライバーを開発する場合、Microsoft で提供している FFU でリモート ドライバーの競合が発生します。If you are developing a driver for a physically attached device, the remote driver on the Microsoft provided FFUs will conflict.

解決策:競合しているドライバーを削除することができます。そのためには、SSH または Powershell 経由でデバイスに接続し、"devcon.exe remove @”ROOT\REMOTESENSORDRIVER*" と入力して、ツール devcon.exe を使ってリモート センサー ドライバーを削除します。Resolution: The conflicting driver can be removed by connecting to the device via SSH or Powershell and using the tool devcon.exe to remove the remote sensor driver by typing “devcon.exe remove @”ROOT\REMOTESENSORDRIVER*”. リモート センサー ドライバーは、OEM 作成の FFU には影響を与えません。The remote sensor driver does not affect OEM created FFUs.

既定の管理者ユーザー名とパスワードDefault Administrator User Name and Password

既定の管理者ユーザー名とパスワードは、Windows 10 IoT Core イメージにハード コーディングされています。The default administrator user name and password are hard coded in the Windows 10 IoT Core image. これはデバイスにとってセキュリティ リスクであり、パスワードが変更されるまではオープンなインターネット接続に公開しないでください。This is a security risk for the device, and it should not be exposed to an open internet connection until the password has been changed.

ボリューム コントロールVolume Controls

システム ボリュームの変更において Windows システムに依存している USB のマイクとスピーカーのハードウェア ボリューム コントロールは、現在、Windows 10 IoT Core ではサポートされていません。Hardware volume controls for USB microphones and speakers which depend on Windows system to change system volume are currently not supported on Windows 10 IoT Core.

USB キーボードUSB Keyboards

一部の USB キーボードとマウスが IoT Core で機能しない場合があります。Some USB keyboards and mice may not work on IoT Core. 別のキーボードまたはマウスを使用してください。Use a different keyboard or mouse. こちらのドキュメントに、検証済みの周辺機器の一覧があります。A list of validated peripheral devices can be found in the documentation here.

画面の向きScreen Orientation

ユニバーサル アプリでは、"縦向き" の方向の設定が適用されない場合があります。Setting the orientation to “Portrait” may not be honored in a Universal App.

AllJoyn テンプレートを使用したアダプターの参照Referencing Adapters with AllJoyn Templates

特定の SDK バージョンの使用時に、AllJoyn アダプター プロジェクトに参照を追加しようとするとエラーが発生する場合があります。Attempting to add references to AllJoyn adapter projects may result in errors when using specific SDK versions. これらの問題を解決するには、現在の SDK バージョンに一致するように Visual Studio のターゲット プラットフォームを変更してから、プロジェクトを再度読み込んでください。To resolve these errors, change Visual Studio’s target platform to match the current SDK version, then reload the project.

IoTCore での WiFi Direct の制限WiFi Direct limitations on IoTCore

  • IoTCore デバイスは、接続元デバイスでなければならず、別のデバイスが接続を開始するアドバタイジング デバイスとしては機能しません。The IoTCore device has to be the connecting device – it will not work as the advertising device with another device initiating the connection.
  • 高度なペアリングを使用する必要があります。Advanced pairing must be used. サンプル アプリでは、高度なペアリング API を使用して、接続する前にデバイスをペアリングする方法を示します。The sample app demonstrates how to use the advanced pairing API’s to pair the devices prior to connecting.
  • すべてのワイヤレス アダプターで WiFi Direct がサポートされているわけではありません。Not all wireless adapters support WiFi direct. "Realtek RTL8188EU Wireless Lan 802.11n USB 2.0 Network adapter" が機能することはテストおよび検証済みですが、他のアダプターはサポートされていない可能性があります。We have tested and validated that the “Realtek RTL8188EU Wireless Lan 802.11n USB 2.0 Network adapter” works, but other adapters may not be supported.

既定以外のドライブ モードNon-default drive mode

Raspberry Pi と Dragonboard で、既定以外のあるドライブ モードから、既定以外の別のドライブ モードに切り替えると、GPIO ピンで問題が発生する可能性があります。On Raspberry Pi and Dragonboard, switching from a non-default drive mode to a different non-default drive mode may produce a glitch on the GPIO pin. 対応策:アプリケーションの開始時にドライブ モードを 1 回設定します。WORKAROUND: Set drive mode once at the beginning of the application.

アプリケーションが既に実行されているApplication already running

既定のスタートアップ アプリは、Visual Studio からもデプロイされた場合、それ自体と競合する可能性があります。The Default startup app may conflict with itself when it is also deployed from Visual Studio. 対応策:既定のスタートアップ アプリを、デプロイしたいアプリケーション以外のものに変更します。WORKAROUND: Change the default startup app to an application other than that you wish to deploy.

