3.MRTK プロファイルの構成3. Configuring the MRTK profiles

概要Overview

このチュートリアルでは、MRTK プロファイルをカスタマイズして構成する方法について学習します。In this tutorial, you will learn how to customize and configure the MRTK profiles.

MRTK プロファイルは入れ子になったプロファイルのツリーであり、MRTK システムと機能の初期化方法に関する構成情報を構成しています。The MRTK profiles is a tree of nested profiles that make up the configuration information for how the MRTK systems and features should be initialized. 最上位レベルのプロファイルである構成プロファイルには、各プライマリ コア システムに対する入れ子になったプロファイルが含まれています。The top-level profile, the Configuration Profile, contains nested profiles for each of the primary core systems. 入れ子になった各プロファイルは、対応するシステムの動作を構成するように設計されています。Each nested profile is designed to configure the behavior of their corresponding system.

この特定の例では、空間メッシュ オブザーバーの設定を変更して、空間認識メッシュを非表示にする方法を示します。This particular example will show you how to hide the spatial awareness mesh by changing the settings of the Spatial Mesh Observer. ただし、次の同じ原則に従って、MRTK プロファイルのすべての設定または値をカスタマイズできます。However, you may follow these same principles to customize any setting or value in the MRTK profiles.

前のチュートリアルの間にプロジェクトを HoloLens 2 に展開したときのように、空間認識メッシュは環境のジオメトリを表すメッシュのコレクションです。As you experienced when you deployed your project to your HoloLens 2 during the previous tutorial, the Spatial Awareness mesh is a collection of meshes representing the geometry of the environment. これは最初に見ておくと役に立つ視覚情報ですが、見た目が繁雑になるのと、パフォーマンスに影響するのを避けるため、通常はオフになっています。It's a helpful visualization to see initially but it's typically turned off to avoid the visual distraction and the additional performance hit of having it on.

目標Objectives

  • MRTK プロファイルをカスタマイズして構成する方法について学習するLearn how to customize and configure MRTK profiles
  • 空間認識メッシュを非表示にするHide the spatial awareness mesh

空間認識表示オプションを変更するChanging the Spatial Awareness Display Option

空間認識メッシュを非表示にするための主な手順は次のとおりです。The main steps you will take to hide the spatial awareness mesh are:

  1. 既定の構成プロファイルを複製するClone the default Configuration Profile
  2. 空間認識システムを有効にするEnable the Spatial Awareness System
  3. 既定の空間認識システムのプロファイルを複製するClone the default Spatial Awareness System Profile
  4. 既定の空間認識メッシュ オブザーバーのプロファイルを複製するClone the default Spatial Awareness Mesh Observer Profile
  5. 空間認識メッシュの可視性を変更するChange the visibility of the spatial awareness mesh

注意

既定では、MRTK プロファイルは編集できません。By default, the MRTK profiles are not editable. これらは、編集する前に複製する必要がある既定プロファイルのテンプレートです。These are default profile templates that you have to clone before they can be edited. 入れ子になったプロファイル レイヤーがいくつかあります。There are several nested layers of profiles. そのため、1 つ以上の設定を構成するときは、複数のプロファイルを複製して編集するのが一般的です。Therefore, it is common to clone and edit several profiles when configuring one or more settings.

1.既定の構成プロファイルを複製する1. Clone the default Configuration Profile

注意

構成プロファイルは最上位のプロファイルです。The Configuration Profile is the top-level profile. そのため、他のプロファイルを編集できるようにするには、まず構成プロファイルを複製する必要があります。Consequently, to be able to edit any other profiles, you first have to clone the Configuration Profile.

