5.Android と iOS 用の Azure Spatial Anchors5. Azure Spatial Anchors for Android and iOS

このチュートリアルでは、AR Foundation、ARCore XR Plugin、ARKit XR Plugin を使用して、Android デバイスや iOS デバイス用にプロジェクトをビルドする方法について説明します。In this tutorial, you will learn how to build your project to Android and iOS devices using AR Foundation, ARCore XR Plugin, and ARKit XR Plugin.

目標Objectives

  • Unity の AR Foundation と ARCore XR Plugin を使用して、ご利用の Android デバイス用にプロジェクトをビルドする方法について学習します。Learn how to build your project to your Android device using Unity's AR Foundation and ARCore XR Plugin
  • Unity の AR Foundation と ARKit XR Plugin を使用して、ご利用の iOS デバイス用にプロジェクトをビルドする方法について学習します。Learn how to build your project to your iOS device using Unity's AR Foundation and ARKit XR Plugin

組み込みの Unity パッケージのインストールInstalling inbuilt Unity packages

このセクションでは、次の組み込みパッケージをアップグレードしてインストールします。In this section, you will upgrade and install the following inbuilt packages:

  • AR Foundation 3.1.3AR Foundation 3.1.3
  • XR Legacy Input Helpers 2.1.4XR Legacy Input Helpers 2.1.4
  • ARCore XR Plugin 3.1.3 for Android のサポートARCore XR Plugin 3.1.3 for Android support
  • ARKit XR Plugin 3.1.3 for iOS のサポートARKit XR plugin 3.1.3 for iOS support

注意事項

すべてのバージョンが MRTK と互換性があるわけではなく、特定のバージョンのみが連携して機能するため、必ず上記のバージョンをインストールしてください。Not all version are compatible with MRTK and only certain version works together, so make sure you install the exact versions listed above.

Unity メニューで、 [Window](ウィンドウ) > [Package Manager](パッケージ マネージャー) の順に選択して、[Package Manager](パッケージ マネージャー) ウィンドウを開きます。次に、 [AR Foundation] > [3.1.3] の順に選択し、 [3.1.3 に更新します] ボタンをクリックしてパッケージを更新します。In the Unity menu, select Window > Package Manager to open the Package Manager window, then select AR Foundation > 3.1.3 and click the Update to 3.1.3 button to update the package:

AR Foundation が選択されている [Package Manager](パッケージ マネージャー) が表示された Unity

必要に応じて、同じプロセスに従って残りのパッケージをインポートします。Follow the same process to import the remaining packages as needed.

注意

Android 用にこのプロジェクトを開発している場合は、ARKit XR Plugin パッケージをインストールする必要はありません。If you are developing this project for Android, there is no need to install the ARKit XR Plugin package. 同様に、iOS 用にこのプロジェクトを開発している場合は、ARCore XR Plugin をインストールする必要はありません。Similarly, if you are developing this project for iOS, you do not need to install the ARCore XR Plugin.

AR Foundation Camera 用に MRTK を構成するConfigure MRTK for AR Foundation Camera

このセクションでは、モバイル デバイスに展開するために MRTK を構成する方法について学習します。In this section, you will learn how to configure MRTK for deploying to a mobile device.

[Hierarchy](階層) ウィンドウで、 [MixedRealityToolkit] オブジェクトを選択します。In the Hierarchy window, select the MixedRealityToolkit object. 次に、[Inspector](インスペクター) ウィンドウで、 [Camera](カメラ) タブを選択し、カメラ プロファイルを複製して、それに適切な名前 (たとえば AzureSpatialAnchors_ARCameraProfile) を付けます。Then in the Inspector window, select the Camera tab, clone the camera profile, and give it a suitable name, for example, AzureSpatialAnchors_ARCameraProfile:

新しく作成された ARCameraProfile が選択されている Unity

ヒント

MRTK プロファイルを複製する方法については、Mixed Reality ツールキット プロファイルの構成に関するページにある手順を参照してください。For a reminder on how to clone MRTK profiles, you can refer to the Configuring the Mixed Reality Toolkit profiles instructions.

[Inspector](インスペクター) ウィンドウで [Camera](カメラ) タブを選択したままにして、 [Camera Setting Providers](カメラ設定プロバイダー) を展開し、 [+ Add Camera Setting Provider](+ カメラ設定プロバイダーの追加) ボタンをクリックします。次に、新しく追加した [New data provider 1](新しいデータ プロバイダー 1) を展開します。With the Camera tab still selected in the Inspector window, expand the Camera Setting Providers and click the + Add Camera Setting Provider button, then expand the newly added New data provider 1:

新しいデータ プロバイダーが追加された ARCameraProfile が表示された Unity

[Type](種類) ドロップダウンを使用して、種類を Microsoft.MixedReality.Toolkit.Experimental.UnityAR > UnityARCameraSettings に変更します。Using the Type dropdown, change the type to Microsoft.MixedReality.Toolkit.Experimental.UnityAR > UnityARCameraSettings:

