ケース スタディ AfterNow のプロセスの計画、遂行、プロトタイプ作成、構築Case study - AfterNow's process - envisioning, prototyping, building

AfterNowアイデアや具体的な完全に operational 製品をに対してな願望を有効にするとの連携、および、市場のエクスペリエンスを準備します。At AfterNow, we work with you to turn your ideas and aspirations into concrete, fully operational products and experiences ready for the market. ビジョン化と呼ばれるプロセスを通じてブルー プリントを作成前に、1 行のコードを記述します。But before we write a single line of code, we create a blueprint through a process called envisioning.

どのような構想はでしょうか。

ビジョン化とは何ですか。What is Envisioning?

ビジョン化は、製品の設計に使用構想プロセスです。Envisioning is an ideation process used for product design. 実行する 1 つ - または--、いくつか計算で現実的な概念にアイデアの大規模なプールを効率化します。We streamline a large pool of ideas into one -- or a few -- calculated, realistic concepts to execute.

このプロセスは、多くの問題やが最終的に送られてくる製品ブロッカーのライトに表示されます。This process will bring to light many problems and blockers that would have eventually come up in the product. 早い段階で高速最終的に失敗している多くの時間と費用を保存します。Failing early and fast ultimately saves a lot of time and money.

このプロセスの間、グループのアイデアと結果に関する注意事項を提供しましたいたします。Throughout this process, we'll provide you with notes on the group’s ideas and findings. 詳細を確認したら、スクリプトのドキュメントと、"out act"ステップ、提案された製品の動作のシミュレーションのビデオが表示されます。When we're done, you'll receive a document of a script and a video of our "act it out" step, a simulation of the proposed product in action. これらは、自社製品--おくと、フレームワークに具体的なブルー プリントです。These are concrete blueprints to your product -- a framework you can keep. 理想的には、[次へ] のステップは、テストし、実際の問題が発生することができます、製品を構築するためです。Ideally, the next step is for us to build the product, which lets us test and experience the real deal.

プロセスの日次 play-by-play、各手順の所要時間、およびチームで必要となるユーザーを次に示します。Here's a daily play-by-play of the process, how long each step takes, and who you'll need on your team.

参加者の構想

参加者の構想Envisioning participants

このプロセスの適切な参加者の選択は重要です。It's important to select the right participants for this process. 数が異なりますが効率を高めるための 7 人を維持することをお勧めします。The number can vary, but we recommend keeping it under seven people for the sake of efficiency.

(重大) decider-、Decider は重要なユーザー グループであることにします。Decider (critical)- The Decider is an important person to have in the group. そのユーザーは、最終的な決定を行うか (通常の CEO、創設者であり、プロダクト マネージャー、またはデザインの先頭) の処理中に、掴まなければがある場合は、小数点以下桁数を tipping はできません。He or she is the one who will be making the final decision or tipping the scale if there is an indecision during the process (typically the CEO, founder, product manager, or head of design). そうでないすべてのプロセスに使用できる場合は、役割をユーザーに合わせて最も指名します。If they aren’t able to participate for the entire process, appoint someone most fit to take on the role.

(省略可能) finance-者、プロジェクトの予算を確保する方法を説明します。Finance (optional)- Someone who can explain how the project is funded.

(省略可能) のマーケティング-会社のメッセージを提案する人。Marketing (optional)- Someone who crafts the company’s messages.

顧客 (重要)-ユーザーが頻繁が顧客に説明し、そのアドボケイトことができます。Customer (important)- Someone who talks to customers frequently and can be their advocate.

(重要) のテクニカル/物流-どのような会社をビルドおよび配信を理解している担当者。Tech/logistics (important)- Someone who understands what the company can build and deliver.

デザイン (重要)-会社の製品の設計者がいます。Design (important)- Someone who designs the product your company makes.

1 日 1 - マップDAY 1 - Map

目標を一覧表示 (&) の制約。-長期的な目標を 5 分に設定します。List goals & constraints; set a long-term goal - 5 min

場合は完全にオプティミスティックされていることが、長期的な目標が何ですか。If we were being completely optimistic, what is our long-term goal? 複合現実され、どの問題を解決しようとしています。 ここでこのソリューションを構築には理由いるでしょうか。Why are we building this solution in mixed reality and what problems are we trying to solve?

