ツールのインストール

Microsoft HoloLens および Windows Mixed Reality イマーシブ (VR) ヘッドセット用のアプリケーションを構築するために必要なツールを取得します。 Windows Mixed Reality 開発用の別個の SDK はありません。Windows 10 または Windows 11 SDK と一緒に Visual Studio をご使用ください。

Mixed Reality デバイスをお持ちでない場合はどのようにしたらよいでしょうか。 HoloLens なしで Mixed Reality アプリの機能をテストするために、HoloLens エミュレーターをインストールすることができます。 Windows Mixed Reality シミュレーターを使用して、イマーシブ ヘッドセット用の Mixed Reality アプリをテストすることもできます。

Mixed Reality アプリの作成を開始する最も簡単な方法として、Unity または Unreal のいずれかのゲーム エンジンをインストールすることをお勧めします。 ただし、カスタム エンジンを使用する場合は、DirectX に対してビルドすることもできます。

Unity を使用する場合は、Unity 用 Mixed Reality Toolkit の入力シミュレーションを使用して、ハンドトラッキングや視線追跡入力などのさまざまな種類の入力操作をテストできます。 Unreal プロジェクトの場合は、 UX Tools プラグイン を使用して、一般的な入力操作とユーザー エクスペリエンス機能をテストします。

ヒント

このページをブックマークに登録して定期的にチェックし、Mixed Reality 開発に推奨される各ツールの最新バージョンを常に最新の状態に保ってください。


インストールのチェックリスト

ツール メモ
Windows logo

Windows 10 (手動インストールのリンク) または Windows 11 (手動インストールのリンク)

Windows 10 または 11 の最新バージョンをインストールします。
Windows 10 のインストール
[設定] の [Windows Update] を利用するか、インストール メディアを作成して (左の列のリンクを使用して)、Windows 10 または 11 の最新バージョンをインストールできます。

Windows 10 または 11 の各リリースで使用可能な最新の Mixed Reality 機能については、最新のリリース ノートを参照してください。 [設定] [更新とセキュリティ] > [開発者向け] から、PC で開発者モードを有効にします

エンタープライズ管理および会社管理の PC の場合の注意事項
お使いの PC が組織の IT 部門によって管理されている場合、更新するために管理者への連絡が必要な場合があります。

Windows の 'N' バージョン
Windows Mixed Reality イマーシブ (VR) ヘッドセットは、Windows の 'N' バージョンではサポートされていません。
Visual Studio logo image

Visual Studio 2022 (インストールのリンク)

完全な機能を備えた Windows などの統合開発環境 (IDE) です。 コードの記述、デバッグ、テスト、配置には、Visual Studio を使用します。
Visual Studio 2022 のインストール
次のワークロードをインストールします。

● .NET デスクトップ開発
● C++ によるデスクトップ開発
● ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) の開発
● Unity によるゲーム開発 (Unity の使用を予定している場合)

注: Unity を最初にインストールしている場合、これらのワークロードの一部がプレインストールされている可能性があります。 展開を成功させるには、これらすべてのワークロードが必要です。

UWP ワークロード内で、インストール用に次のコンポーネントが含まれていることを確認します

*● Windows 10 SDK バージョン 10.0.19041.0 または 10.0.18362.0、または Windows 11 SDK
• USB デバイス接続 (USB 経由で HoloLens にデバイスを配置/デバッグするために必要)
• C++ (v142) ユニバーサル Windows プラットフォーム ツール (Unity を使用する場合に必要)

HoloLens (第 1 世代) とデスクトップ Windows Mixed Reality ヘッドセットに関する注意
デスクトップの Windows Mixed Reality ヘッドセットまたは HoloLens (第 1 世代) 用のアプリケーションのみを開発している場合は、Visual Studio 2017 を使用でき、これによってインストールされた Windows SDK を使用することができます。
Visual Studio logo

HoloLens 2 エミュレーター (Windows Holographic バージョン 22H1、2022 年 5 月の更新プログラム) (インストール リンク: 10.0.20348.1450)

HoloLens (第 1 世代) エミュレーター (インストールのリンク:10.0.17763.134)

オプションのエミュレーターを使用すると、物理的な HoloLens を使用せずに、HoloLens 仮想マシン イメージ上でアプリケーションを実行できます。

オプションのエミュレーターの使用を開始する方法については、「HoloLens エミュレーターを使用する」を参照してください。

エミュレーターのインストールを成功させるには、ご使用のシステムが Hyper-V をサポートしている必要があります。 詳細については、以下の「システム要件」セクションを参照してください。

HoloLens (第 1 世代) エミュレーターに関する注意
インストールを正常に完了するには、Visual Studio 2017 が必要です。 Visual Studio 2022 を使用して HoloLens (第 1 世代) エミュレーターをインストールする場合は、VS テンプレートの選択を解除し、Visual Studio Marketplace からそれらをインストールする必要があります。

選択したエンジンをインストールする

Windows 10 または 11、Visual Studio、Windows 10 または 11 SDK の準備ができたので、選択したエンジンをインストールしてセットアップしましょう。

トラブルシューティング

開発者モードの設定がグレー表示される

デバイスで開発者モードを有効にする際に問題が発生する場合は、自身がデバイスの所有者ではない可能性があります。 マルチユーザー モードでは、最初にデバイスを使用するユーザーがデバイスの所有者であり、それ以降のユーザーには、開発者モードまたはその他の構成の変更を有効にするために必要なアクセス許可は付与されません。 ただし、最初のユーザーがオートパイロット環境にいるためデバイスの所有者ではないという例外があります。詳しくは、HoloLens のセキュリティに関するドキュメントを参照してください。

考えられる解決策:

Note

デバイス管理の詳細については、 HoloLens デバイス管理 の概要を参照してください。

USB 経由で展開できない

USB 経由で直接アプリケーションを展開できない場合は、上記のすべてのインストール要件を満たしていることを確認し、ステップバイステップ チュートリアルに従ってください。