Unity プロジェクトへの空間オーディオの追加Adding spatial audio to your Unity project

HoloLens2 上の Unity の空間オーディオチュートリアルへようこそ。Welcome to the spatial audio tutorial for Unity on HoloLens2. このチュートリアルでは、次の手順について説明します。This tutorial sequence shows:

  • Unity の HoloLens 2 でヘッド関連の転送機能 (HRTF) オフロードを使用する方法How to use head-related transfer function (HRTF) offload on HoloLens 2 in Unity
  • HRTF オフロードを使用するときにリバーブを有効にする方法How to enable reverb when using HRTF offload

Microsoft Spatializer GitHub リポジトリには、このチュートリアルシーケンスの完成した Unity プロジェクトが用意されています。The Microsoft Spatializer GitHub repository has a completed Unity project of this tutorial sequence.

HRTF ベースの spatialization テクノロジを使用してサウンドを spatialize することの意味と、役に立つ場合の推奨事項については、「 空間サウンドの設計」を参照してください。For an understanding about what it means to spatialize sounds using HRTF-based spatialization technologies and recommendations for when it can be helpful, see spatial sound design.

HRTF offload とはWhat is HRTF offload?

HRTF ベースのアルゴリズムを使用してオーディオを処理するには、大量の特殊な計算が必要です。Processing audio using HRTF-based algorithms requires a large amount of specialized computation. HoloLens 2 には、アプリケーションプロセッサに負荷がかからないようにするために使用できる専用のハードウェアが含まれているため、HRTF ベースのアルゴリズムの処理を "オフロード" します。HoloLens 2 includes dedicated hardware that can be utilized to avoid burdening the application processor, thus "offloading" the processing of HRTF-based algorithms. Microsoft spatializer プラグインを使用すると、アプリケーションで専用の HRTF ハードウェアを利用して、空間オーディオ以外の操作でアプリケーションプロセッサをより多く使用できるようにすることができます。The Microsoft spatializer plugin provides an easy way for your application to take advantage of the dedicated HRTF hardware so your application can use more of the application processor for operations other than spatial audio.

目標Objectives

この最初の章では、次のことについて説明します。In this first chapter, you'll:

  • Unity プロジェクトを作成して MRTK をインポートするCreate a Unity project and import MRTK
  • Microsoft spatializer プラグインをインポートするImport the Microsoft spatializer plugin
  • Microsoft spatializer プラグインを有効にするEnable the Microsoft spatializer plugin
  • 開発者ワークステーションで空間オーディオを有効にするEnable spatial audio on your developer workstation

プロジェクトを作成し、Unity の NuGet を追加するCreate a project and add NuGet for Unity

空の Unity プロジェクトから開始し、Unity 用に NuGet を追加して構成します。Start with an empty Unity project, then add and configure NuGet for Unity:

  1. 最新の NuGetForUnity をダウンロードし ます。 unitypackageDownload the latest NuGetForUnity .unitypackage
  2. Unity のメニューバーで、[ 資産-> インポートパッケージ-> カスタムパッケージ ] をクリックし、NuGetForUnity パッケージをインストールします。In the Unity menu bar, click Assets -> Import Package -> Custom Package... and install the NuGetForUnity package:

カスタムパッケージのインポート

Windows Mixed Reality パッケージを追加するAdd the Windows Mixed Reality package

Unity 2019 以降での Windows Mixed Reality のサポートは、オプションのパッケージに含まれています。Windows Mixed Reality support in Unity 2019 and later is contained in an optional package. プロジェクトに追加するには、Unity のメニューバーから [ Window-> Package Manager] を開きます。To add it to your project, open Window -> Package Manager from the Unity menu bar:

パッケージマネージャーメニュー

次に、 Windows Mixed Reality パッケージを検索してインストールします。Then find and install the Windows Mixed Reality package:

パッケージマネージャーウィンドウ

MRTK と Microsoft Spatializer をインストールするInstall MRTK and Microsoft Spatializer

Unity 用の NuGet を使用して、MRTK と Microsoft Spatializer プラグインをインストールします。Using NuGet for Unity, install the MRTK and Microsoft Spatializer plugins:

