Unity 開発の概要Unity development overview

Unity のバナー ロゴ

UnityMixed Reality アプリを最速で構築するには、Mixed Reality Toolkit を使用します。The fastest path to building a mixed reality app in Unity is with the Mixed Reality Toolkit. Unity を初めて使用する場合は、続行する前に、Unity Learn プラットフォームで初級レベルのチュートリアルを確認することをお勧めします。If you're brand new to Unity, we recommend that you explore the beginner level tutorials on the Unity Learn platform before continuing. また、包括的な資産ストアのほか、Mixed Reality アプリを構築しているオンライン コミュニティとやり取りできる Unity Mixed Reality フォーラムにアクセスすることもお勧めします。It's also a good idea to visit the comprehensive Asset Store and the Unity Mixed Reality forums to engage with the online community building mixed reality apps. 想像を超えたすばらしい資産やソリューションを見つけることができます。You never know what cool assets or solutions you might find out in the wild. MRTK の使用を開始する準備ができたら、次の開発チェックポイントに進んでください。When you're ready to get started with MRTK head to the development checkpoints below!

重要

HoloLens 2 に移植する必要がある既存の Unity プロジェクトがある場合は、Microsoft の 移植ガイド を参照してください。Take a look at our porting guides if you have an existing Unity project that you want to bring over to HoloLens 2. HTK、MRTK v1、SteamVR を使用するプロジェクト向けのガイドや、Oculus Rift や HTC Naopak などのイマーシブ ヘッドセット用に開発されたプロジェクト向けのガイドが用意されています。We have guides for projects that are using HTK, MRTK v1, SteamVR or were developed for immersive headsets such as the Oculus Rift or HTC Vive.

開発チェックポイントDevelopment checkpoints

次のチェックポイントを使用して、Unity のゲームやアプリケーションを Mixed Reality の世界に移植することができます。Use the following checkpoints to bring your Unity games and applications into the world of mixed reality. Holograms サンプル アプリのデザイン をまだご確認いただいていない場合、それをダウンロードおよび使用して、Mixed Reality UX の基礎を理解しておくことをお勧めします。If you haven't already explored the Designing Holograms sample application, we recommend downloading and using it to familiarize yourself with the basics of Mixed Reality UX.

1.はじめに1. Getting started

Unity で開発する場合の最も簡単な方法は、Mixed Reality Toolkit を使用することです。The easiest way to develop in Unity is with the Mixed Reality Toolkit. MRTK は、Mixed Reality 用のプロジェクトの設定を自動化するのに役立ちます。また、開発プロセスを短縮する一連の機能が用意されています。MRTK will help you automatically setup a project for Mixed Reality and provide a set of features to accelerate your development process. このセクションの最後まで進めば、Mixed Reality Toolkit、Mixed Reality アプリ用に適切に構成された開発環境、自身で構築した、Unity で実際に動作する MRTK プロジェクトについて、基本的な理解を得ることができます。By the end of this section, you'll have a basic understanding of the Mixed Reality Toolkit, a properly configured development environment for Mixed Reality apps, and a working MRTK project in Unity that you built yourself.

CheckpointCheckpoint 結果Outcome
MSIX とはWhat is MRTK? 作業を始めるにあたって、まず Mixed Reality Toolkit とその機能を理解できますBegin your journey by getting acquainted with the Mixed Reality Toolkit and what it has to offer
最新のツールをインストールするInstall the latest tools 最新の Unity パッケージをダウンロードしてインストールし、Mixed Reality 用のプロジェクトをセットアップできますDownload and install the latest Unity package and setup your project for mixed reality
HoloLens 2 チュートリアル シリーズHoloLens 2 tutorial series HoloLens 2 ハードウェア向けの初級レベルの MRTK チュートリアルを確認できますDive into beginner level MRTK tutorials for HoloLens 2 hardware

重要

Mixed Reality Toolkit をインポートせずに新しい Unity プロジェクトを作成する場合には、Windows Mixed Reality 用に手動で変更する必要がある小規模な Unity 設定のセットがあります。If you'd like to create a new Unity project without importing Mixed Reality Toolkit, there are a small set of Unity settings you'll need to manually change for Windows Mixed Reality. これらは、プロジェクトごととシーンごとの 2 つのカテゴリに分類されます。These are broken down into two categories: per-project and per-scene. 詳細な手順については、構成ガイドを参照してください。Take a look at our configuration guide for the step-by-step process.

