Windows 10 IoT Core の概要An overview of Windows 10 IoT Core

注意

Windows 10 コンテナーは、Microsoft Azure IoT Edge を利用した商用展開を目的として Windows IoT Core および Windows IoT Enterprise でのみ使用できます。Windows 10 Containers can only be used with Windows IoT Core and Windows IoT Enterprise for commercial deployments utilizing Microsoft Azure IoT Edge.

Windows 10 IoT Core とはWhat is Windows 10 IoT Core?

Windows 10 IoT Core は、ARM デバイスと x86/x64 デバイスの両方で稼働する小型デバイス (ディスプレイ付きまたはディスプレイなし) 向けに最適化された Windows 10 のバージョンです。Windows 10 IoT Core is a version of Windows 10 that is optimized for smaller devices with or without a display that run on both ARM and x86/x64 devices. Windows IoT Core のドキュメントには、デバイスの接続、管理、更新、セキュリティ保護、その他に関する情報が記載されています。The Windows IoT Core documentation provides information on connecting, managing, updating, securing your devices, and more.

次のレベルに進んでソリューションを商用化する準備ができたら、Windows 10 IoT Core の製造に関するガイドで、Windows 10 IoT Core を使用した製造方法を学ぶことができます。If you're ready to go to the next level and start commercializing your solution, you can learn how to manufacture with Windows 10 IoT Core with our Windows 10 IoT Core Manufacturing Guide.

概要Getting started

デバイスの製造を試行する前に、まず Windows 10 IoT Core を使用してデバイスのプロトタイプを作成してみることをお勧めします。Before attempting to manufacture a device, it's best to first try and prototype a device with Windows 10 IoT Core. そうすることで、製造を開始したときにどのような機能が必要になり、どのような構成を行う必要があるかを把握することができます。That way, you can understand what features you'll need and what configurations you'll want when it's time to manufacture.

トピックTopic 説明Description

1. プロトタイプ ボードの選択1. Pick a prototype board

一般的なプロトタイプ ボードを確認し、プロトタイプの作成を開始するために使用するものを選択します。Take a look at common prototype boards and choose one to start prototyping with.

2. プロトタイプ イメージのフラッシュ2. Flash a prototype image

チュートリアル セクションに移動して、選択したデバイスにプロトタイプ イメージをフラッシュする方法を確認してください。Go to our tutorial sections to learn how to flash prototype images onto your selected device(s).

2. 3. アプリのインストール2. 3. Install your app

さまざまなツールを使用してアプリをインストールする方法について説明します。Learn how to install your app using different tools.

4. アプリのデプロイ4. Deploy your app

Visual Studio を使用してアプリをデプロイする方法について説明します。Learn how to deploy an app using Visual Studio.

Windows 10 デスクトップと Windows 10 IoT Core の違いDifferences between Windows 10 Desktop and Windows 10 IoT Core

デスクトップと IoT Core で使用できる機能の違いDifferent features available on Desktop and IoT Core

  • インボックスの Cortana は、バージョン 1809 (17763) 以降、Windows 10 IoT Core で使用できなくなりました。Inbox Cortana is no longer available on Windows 10 IoT Core since version 1809 (17763). 音声対応デバイスを素早く市場に投入しようとしている場合は、Cortana デバイス SDK のプレビューを使って Cortana のサポートをデバイスに統合することができます。If you are looking to bring a voice-enabled device to market quickly, you can integrate Cortana support into the device using the preview of the Cortana Devices SDK.
  • FileOpenPicker API は Windows 10 IoT Core ではサポートされていません。The FileOpenPicker API is not supported in Windows 10 IoT Core. ローカル ドライブやリムーバブル記憶域にアクセスするには、独自のアプリケーションでこれを実装することができます。To access local drives or removable storage, you can implement this in your own application.
  • 既定では、Windows 10 IoT Core デバイスは、デスクトップのような PC ではなく、既定のアプリを起動します。Out of the box, The Windows 10 IoT Core device will boot to the default app instead of a desktop-like PC. ただし、商用化のためには、この既定のアプリをカスタム アプリ、または変更可能な既定のアプリに置き換える必要がありますHowever, for commercialization, this default app must be replaced by either a custom app or a default app that can be modified. このアプリケーションの目的は、最初のブート時に対話する使いやすいシェルを提供することだけではなく、このアプリケーションにオープン ソースのコードを使用できるようにすることでもあります。それにより、これらの機能を使って独自のカスタム アプリケーションをプラグ アンド プレイすることができます。The purpose of this application is not only to provide you with a friendly shell to interact with upon first boot, but to also allow you to use the open-sourced code for this application so that you can use these features to plug and play your own custom application(s).

