アプリモデルApp model

Windows Mixed Reality は、ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP) によって提供されるアプリモデルを使用します。これは、最新の windows アプリ用のモデルと環境です。Windows Mixed Reality uses the app model provided by the Universal Windows Platform (UWP), a model and environment for modern Windows apps. UWP アプリモデルは、アプリのインストール、更新、バージョン管理、および完全な削除の方法を定義します。The UWP app model defines how apps are installed, updated, versioned and removed safely and completely. アプリケーションのライフサイクル (アプリの実行、スリープ、終了のしくみ、および状態を保持する方法) を制御します。It governs the application life cycle - how apps execute, sleep and terminate - and how they can preserve state. また、オペレーティングシステム、ファイル、およびその他のアプリとの統合と相互作用についても説明します。It also covers integration and interaction with the operating system, files and other apps.

朝食領域の Windows Mixed Reality ホームに配置された2D アプリ2D apps arranged in the Windows Mixed Reality home in a breakfast area
Windows Mixed Reality ホームに2D ビューが配置されているアプリApps with a 2D view arranged in the Windows Mixed Reality home

アプリのライフサイクルApp lifecycle

混合現実アプリのライフサイクルには、配置、起動、終了、削除などの標準的なアプリの概念が含まれます。The lifecycle of a mixed reality app involves standard app concepts such as placement, launch, termination and removal.

配置を開始しますPlacement is launch

すべてのアプリは、 Windows Mixed reality ホームにアプリタイル ( windows セカンダリタイルのみ) を配置することによって、mixed reality で開始されます。Every app starts in mixed reality by placing an app tile (just a Windows secondary tile) in the Windows Mixed Reality home. これらのアプリタイルは、配置時にアプリの実行を開始します。These app tiles, on placement, will start running the app. これらのアプリタイルは、配置されている場所に保持され、いつでもアプリに戻るときのランチャーのように動作します。These app tiles persist and stay at the location where they are placed, acting like launchers for anytime you want to get back to the app.

配置では、セカンダリタイルを世界中に配置しますPlacement puts a secondary tile in the world
配置では、セカンダリタイルを世界中に配置しますPlacement puts a secondary tile in the world

配置が完了するとすぐに (アプリの起動のためにアプリによって配置が開始された場合を除き)、アプリの起動が開始されます。As soon as placement completes (unless the placement was started by an app to app launch), the app starts launching. Windows Mixed Reality では、限られた数のアプリを一度に実行できます。Windows Mixed Reality can run a limited number of apps at one time. アプリを配置して起動するとすぐに、他のアクティブなアプリが中断され、アプリが配置されている場所でアプリの最後の状態のスクリーンショットが残ります。As soon as you place and launch an app, other active apps may suspend, leaving a screenshot of the app's last state on its app tile wherever you placed it. 再開とその他のアプリライフサイクルイベントの処理の詳細については、「 Windows 10 UWP アプリのライフサイクル」を参照してください。See Windows 10 UWP app lifecycle for more information on handling resume and other app life cycle events.

タイルを配置すると、アプリの実行中、中断、または実行されていない状態の図が開始されます。After placing a tile, the app starts running State diagram for app running, suspended or not running
Left: タイルを配置すると、アプリの実行が開始されます。Right: アプリの実行中、中断中、または実行されていない状態の図。Left: after placing a tile, the app starts running. Right: state diagram for app running, suspended, or not running.

終了プロセスと終了プロセスを削除するRemove is close/terminate process

配置されたアプリのタイルを世界から削除すると、基になるプロセスが終了します。When you remove a placed app tile from the world, this closes the underlying processes. これは、アプリが終了したことを確認したり、問題のあるアプリを再起動したりするのに役立ちます。This can be useful for ensuring your app is terminated or restarting a problematic app.

アプリの中断/終了App suspension/termination

Windows Mixed Reality ホームでは、ユーザーはアプリに対して複数のエントリポイントを作成できます。In the Windows Mixed Reality home, the user is able to create multiple entry points for an app. これを行うには、[スタート] メニューからアプリを起動し、アプリのタイルを世界中に配置します。They do this by launching your app from the Start menu and placing the app tile in the world. 各アプリタイルは、異なるエントリポイントとして動作し、システムに個別のタイルインスタンスがあります。Each app tile behaves as a different entry point, and has a separate tile instance in the system. Secondarytile のクエリ。 FindAllAsyncは、各アプリインスタンスのsecondarytileになります。A query for SecondaryTile.FindAllAsync will result in a SecondaryTile for each app instance.

