ツールのインストールInstall the tools

Microsoft HoloLens および Windows Mixed Reality イマーシブ (VR) ヘッドセット用のアプリケーションを構築するために必要なツールを取得します。Get the tools you need to build applications for Microsoft HoloLens and Windows Mixed Reality immersive (VR) headsets. Windows Mixed Reality 開発用の別個の SDK はありません。Windows 10 SDK と一緒に Visual Studio をご使用ください。There is no separate SDK for Windows Mixed Reality development; you'll use Visual Studio with the Windows 10 SDK.

Mixed Reality デバイスをお持ちでない場合はどのようにしたらよいでしょうか。Don't have a mixed reality device? HoloLens なしで Mixed Reality アプリの機能をテストするために、HoloLens エミュレーターをインストールすることができます。You can install the HoloLens emulator to test some functionality of mixed reality apps without a HoloLens. Windows Mixed Reality シミュレーターを使用して、イマーシブ ヘッドセット用の Mixed Reality アプリをテストすることもできます。You can also use the Windows Mixed Reality simulator to test your mixed reality apps for immersive headsets.

Mixed Reality アプリの作成を開始する最も簡単な方法として、Unity または Unreal のいずれかのゲーム エンジンをインストールすることをお勧めします。We recommend installing either the Unity or Unreal game engine as the easiest way to get started creating mixed reality apps. ただし、カスタム エンジンを使用する場合は、DirectX に対してビルドすることもできます。However, you can also build against DirectX if you'd like to use a custom engine.

Unity を使用する場合は、Unity 用 Mixed Reality Toolkit の入力シミュレーションを使用して、ハンドトラッキングや視線追跡入力などのさまざまな種類の入力操作をテストできます。If you're using Unity, you can use Mixed Reality Toolkit for Unity's input simulation to test various types of input interactions such as hand-tracking and eye-tracking input. Unreal プロジェクトの場合は、 UX Tools プラグイン を使用して、一般的な入力操作とユーザー エクスペリエンス機能をテストします。For Unreal projects, use the UX Tools plugin to test common input interactions and user experience features.

ヒント

このページをブックマークに登録して定期的にチェックし、Mixed Reality 開発に推奨される各ツールの最新バージョンを常に最新の状態に保ってください。Bookmark this page and check it regularly to keep up-to-date on the most recent version of each tool recommended for mixed reality development.


インストールのチェックリストInstallation checklist

ツールTool メモNotes
Windows ロゴWindows logo

Windows 10 (手動インストールのリンク)Windows 10 (Manual install link)

お使いの PC のオペレーティング システムが、Mixed Reality アプリケーションの構築対象プラットフォームと一致するように、Windows 10 の最新バージョンをインストールしてください。Install the most recent version of Windows 10 so your PC's operating system matches the platform for which you're building mixed reality applications.
Windows 10 のインストールInstalling Windows 10
[設定] の [Windows Update] を利用するか、インストール メディアを作成して (左の列のリンクを使用して)、Windows 10 の最新バージョンをインストールできます。You can install the most recent version of Windows 10 via Windows Update in Settings or by creating installation media, using the link in the left column.

Windows 10 の各リリースで使用可能な最新の Mixed Reality 機能については、最新のリリース ノートを参照してください。See current release notes for information about the newest mixed reality features available with each release of Windows 10. [設定] > [更新とセキュリティ] > [開発者向け] から、PC で開発者モードを有効にしますEnable developer mode on your PC at Settings > Update & Security > For developers.

エンタープライズ管理および会社管理の PC の場合の注意事項Note for enterprise and corporate-managed PCs
お使いの PC が組織の IT 部門によって管理されている場合、更新するために管理者への連絡が必要な場合があります。If your PC is managed by an your organization's IT department, you might need to contact them in order to update.

