Windows 10 IoT Enterprise の概要An overview of Windows 10 IoT Enterprise

Windows 10 IoT Enterprise とはWhat is Windows 10 IoT Enterprise?

Windows 10 IoT Enterprise は、IoT ソリューションにエンタープライズの管理の容易性とセキュリティを提供する Windows 10 の通常版です。Windows 10 IoT Enterprise is a full version of Windows 10 that delivers enterprise manageability and security to IoT solutions. Windows 10 IoT Enterprise は、世界中の Windows エコシステムにおけるすべての利点を共有します。Windows 10 IoT Enterprise shares all the benefits of the world-wide Windows ecosystem. これは Windows 10 Enterprise と同等のバイナリのため、クライアント PC やノート PC と同じ使い慣れた開発ツールおよび管理ツールを使用できます。It is a binary equivalent to Windows 10 Enterprise, so you can use the same familiar development and management tools as client PCs and laptops. ただし、ライセンスと配布に関しては、デスクトップ バージョンと IoT バージョンでは異なります。However, when it comes to licensing and distribution, the desktop version and IoT versions differ. Windows 10 IoT Enterprise には長期サービス チャネル (LTSC) と半期チャネル (SAC) の両方のオプションがあることに注意してください。Note that Windows 10 IoT Enterprise offers both Long-term Servicing Channel (LTSC) and Semi-Annual Channel (SAC) options. OEM は、各自のデバイスに必要なバージョンを選択できます。OEMs can choose the version they require for their devices.

はじめにGetting started

Windows 10 IoT Enterprise での製造を開始するには、Windows IoT ディストリビューターにご連絡いただく必要があります。In order to start your journey in manufacturing with Windows 10 IoT Enterprise, you'll need to reach out to a Windows IoT distributor.

また、Windows 10 IoT Enterprise の 90 日の評価版をお試しいただくこともできます。You can also try the Windows 10 IoT Enterprise 90 day evaluation.

そこから、Windows 10 IoT Core の製造に関するガイドで、Windows 10 IoT Enterprise での製造方法を学ぶことができます。From there, you can learn how to manufacture with Windows 10 IoT Enterprise with our the Windows 10 IoT Enterprise Manufacturing Guide.

固定目的デバイスFixed purpose devices

ヒント

Windows 10 IoT Enterprise のすべての使用シナリオに関する完全ガイダンスについては、ライセンス契約を参照してください。See your licensing agreement for complete guidance on all Windows 10 IoT Enterprise usage scenarios. このライセンス契約をお持ちでない場合は、商用契約について、提携する OEM にお問い合わせください。If you do not have this licensing agreement, ask the OEM you work with for the commercial agreement.

Windows は、世界中の消費者や企業が使用するノート PC やデスクトップのオペレーティング システムとしてよく知られています。Windows is well known as the operating systems on laptop and desktops used by consumers and businesses world-wide. あまり知られていないのですが、Windows は何年も前から、多くの ATM マシン、販売時点管理端末、産業自動化システム、シン クライアント、医療デバイス、デジタル サイネージ、キオスク、およびその他の固定目的デバイスにも搭載されています。What is less well known is that for years, Windows has also powered many ATM machines, point-of-sale terminals, industrial automation systems, thin clients, medical Devices, digital signage, kiosks, and other fixed purpose devices. Windows 10 IoT Enterprise では、ライセンス契約に特定の許容量と制限がある、固定目的デバイスを構築することができます。Windows 10 IoT Enterprise allows you to build fixed purpose devices with specific allowances and restrictions in the license agreement.

固定目的デバイスは、次の点で汎用デバイスと異なります。A fixed purpose device differs from a general purpose device in the following ways:

  • デバイスは、割り当てられたアクセスまたはシェル ランチャー機能によって、1 つのアプリケーションまたは固定された一連のアプリケーションにロックダウンされます。The device is locked down to a single application or fixed set of applications through the Assigned Access or Shell Launcher features.
  • お客様が電源を入れると、デバイス エクスペリエンスをすぐに利用できます。The device experience is immediate when the customer powers-on. これは、通常の Windows out-of-box experience をスキップするようにデバイス イメージを構成することで実現できます。This is achieved by configuring the device image to skip the normal Windows out-of-box experiences.
  • キーボード、USB ポート、およびデバイス ポリシーはロックダウンされ、デバイスが固定目的でのみ使用されるように制限されます。Keyboards, USB ports, and device policies are locked down to constrain the device to be used only in its fixed purpose.
  • OEM は、デバイスにソフトウェアを添付した状態で、デバイスを完全な製品としてユーザーにライセンス供与し、独自の契約で Windows の特定の条項を満たします。The OEM licenses the device to the user with the software attached to the device as a complete product and passes through specific Windows terms in their own agreements.
  • OEM は、オペレーティング システムによって実行される機能を含む、製品全体に対するカスタマー サポートを提供します。The OEM provides the customer support for their complete product, including the functions performed by the operating system.

