Unreal でのデバイスへのデプロイ

Unreal アプリケーションをデプロイするには、次の 2 つの方法HoloLens 2。

  • Unreal エディターから直接
  • デバイス ポータルを使用してアップロードされたパッケージとして

どちらのオプションでも、デバイス ポータルを開発にHoloLensを設定する必要があります。

Unreal エディターからデバイスにデプロイする

  1. [起動] ボタンの横にあるドロップダウン矢印 を選択 します。 最初に、[HoloLens] オプションがグレー表示されます。

起動ドロップダウン オプション

  1. デバイスの デバイス マネージャー を開き、HoloLensデバイスの一覧に自動的に表示されない点に注意してください。

  2. [リストに 登録されていないデバイスの追加] セクションを 展開します。

  3. [プラットフォームHoloLens を選択 します

  4. デバイスの IP アドレスとポート情報を、デバイス識別子としてコロンで区切って入力します。 たとえば、"127.0.0.1:10080" (USB 経由で接続されている場合)。 ユーザー名とデバイス ポータル資格情報を使用します。

  5. [追加 ] を クリックし、デバイス マネージャーを閉じます。

    • 間違ったアドレスやユーザー資格情報などのエラーが発生した場合は、出力ログにメッセージが出力されます。

一覧に登録されていないデバイスの追加

  1. もう一度 [起動]ボタンの横にあるドロップダウン矢印を選択します。今回は、追加HoloLensデバイスが表示されます。 ビルドしてHoloLensするデバイスを選択し、そのデバイスにHoloLens。

注意

デバイスの構築には、シェーダーの再コンパイル (特に最初の実行時) が含まれる場合があります。これには時間がかかる場合があります。 アプリが実行されるまで、デバイスをスリープ状態にし (必要な場合があります)、スリープ状態にならせない。 それ以外の場合、シェーダーのコンパイルは失敗します。

デバイス ポータルを使用したデバイスへの展開

アプリのパッケージ化とデプロイに関する詳細な手順については、Unreal チュートリアル シリーズ を参照してください

次の開発チェックポイント

私たちがレイアウトした Unreal 開発体験に従っている場合は、デプロイステージの最中です。 ここから、引き続き高度なサービスを追加できます。

いつでも Unreal 開発チェックポイントに戻ることができます。