BackgroundMediaPlayer.MessageReceivedFromForeground がクラッシュする場合があるBackgroundMediaPlayer.MessageReceivedFromForeground may crash

次のコード行がクラッシュする場合があります。"BackgroundMediaPlayer.MessageReceivedFromForeground += OnMessageReceivedFromForeground;".The following line of code may crash: “BackgroundMediaPlayer.MessageReceivedFromForeground += OnMessageReceivedFromForeground;”. クラッシュを防ぐには、次のコードを追加して最初に実行されるようにします: "var player = BackgroundMediaPlayer.Current;"To prevent the crash, add this code so that it is executed first “var player = BackgroundMediaPlayer.Current;”

Azure Active Directory 認証のサポートAzure Active Directory Authentication Support

Azure Active Directory 認証ライブラリは、Windows 10 IoT Core では機能しません。The Azure Active Directory Authentication Library does not work on Windows 10 IoT Core.

アプリケーションのシェル管理がクラッシュするShell Management of Application Crashes

IoT Core のシェルのインフラストラクチャは、デバイスで実行されている APPX 型のアプリケーションでクラッシュの監視を行い、クラッシュが発生するとそれらのアプリケーションを再起動します。IoT Core’s shell infrastructure monitors APPX-type applications running on the device for crashes, and restarts those applications when crashes occur. 再起動されたアプリケーションがクラッシュし続ける場合、シェルは __failfast (回復を試みてバグチェックと再起動を行う、システムの重要なプロセス) を使用します。If the restarted applications continue to crash, the shell will employ a __failfast – a system critical process that causes a bugcheck and reboot in an attempt to recover. 同等のロジックと処理が、ヘッド付き構成でバックグラウンド タスクとフォアグラウンド アプリケーションに使用されます。Comparable logic and handling is used to background tasks and foreground applications in a headed configuration. クラッシュの処理と再試行ロジックのキャプチャを以下に示します。Crash handing and retry logic is captured below:

Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\IoTShellExtension\CBTConfig  (or ForegroundAppConfig for headed) 
Qword:"FailureResetIntervalMs" – length of time app has to run successfully to reset failures seen to 0. – default is 0x00000000000493E0 == 5 minutes 
Qword:"BaseRetryDelayMs"  -- wait time coefficient.  Default is 0xa. 
Dword:"MaxFailureCount". Default is 10 
DWord:"FallbackExponentNumerator", default is 31. 
Dword:"FallbackExponentDenominator", default is 20 
Fallback_exponent = FallbackExponentNumerator / FallbackExponentDenominator; // default is 1.55 

アプリのクラッシュが検出された場合:When app crash is detected:

if time_since_last_crash > failureresetinterval then crashes_seen = 1 

else ++crashes_seen; 

if crashes_seen > MaxFailureCount then __failfast; 

else  

delay = (dword) ((float)BaseRetryDelayMs * (crashes_seen ** Fallback_exponent)) 

遅延を待って、アプリを再起動しますWait for delay and relaunch app

時刻の同期Time Synchronization

時刻の同期が失敗したりタイムアウトになったりする場合は、タイム サーバーが到達不能か離れていることが原因の可能性があります。次の手順を実行して、追加のタイム サーバーやローカル タイム サーバーを追加することができます。If time sync is failing or timing out this may be due to unreachable or a distant time server, the following can be done to add additional or local time servers.

  1. デバイスのコマンド ラインから (例:From a command line on the device (eg. SSH、Powershell) w32tm /config /syncfromflags:manual /manualpeerlist:"0.windows.time.com 1.pool.ntp.org 2.something else, ..."SSH, Powershell) w32tm /config /syncfromflags:manual /manualpeerlist:"0.windows.time.com 1.pool.ntp.org 2.something else, ..."

  2. また、必要に応じて、起動スクリプトや、イメージ作成プロセスの一部として組み込まれているカスタム ランタイム構成パッケージを介して、レジストリにそれらの追加を行うこともできます。You may also make these additions to the registry via a boot script or a custom runtime configuration package included as part of the image creation process if needed. 詳細については、次を参照してください。For more details, see:

FTP サーバーの開始Starting the FTP Server

FTP サーバーは、既定で起動時に実行されなくなりました。The FTP Server no longer runs by default at start-up

1 回実行するには、次のようにします。SSH\PS を使用してログインし、次のコマンドを実行して FTP を開始します。To run once: Login with SSH\PS and run this command to start FTP:

start ftpd.exe 

毎回起動時に実行するには、ユーザーがスケジューラ タスクを作成する必要があります。SSH\PS でログインし、スケジューラ タスクを作成します。To run on every boot Users should create a scheduler task: Login with SSH\PS and create a scheduler task:

schtasks /create /tn "IoTFTPD" /tr ftpd.exe /ru system /sc onstart 
Schtasks /run /tn “IoTFTPD”