4.Azure Spatial Anchors からのフィードバックを表示する4. Displaying feedback from Azure Spatial Anchors

このチュートリアルでは、Azure Spatial Anchors (ASA) を使用したアンカーの検出、イベント、状態に関するフィードバックをユーザーに提供する方法について説明します。In this tutorial, you will learn how to provide users with feedback about anchor discovery, events, and status using Azure Spatial Anchors (ASA).

目標Objectives

  • 現在の ASA セッションに関する不可欠な情報を表示する UI パネルを設定する方法を理解するLearn how to set up a UI panel that displays essential information about the current ASA session
  • ASA SDK によってユーザーに提供されるフィードバック要素を理解し、確認するlearn about and explore feedback elements that the ASA SDK makes available to users

ASA フィードバック パネルの設定Setting up ASA feedback panel

[階層] ウィンドウで、 [手順][TextContent] オブジェクトを右クリックします。In the Hierarchy window, right-click on the Instructions > TextContent object. [3D オブジェクト][テキスト - TextMeshPro] の順に選択し、[指示] の [TextContent] オブジェクトの子として TextMeshPro テキスト オブジェクトを作成します。Select 3D Object > Text - TextMeshPro to create a TextMeshPro text object as a child of the Instructions > TextContent object:

新しく作成された TextMeshPro オブジェクトが選択されている Unity

ヒント

シーンを簡単に操作できるようにするには、ParentAnchor オブジェクトの左側にある目のアイコンをクリックして、そのオブジェクトのシーンの可視性をオフに設定します。To make it easier to work with your scene, set the Scene Visibility for the ParentAnchor object to off by clicking the eye icon to the left of the object. これにより、ゲーム中の可視性を変更することなく、[Scene](シーン) ウィンドウ内のオブジェクトが非表示になります。This hides the object in the Scene window without changing their in-game visibility.

新しく作成した [テキスト (TMP)] オブジェクトに Feedback という名前を付け、[Inspector](インスペクター) ウィンドウでその位置とサイズを変更して、指示テキストの下に配置されるようにします。次に例を示します。Rename the newly created Text (TMP) object Feedback, then, in the Inspector window, change its position and size, so it is placed neatly underneath the instruction text, for example:

  • [Rect Transform](四角形の変換) コンポーネントの [Pos Y](位置 Y) を -0.24 に変更します。Change the Rect Transform component's Pos Y to -0.24.
  • [Rect Transform](四角形の変換) コンポーネントの [幅] を 0.555 に変更します。Change the Rect Transform component's Width to 0.555.
  • [Rect Transform](四角形の変換) コンポーネントの [高さ] を 0.1 に変更します。Change the Rect Transform component's Height to 0.1.

次に、テキスト領域内にテキストがうまく適合するように、フォントのプロパティを選択します。次に例を示します。Then choose font properties, so the text fits nicely within the text area, for example:

  • [TextMeshPro - テキスト] コンポーネントの [フォント スタイル] を [ボールド] に変更します。Change the TextMeshPro - Text component's Font Style to Bold.
  • [TextMeshPro - テキスト] コンポーネントの [フォント サイズ] を 0.17 に変更します。Change the TextMeshPro - Text component's Font Size to 0.17.
  • [TextMeshPro - テキスト] コンポーネントの [配置] を中央揃えに変更します。Change the TextMeshPro - Text component's Alignment to Center and Middle.

Feedback オブジェクトが構成された Unity

[階層] ウィンドウで、 [フィードバック] オブジェクトを選択します。次に、[Inspector](インスペクター) ウィンドウで [コンポーネントの追加] ボタンを使用し、 [Anchor Feedback Script (Script)](Anchor フィードバック スクリプト (スクリプト)) コンポーネントを配置して、次のように構成します。In the Hierarchy window, select the Feedback object still, then in the Inspector window, use the Add Component button to add the Anchor Feedback Script (Script) component and configure it as follows:

  • Feedback オブジェクト自体を Anchor Feedback Script (Script) コンポーネントの [Feedback Text](フィードバック テキスト) フィールドに割り当てます。Assign the Feedback object itself to the Anchor Feedback Script (Script) component's Feedback Text field.

Anchor Feedback Script コンポーネントが構成された Unity

結論Congratulations

このチュートリアルでは、UI パネルを作成する方法を学習しました。In this tutorial, you learned how to create a UI panel. リアルタイム フィードバックをユーザーに提供する Azure Spatial Anchors 体験の現在の状態が表示されます。It displays the current status of the Azure Spatial Anchors experience for providing users with real-time feedback.