ドライバーでサポートされる領域の違いDifferences in driver-supported areas

  • Windows 10 デスクトップには、Windows 10 IoT Core よりも多くのサポート対象ドライバーがあります。Windows 10 Desktop has more supported drivers than Windows 10 IoT Core. 同じデバイスが、デスクトップと同様に Windows 10 IoT Core でも機能するようにするには、Windows 10 IoT Core デバイス用のソースからドライバーをビルドするか、別の回避策を見つけなければならない場合があります (特に ARM アーキテクチャの場合)。To make the same device(s) work on Windows 10 IoT Core as on Desktop, you may need to build a driver from soruce for a Windows 10 IoT Core device or find another workaround, especially for ARM architecture.
  • Windows 10 IoT Core (ARM) の libusb 用の既定ドライバはありません。ARM アーキテクチャを対象としてソースからビルドする必要があります。There is no out-of-the-box driver for libusb for Windows 10 IoT Core (ARM) - you will need to build from source to target the ARM architecture.

使用可能なレジストリ セットの違いDifferences in available registry set

  • デスクトップに、オフに設定できる "Windows で自動的にスクロール バーを非表示にする" オプションがあります。On desktop, there is an option to "Automatically hide scroll bars in Windows" that can be set to off. それは、次のレジストリ エントリで制御されます。It is controlled by the following registry entry:
HKEY_CURRENTUSER\Control Panel\Accessibility
  • 既定では、Windows 10 IoT Core デバイスにはそのようなレジストリはありません。There is no such registry on Windows 10 IoT Core devices by default. 必要な場合は、"Dynamic Scrollbars" レジスタを追加する必要があります。You will need to add a "Dynamic Scrollbars" register if you want.
  • UWP アプリケーションでのスクロール バーの自動的な非表示を有効にするには、"DynamicScrollbars" レジスタを追加して、次のように値を "1" に設定します。To enable hide scroll bars automatically in a UWP application, you can add the "DynamicScrollbars" register and set the value to "1" like this:
REG ADD "HKCU\Control Panel\Accessibility" /v DynamicScrollbars /t REG_DWORD \d "1"
  • レジストリ キーは、既定のアカウントから設定する必要があります。The registry key must be set from the Default Account. ScrollViewer の XAML 設定が "Visible" の場合、レジストリ設定を 0 にすると、UI にスクロールを表示するのに十分なコンテンツがあるかどうかに関係なく、スクロール バーは強制的に表示されます。If the ScrollViewer's XAML setting is "Visible", the nthe registry setting of 0 will force the scroll bar to appear regardlss of whether there is sufficient content to have the scroll appear in the UI. レジストリ設定が 1 の場合は、十分なコンテンツがない限りスクロール バーは非表示のままになります。A registry setting of 1 will keep the scroll bar hidden until there is sufficient content.
<TextBox Height="200" Width="100" IsEnabled="True" FontSize="50" TextWrapping="Wrap" ScrollViewer.VerticalScrollBarVisibility="Visible" Text="..."/>
  • 最後に、ScrollViewer XAML の設定が "Auto" の場合は、レジストリ設定を 0 にすると、スクロール バーを表示するのに十分なコンテンツがある場合にのみ、完全なスクロール バーが表示されます。Lastly, if the ScrollViewer XAML's setting is "Auto" then the registry setting of 0 will only show the full scroll bar when there is enough content to display the scroll bar. レジストリ設定が 1 の場合は、スクロール バーは十分なコンテンツがあるときには表示され、コンテンツがないときには非表示になります。When the registry setting is 1, the scroll bar will appear then when there is enough content or hidden if there is no content.
<TextBox Height="200" Width="100" IsEnabled="True" FontSize="50" TextWrapping="Wrap" ScrollViewer.VerticalScrollBarVisibility="Auto" Text="..."/>

サポートされるコマンドの違いDifferent commands supported

  • PowerShell Remove-AppxPackage コマンドは、デスクトップでは機能しますが、Windows 10 IoT Core では機能しません。The PowerShell Remove-AppxPackage command works on Desktop but not on Windows 10 IoT Core.
  • ユニバーサル Windows アプリからデバイス上のすべてのフォルダーにアクセスできるわけではありません。Not all folders on your device are accessible by Universal Windows Apps. Windows 10 IoT Core では、FolderPermissions ツールを使用して、UWP アプリからフォルダーにアクセスできるようにすることが可能です。On Windows 10 IoT Core you can use the FolderPermissions tool to make a folder accessible to a UWP app. たとえば、UWP アプリに c:\test フォルダーへのアクセス権を付与するには、FolderPermissions c:\test -e を実行します。For example, run FolderPermissions c:\test -e to give UWP apps access to c:\test folder. ただし、これはデスクトップでは使用できません。However, this is not available on Desktop.

Windows 10 IoT Core は絶えず更新されているため、この投稿で述べられているすべての相違点は、将来当てはまらない可能性があります。All differences described in this post may not be valid in the future because Windows 10 IoT Core is constantly being updated.

役立つリソースHelpful resources

Windows 10 IoT Core の詳細情報については、こちらのドキュメントをお読みくださいRead our documentation to learn more about Windows 10 IoT Core.