Windows の 'N' バージョン'N' versions of Windows
Windows Mixed Reality イマーシブ (VR) ヘッドセットは、Windows の 'N' バージョンではサポートされていません。Windows Mixed Reality immersive (VR) headsets are not supported on 'N' versions of Windows.
Visual Studio のロゴ画像Visual Studio logo image

Visual Studio 2019 (16.8 以降) (インストールのリンク)Visual Studio 2019 (16.8 or higher) (Install link)

完全な機能を備えた Windows などの統合開発環境 (IDE) です。Fully-featured integrated development environment (IDE) for Windows and more. コードの記述、デバッグ、テスト、配置には、Visual Studio を使用します。You'll use Visual Studio to write code, debug, test, and deploy.
Visual Studio 2019 のインストールInstalling Visual Studio 2019
次のワークロードをインストールします。Be sure you install the following workloads:

● C++ によるデスクトップ開発● Desktop development with C++
● ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) の開発● Universal Windows Platform (UWP) development

HoloLens 向けの開発を行う場合は、UWP ワークロード内に次のオプションのコンポーネントがあることを確認してください。Within the UWP workload, be sure to check the following optional component if you'll be developing for HoloLens:

● USB デバイスの接続● USB Device Connectivity

Unity に関する注意事項Note about Unity
特定の目的のために意図的により新しいバージョンの (LTS 以外の) Unity をインストールしようとしているのでなければ、Visual Studio のインストールの一部として Unity ワークロードをインストールする "のではなく"、下記のように Unity 2019 LTS ストリームをインストールすることをお勧めします。Unless you're intentionally trying to install a newer (non-LTS) version of Unity for a specific purpose, we recommend not installing the Unity workload as part of Visual Studio installation, and instead install the Unity 2019 LTS stream as noted below.

既知の問題Known issues
Visual Studio 2019 バージョン 16.0 での Mixed Reality アプリのデバッグに関して既知の問題がいくつかあります。There are some known issues with debugging mixed reality apps in Visual Studio 2019 version 16.0. 必ず、Visual Studio 2019 バージョン 16.8 以降 に更新してください。Please ensure that you update to Visual Studio 2019 version 16.8 or higher.
Windows ロゴWindows logo

Windows 10 SDK (10.0.18362.0) (手動インストールのリンク)Windows 10 SDK (10.0.18362.0) (Manual install link)

HoloLens 2 で Windows 10 アプリを作成するための最新のヘッダー、ライブラリ、メタデータ、ツールが用意されています。Provides the latest headers, libraries, metadata, and tools for building Windows 10 apps on HoloLens 2.
HoloLens 2 アプリを構築するには、ビルド 18362 以降の Windows SDK をインストールする必要があります。To build HoloLens 2 apps, you must install the Windows SDK, build 18362 or later.

デスクトップの Windows Mixed Reality ヘッドセットまたは HoloLens (第 1 世代) 用のアプリケーションのみを開発している場合は、Visual Studio 2017 によってインストールされた Windows SDK を使用することができます。If you are only developing applications for desktop Windows Mixed Reality headsets or HoloLens (1st gen), you can use the Windows SDK installed by Visual Studio 2017.
Visual Studio のロゴVisual Studio logo

HoloLens 2 エミュレーター (Windows Holographic バージョン 20H2、2021 年 2 月の更新プログラム) (インストール リンク:10.0.19041.1134)HoloLens 2 Emulator (Windows Holographic, version 20H2 February 2021 Update) (Install link: 10.0.19041.1134)

HoloLens (第 1 世代) エミュレーター (インストールのリンク:10.0.17763.134)HoloLens (1st gen) Emulator (Install link: 10.0.17763.134)

エミュレーターを使用すると、物理的な HoloLens を使用せずに、HoloLens 仮想マシン イメージ上でアプリケーションを実行できます。The emulator lets you run applications on a HoloLens virtual machine image without a physical HoloLens.

エミュレーターの使用を開始する方法については、「Using the HoloLens emulator (HoloLens エミュレーターを使用する)」を参照してください。See Using the HoloLens emulator for more information on getting started with the emulator.

エミュレーターのインストールを成功させるには、ご使用のシステムが Hyper-V をサポートしている必要がありますYour system must support Hyper-V for the emulator installation to succeed. 詳細については、以下の「システム要件」セクションを参照してください。Reference the System Requirements section below for details.

HoloLens (第 1 世代) エミュレーターに関する注意Note on HoloLens (1st gen) Emulator
インストールを正常に完了するには、Visual Studio 2017 が必要です。Visual Studio 2017 is required to successfully complete the installation. Visual Studio 2019 を使用して HoloLens (第1世代) エミュレーターをインストールする場合は、VS テンプレートの選択を解除し、Visual Studio Marketplace からそれらをインストールする必要があります。If you're installing the HoloLens (1st gen) emulator with Visual Studio 2019 you need to deselect the VS templates and install them from the Visual Studio Marketplace.

