Windows Mixed Reality 用の新しい Unity プロジェクトを構成するConfigure a New Unity project for Windows Mixed Reality

概要Overview

Windows Mixed Reality (WMR) は、Windows 10 オペレーティングシステムの一部として導入された Microsoft プラットフォームです。Windows Mixed Reality (WMR) is a Microsoft platform introduced as part of the Windows 10 operating system. WMR プラットフォームを使用すると、holographic および VR 表示デバイスでデジタルコンテンツをレンダリングするアプリケーションを作成できます。The WMR platform lets you build applications that render digital content on holographic and VR display devices.

WMR の設定時に実行できるパスは2つあります。When setting up for WMR, there are two paths you can take. 最初のオプションとして、 Mixed Reality Toolkit (MRTK)をインストールします。これにより、wmr 環境が自動的に設定されます。Your first option is to install the Mixed Reality Toolkit (MRTK), which will automatically set up the WMR environment. 2つ目のオプションは、いくつかの Unity 設定を手動で変更して、WMR をロールします。The second option is to manually change a few Unity settings to get rolling with WMR.

注意

MRTK は、後でいつでもインポートできます。そのため、最初に手動による処理による影響はありません。You can always import MRTK later on, so there's no penalty for going the manual route first.

WMR 手動セットアップを選択した場合、変更する必要がある設定は、プロジェクトごととシーン単位の2つのカテゴリに分類されます。If you choose the WMR manual setup, the settings you need to change are broken-down into two categories: per-project and per-scene.

プロジェクトごとの設定Per-project settings

WMR の最初の設定を変更する必要があるのは、プロジェクトプラットフォームです。The first setting you need to change for WMR is the project platform:

  1. ファイル > ビルド設定 を選択してください...Select File > Build Settings...
  2. [プラットフォーム] ボックスの一覧の [ユニバーサル Windows プラットフォーム を選択し、[プラットフォームの切り替え] をクリックします。Select Universal Windows Platform in the Platform list and click Switch Platform
  3. SDKUniversal 10 に設定するSet SDK to Universal 10
  4. イマーシブヘッドセットまたは HoloLens への切り替えをサポートするために、ターゲットデバイス任意のデバイス に設定するSet Target device to Any Device to support immersive headsets or switch to HoloLens
  5. ビルドの種類D3D に設定Set Build Type to D3D
  6. UWP SDK最新のインストール に設定するSet UWP SDK to Latest installed
Unity XR Settings *Unity XR の設定**Unity XR settings*

プラットフォームが正しく構成されたら、アプリがエクスポート時に2D ビューではなく、 イマーシブビュー を作成する必要があることを Unity に知らせる必要があります。After the platform is configured correctly, you need to let Unity know that your app should create an immersive view instead of a 2D view when exported:

  1. [ビルドの設定... ] ウィンドウで、[プレーヤーの 設定] を開きます。From the Build Settings... window, open Player Settings...
  2. ユニバーサル Windows プラットフォーム] タブ の [設定 ] を選択し、[ XR settings ] グループを展開します。Select the Settings for Universal Windows Platform tab and expand the XR Settings group
  3. [ XR の設定 ] セクションで、[ 仮想現実のサポート ] チェックボックスをオンにして、[ 仮想現実のデバイス ] の一覧を追加します。In the XR Settings section, check the Virtual Reality Supported checkbox to add the Virtual Reality Devices list.
  4. [ XR 設定 ] グループで、 "Windows Mixed Reality" がサポートされているデバイスとして表示されていることを確認します。In the XR Settings group, confirm that "Windows Mixed Reality" is listed as a supported device. (このオプションは、旧バージョンの Unity では Windows Holographic として表示される場合があります)(this option may appear as Windows Holographic in older versions of Unity)

Unity UWP の設定Unity UWP settings
Unity XR の設定Unity XR settings

マニフェストを更新していますUpdating the manifest

これで、アプリで holographic のレンダリングと空間入力を処理できるようになりました。Your app can now handle holographic rendering and spatial input. ただし、アプリでは、特定の機能を利用するために、マニフェストで適切な機能を宣言する必要があります。However, your app needs to declare the appropriate capabilities in its manifest to take advantage of certain functionality. プロジェクト機能を検索するには、 ユニバーサル Windows プラットフォーム > 発行設定 > 機能の > 設定] に移動します。You can find your projects capabilities by going to Player Settings > Settings for Universal Windows Platform > Publishing Settings > Capabilities.