長期サービス チャネル (LTSC)Long-term Servicing Channel (LTSC)

医療装置、販売時点管理システム、ATM を制御する PC などの専用システムでは、多くの場合、それらの目的のためにより長いサービス オプションが必要です。Specialized systems, such as PCs that control medical equipment, point-of-sale systems, and ATMs, often require a longer servicing option because of their purpose. 通常、これらのデバイスは 1 つの重要なタスクを実行し、組織内の他のデバイスほど頻繁に機能更新プログラムを適用する必要がありません。These devices typically perform a single important task and don’t need feature updates as frequently as other devices in the organization. これらのデバイスでは、UI を変更して最新の状態に保つよりも、安定性と安全性をできるだけ高く保つことの方が重要です。It’s more important that these devices be kept as stable and secure as possible than that they be up to date with UI changes. LTSC サービス モデルでは、Windows 10 IoT Enterprise LTSC デバイスが通常の機能更新プログラムを受信することを防止し、デバイスのセキュリティを最新の状態に保つ品質更新プログラムのみを提供します。The LTSC servicing model prevents Windows 10 IoT Enterprise LTSC devices from receiving the usual feature updates and provides only quality updates to ensure that device security stays up to date. これを考慮しながら、Windows 10 IoT Enterprise の LTSC クライアントで品質更新プログラムをすぐに利用できますが、お客様はサービス ツールのセクションで説明したサービス ツールの 1 つを使ってそれらを延期することを選択できます。With this in mind, quality updates are still immediately available to Windows 10 IoT Enterprise LTSC clients, but customers can choose to defer them by using one of the servicing tools mentioned in the Servicing tools section.

Microsoft では、約 3 年ごとに新しい Windows 10 IoT Enterprise LTSC がリリースされます。Microsoft makes available a new Windows 10 IoT Enterprise LTSC release approximately every three years. Windows 10 IoT Enterprise LTSC リリースはそれぞれ独自の SKU であり、以前の LTSC リリース以降の Windows 10 IoT Enterprise の機能更新プログラムに含まれる、すべての新機能とサポート更新プログラムが含まれています。Each Windows 10 IoT Enterprise LTSC release is its own SKU and contains all the new capabilities and support updates included in the Windows 10 IoT Enterprise features updates since the previous LTSC release. これらの機能更新プログラムにアクセスするには、新しい Windows 10 IoT Enterprise LTSC SKU ライセンスを購入する必要があります。To access these feature updates, a new Windows 10 IoT Enterprise LTSC SKU license must be purchased. たとえば、Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSC の公開以降にリリースされた新しいセキュリティ、展開、管理に関する更新プログラムと機能にアクセスするには、Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC のライセンスを購入し、デバイスに更新プログラムを適用する必要があります。For example, to get access to the new security, deployment, and management updates and features released since the launch of Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSC, a license for Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC must be purchased, and an update applied to the device.

注意

LTSC リリースの有効期間が長いことと、特定のリリースで 10 年間使用できるという利点があるため、ある LTSC リリースから別のものに移行するお客様にはアップグレード料金が発生します。Due to the long life of the LTSC releases and the benefit of remaining on a specific release for 10 years, an upgrade fee will be charged for customers moving from one LTSC release to another.

長期サポート シリコンの詳細Long-Term Support Silicon Details

Windows 10 IoT Enterprise 2019 リリースは、LTSC リリースとなります。The Windows 10 IoT Enterprise 2019 release will be an LTSC release. Windows 10 LTSC と使用可能なその他のチャネルの一般的な説明については、こちらを参照してください。See here for a general description of Windows 10 LTSC and other channels available. Windows 10 の各エディションとチャネルのプロセッサ サポートの詳細については、こちらを参照してください。You can find details on processor support for each edition and channel of Windows 10 here.

役立つリソースHelpful resources

注意

Windows EPKEA OEM ライセンス認証について説明し、製造対応の Windows IoT Enterprise WIM デバイス イメージを生成するためのガイダンスを提供する追加リソースが、ディストリビューターから入手できる場合があります。Additional resources may be available from your distributor to explain Windows EPKEA OEM Activation and provide guidance in generating your manufacturing-ready Windows IoT Enterprise WIM device image.