一覧のスプリントの質問 - 5 分List sprint questions - 5 min

少し実用的な get と問題の不安をリスト書式を設定します。Get a bit pragmatic and list out fears in question format. 方法が失敗するでしょうか。How could we fail? 長期的な目標を満たすためには、何が true であるか。To meet the long-term goal, what has to be true? プロジェクトが失敗した場合どのような可能性がするでしょうか。If the project failed, what may have caused that?

最大で 1 時間にマップのフローします。Make a flow map - Up to 1 hour

これは、大まかな、機能のマップが (ありません詳細設定) です。This is a rough, functional map (not detailed). 左側と右側の終わりにすべてのユーザーの種類の作成します。We write all of the user types on the left and the endings on the right. それらの単語と、ユーザーが製品とやり取りする方法を示す矢印、中央に接続します。Then we connect them in the middle with words and arrows showing how users interact with the product. これは、5 ~ 15 の手順で行われます。This is done in 5-15 steps.

専門家にインタビューし、メモを取るInterview experts & take notes

この演習の目的は、私たちが集合的な問題の理解を強化するためにです。The goal of this exercise is to enhance our collective understanding of the problem. ここで点をマップに追加できます、誤りを修正するとします。Here we can add things to the map and fix any mistakes on it. さらに詳しくは、フローの一部を拡大することができる場合、エキスパートに説明します。If part of the flow can be expanded in more detail, we talk to the expert.

このプロセスのベスト プラクティスは、個々 のノートでどのこと可能性があります (HMW) 形式の実行時に発生します。Our best practice for this process happens when we take individual notes in How might we (HMW) format. HMW は、70 年代には、P (& G) によって開発された技術です。HMW is a technique developed by P&G in the 70s. 最終的に整理して優先順位付きのノートはこの質問の形式で作成することに注意してくださいのメソッドになります。It's a method of note taking in the form of a question which ultimately results in organized and prioritized notes. 「方法がいます」という語句で始まる付箋あたり 1 つの考え方を取ることWe will jot down one idea per sticky note which starts with the phrase, "How might we." たとえば、可能性がありますコミュニケーションの方法 [会社] の値複合現実ででしょうか。For example, how might we communicate the values of [your company] in mixed reality?

整理し、決定Organize and decide
整理し、決定Organize and decide

HMW ノートを整理します。Organize HMW notes

「方法が」すべてのメモを取得し、壁に固定します。We take all the "How might we" notes and stick them onto a wall. 分類顕著なテーマ出現します。We will then categorize them into noticeable themes as they emerge.

HMW ノートに投票します。Vote on HMW notes

すべてのノートは、適切なカテゴリには後、お気に入りの質問に私たちが投票してください。Once all the notes are in their appropriate categories, we will vote on our favorite questions. 2 つの投票; は皆します。Decider では、次の 4 つの投票を取得します。Everyone gets two votes; the Decider gets four votes.

ターゲットを選択します。Pick a target

Circle、最も重要な顧客と、マップ上の 1 つのターゲット時点し、スプリントの初期の質問を確認します。Circle the most important customer and one target moment on the map and look over the initial questions for the sprint. Decider がの呼び出しを行うタスクです。The Decider has the task of making the call.

1 日 2 - スケッチDAY 2 - Sketch

既存の製品デモExisting product demos

スプリントのグループのすべてのユーザーは取り組んでいるのと同様の問題を解決するよう既存の製品を調査してください。Everyone in the sprint group will research existing products they like that solve similar problems to the ones we’re tackling. グループの残りの部分に調査結果をデモしましたします。We'll then demo our findings to the rest of the group. これにより、私たちが興味深い機能のことをお勧めします。This gives us a good idea of the features we find interesting.

メモNotes

20 分がサイレント モードでノートを収集する部屋を歩きながら、私たちします。We spend 20 minutes silently walking around the room to gather notes.

アイデアIdeas

20 分が非公開でいくつかの大まかなアイデアを書き留めて、私たちします。We spend 20 minutes privately jotting down some rough ideas.

常軌棚Crazy 8s

8 つのフレームの作成にわたって 8 分きました。We spend eight minutes creating eight frames. これは、各フレームで、最善のアイデアのいずれかのバリエーションを迅速にスケッチいます。This is where we rapidly sketch a variation of one of our best ideas in each frame.