UWP アプリが中断すると、現在の状態がスクリーンショットとして取得されます。When a UWP app suspends, a screenshot is taken of the current state.

中断されたアプリでスクリーンショットが表示されるScreenshots are shown for suspended apps
中断されたアプリでスクリーンショットが表示されるScreenshots are shown for suspended apps

他の Windows 10 シェルとの重要な違いの1つは、アプリインスタンスのアクティベーションがCoreApplicationイベントとcorewindowによってどのように通知されるかということです。One key difference from other Windows 10 shells is how the app is informed of an app instance activation via the CoreApplication.Resuming and CoreWindow.Activated events.

シナリオScenario ResumingResuming アクティブActivated
[スタート] メニューからアプリの新しいインスタンスを起動するLaunch new instance of app from the Start menu 新しいタイル idアクティブ化されましたActivated with a new TileId
[スタート] メニューからアプリの2番目のインスタンスを起動するLaunch second instance of app from the Start menu 新しいタイル idアクティブ化されましたActivated with a new TileId
現在アクティブでないアプリのインスタンスを選択しますSelect the instance of the app that is not currently active インスタンスに関連付けられたタイル idアクティブ化されますActivated with the TileId associated with the instance
別のアプリを選択し、以前にアクティブなインスタンスを選択します。Select a different app, then select the previously active instance 再開の発生Resuming raised
別のアプリを選択し、以前に非アクティブだったインスタンスを選択します。Select a different app, then select the instance that was previously inactive 再開の発生Resuming raised その後、インスタンスに関連付けられたタイル idアクティブ化されます。Then Activated with the TileId associated with the instance

拡張実行Extended execution

場合によっては、アプリがバックグラウンドで作業を継続したり、オーディオを再生したりする必要があります。Sometimes your app needs to continue doing work in the background or playing audio. HoloLens では、バックグラウンドタスクを使用できます。Background tasks are available on HoloLens.

アプリはバックグラウンドで実行できますApps can run in the background
アプリはバックグラウンドで実行できますApps can run in the background

アプリ ビューApp views

アプリがアクティブになると、表示するビューの種類を選択できます。When your app activates, you can choose what type of view you'd like to display. アプリのCoreApplicationには、常にプライマリアプリビューと、作成するアプリビューがいくつかあります。For an app's CoreApplication, there is always a primary app view and any number of further app views you would like to create. デスクトップでは、アプリビューをウィンドウと見なすことができます。On desktop, you can think of an app view as a window. Mixed reality アプリテンプレートでは、プライマリアプリビューがイマーシブである Unity プロジェクトが作成されます。Our mixed reality app templates create a Unity project where the primary app view is immersive.

アプリ内購入などの Windows 10 機能を使用するには、XAML などのテクノロジを使用して、追加の2D アプリビューを作成できます。Your app can create an additional 2D app view using technology like XAML, to use Windows 10 features such as in-app purchase. アプリが他の Windows 10 デバイスの UWP アプリとして起動された場合、プライマリビューは2D になりますが、エクスペリエンスの volumetrically を表示するためのアプリビューを追加することによって、混合現実に "明るい" ことができます。If your app started as a UWP app for other Windows 10 devices, your primary view is 2D, but you could "light up" in mixed reality by adding an additional app view that's immersive to show an experience volumetrically. たとえば、XAML でフォトビューアーアプリをビルドし、スライドショーボタンが世界中および画面上のアプリから写真を撮影したイマーシブアプリビューに切り替わったとします。Imagine building a photo viewer app in XAML where the slideshow button switched to an immersive app view that flew photos from the app across the world and surfaces.

実行中のアプリは、2D ビューまたはイマーシブビューを持つことができます。The running app can have a 2D view or an immersive view
実行中のアプリは、2D ビューまたはイマーシブビューを持つことができます。The running app can have a 2D view or an immersive view

イマーシブビューの作成Creating an immersive view

Mixed reality アプリとは、 HolographicSpaceの種類で実現されるイマーシブビューを作成するアプリです。Mixed reality apps are those that create an immersive view, which is achieved with the HolographicSpace type.