エンジンの選択Choose your engine

これで、Windows 10、Visual Studio、Windows 10 SDK の準備ができました。次に、構築の基盤となるエンジンを選択します。Now that you have your Windows 10, Visual Studio, and Windows 10 SDK ready to go, let's choose an engine to build on.

Unity のロゴ バナー

1.最新バージョンをダウンロードする1. Download the latest version

新しいプロジェクトを開始する際に使用する最適なバージョンとして、Unity LTS (長期サポート) ストリームをお勧めします。最新の安定した修正プログラムを取得するには最新リビジョンに更新します。We recommend the Unity LTS (Long Term Support) stream as the best version to use when starting new projects, updating to its latest revision to pick up the latest stable fixes.

  • 現在は、 Unity 2019.4 LTS を使用することをお勧めしています。これは、以下の MRTK v2 に必要な LTS ビルドです。The current recommendation is to use Unity 2019.4 LTS, which is the LTS build required for MRTK v2 below.
  • 特定の理由から別のバージョンの Unity を使用する必要がある場合、Unity では異なるバージョンの side-by-side インストールをサポートしています。If you need to use a different version of Unity for specific reasons, Unity supports side-by-side installs of different versions.

2.Mixed Reality Feature Tool をインストールする2. Install the Mixed Reality Feature Tool

Mixed Reality Feature Tool は、開発者が Mixed Reality 機能パッケージを検出し、Unity プロジェクトに追加するための新しい方法です。The Mixed Reality Feature Tool is a new way for developers to discover and add Mixed Reality feature packages into Unity projects.

名前またはカテゴリでパッケージを検索し、それらの依存関係を確認し、インポートする前にプロジェクト マニフェスト ファイルに提案された変更を確認することもできます。You can search packages by name or category, see their dependencies, and even view proposed changes to your projects manifest file before importing. 必要なパッケージを検証すると、Mixed Reality Feature Tool によって、それらが選択したプロジェクトにダウンロードされます。Once you've validated the packages you want, the Mixed Reality Feature tool will download them into the project of your choice.

Mixed Reality Toolkit をインポートするImporting the Mixed Reality Toolkit

MRTK

Mixed Reality Toolkit (MRTK) は、Mixed Reality アプリケーション向けのオープンソースのクロスプラットフォーム開発キットです。Mixed Reality Toolkit (MRTK) is an open-source, cross-platform development kit for mixed reality applications.

整理された HoloLens または VR の開発体験の概要セクションを完了することをお勧めします。We recommend completing the getting started section in our curated HoloLens or VR development journeys. 既に HoloLens 用 Unity 開発体験に従っている場合は、以下の一覧で示されている残りの設定手順を完了し、HoloLens 2 入門チュートリアルに進んでください。If you're already following the Unity development for HoloLens journey, finish up the rest of the setup steps listed below and continue on to the HoloLens 2 Getting Started tutorials.

重要

インストール手順では MRTK と Unity リリースの最新の安定した組み合わせである MRTK 2.5.1Unity 2019.4 LTS を対象としていることに注意してください。Note that installation instructions are targeted for the latest stable combination of MRTK and Unity releases, which are MRTK 2.5.1 and Unity 2019.4 LTS.

注意

Unity 用の MRTK を使用しない場合は、すべての対話式操作と動作のスクリプトを開発者が自分で作成する必要があります。If you don't want to use MRTK for Unity, you'll need to script all interactions and behaviors yourself.

Unity バナーUnity banner
Mixed Reality Toolkit-Unity (GitHub)
Mixed Reality Toolkit-Unity (GitHub)

その他のツール (省略可能)Other tools [optional]

3.Mixed Reality 開発用 PC を設定する3. Set up your PC for Mixed Reality development

Windows 10 SDK は、Windows 10 オペレーティング システムでの使用に最も適しています。The Windows 10 SDK works best on the Windows 10 operating system. この SDK は、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 でもサポートされています。This SDK is also supported on Windows 8.1, Windows 8, Windows 7, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2. 以前のオペレーティング システムでは、一部のツールがサポートされないことにご注意ください。Note that not all tools are supported on older operating systems.