エクスポートする今後のすべてのプロジェクトにマニフェスト宣言を含めることをお勧めします。It's recommended that you make the manifest declarations in Unity to include them in all future projects that you export. Mixed Reality で一般的に使用される Unity Api を有効にするための適用可能な機能は次のとおりです。The applicable capabilities for enabling commonly used Unity APIs for Mixed Reality are:

機能Capability 機能を必要とする ApiAPIs requiring capability
SpatialPerceptionSpatialPerception SurfaceObserver (HoloLens 上の 空間マッピングメッシュへのアクセス) — ヘッドセットの一般的な空間追跡に必要な機能はありませんSurfaceObserver (access to spatial mapping meshes on HoloLens)—No capability needed for general spatial tracking of the headset
WebCamWebCam PhotoCapture と VideoCapturePhotoCapture and VideoCapture
PicturesLibrary / VideosLibraryPicturesLibrary / VideosLibrary PhotoCapture または VideoCapture (キャプチャされたコンテンツを格納する場合)PhotoCapture or VideoCapture, respectively (when storing the captured content)
マイクMicrophone VideoCapture (オーディオをキャプチャする場合)、DictationRecognizer、GrammarRecognizer、および KeywordRecognizerVideoCapture (when capturing audio), DictationRecognizer, GrammarRecognizer, and KeywordRecognizer
InternetClientInternetClient DictationRecognizer (および Unity Profiler の使用)DictationRecognizer (and to use the Unity Profiler)

品質設定Quality settings

HoloLens には、モバイルクラスの GPU があります。HoloLens has a mobile-class GPU. アプリが HoloLens を対象としている場合は、アプリの品質設定を最適なパフォーマンスのために調整して、完全なフレームレートを維持する必要があります。If your app is targeting HoloLens, you'll want the quality settings in your app tuned for fastest performance to ensure it maintains full frame-rate:

  1. [プロジェクト設定の編集 > の > 品質] を選択します。Select Edit > Project Settings > Quality
  2. Windows ストア のロゴの下にある ドロップダウン を選択し、[非常に低い] を選択します。Select the dropdown under the Windows Store logo and select Very Low. [Windows Store](Windows ストア) 列のボックスと [Very Low](非常に低い) 行が緑色の場合、設定が適切に適用されていることがわかります。You'll know the setting is applied correctly when the box in the Windows Store column and Very Low row is green.

Unity の品質設定Unity quality settings
Unity の品質設定Unity quality settings

シーンごとの設定Per-scene settings

Unity カメラの設定Unity camera settings

[ サポートされている仮想 Reality ] チェックボックスをオンにすると、 Unity カメラ コンポーネントは ヘッド追跡とステレオスコピックレンダリングを処理します。With Virtual Reality Supported checked, the Unity Camera component handles head tracking and stereoscopic rendering. つまり、メインのカメラオブジェクトをカスタムカメラに置き換える必要はありません。That means there's no need for you to replace the Main Camera object with a custom camera.

アプリが HoloLens を対象としている場合は、デバイスの透明ディスプレイを最適化するために、いくつかの設定を変更する必要があります。If your app is targeting HoloLens specifically, you need to change a few settings to optimize for the device's transparent displays. これらの設定により、holographic コンテンツが物理的な世界に表示されるようになります。These settings allow your holographic content to show through to the physical world:

  1. 階層 で、メインカメラ を選択します。In the Hierarchy, select the Main Camera
  2. [ インスペクター ] パネルで、[変換 位置 ] を 0、0、0 に設定します。これにより、ユーザーのヘッドの位置が Unity の元の場所から開始されます。In the Inspector panel, set the transform position to 0, 0, 0 so the location of the user's head starts at the Unity world origin.
  3. クリアフラグ純色 に変更します。Change Clear Flags to Solid Color.
  4. 背景 色を RGBA 0、0、0、0 に変更します。Change the Background color to RGBA 0,0,0,0. ブラックは HoloLens では透明としてレンダリングされます。Black renders as transparent in HoloLens.
  5. クリッププレーンHoloLens の推奨0.85 (メーター) に近い場所に変更します。Change Clipping Planes - Near to the HoloLens recommended 0.85 (meters).

Unity カメラの設定Unity camera settings
Unity カメラの設定Unity camera settings

重要

新しいカメラを削除して作成する場合は、新しいカメラが maincamera としてタグ付けされていることを確認してください。If you delete and create a new camera, make sure your new camera is tagged as MainCamera.

関連項目See also