データ プロバイダーの種類を選択するためのパスを含む ARCameraProfile が表示された Unity

[Hierarchy](階層) ウィンドウで [MixedRealityToolkit] オブジェクトを選択したままにして、[Inspector](インスペクター) ウィンドウの [Add Component](コンポーネントの追加) ボタンを使用して、次のコンポーネントを追加します。With the MixedRealityToolkit object still selected in the Hierarchy window, use the Add Component button in the Inspector window to add the following components:

  • AR Anchor Manager (スクリプト)AR Anchor Manager (Script)
  • DisableDiagnosticsSystem (スクリプト)DisableDiagnosticsSystem (Script)

AR Anchor Manager と DisableDiagnosticsSystem コンポーネントが追加された MixedRealityToolkit オブジェクトが表示された UnityUnity MixedRealityToolkit object with AR Anchor Manager and DisableDiagnosticsSystem components added

注意

AR Reference Point Manager (スクリプト) コンポーネントを追加すると、AR Session Origin (スクリプト) コンポーネントも自動的に追加されます。AR Reference Point Manager (スクリプト) コンポーネントで必要になるためです。When you add the AR Reference Point Manager (Script) component, the AR Session Origin (Script) component is automatically added because it is required by the AR Reference Point Manager (Script) component.

ご利用の Android デバイス用のアプリケーションのビルドBuilding your application to your Android device

このセクションでは、プロジェクトを Android デバイス用にビルドして配置するように構成する方法について学習します。In this section, you will learn how to configure your project to build and deploy it to an Android device.

Unity メニューで、 [File](ファイル) > [Build Settings...](ビルド設定...) の順に選択し、[Build Settings](ビルド設定) ウィンドウを開いて、プラットフォームを Android に変更します。In the Unity menu, select File > Build Settings... to open the Build Settings window and then switch the platform to Android:

Android プラットフォームが選択されている [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウが表示された Unity

ヒント

ビルド プラットフォームを切り替える方法については、「ビルド プラットフォームの切り替え」にある手順を参照してください。For a reminder on how to switch build platform, you can refer to the Switching the build platform instructions.

[ビルド設定] ウィンドウを閉じます。Close the Build Settings window.

Unity メニューで、 [Mixed Reality ツールキット] > [Utilities](ユーティリティ) > [Configure Unity Project](Unity プロジェクトの構成) の順に選択して、 [MRTK Project Configurator](MRTK プロジェクト コンフィギュレーター) ウィンドウを開きます。すべてのオプションを確実に選択してから、 [Apply](適用) ボタンをクリックして設定を適用します。In the Unity menu, select Mixed Reality Toolkit > Utilities > Configure Unity Project to open the MRTK Project Configurator window, ensure all options are selected, then click the Apply button to apply the settings:

Android の [MRTK Project Configurator](MRTK プロジェクト コンフィギュレーター) ウィンドウが表示された Unity

Unity メニューで [Edit](編集) > [Project Settings...](プロジェクトの設定...) の順に選択して、[Player Settings](プレーヤーの設定) ウィンドウを開きます。次に、 [Player](プレーヤー) > [他の設定] セクションを見つけます。 [Vulkan] を選択してから、 "-" シンボルをクリックしてそれを削除します。In the Unity menu, select Edit > Project Settings... to open the Player Settings window, then locate the Player > Other Settings section, select Vulkan and remove it by clicking the "-" symbol:

[Vulcan] が選択されている [他の設定] が表示された Unity

[Player Settings](プレーヤーの設定) ウィンドウを閉じ、もう一度 [ビルド設定] ウィンドウを開きます。Close the Player Settings window and open the Build Settings window again.

[ビルドの設定] ウィンドウで、 [Add Open Scenes](オープン シーンの追加) ボタンをクリックして、 [Scenes in Build](ビルド内のシーン) リストに現在のシーンを追加します。In the Build Settings window, click the Add Open Scenes button to add your current scene to the Scenes In Build list. 次に、USB ケーブルを使用して、使用する Android デバイスを自分のコンピューターに接続し、 [Run Device](デバイスの実行) ドロップダウンからそれを選択します。Then, use a USB cable, connect your Android device to your computer and select it from the Run Device dropdown:

シーンが追加され、[Run Device](デバイスの実行) が選択されている [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウが表示された Unity

注意

そのデバイスが [Run Device](デバイスの実行) ドロップダウンに表示されない場合は、ドロップダウンの横にある [更新] ボタンを押してみてください。If your device does not appear in the Run Device dropdown, you might need to press the Refresh button next to the dropdown.

[ビルド設定] ウィンドウで、 [ビルドして実行] ボタンをクリックして、[Android のビルド] ウィンドウを開きます。In the Build Settings window, click the Build And Run button to open the Build Android window.