ソリューションSolution

30 分のストーリー ボードのスケッチをきました。We spend 30 minutes sketching storyboards. Crazy 棚アイデアの最適なバリエーションを取得し、アイデアの 3 つのパネルのストーリー ボードを作成します。We take the best variations of ideas from Crazy 8s and create a three-panel storyboard of the idea.

ストーリー ボードをスケッチSketching storyboards
ストーリー ボードをスケッチSketching storyboards

3 - 1 日の決定DAY 3 - Decide

この日には、組んだと投票の多くが含まれます。This day involves a lot of critiquing and voting. 内訳を示します。Here's the breakdown:

Quiet 組んだQuiet critiquing

テープの壁にソリューションお一読してサイレント モードでの時間がかかります。We tape solutions onto the wall and take time to look at them silently. 時間、すべてのスケッチをされているすべてのユーザー、後にまとめて、ヒート マップを作成します。After everyone has gotten time to look at all the sketches, we will collectively create a heat map. 各ユーザーは、スケッチのようにマークを設定します。Each person puts marks on the sketches they like. これには、全体のフローまたはフローの領域を指定できます。This can be the entire flow or an area of a flow.

説明 (&)、ディスカッションDiscussion & explanations

アイデアのユーザーのヒート マップ、興味深いし、支出ほとんど注意を各スケッチの 3 つ分を表示するが開始されます。We will begin to see a heat map of ideas people find interesting, and spend three minutes on each sketch that got the most attention. オープンをユーザーは理由など、特定のスケッチとアーティストが正しく伝達、アイデア、誤解がある場合に説明します。People can openly discuss why they like certain sketches and the artist can correctly convey their ideas when there is a misunderstanding. 新しいアイデアを時画面このことができます。This can surface new ideas at times.

この手順ですることも、かなりの注目を取得していないアイデアを説明する機会をユーザーに付与します。In this step we also want to give people opportunities to explain ideas that didn’t get a lot of attention. 場合によってアイデアを people で gem を以前本当に理解していないが見つかります。Sometimes you'll find a gem in an idea people didn't really understand previously.

Straw ポール & supervoteStraw poll & supervote

各ユーザーは、お気に入りのアイデアを選択してサイレント モードでし、準備ができたら、人、マーク、お気に入りの 1 つですべて一度にします。Each person will silently choose their favorite idea and, when ready, people will place a mark on their favorite one all at once. Decider にし、最も好評自分が把握するための 3 つの大きな点が表示されます。The Decider will then get three large dots for the idea he/she liked the most. Decider でマークされているものは、プロトタイプ宣言するようになっているアイデアです。The ones marked by the Decider are the ideas that are going to be prototyped.

1 日 4 - プロトタイプDAY 4 - Prototype

準備Preparation

プロトタイプ作成フェーズの準備としては、多種多様なホログラムが表す 3D オブジェクトを構築する - 子供の遊びキットと同様の物理的なツールを収集します。In preparation for the prototyping phase, we will gather an assortment of physical tools -- much like a child’s play kit -- to construct 3D objects that will represent holograms. また、ユーザーがこれらホログラムへのアクセスに使用してハードウェア デバイスを表す物理ツールもあります。We will also have physical tools that represent the hardware devices people are using to access these holograms.

プロトタイプ。Prototype!

スクリプトを準備します。Prepare a script

スクリプト全体のユーザーがこのプロトタイプのフローの出力と、skit で一部をプレイするアクターを決定します。Script out the entire user flow for this prototype and decide on the actors that will be playing a part in the skit.

動作Act it out

順序を使用することで、すべてのユーザー パーティは、このユーザー フローを物理的に動作します。Physically act out the user flow which involves all the user parties in the order they will be using it. これにより、どの実行可能なこの製品になりますアウトを構築するときのことをお勧めします。ライトのいくつかの主要なアイデア送信されるとき見過ごしている問題を解決することも表示されます。This gives us a good idea of how viable this product will be when we build it out. It will also bring to light some major kinks we may have overlooked when coming up with the idea.

執筆者紹介About the author

Rafai Eddy, AfterNow Rafai EddyRafai Eddy
AfterNowAfterNow