Unreal 開発の概要Unreal Development Overview

Unreal のバナー ロゴ

Mixed Reality アプリケーションを使い始めるのは大きなタスクです。Getting started with mixed reality applications is a big task. 新しい概念、プラットフォーム、最先端のハードウェアは、障壁のように見えるかもしれません。New concepts, platforms, and cutting edge hardware can seem like barriers. ただし、Unreal 開発者であれば、ラッキーです。However, if you're an Unreal developer you're in luck. Windows Mixed Reality (VR) および HoloLens 2 (AR) のサポートが、Unreal Engine の最新の リリースに含まれるようになりました。Support for Windows Mixed Reality (VR) and HoloLens 2 (AR) is now included in Unreal Engine's newest release. この更新には、次が含まれます。This update includes:

  • Mixed Reality UX Tools プラグインのサポートMixed Reality UX Tools plugin support
  • OpenXR のサポートOpenXR support
  • デスクトップ アプリからのアプリのリモート処理App Remoting from a desktop app
  • パフォーマンスの向上Better performance
  • 複合現実キャプチャMixed reality capture
  • Azure Spatial Anchors の初期サポートInitial support for Azure Spatial Anchors

Unreal 開発が初めての場合は、よくわからないまま開始しないでください。If you're new to Unreal development don't jump in blind. Unreal のチュートリアル シリーズを調べて、Unreal のマーケットプレイスと Mixed Reality フォーラムのアセットとサポートをすばやく理解してください。Explore the Unreal tutorial series to get up to speed and look for assets and support in the Unreal marketplace and mixed reality forums. これらのリソースは、今日の Mixed Reality 市場におけるビルダーや問題ソルバーのコミュニティへのリンクです。These resources are your links to the community of builders and problem solvers in todays mixed reality market.

開発チェックポイントDevelopment checkpoints

次のチェックポイントを使用して、Unreal のゲームやアプリケーションを Mixed Reality の世界に移植することができます。Use the following checkpoints to bring your Unreal games and applications into the world of mixed reality. Holograms サンプル アプリのデザイン をまだご確認いただいていない場合、それをダウンロードおよび使用して、Mixed Reality UX の基礎を理解しておくことをお勧めします。If you haven't already explored the Designing Holograms sample application, we recommend downloading and using it to familiarize yourself with the basics of Mixed Reality UX.

1.はじめに1. Getting started

Unreal 用 Mixed Reality ツールキットは、Unreal での開発を高速化するために設計されたコンポーネントのセットです。The Mixed Reality Toolkit for Unreal is a set of components designed to speed up your development in Unreal. 各コンポーネントには、イマーシブ エクスペリエンスをセットアップするためのプラグイン、サンプル、およびドキュメントが含まれています。Each component includes plugins, samples, and documentation for setting up immersive experiences.

  • Unreal 用 UX Tools はリリースされる最初のコンポーネントであり、現在 HoloLens 2 でのみサポートされています。UX Tools for Unreal is the first component to be released and is currently only supported on HoloLens 2. コンポーネント プラグインには、入力シミュレーション、ハンド インタラクション アクター、押しボタン コンポーネント、マニピュレーター コンポーネント、動作追従コンポーネントに対応した一般的な UX 機能のコード、ブループリント、サンプル資産が含まれています。The component plugin includes code, blueprints, and example assets of common UX features for input simulation, hand interaction actors, press-able button components, manipulator components and follow behavior components.

このセクションの最後まで進めば、Mixed Reality Toolkit、Mixed Reality アプリ用に適切に構成された開発環境、Unreal で実際に動作する MRTK プロジェクトについて、基本的な理解を得ることができます。By the end of this section, you'll have a basic understanding of the Mixed Reality Toolkit, a properly configured development environment for Mixed Reality apps, and a working MRTK project in Unreal.