ビルドを格納するのに適切な場所 (たとえば D:\MixedRealityLearning\Builds) を選択してから、apk に適切な名前 (たとえば、MRTKTutorials-AzureSpatialAnchors) を指定し、 [保存] ボタンをクリックしてビルド プロセスを開始します。Choose a suitable location to store your build, for example, D:\MixedRealityLearning\Builds, then give the apk a suitable name, for example, MRTKTutorials-AzureSpatialAnchors, and click the Save button to start the build process:

[保存] プロンプト ウィンドウが表示されている Android の [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウが表示された Unity

注意

Unity コンソール ウィンドウに、Android SDK、NDK、または JDK モジュールに関連するエラーが表示される場合は、Unity ハブを開き、その関連する Android ビルド サポート モジュールをインストールする必要があります。If you get any error in the Unity Console window related to Android SDK, NDK, or JDK modules, you need to open Unity Hub and install the associated Android Build Support modules.

ビルド プロセスが完了すると、アプリがご利用の Android デバイスに自動的に読み込まれます。When the build process is complete, your apps should automatically load on your Android device.

ご利用の iOS デバイス用のアプリケーションのビルドBuilding your application to your iOS device

このセクションでは、プロジェクトを iOS デバイス用にビルドして配置するように構成する方法について学習します。In this section, you will learn how to configure your project, to build and deploy it to your iOS device.

Unity メニューで、 [File](ファイル) > [Build Settings...](ビルド設定...) の順に選択し、[Build Settings](ビルド設定) ウィンドウを開き、プラットフォームを iOS に変更します。In the Unity menu, select File > Build Settings... to open the Build Settings window and switch platform to iOS:

iOS が選択されている [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウが表示された Unity

ヒント

ビルド プラットフォームを切り替える方法については、「ビルド プラットフォームの切り替え」にある手順を参照してください。For a reminder on how to switch build platform, you can refer to the Switching the build platform instructions.

[ビルド設定] ウィンドウを閉じます。Close the Build Settings window.

Unity メニューで、 [Mixed Reality ツールキット] > [Utilities](ユーティリティ) > [Configure Unity Project](Unity プロジェクトの構成) の順に選択して、 [MRTK Project Configurator](MRTK プロジェクト コンフィギュレーター) ウィンドウを開きます。すべてのオプションを確実に選択してから、 [Apply](適用) ボタンをクリックして設定を適用します。In the Unity menu, select Mixed Reality Toolkit > Utilities > Configure Unity Project to open the MRTK Project Configurator window, ensure all options are selected, then click the Apply button to apply the settings:

iOS の [MRTK Project Configurator](MRTK プロジェクト コンフィギュレーター) ウィンドウが表示された Unity

Unity メニューで [Edit](編集) > [Project Settings...](プロジェクトの設定...) の順に選択して、[Player Settings](プレーヤーの設定) ウィンドウを開きます。次に、 [Player](プレーヤー) > [他の設定] セクションを見つけます。 [Strip Engine Code](ストリップ エンジン コード) チェックボックスをオフにして、それを無効にします。In the Unity menu, select Edit > Project Settings... to open the Player Settings window, then locate the Player > Other Settings section, uncheck the Strip Engine Code checkbox to disable it:

[Strip Engine Code](ストリップ エンジン コード) が無効にされている [他の設定] が表示された Unity

[Player Settings](プレーヤーの設定) ウィンドウを閉じ、もう一度 [ビルド設定] ウィンドウを開きます。Close the Player Settings window and open the Build Settings window again.

[ビルドの設定] ウィンドウで、 [Add Open Scenes](オープン シーンの追加) ボタンをクリックして、 [Scenes in Build](ビルド内のシーン) リストに現在のシーンを追加します。In the Build Settings window, click the Add Open Scenes button to add your current scene to the Scenes In Build list:

シーンが追加されている [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウが表示された Unity

[ビルド設定] ウィンドウで、 [ビルド] ボタンをクリックして、[iOS のビルド] ウィンドウを開きます。In the Build Settings window, click the Build button to open the Build iOS window.

Xcode プロジェクトを格納するのに適切な場所 (たとえば D:\MixedRealityLearning\Builds) を選択し、新しいフォルダーを作成してそれに適切な名前 (たとえば MRTKTutorials-AzureSpatialAnchors) を指定してから、 [Select Folder](フォルダーの選択) ボタンをクリックしてビルド処理を開始します。Choose a suitable location to store your Xcode project, for example, D:\MixedRealityLearning\Builds, create a new folder and give it a suitable name, for example, MRTKTutorials-AzureSpatialAnchors, and then click the Select Folder button to start the build process:

[保存] プロンプト ウィンドウが表示されている iOS の [Build Settings](ビルド設定) ウィンドウが表示された Unity

ビルド プロセスが完了したら、「Xcode プロジェクトをエクスポートする」にある手順に従って、Xcode プロジェクトを iOS デバイスにデプロイする方法を学習します。When the build process is complete, follow the Export the Xcode project instructions to learn to deploy your Xcode project to your iOS device.

結論Congratulations

このチュートリアルでは、AR Foundation、ARCore XR Plugin、ARKit XR Plugin を使用して、Android デバイスや iOS デバイス用にプロジェクトをビルドする方法について学習しました。In this tutorial, you learned how to build your project to Android and iOS devices using AR Foundation, ARCore XR Plugin, and ARKit XR Plugin.