  1. Unity のメニューバーで、[ nuget->] [Nuget パッケージの管理] の順にクリックします。In the Unity menu bar, click on NuGet -> Manage NuGet Packages.

NuGet パッケージの管理

  1. 検索 ボックスに「MixedReality」と入力し、MRTK コアパッケージ ( MixedReality ) をインストールしてください。In the Search box, enter "Microsoft.MixedReality.Toolkit" and install the MRTK core package: Microsoft.MixedReality.Toolkit.Foundation

MRTK NuGet パッケージ

Mrtk NuGet パッケージ には、追加のコンテキストと詳細があります。MRTK NuGet Package has additional context and details.

  1. 検索 ボックスに「SpatialAudio」と入力し、microsoft Spatializer パッケージ: SpatialAudio をインストールします。In the Search box, enter "Microsoft.SpatialAudio" and install the Microsoft Spatializer package: Microsoft.SpatialAudio.Spatializer.Unity

Spatializer プラグイン NuGet

プロジェクトでの MRTK の設定Set up MRTK in your project

  1. [ビルドの設定] ウィンドウを開き、[ ファイル > ビルドの設定] に移動します。Open the Build Settings window by going to File -> Build Settings.

  2. ユニバーサル Windows プラットフォーム を選択し、[プラットフォームの切り替え] をクリックします。Select the Universal Windows Platform and click Switch Platform.

  3. [ビルド] ウィンドウ の [プレーヤーの設定] をクリックして、[インスペクター ] ウィンドウの [プレーヤーの設定] プロパティを開きます。Click Player Settings in the Build Window to open the Player Settings properties in the Inspector pane.

    • [ XR の設定] で、[ Virtual Reality がサポート する] チェックボックスをオンにします。Under XR Settings, check the Virtual Reality Supported checkbox
    • [ XR の設定] で、 ステレオレンダリングモードシングルパスインスタンス 化に変更します。Under XR Settings, change the Stereo Rendering Mode to Single Pass Instanced.
    • [発行の設定] で、[機能] セクションの [空間の認識] チェックボックスをオンにします。Under Publishing Settings, check the Spatial Perception checkbox in the Capabilities section
  4. メニューバーで [ Mixed Reality Toolkit-> [シーンに追加] を クリックし、[構成] をクリックします。On the menu bar, click Mixed Reality Toolkit -> Add to Scene and Configure.. を使用して、シーンに MRTK を追加します。to add MRTK to your scene.

アプリをビルドして HoloLens 2 にデプロイする方法など、その他のガイダンスについては、 MR ラーニングベースモジュールの第1章を参照してください。For additional guidance, including how to build your app and deploy to a HoloLens 2, see Chapter 1 of the MR Learning Base Module.

Microsoft Spatializer プラグインを有効にするEnable the Microsoft Spatializer plugin

Microsoft Spatializer プラグインを有効にします。Enable the Microsoft Spatializer plugin. [ 編集-> プロジェクトの設定-> オーディオ] を開き、 Spatializer プラグイン を "Microsoft Spatializer" に変更します。Open Edit -> Project Settings -> Audio, and change Spatializer Plugin to "Microsoft Spatializer". プロジェクト設定Audio セクションは次のようになります。The Audio section of the Project Settings will now look like this:

Spatializer プラグインを表示するプロジェクト設定

ワークステーションで空間オーディオを有効にするEnable spatial audio on your workstation

Windows のデスクトップバージョンでは、空間オーディオは既定で無効になっています。On desktop versions of Windows, spatial audio is disabled by default. これを有効にするには、タスクバーのボリュームアイコンを右クリックします。Enable it by right-clicking on the volume icon in the task bar. HoloLens 2 で耳になる内容を最大限に活用するには、[ 空間サウンド > Windows Sonic For ヘッドホン] を選択します。To get the best representation of what you'll hear on HoloLens 2, choose Spatial sound -> Windows Sonic for Headphones.

デスクトップ空間オーディオの設定

注意

この設定は、Unity エディターでプロジェクトをテストする場合にのみ必要です。This setting is only required if you plan to test your project in the Unity editor.

次のステップNext steps