純粋にイマーシブなアプリでは、デスクトップから起動した場合でも、常に起動時にイマーシブビューを作成する必要があります。An app that is purely immersive should always create an immersive view on launch, even if launched from the desktop. イマーシブビューは、いつ作成されたかに関係なく、ヘッドセットに常に表示されます。Immersive views always show up in the headset, regardless of where they were created from. イマーシブビューをアクティブ化すると、Mixed Reality ポータルが表示され、ユーザーはヘッドセットに配置することができます。Activating an immersive view will display the Mixed Reality Portal and guide the user to put on their headset.

デスクトップモニターの2D ビューから開始するアプリでは、ヘッドセット内のコンテンツを表示するための2次的なイマーシブビューを作成できます。An app that starts with a 2D view on the desktop monitor may create a secondary immersive view to show content in the headset. この例として、モニター上の 2D Edge ウィンドウで、ヘッドセットに360度のビデオが表示されています。An example of this is a 2D Edge window on the monitor displaying a 360-degree video in the headset.

イマーシブビューで実行されているアプリが1つだけ表示されるApps running in immersive view are the only one visible
イマーシブビューで実行されているアプリが1つだけ表示されるAn app running in an immersive view is the only one visible

Windows Mixed Reality ホームの2D ビュー2D view in the Windows Mixed Reality home

イマーシブビュー以外のものは、世界中の2D ビューとしてレンダリングされます。Anything other than an immersive view is rendered as a 2D view in your world.

アプリでは、デスクトップモニターとヘッドセットの両方に2D ビューがある場合があります。An app may have 2D views on both the desktop monitor and in the headset. 新しい2D ビューは、モニターまたはヘッドセットで作成したビューと同じシェルに配置されることに注意してください。Note that a new 2D view will be placed in the same shell as the view that created it, either on the monitor or in the headset. 現在、アプリまたはユーザーが混合現実ホームとモニターの間で2D ビューを移動することはできません。It is not currently possible for an app or a user to move a 2D view between the Mixed Reality home and the monitor.

2D ビューで実行されているアプリが混合世界の領域を他のアプリと共有するApps running in 2D view share the space in the mixed world with other apps
2D ビューで実行されているアプリが他のアプリとスペースを共有するApps running in a 2D view share the space with other apps

追加のアプリタイルの配置Placement of additional app tiles

セカンダリタイル apiを使用すると、世界中に2d ビューのアプリをいくつでも配置できます。You can place as many apps with a 2D view in your world as you want with the Secondary Tile APIs. これらの "ピン留め" タイルは、ユーザーが配置する必要があるスプラッシュスクリーンとして表示され、後でアプリを起動するために使用できます。These "pinned" tiles will appear as splash screens that users must place and then can later use to launch your app. Windows Mixed Reality では、現在、2D タイルコンテンツをライブタイルとして表示することはサポートされていません。Windows Mixed Reality does not currently support rendering any of the 2D tile content as live tiles.

セカンダリタイルを使用してアプリを複数配置できます。Apps can have multiple placements using secondary tiles
セカンダリタイルを使用してアプリを複数配置できます。Apps can have multiple placements using secondary tiles

ビューの切り替えSwitching views

2D XAML ビューからイマーシブビューへの切り替えSwitching from the 2D XAML view to the immersive view

アプリで XAML が使用されている場合、XAML Iframeworkviewsourceはアプリの最初のビューを制御します。If the app uses XAML, then the XAML IFrameworkViewSource will control the first view of the app. アプリは、 Corewindowをアクティブ化する前に、イマーシブビューに切り替える必要があります。これにより、アプリがイマーシブエクスペリエンスに直接起動します。The app will need to switch to the immersive view before activating the CoreWindow, to ensure the app launches directly into the immersive experience.

CoreApplication.CreateNewViewApplicationViewSwitcher.SwitchAsync を使用して、アクティブなビューにします。Use CoreApplication.CreateNewView and ApplicationViewSwitcher.SwitchAsync to make it the active view.

注意

  • XAML ビューからイマーシブビューへの切り替え時にApplicationviewswitchingoptionsフラグをswitchasyncに指定しないでください。そうしないと、アプリを起動したスレートが世界から削除されます。Do not specify the ApplicationViewSwitchingOptions.ConsolidateViews flag to SwitchAsync when switching from the XAML view to the immersive view, or the slate that launched the app will be removed from the world.
  • Switchasyncは、切り替え先のビューに関連付けられているディスパッチャーを使用して呼び出す必要があります。SwitchAsync should be called using the Dispatcher associated with the view you are switching into.
  • 仮想キーボードを起動する必要がある場合、または別のアプリをアクティブ化する必要がある場合は、XAML ビューに戻る必要があります。You will need to SwitchAsync back to the XAML view if you need to launch a virtual keyboard or want to activate another app.