注意

プロジェクトに MRTK V2 を設定すると、標準の Unity ゲーム オブジェクト (カメラなど) が、座位のエクスペリエンスに対応してすぐに点灯します。Once you've setup MRTK V2 in your project, standard Unity game objects like the camera will light up immediately for a seated-scale experience. アプリケーションのエクスペリエンス スケールを変更する手順については、座標系に関するページを参照してください。You can find instructions on changing the experience scale of your application on the coordinate systems page.

2. コア構成要素2. Core building blocks

Mixed Reality アプリケーションのコアな構成要素はすべて、他の Unity API と一貫した手法で公開されています。All of the core building blocks for mixed reality applications are exposed in a manner consistent with other Unity APIs. これらの構成要素は、スタンドアロンの機能として利用することも、Mixed Reality Toolkit を介して利用することもできます。These building blocks are available as standalone features and through the Mixed Reality Toolkit. そのすべてが一度に必要になるわけではありませんが、事前に確認することをお勧めします。You might not need all of them at once, but we recommend exploring early on. 以下のコア構成要素について確認したら、個別に、または MRTK を介して Mixed Reality プロジェクトに統合できるさまざまな機能が用意されたツールボックスを使用できるようになります。After diving into the core building blocks listed below, you'll have a toolbox full of features you can integrate into a Mixed Reality project by themselves or through MRTK.

Feature Capabilities
Basic interactions Learn the basics of interacting with objects in immersive space
Camera Fully optimize visual quality and hologram stability in your Mixed Reality apps
Gaze Let users target holograms with by looking at them
Gestures and motion controllers Add spatial actions to your users gaze input
Hand and eye tracking Integrate articulated hand and eye tracking input into your user experience
Spatial mapping Map your physical space with a virtual mesh overlay to mark the boundaries of your environment
Text Get sharp, high-quality text that has a manageable size and quality rendering
Voice input Capture spoken keywords, phrases, and dictation from your users

3.プラットフォームの機能と API3. Platform capabilities and APIs

Mixed Reality アプリケーションで何らかの役割を果たすその他の主要な機能は、Unity API を通じて利用できます。追加のパッケージやセットアップは不要です。Other key features that play a role in mixed reality applications are available through Unity APIs without any extra packages or setup. これらの機能は、MRTK がインストールされているかいないかに関係なく、Unity プロジェクトに追加できます。These features can be added to Unity projects with or without MRTK installed. Unity によって提供される高度な機能について確認したら、より高度で複雑な Mixed Reality アプリを構築することができるようになります。After diving into the more advanced capabilities that Unity offers, you'll be able to build deeper, complex Mixed Reality apps.

機能Feature 機能Capabilities
共有エクスペリエンスShared experiences 空間アンカー共有を使用して、空間内の固定ポイントに同じホログラムを表示したり、まとめて操作したりできますView and interact collectively with the same hologram at a fixed point in space using spatial anchor sharing
場所を特定できるカメラLocatable camera Mixed Reality アプリケーションで写真およびビデオ コンテンツをキャプチャできますCapture photos and video content in your Mixed Reality application
フォーカス ポイントFocus point 現在表示されているホログラムに対して最適な安定化を施す方法に関するヒントを HoloLens に提供しますProvide HoloLens a hint about how to best perform stabilization on the holograms currently being displayed
追跡の損失Tracking loss アプリケーションのワールド空間でデバイスがそれ自体の位置を特定できなくなった場合のシナリオを処理できますHandle scenarios where your device can't locate itself in the applications world space
キーボード入力Keyboard input アプリで、実際のキーボードや Mixed Reality のキーボードから入力を取得できますGet input from real-world and Mixed Reality keyboards in your apps

4.デバイスまたはエミュレーターへのデプロイ4. Deploying to a device or emulator

ホログラフィック Unity プロジェクトをテストする準備ができたら、次の手順として、Unity Visual Studio ソリューションをエクスポートしてビルドします。Once you've got your holographic Unity project ready for testing, your next step is to export and build a Unity Visual Studio solution. その VS ソリューションがあれば、実際のデバイスまたはシミュレートされたデバイスを使用して、次の 3 つの方法のいずかでアプリケーションを実行できます。With that VS solution in hand, you can run your application in one of three ways on a real or simulated device. このセクションの最後まで進めば、開発のニーズに合ったデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションをデプロイできるようになります。By the end of this section, you'll be able to deploy your application on whichever device or emulator fits your development needs.

5。サービスの追加5. Adding services

開発作業のこの時点で、サービスを追加する必要が生じたり、商用環境でのデプロイへの手助けが必要になったりすることがあります。At this point in your development journey you might be looking to add services or for a helping hand with commercial deployment. Azure Cloud Services と Dynamics 365 の機能を統合することで、プロジェクトを大幅にレベルアップできます。Integrating Azure Cloud Services and Dynamics 365 features can level up your projects in a major way. Microsoft では、お客様が Mixed Reality に関する知識を深化、拡充できるように、いくつかの開始点をまとめています。We've compiled a few starting points for you to explore and expand your Mixed Reality knowledge.

