Mixed Reality Feature Tool の構成Configuring the Mixed Reality Feature Tool

Mixed Reality Feature Tool を使用すると、自由にカスタマイズできる 3 つの異なる設定カテゴリにアクセスできます。When using the Mixed Reality Feature Tool, you have access to three different settings categories that you can customize at will:

設定

[ダウンロードの設定]Download settings

[既存のパッケージ ファイルを上書き]Overwrite existing package files

この設定を有効にすると、パッケージ ファイルが取得されるたびにダウンロードされます。Enabling this setting causes package files to be downloaded every time they're acquired.

  • ネットワーク帯域幅の使用量を減らすために、このオプションを無効にしておくことをお勧めしますWe recommend leaving this option disabled to reduce network bandwidth usage
  • 既定では、以前に取得したパッケージ ファイルは再ダウンロードされませんBy default, previously acquired package files aren't re-downloaded

[Package cache](パッケージのキャッシュ)Package cache

機能パッケージがダウンロードされる場所を更新するには、この設定を変更します。Change this setting to update the location where feature packages are downloaded.

注意

このリリースでは、この設定は 読み取り専用 です。This setting is read-only in this release. 今後のリリースでは、この設定を構成できるようになります。Future releases may make this setting configurable.

[Feature settings](機能の設定)Feature settings

[Include preview releases](プレビュー リリースを含める)Include preview releases

プレビュー リリースを取得するには、この設定を有効にします。Enable this setting to acquire preview releases.

  • 既定では、プレビュー リリースは Mixed Reality Feature Tool に表示されません。By default, preview releases aren't shown in the Mixed Reality Feature Tool

注意

プレビュー リリースは、パッケージ バージョンに "-preview" の指定が含まれているものと定義されています。A preview release is defined as containing the "-preview" designation in the package version.

設定のインポートImport settings

[Replace existing package files](既存のパッケージ ファイルを置き換える)Replace existing package files

Mixed Reality Feature Tool の既定では、ファイル サイズと不要な計算を減らすために、インポートされているパッケージの以前のコピーが削除されます。By default, the Mixed Reality Feature Tool removes previous copies of the packages being imported to reduce the file size and unnecessary computations.

  • すべてのバージョンを保持するには、この設定をオフにしますUncheck this setting to keep all versions

[Project relative import path](プロジェクトの相対インポート パス)Project relative import path

インポート時に機能パッケージがコピーされるプロジェクト フォルダーのパスを更新するには、この設定を変更します。Change this setting to update project folder path where feature packages are copied on import.

  • たとえば、プロジェクト フォルダーが C:\GalaxyExplorer の場合、完全修飾インポート パスは C:\GalaxyExplorer\Packages\MixedReality になります。For example, if the project folder is C:\GalaxyExplorer, the fully qualified import path will be C:\GalaxyExplorer\Packages\MixedReality.

注意

このリリースでは、この設定は 読み取り専用 です。This setting is read-only in this release. 今後のリリースでは、この設定を構成できるようになります。Future releases may make this setting configurable.

こちらもご覧くださいSee also