2.音声認識を使用したコマンドの実行2. Using speech recognition to execute commands

このチュートリアルでは、Azure 音声認識を使用してコマンドを実行する機能を追加します。これを使用すると、定義した単語やフレーズに基づいて何かを実行させることができます。In this tutorial, you will add the ability to execute commands using Azure speech recognition which will allow you to make something happen based on the word or phrase you define.

目標Objectives

  • Azure 音声認識を使用してコマンドを実行する方法を学習するLearn how Azure speech recognition can be used to execute commands

手順Instructions

[Hierarchy](階層) ウィンドウで Lunarcom オブジェクトを選択し、次に [Inspector](インスペクター) ウィンドウで [Add Component](コンポーネントの追加) ボタンを使用して、Lunarcom Wake Word Recognizer (Script) コンポーネントを Lunarcom オブジェクトに追加し、次のように構成します。In the Hierarchy window, select the Lunarcom object, then in the Inspector window, use the Add Component button to add the Lunarcom Wake Word Recognizer (Script) component to the Lunarcom object and configure it as follows:

  • [Wake Word](ウェイク ワード) フィールドに、適切なフレーズ (たとえば、「Activate terminal」など) を入力します。In the Wake Word field, enter a suitable phrase, for example, Activate terminal.
  • [Dismiss Word](終了ワード) フィールドに、適切なフレーズ (たとえば、「Dismiss terminal」など) を入力します。In the Dismiss Word field, enter a suitable phrase, for example, Dismiss terminal.

mrlearning-speech

注意

Lunarcom Wake Word Recognizer (Script) コンポーネントは MRTK の一部ではありません。The Lunarcom Wake Word Recognizer (Script) component is not part of MRTK. このチュートリアルのアセットと共に提供されました。It was provided with this tutorial's assets.

前のチュートリアルと同様に、ゲーム モードに入ると、既定で [Terminal](ターミナル) パネルが有効になりますが、今回は、終了ワードである Dismiss terminal と発話することにより無効にできるようになりました。If you now enter Game mode, as in the previous tutorial, the terminal panel is enabled by default, but you can now disable it by saying the Dismiss Word, Dismiss terminal:

mrlearning-speech

そして、ウェイク ワードである Activate terminal と発話することにより、再び有効にできます。And enable it again by saying the Wake Word, Activate terminal:

mrlearning-speech

注意事項

アプリケーションは Azure に接続する必要があるため、お使いのコンピューター/デバイスがインターネットに接続されていることを確認してください。The application needs to connect to Azure, so make sure your computer/device is connected to the internet.

ヒント

頻繁に Azure に接続できないことが予測される場合は、「音声コマンドの使用」の手順に従うことで、MRTK を使用して音声コマンドを実装することもできます。If you anticipate frequently not being able to connect to Azure, you can also implement speech commands using MRTK by following the Using speech commands instructions.

結論Congratulations

Azure で提供されている音声コマンドを実装しました。You have implemented speech commands powered by Azure. デバイスでアプリケーションを実行して、機能が正常に動作していることを確認してください。Run the application on your device to ensure the feature is working properly.

次のチュートリアルでは、Azure Speech Translation を使用して音声を翻訳する方法について説明します。In the next tutorial, you will learn how to translate speech using Azure speech translation.