アプリがイマーシブビューに移動したときに、アプリが2d ビューとイマーシブビュー を切り替えることができ、混合世界とその他のアプリが非表示になるApps can switch between 2D views and immersive views When an app goes into an immersive view, the mixed world and other apps disappear
Left: アプリは、2D ビューとイマーシブビューを切り替えることができます。Right: アプリがイマーシブビューに移動すると、Windows Mixed Reality ホームとその他のアプリが非表示になります。Left: apps can switch between 2D view and immersive view. Right: when an app goes into an immersive view, the Windows Mixed Reality home and other apps disappear.

イマーシブビューからキーボードの XAML ビューへの切り替えSwitching from the immersive view back to a keyboard XAML view

ビュー間を切り替える一般的な理由の1つは、混合の現実のアプリにキーボードを表示することです。One common reason for switching back-and-forth between views is displaying a keyboard in a mixed reality app. シェルでは、アプリに2D ビューが表示されている場合にのみ、システムキーボードを表示できます。The shell is only able to display the system keyboard if the app is showing a 2D view. アプリがテキスト入力を取得する必要がある場合、テキスト入力フィールドを含むカスタム XAML ビューを提供し、それに切り替えて、入力の完了後に切り替えます。If the app needs to get text input, it may provide a custom XAML view with a text input field, switch to it, and then switch back after the input is complete.

前のセクションと同様に、 Applicationviewswitch. SwitchAsyncを使用して、イマーシブビューから XAML ビューに戻すことができます。Like in the previous section, you can use ApplicationViewSwitcher.SwitchAsync to transition back to a XAML view from your immersive view.

アプリのサイズApp size

2D アプリビューは、常に固定の仮想スレートに表示されます。2D app views always appear in a fixed virtual slate. これにより、すべての2D ビューでまったく同じ量のコンテンツが表示されるようになります。This makes all 2D views show the exact same amount of content. アプリの2D ビューのサイズの詳細を次に示します。Here are some further details about the size of your app's 2D view:

  • サイズ変更中は、アプリの縦横比が維持されます。The aspect ratio of the app is preserved while resizing.
  • アプリの解像度とスケールファクターは、サイズ変更によって変更されることはありません。App resolution and scale factor are not changed by resizing.
  • アプリでは、世界中の実際のサイズに対してクエリを実行することはできません。Apps are not able to query their actual size in the world.

固定ウィンドウサイズで2D アプリが表示される2D apps appear with fixed window sizes
2D ビューのアプリが固定ウィンドウサイズで表示されるApps with a 2D view appear with fixed window sizes

アプリのタイルApp tiles

スタート メニューでは、標準の小さいタイルと、pin の 中 タイルと すべてのアプリ の一覧が混在しています。The Start menu uses the standard small tile and medium tile for pins and the All Apps list in mixed reality.

Windows Mixed Reality の [スタート] メニューThe Start menu for Windows Mixed Reality
Windows Mixed Reality の [スタート] メニューThe Start menu for Windows Mixed Reality

アプリ間の対話App to app interactions

アプリを構築すると、Windows 10 で利用可能なアプリ間通信の機能豊富なメカニズムにアクセスできます。As you build apps, you have access to the rich app to app communication mechanisms available on Windows 10. 新しいプロトコル Api とファイル登録の多くは、アプリの起動と通信を可能にするために HoloLens で完全に動作します。Many of the new Protocol APIs and file registrations work perfectly on HoloLens to enable app launching and communication.

デスクトップヘッドセットの場合、特定のファイル拡張子またはプロトコルに関連付けられているアプリは、デスクトップモニターまたはデスクトップスレートにのみ表示できる Win32 アプリである可能性があることに注意してください。Note that for desktop headsets, the app associated with a given file extension or protocol may be a Win32 app that can only appear on the desktop monitor or in the desktop slate.

プロトコルProtocols

HoloLens は、Windows の system.servicemodel apiを介してアプリを起動するアプリをサポートしています。HoloLens supports app to app launching via the Windows.System.Launcher APIs.

