ビルボード処理と tag-alongBillboarding and tag-along

ビルボード処理は、複合現実でのオブジェクトに適用できる動作の概念です。Billboarding is a behavioral concept that can be applied to objects in mixed reality. 常に、ビルボード処理を持つオブジェクトを回転自体、ユーザーが直面します。Objects with billboarding always orient themselves to face the user. これはテキストで特に便利で、隠ぺいされたまたは読み取り不可は、ユーザーが移動する場合、(世界ロック)、ユーザーの環境での静的オブジェクトの配置場所のメニュー システムがそれ以外の場合あります。This is especially helpful with text and menuing systems where static objects placed in the user's environment (world-locked) would be otherwise obscured or unreadable if a user were to move around.

HoloLens 見た常に、ユーザーが直面しているメニュー システムHoloLens perspective of a menu system that always faces the user
HoloLens 見た常に、ユーザーが直面しているメニュー システムHoloLens perspective of a menu system that always faces the user

ユーザーの環境で有効になっているためのビルボードを持つオブジェクトを自由に回転できます。Objects with billboarding enabled can rotate freely in the user's environment. また、設計に関する考慮事項によって 1 つの軸にも制限できます。They can also be constrained to a single axis depending on design considerations. 注意してください、ビルボードのオブジェクトがクリッピングまたはすぎるに配置されている場合、それ自体が、他のオブジェクトに近い、または HoloLens では、スキャン、サーフェスが近すぎます。Keep in mind, billboarded objects may clip or occlude themselves if they are placed too close to other objects, or in HoloLens, too close scanned surfaces. これを回避するには、ビルボード処理を有効になっている軸の回転したときに、オブジェクトが生じる、合計使用量について考えます。To avoid this, think about the total footprint an object may produce when rotated on the axis enabled for billboarding.

Tag-along とは何ですか。What is a tag-along?

Tag-along は、ビルボードのオブジェクトを含むホログラムに追加できる動作の概念です。Tag-along is a behavioral concept that can be added to holograms, including billboarded objects. この操作は、head ロックされているコンテンツの効果を実現するためのより自然でわかりやすい方法です。This interaction is a more natural and friendly way of achieving the effect of head-locked content. Tag-along オブジェクトは、ユーザーのビューを離れないしようとします。A tag-along object attempts to never leave the user's view. これにより、自由に新機能も、直接ビュー外ホログラムを見ながらそれらの前面と対話するユーザー。This allows the user to freely interact with what is front of them while also still seeing the holograms outside their direct view.

HoloLens のピン パネルは tag-along の動作方法を示す優れた例です。The HoloLens pins panel is a great example of how tag-along behaves
HoloLens [スタート] メニューは tag-along 動作を示す優れた例です。The HoloLens Start menu is a great example of tag-along behavior

Tag-along オブジェクトでは、これらの動作方法を調整することができますをパラメーターがあります。Tag-along objects have parameters which can fine-tune the way they behave. コンテンツは、ユーザーが各自の環境の周囲に移動中にまたは必要に応じて、ユーザーの行の見えないようにすることができます。Content can be in or out of the user’s line of sight as desired while the user moves around their environment. ユーザーが移動すると、コンテンツは、ビューの端をスライドさせて、ユーザーの周囲を超えないしよう、に応じてユーザーがどの程度の速度に移動がままに一時的に非表示コンテンツ。As the user moves, the content will attempt to stay within the user’s periphery by sliding towards the edge of the view, depending on how quickly a user moves may leave the content temporarily out of view. ときに、ユーザーは gazes tag-along オブジェクトの方向より完全に入ったビュー。When the user gazes towards the tag-along object, it comes more fully into view. コンテンツを常に「概要離れた」ため、ユーザーは、その内容はどのような方向を決して忘れないでくださいと考えてください。Think of content always being "a glance away" so users never forget what direction their content is in.

追加のパラメーターは、ラバー バンドでユーザーの頭にアタッチされていると感じる tag-along オブジェクトを作成できます。Additional parameters can make the tag-along object feel attached to the user's head by a rubber band. 物理的に複数存在すると思われるので、オブジェクトへの重みを提供加速と減速をダンプします。Dampening acceleration or deceleration gives weight to the object making it feel more physically present. この spring 動作は、tag-along のしくみの正確なメンタル モデルの構築を手助けするアフォー ダンスです。This spring behavior is an affordance that helps the user build an accurate mental model of how tag-along works. オーディオは、ユーザーがオブジェクト tag-along モードの場合は、追加アフォーを提供します。Audio helps provide additional affordances for when users have objects in tag-along mode. オーディオが; の動きの速度を再確認する必要があります。高速ヘッドには、自然な速度で処理する必要がありますが存在する場合は、オーディオ効果を最小限に顕著なサウンド効果を提供します。Audio should reinforce the speed of movement; a fast head turn should provide a more noticeable sound effect while walking at a natural speed should have minimal audio if any effects at all.

コンテンツの真の head ロックと同様、tag-along オブジェクトは過負荷または nauseating 大きく移動またはスプリング ユーザーのビューが多すぎる場合を証明できます。Just like truly head-locked content, tag-along objects can prove overwhelming or nauseating if they move wildly or spring too much in the user’s view. 次のユーザーとし、すばやく、停止、感覚を伝えて停止しました。As a user looks around and then quickly stop, their senses tell them they have stopped. 残高は、自分の頭を停止しているオンにすると、視覚認識、世界の停止にすることをことを通知します。Their balance informs them that their head has stopped turning as well as their vision sees the world stop turning. ただしで維持 tag-along を移動するは、ユーザーが停止した場合、これが、感覚混乱します。However, if tag-along keeps on moving when the user has stopped, it may confuse their senses.

関連項目See also