Azure Remote Rendering (ARR) is a service that lets you to render highly complex 3D models in real time. ARR is currently in public preview. It can be added to your Unity or Native C++ projects targeting HoloLens 2 or Windows desktop PC.

また、追加の Azure サービスに関するサポート ドキュメントの包括的な一覧も提供しています。これらのサービスは、セルフサービス ベースでお客様の Unity プロジェクトに追加できます。We also have a comprehensive list of support documentation for additional Azure services that you can add to your Unity projects on a self-serve basis.

次の操作What's next?

開発者の仕事に終わりはありません。新しいツールや SDK について学ぶ場合は特にこれが当てはまります。A developers job is never done, especially when learning a new tool or SDK. 以降のセクションでは、既に終えた初級レベルの教材からは一歩進んだ領域について説明します。また、行き詰まった場合に役に立つリソースも紹介します。The following sections can take you into areas beyond the beginner level material you've already completed, along with helpful resources if you get stuck. これらのトピックとリソースは順番に並んでいるわけではないため、お好きなところから自由に参照することができます。Note that these topics and resources aren't in any sequential order, so feel free to jump around and explore!

移植Porting

移植したい既存のアプリがある場合は、次の記事をご確認ください。If you have existing apps that you'd like to port over, the articles listed below are your next stop/

チュートリアルTutorials

特定の Mixed Reality 機能をアプリケーションに追加する場合に、そのプロセスをエンド ツー エンドで説明している精選されたチュートリアルがいくつか用意されています。If you're looking to add specific Mixed Reality features to your applications, we have several curated tutorials that can run you through the process from end-to-end. 最も人気のある HoloLens 2 および HoloLens (第 1 世代) のコンテンツを以下に示しますが、各チュートリアルの概要にアクセスするとコレクション全体を確認することができます。Our most popular HoloLens 2 and HoloLens (1st Gen) content is listed below, but you can find the entire collection by visiting the tutorials overview.

その他の技術情報Additional resources

独自の Mixed Reality の世界に進む前に、以下に示す MRTK 関連のドキュメントを参照することをお勧めします。Before going out into the world of mixed reality on your own, we recommend taking a look at the MRTK-related documentation listed below. これらの記事は、MRTK の機能を詳しく理解するための出発点になると共に、アプリのパフォーマンスを向上させるための情報も掲載されています。These articles are great jumping off points for understanding how MRTK works in greater detail and will give you insight into making your app more performant.

トピックTopic 説明Description
MRTK アーキテクチャの概要MRTK Architecture overview MRTK SDK がプロジェクト内でどのように機能するかについて理解を深めますGet a deeper understanding of how the MRTK SDK works in your projects
設定とパフォーマンスSettings and performance アプリをプロファイリングし、Unity の設定を更新して、ホログラム安定化のパフォーマンスを最適化しますProfile your app, update your Unity settings, and get the best hologram stabilization performance available
MRTK および XR の概要Getting started with MRTK + XR Unity によって提供される代替の XR パイプラインに転送しますTransfer over to the alternative XR pipeline provided by Unity

Unity のリソースUnity resources

このドキュメントは docs.microsoft.com 上で入手できますが、Unity では、Windows Mixed Reality 機能に関するドキュメントが Unity エディターと共にインストールされます。In addition to this documentation available on docs.microsoft.com, Unity installs documentation for Windows Mixed Reality functionality alongside the Unity Editor. Unity が提供するドキュメントには、2 つのセクションが含まれます。The Unity provided documentation includes two separate sections.

リソースResource 説明Description
スクリプト リファレンスScripting reference ドキュメントのこのセクションには、Unity が提供している、Unity エディターからオンラインでアクセスできるスクリプト API の詳細が含まれています。アクセスするには、 [ヘルプ] > [Scripting Reference](スクリプト参照) をクリックしますThis section of the documentation contains details of the scripting API that Unity provides and is accessible online from the Unity Editor by clicking Help > Scripting Reference
手動Manual このマニュアルは、基本的な手法から高度な手法まで、Unity の使用方法の理解に役立つように作られています。オンラインで、または Unity エディターから [ヘルプ] > [マニュアル] をクリックしてアクセスできますThis manual is designed to help you learn how to use Unity, from basic to advanced techniques, and is accessible online or from the Unity Editor by clicking Help > Manual

関連項目See also