MRTK Figma ツールキット

MRTK Figma Toolkitには、Unity 用 MRTK または Unreal 用 MRTK で見られる HoloLens 2 スタイルの UI コントロールの 2D バージョンが提供されています。 これは、UI レイアウトとストーリーボードを作成するための設計プロセスで使用できます。

Figma を使用するToolkit

[ 下書き] メニューに [複製] を 使用してコピーを作成します。

Menu duplicate 1

[ ファイルに戻る] を クリックして、重複するコピーを表示します。 このコピーは、独自の作成に使用できます。

Menu duplicate 2

Menu duplicate 3

ローカルでダウンロードして作業するには、[ファイル] を使用> ローカル コピー メニューを保存 します。 右上隅の [インポート] ボタンを使用して、ダウンロードしたファイル (.fig) を Figma にインポートします。

Import menu

左側の [ ページ] メニューを使用して、ファイルに含まれるさまざまなページを開きます。

Page menu

[概要 ] ページを開き、コンポーネントと状態の使い方について学習します。

[UI ギャラリーとコンポーネント] ページには、設計に使用できるすべてのコンポーネントが表示されます。

Figma Toolkit例 - メニュー UI 1

Figma Toolkit例 - メニュー UI 2

Figma Toolkit例 - メニュー UI 4

[ 資産] タブを使用すると、これらのコンポーネントを参照してページにドラッグできます。

Assets tab

Figma Toolkitメニュー UI をスケッチする場合に便利です。

Figma Toolkit例 - メニュー UI 5

アセットはストーリーボードに使用できます。

Figma Toolkit例 - ストーリーボード

関連項目