別のアプリケーションを起動する場合は、次の点を考慮する必要があります。There are some things to consider when launching another application:

  • LaunchUriAsyncなどの非モーダル起動を実行する場合は、ユーザーがアプリを操作する前に配置する必要があります。When doing a non-modal launch, such as LaunchUriAsync, the user must place the app before interacting with it.

  • Launchuriforの asyncなどを使用してモーダル起動を実行すると、モーダルアプリがウィンドウの上部に配置されます。When doing a modal launch, such as through LaunchUriForResultsAsync, the modal app is placed on top of the window.

  • Windows Mixed Reality では、排他ビューの上にアプリケーションを重ね合わせることはできません。Windows Mixed Reality cannot overlay applications on top of exclusive views. 起動したアプリを表示するために、Windows はユーザーを世界に戻し、アプリケーションを表示します。In order to show the launched app, Windows takes the user back to the world to display the application.

ファイルピッカーFile pickers

HoloLens では、 FileopenpickerFileSavePickerコントラクトの両方がサポートされています。HoloLens supports both FileOpenPicker and FileSavePicker contracts. ただし、ファイルピッカーコントラクトを満たすアプリは事前にインストールされていません。However, no app comes pre-installed that fulfills the file picker contracts. これらのアプリ (たとえば、) は Microsoft Store からインストールできます。These apps - OneDrive, for example - can be installed from the Microsoft Store.

複数のファイルピッカーアプリがインストールされている場合は、どのアプリを起動するかを選択するための不明瞭な UI は表示されません。代わりに、最初にインストールされたファイルピッカーが選択されます。If you have more than one file picker app installed, you will not see any disambiguation UI for choosing which app to launch; instead, the first file picker installed will be chosen. ファイルを保存するときに、タイムスタンプを含むファイル名が生成されます。When saving a file, the filename is generated which includes the timestamp. これは、ユーザーが変更することはできません。This cannot be changed by the user.

既定では、次の拡張機能がローカルでサポートされています。By default, the following extensions are supported locally:

アプリApp 拡張機能Extensions
フォトPhotos bmp、gif、jpg、png、avi、mov、mp4、wmvbmp, gif, jpg, png, avi, mov, mp4, wmv
Microsoft EdgeMicrosoft Edge htm、html、pdf、svg、xmlhtm, html, pdf, svg, xml

アプリコントラクトと Windows Mixed Reality 拡張機能App contracts and Windows Mixed Reality extensions

アプリコントラクトと拡張ポイントを使用すると、ファイル拡張子の処理やバックグラウンドタスクの使用など、より詳細なオペレーティングシステム機能を利用できるようにアプリを登録できます。App contracts and extension points allow you to register your app to take advantage of deeper operating system features like handling a file extension or using background tasks. これは、HoloLens でサポートされている、サポートされていないコントラクトと拡張ポイントの一覧です。This is a list of the supported and unsupported contracts and extension points on HoloLens.

コントラクトまたは拡張機能Contract or Extension さ?Supported?
アカウント画像プロバイダー (拡張機能)Account Picture Provider (extension) サポートされていないUnsupported
知らAlarm サポートされていないUnsupported
App serviceApp service サポートされていますが完全に機能していませんSupported but not fully functional
予定のプロバイダーAppointments provider サポートされていないUnsupported
自動再生 (拡張機能)AutoPlay (extension) サポートされていないUnsupported
バックグラウンドタスク (拡張機能)Background tasks (extension) 部分的にサポートされている (すべてのトリガーが動作するわけではない)Partially Supported (not all triggers work)
タスクの更新 (拡張機能)Update task (extension) SupportedSupported
キャッシュされたファイルアップデーターコントラクトCached file updater contract SupportedSupported
カメラの設定 (拡張機能)Camera settings (extension) サポートされていないUnsupported
ダイヤルプロトコルDial protocol サポートされていないUnsupported
ファイルのアクティブ化 (拡張機能)File activation (extension) SupportedSupported
ファイルオープンピッカーコントラクトFile Open Picker contract SupportedSupported
ファイル保存ピッカーコントラクトFile Save Picker contract SupportedSupported
ロック画面の呼び出しLock screen call サポートされていないUnsupported
メディア再生Media playback サポートされていないUnsupported
コントラクトに再生Play To contract サポートされていないUnsupported
プレインストールした構成タスクPreinstalled config task サポートされていないUnsupported
印刷3D ワークフローPrint 3D Workflow SupportedSupported
印刷タスクの設定 (拡張機能)Print task settings (extension) サポートされていないUnsupported
URI のアクティブ化 (拡張機能)URI activation (extension) SupportedSupported
制限付き起動Restricted launch サポートされていないUnsupported
検索コントラクトSearch contract サポートされていないUnsupported
設定のコントラクトSettings contract サポートされていないUnsupported
共有コントラクトShare contract サポートされていないUnsupported
SSL/証明書 (拡張機能)SSL/certificates (extension) SupportedSupported
Web アカウントプロバイダーWeb account provider SupportedSupported