注意

HoloLens 用アプリ、VR イマーシブ ヘッドセット用アプリ、またはこれらの両方に使用できるアプリを開発して展開できます。You can develop and deploy your apps for HoloLens, VR immersive headsets, or both. 必要に応じて、以下の要件を満たしていることをご確認ください。Make sure you fulfill the requirements below depending on your needs.

HoloLens の開発の場合For HoloLens development

開発用の PC を HoloLens の開発用に設定するときは、UnityVisual Studio の両方のシステム要件を満たしていることをご確認ください。When setting up your development PC for HoloLens development, please make sure it meets the system requirements for both Unity and Visual Studio. HoloLens デバイスでアプリを実行するには、Windows デバイス ポータルのセットアップ手順に従う必要があります。If you want to run your app on a HoloLens device, you need to follow the Windows Device Portal setup instructions. HoloLens エミュレーターを使用する予定の場合は、お使いの PC が HoloLens エミュレーターのシステム要件も満たしていることを確認する必要があります。If you plan on using the HoloLens emulator, you'll want to make sure your PC meets the HoloLens emulator system requirements as well.

HoloLens エミュレーターを開始するには、「Using the HoloLens emulator (HoloLens エミュレーターを使用する)」を参照してください。To get started with the HoloLens emulator, see Using the HoloLens emulator.

HoloLens と Windows Mixed Reality イマーシブ (VR) ヘッドセットの両方を対象とした開発を予定している場合は、以下のセクションに記載のシステムの推奨事項と要件をご使用ください。If you plan to develop for both HoloLens and Windows Mixed Reality immersive (VR) headsets, use the system recommendations and requirements in the section below.

HoloLens のトラブルシューティングHoloLens troubleshooting

開発者モードの設定がグレー表示されるSetting Developer Mode is grayed out

デバイスで開発者モードを有効にする際に問題が発生する場合は、自身がデバイスの所有者ではない可能性があります。If you're running into issues enabling Developer Mode on your device you might not be the device owner. マルチユーザー モードでは、最初にデバイスを使用するユーザーがデバイスの所有者であり、それ以降のユーザーには、開発者モードまたはその他の構成の変更を有効にするために必要なアクセス許可は付与されません。In multi-user mode, the person who uses the device first is the device owner - any subsequent users won't have the required permissions to enable Developer Mode or other configuration changes. ただし、最初のユーザーがオートパイロット環境にいるためデバイスの所有者ではないという例外があります。詳しくは、HoloLens のセキュリティに関するドキュメントを参照してください。However, there is an exception where the first user may not be the device owner in an Autopilot environment, which is detailed in the HoloLens security documentation.

考えられる解決策:Possible solutions include:

注意

デバイス管理の詳細については、 HoloLens デバイス管理 の概要を参照してください。You can learn more about device management in the HoloLens device management overview.

USB 経由で展開できないI can't deploy over USB

USB 経由で直接アプリケーションを展開できない場合は、上記のすべてのインストール要件を満たしていることを確認し、ステップバイステップ チュートリアルに従ってください。If you're not able to deploy an application directly over USB, make sure you've met all the installation requirements listed above and follow our step-by-step tutorial.

イマーシブ (VR) ヘッドセットの要件Immersive (VR) headset requirements

注意

以下のガイドラインは、イマーシブ (VR) ヘッドセットの 開発用 PC に対する現在の最小かつ推奨仕様であり、定期的に更新されます。The following guidelines are the current minimum and recommended specs for your immersive (VR) headset development PC, and are updated regularly.

警告

この仕様を、PC ハードウェア互換性最小ガイドラインと間違えないようにしてください。このガイドラインは、イマーシブ (VR) ヘッドセットのアプリまたはゲームの対象となる コンシューマー PC の仕様 について説明するものです。Do not confuse this with the minimum PC hardware compatibility guidelines, which outlines the consumer PC specs to which you should target your immersive (VR) headset app or game.

イマーシブ ヘッドセット開発用 PC にフルサイズの HDMI および/または USB 3.0 ポートがない場合、ヘッドセットを接続するためのアダプターが必要になります。If your immersive headset development PC does not have full-sized HDMI and/or USB 3.0 ports, you'll need adapters to connect your headset.