[Hierarchy](階層) ウィンドウで MixedRealityToolkit オブジェクトを選択し、[Inspector](インスペクター) ウィンドウで、MixedRealityToolkit の構成プロファイルを DefaultHoloLens2ConfigurationProfile に変更します。In the Hierarchy window, select the MixedRealityToolkit object, then in the Inspector window, change the MixedRealityToolkit Configuration Profile to the DefaultHoloLens2ConfigurationProfile:

DefaultHoloLens2ConfigurationProfile が選択された Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

MixedRealityToolkit オブジェクトを選択した状態で、[Inspector](インスペクター) ウィンドウで [Copy & Customize](コピーしてカスタマイズ) ボタンをクリックして、[Clone Profile](プロファイルの複製) ウィンドウを開きます。With the MixedRealityToolkit object still selected, in the Inspector window, click the Copy & Customize button to open the Clone Profile window:

Unity MixedRealityToolkit コンポーネントの [Copy & Customize](コピーしてカスタマイズ) ボタン

[Clone Profile](プロファイルのクローン) ウィンドウで、適切な [Profile Name](プロファイル名) (例: GettingStarted_HoloLens2ConfigurationProfile) を入力し、 [Clone](クローン) ボタンをクリックし、DefaultHololens2ConfigurationProfile の編集可能なコピーを作成します。In the Clone Profile window, enter a suitable Profile Name, for example, GettingStarted_HoloLens2ConfigurationProfile, then click the Clone button to create an editable copy of the DefaultHololens2ConfigurationProfile:

Unity MixedRealityToolkit の構成プロファイルのクローン ポップアップ ウィンドウ

新しく作成された構成プロファイルが、シーンの構成プロファイルとして割り当てられました。The newly created Configuration Profile is now assigned as the Configuration Profile for your scene:

新しく作成したカスタム HoloLens2ConfigurationProfile が適用されている Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

Unity メニューで、 [File](ファイル) > [Save](保存) の順に選択してシーンを保存します。In the Unity menu, select File > Save to save your scene.

ヒント

チュートリアルの実行中は、必ず作業を保存するようにしてください。Remember to save your work throughout the tutorials.

2.空間認識システムを有効にする2. Enable the Spatial Awareness System

[Hierarchy](階層) ウィンドウで MixedRealityToolkit オブジェクトを選択し、[Inspector](インスペクター) ウィンドウで [Spatial Awareness](空間認識) タブを選択し、次に [Enable Spatial Awareness System](空間認識システムを有効にする) チェックボックスをオンにします。In the Hierarchy window, select the MixedRealityToolkit object, then in the Inspector window, select the Spatial Awareness tab, and then check the Enable Spatial Awareness System checkbox:

空間認識システムが有効になっている Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

注意

今後のプロジェクトのアプリで、環境に応答したり環境と対話したりする必要がない場合は、パフォーマンス コストを減らすため、空間認識をオフにしておくことをお勧めします。For future projects, if your app doesn't need to respond to or interact with the environment, it's recommended to keep the spatial awareness turned off to reduce performance cost.

3.既定の空間認識システムのプロファイルを複製する3. Clone the default Spatial Awareness System Profile

[Spatial Awareness](空間認識) タブで、 [Clone](複製) ボタンをクリックして [Clone Profile](プロファイルの複製) ウィンドウを開きます。In the Spatial Awareness tab, click the Clone button to open the Clone Profile window:

[Spatial Awareness](空間認識) タブが選択された Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

[Clone Profile](プロファイルのクローン) ウィンドウで、適切な [Profile Name](プロファイル名) (例: GettingStarted_MixedRealitySpatialAwarenessSystemProfile) を入力し、 [Clone](クローン) ボタンをクリックし、DefaultMixedRealitySpatialAwarenessSystemProfile の編集可能なコピーを作成します。In the Clone Profile window, enter a suitable Profile Name, for example, GettingStarted_MixedRealitySpatialAwarenessSystemProfile, then click the Clone button to create an editable copy of the DefaultMixedRealitySpatialAwarenessSystemProfile:

Unity MixedRealityToolkit 空間認識システム プロファイル クローン ポップアップ ウィンドウ

これで、新しく作成された空間認識システム プロファイルが、構成プロファイルに自動的に割り当てられるようになりました。The newly created Spatial Awareness System Profile is now automatically assigned to your Configuration Profile:

新しく作成したカスタム MixedRealitySpatialAwarenessSystemProfile が適用されている Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

4.既定の空間認識メッシュ オブザーバーのプロファイルを複製する4. Clone the default Spatial Awareness Mesh Observer Profile

[Spatial Awareness](空間認識) タブを引き続き選択した状態で、 [Windows Mixed Reality Spatial Mesh Observer](Windows Mixed Reality 空間メッシュ オブザーバー) セクションを展開し、 [Clone](複製) ボタンをクリックして、[Clone Profile](プロファイルの複製) ウィンドウを開きます。With the Spatial Awareness tab still selected, expand the Windows Mixed Reality Spatial Mesh Observer section, then click the Clone button to open the Clone Profile window:

Windows Mixed Reality 空間メッシュ オブザーバー セクションが展開された Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

[Clone Profile](プロファイルのクローン) ウィンドウで、適切な [Profile Name](プロファイル名) (例: GettingStarted_MixedRealitySpatialAwarenessMeshObserverProfile) を入力し、 [Clone](クローン) ボタンをクリックし、DefaultMixedRealitySpatialAwarenessMeshObserverProfile の編集可能なコピーを作成します。In the Clone Profile window, enter a suitable Profile Name, for example, GettingStarted_MixedRealitySpatialAwarenessMeshObserverProfile, then click the Clone button to create an editable copy of the DefaultMixedRealitySpatialAwarenessMeshObserverProfile:

Unity MixedRealityToolkit 空間メッシュ オブザーバー プロファイル クローン ポップアップ ウィンドウ

これで、新しく作成された空間認識メッシュ オブザーバーが、空間認識システム プロファイルに自動的に割り当てられるようになりました。The newly created Spatial Awareness Mesh Observer Profile is now automatically assigned to your Spatial Awareness System Profile:

新しく作成したカスタム MixedRealitySpatialAwarenessMeshObserverProfile が適用されている Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

5.空間認識メッシュの可視性を変更する5. Change the visibility of the spatial awareness mesh

[Spatial Mesh Observer Settings](空間メッシュ オブザーバーの設定) で、 [Display Option](表示オプション)[Occlusion](オクルージョン) に変更して、空間マッピング メッシュを、機能している状態のまま非表示にします。In the Spatial Mesh Observer Settings, change the Display Option to Occlusion to make the spatial mapping mesh invisible while still functional:

空間メッシュ オブザーバーの表示オプションがオクルージョンに設定される Unity MixedRealityToolkit コンポーネント

注意

空間マッピング メッシュは非表示になっていますが、引き続き存在して、機能しています。Although the spatial mapping mesh is not visible, it is still present and functional. たとえば、物理的な壁の後ろのホログラムなど、空間マッピング メッシュの背後にあるホログラムは表示されません。For example, any holograms behind the spatial mapping mesh, such as a hologram behind a physical wall, will not be visible.

ここまで、MRTK プロファイル内の設定を変更する方法を学習しました。You just learned how to modify a setting in the MRTK profile. ご覧のように、MRTK の設定をカスタマイズするには、最初に既定のプロファイルのコピーを作成する必要があります。As you can see, to customize the MRTK settings, you first need to create copies of the default profiles. 既定のプロファイルは編集できないため、既定の設定に戻す場合の参照として常に保持します。Because the default profiles are not editable, you will always have them as references if you want to revert to the default settings. MRTK プロファイルとそのアーキテクチャの詳細については、MRTK ドキュメント ポータルにある MRTK プロファイルの構成ガイドに関するページを参照してください。To learn more about MRTK profiles and their architecture, you can refer to the MRTK profile configuration guide in the MRTK Documentation Portal.

結論Congratulations

このチュートリアルでは、MRTK プロファイルの設定をクローン、カスタマイズ、および構成する方法について学習しました。In this tutorial, you learned how to clone, customize, and configure MRTK profiles and settings.