アプリファイルストレージApp file storage

すべてのストレージは、 Windows のストレージの名前空間を使用します。All storage is through the Windows.Storage namespace. 詳細については、次のドキュメントを参照してください。See the following documentation for more details. HoloLens では、アプリストレージの同期/ローミングはサポートされていません。HoloLens does not support app storage sync/roaming.

既知のフォルダーKnown folders

UWP アプリの詳細については、「 Knownfolders 」を参照してください。See KnownFolders for the full details for UWP apps.

プロパティProperty HoloLens でサポートされていますSupported on HoloLens イマーシブヘッドセットでサポートされていますSupported on immersive headsets 説明Description
AppCapturesAppCaptures✔️✔️✔️✔️アプリのキャプチャフォルダーを取得します。Gets the App Captures folder.
CameraRollCameraRoll✔️✔️✔️✔️カメラロールフォルダーを取得します。Gets the Camera Roll folder.
ドキュメントライブラリDocumentsLibrary✔️✔️✔️✔️ドキュメントライブラリを取得します。Gets the Documents library. ドキュメントライブラリは、一般に使用するためのものではありません。The Documents library is not intended for general use.
MusicLibraryMusicLibrary✔️✔️✔️✔️音楽ライブラリを取得します。Gets the Music library.
Objects3DObjects3D✔️✔️✔️✔️Objects 3D フォルダーを取得します。Gets the Objects 3D folder.
PicturesLibraryPicturesLibrary✔️✔️✔️✔️ピクチャライブラリを取得します。Gets the Pictures library.
再生リストPlaylists✔️✔️✔️✔️再生リストフォルダーを取得します。Gets the play lists folder.
SavedPicturesSavedPictures✔️✔️✔️✔️保存されているピクチャフォルダーを取得します。Gets the Saved Pictures folder.
VideosLibraryVideosLibrary✔️✔️✔️✔️ビデオライブラリを取得します。Gets the Videos library.
ホームグループHomeGroup✔️✔️ホームグループフォルダーを取得します。Gets the HomeGroup folder.
MediaServerDevicesMediaServerDevices✔️✔️メディアサーバー (デジタル生活ネットワークアライアンス (DLNA) デバイス) のフォルダーを取得します。Gets the folder of media server (Digital Living Network Alliance (DLNA)) devices.
RecordedCallsRecordedCalls✔️✔️記録された呼び出しフォルダーを取得します。Gets the recorded calls folder.
RemovableDevicesRemovableDevices✔️✔️リムーバブルデバイスのフォルダーを取得します。Gets the removable devices folder.

アプリ パッケージApp package

Windows 10 では、オペレーティングシステムを対象にするのではなく、アプリを1つ以上のデバイスファミリに対象とします。With Windows 10 you no longer target an operating system but instead target your app to one or more device families. デバイス ファミリに基づいて、デバイス ファミリのデバイス全体で想定できる API、システム特性、動作を特定します。A device family identifies the APIs, system characteristics, and behaviors that you can expect across devices within the device family. また、 Microsoft Storeからアプリをインストールできるデバイスのセットも決定されます。It also determines the set of devices on which your app can be installed from the Microsoft Store.

  • デスクトップヘッドセットと HoloLens の両方を対象にするには、アプリをWindows ユニバーサルデバイスファミリに対象とします。To target both desktop headsets and HoloLens, target your app to the Windows.Universal device family.
  • デスクトップヘッドセットだけを対象にするには、アプリをWindows デスクトップデバイスファミリに対象とします。To target just desktop headsets, target your app to the Windows.Desktop device family.
  • HoloLens だけを対象にするには、アプリをHolographicデバイスファミリに対象とします。To target just HoloLens, target your app to the Windows.Holographic device family.

関連項目See also