一部のハードウェア構成、特にハイブリッド グラフィックスを搭載したノートブックなどには、現在既知の問題があります。There are currently known issues with some hardware configurations, particularly notebooks that have hybrid graphics.

最小Minimum 推奨Recommended
プロセッサProcessor ノートブック:Intel Mobile Core i5 第 7 世代 CPU、ハイパー スレッディング対応デュアルコア デスクトップ:Intel Desktop i5 第 6 世代 CPU、ハイパー スレッディング対応デュアルコアまたは AMD FX4350 4.2GHz クワッドコア相当Notebook: Intel Mobile Core i5 7th generation CPU, Dual-Core with Hyper Threading Desktop: Intel Desktop i5 6th generation CPU, Dual-Core with Hyper Threading OR AMD FX4350 4.2Ghz Quad-Core equivalent デスクトップ:Intel Desktop i7 第 6 世代 (6 コア) または AMD Ryzen 5 1600 (6 コア、12 スレッド)Desktop: Intel Desktop i7 6th generation (6 Core) OR AMD Ryzen 5 1600 (6 Core, 12 threads)
GPUGPU ノートブック:NVIDIA GTX 965M、AMD RX 460M (2 GB) 相当またはそれ以上の DX12 対応 GPU デスクトップ:NVIDIA GTX 960/1050、AMD Radeon RX 460 (2GB) 相当またはそれ以上の DX12 対応 GPUNotebook: NVIDIA GTX 965M, AMD RX 460M (2GB) equivalent or greater DX12 capable GPU Desktop: NVIDIA GTX 960/1050, AMD Radeon RX 460 (2GB) equivalent or greater DX12 capable GPUデスクトップ:NVIDIA GTX 980/1060、AMD Radeon RX 480 (2GB) 相当またはそれ以上の DX12 対応 GPUDesktop: NVIDIA GTX 980/1060, AMD Radeon RX 480 (2GB) equivalent or greater DX12 capable GPU
GPU ドライバー WDDM バージョンGPU driver WDDM version WDDM 2.2 ドライバーWDDM 2.2 driver
熱設計電力Thermal Design Power 15 W 以上15W or greater
グラフィックス表示ポートGraphics display ports ヘッドセット用の使用可能なグラフィックス ディスプレイ ポート (60 Hz ヘッドセットの場合は HDMI 1.4 または DisplayPort 1.2、90 Hz ヘッドセットの場合は HDMI 2.0 または DisplayPort 1.2) x 11x available graphics display port for headset (HDMI 1.4 or DisplayPort 1.2 for 60Hz headsets, HDMI 2.0 or DisplayPort 1.2 for 90Hz headsets)
画面の解像度Display resolution 解像度:SVGA (800 x 600) 以上のビットの深度:1 ピクセルあたり 32 ビット色Resolution: SVGA (800x600) or greater Bit depth: 32 bits of color per pixel
メモリMemory 8 GB 以上の RAM8 GB of RAM or greater 16 GB 以上の RAM16 GB of RAM or greater
記憶域Storage >10 GB の追加の空き領域>10 GB additional free space
USB ポートUSB Ports ヘッドセット (USB 3.0 Type-A) の使用可能な USB ポート x 1メモ:USB は、最低 900 mA を給電する必要があります1x available USB port for headset (USB 3.0 Type-A) Note: USB must supply a minimum of 900mA
BluetoothBluetooth Bluetooth 4.0 (アクセサリ接続用)Bluetooth 4.0 (for accessory connectivity)

Unity を使用した MRTK 開発を初めて行う場合は、整理された Unity 開発体験に従うことをお勧めします。If you're new to MRTK development with Unity, we recommend following our curated Unity development journey:

次の開発チェックポイントNext Development Checkpoint

用意されている HoloLens 向け Unity 開発チェックポイント体験に従っている場合、次のタスクは HoloLens 2 チュートリアル シリーズに従って作業することです。If you're following the Unity for HoloLens development checkpoint journey we've laid out, your next task is to work through our HoloLens 2 tutorial series.

VR 向け Unity の体験に従っている場合は、次のタスクはプロジェクトの設定です。If you're following the Unity for VR journey, your next task is to setup your project.

いつでも HoloLens および VR の Unity 開発チェックポイントに戻ることができます。You can always go back to the Unity development checkpoints for HoloLens and VR at any time.