CheckpointCheckpoint 結果Outcome
最新のツールをインストールするInstall the latest tools 最新の Unity パッケージをダウンロードしてインストールし、Mixed Reality 用のプロジェクトをセットアップできますDownload and install the latest Unity package and setup your project for mixed reality
HoloLens 2 チュートリアル シリーズHoloLens 2 tutorial series HoloLens 2 ハードウェア向けの初級レベルの MRTK チュートリアルを確認できますDive into beginner level MRTK tutorials for HoloLens 2 hardware

2. コア構成要素2. Core building blocks

このチュートリアル シリーズで取り上げられていない Mixed Reality 開発の主要な機能がいくつかあります。There are several key features of mixed reality development that our tutorial series doesn't cover. これらの構成要素は、スタンドアロンの機能として利用することも、Mixed Reality Toolkit を介して利用することもできます。These building blocks are available as standalone features and through the Mixed Reality Toolkit. そのすべてが一度に必要になるわけではありませんが、事前に確認することをお勧めします。You might not need all of them at once, but we recommend exploring early on. 以下のコア構成要素について確認したら、Mixed Reality プロジェクトに統合できるさまざまな機能が用意されたツールボックスを使用できるようになります。After diving into the core building blocks listed below, you'll have a toolbox full of features you can integrate into your Mixed Reality projects.

Feature Capabilities
Input simulation Use mouse and keyboard input in the editor to simulate a Head-Mounted Display (HMD) and hand tracking features
Hand interaction Interact with UX components using articulated hand inputs
Pressable button component Drive the state of button blueprints through low level components
Manipulator component Move and rotate an actor with one or two-hand manipulation input
Follow behavior component Keep an actor or component within sight of another component

注意

詳細については、 Unreal GitHub リポジトリの UX ツール をご確認ください。You can dive into the UX Tools for Unreal GitHub repository for more details.

3.プラットフォームの機能と API3. Platform capabilities and APIs

Mixed Reality アプリケーションで何らかの役割を果たすその他の主要な機能は、追加のパッケージやセットアップなしで利用できます。Other key features that play a role in mixed reality applications are available without any extra packages or setup. これらの機能は、MRTK がインストールされているかいないかに関係なく、Unreal プロジェクトに追加できます。These features can be added to Unreal projects with or without MRTK installed. これらの高度な機能について確認したら、より複雑な Mixed Reality アプリを構築できるようになります。After diving into these more advanced capabilities, you'll be able to build more complex Mixed Reality apps.

機能Feature 機能Capabilities
HoloLens カメラHoloLens camera HoloLens デバイスで実行されているアプリから、Mixed Reality と現実世界のビジュアル コンテンツをキャプチャしますCapture Mixed Reality and real-world visual content from your app running on a HoloLens device
QR コードQR codes 各コードの実際の位置の座標系を使用して、QR コードをホログラムとしてレンダリングしますRender QR codes as holograms using a coordinate system at each code's real-world position
WinRTWinRT Unreal のビルド システムで使用できる WinRT コードを使って、個別のバイナリを作成しますCreate a separate binary with WinRT code that can be consumed by Unreal’s build system

4.デバイスへのデプロイ4. Deploying to a device

HoloLens 用の Unreal アプリを初めて作成またはデプロイする場合は、Epic Launcher からサポート ファイルをダウンロードする必要があります。If this is your first time creating or deploying an Unreal app for HoloLens, you'll need to download supporting files from the Epic Launcher. これらのファイルをインストールしたら、Unreal エディターまたはデバイス ポータルからデプロイする準備が整います。Once you have those files installed, you're ready to deploy from either the Unreal editor or the Device Portal.

5。サービスの追加5. Adding services

開発作業のこの時点で、サービスを追加する必要が生じたり、商用環境でのデプロイへの手助けが必要になったりすることがあります。At this point in your development journey you might be looking to add services or for a helping hand with commercial deployment. Azure Cloud Services と Dynamics 365 の機能を統合することで、プロジェクトを大幅にレベルアップできます。Integrating Azure Cloud Services and Dynamics 365 features can level up your projects in a major way. Microsoft では、お客様が Mixed Reality に関する知識を深化、拡充できるように、いくつかの開始点をまとめています。We've compiled a few starting points for you to explore and expand your Mixed Reality knowledge.

Azure Spatial Anchors (ASA) is a cross-platform service that allows you to build spatially aware mixed reality applications. With Azure Spatial Anchors, you can map, persist, and share holographic content across multiple devices, at real-world scale.

次の操作What's next?

開発者の仕事に終わりはありません。新しいツールや SDK について学ぶ場合は特にこれが当てはまります。A developers job is never done, especially when learning a new tool or SDK. 以降のセクションでは、既に終えた初級レベルの教材からは一歩進んだ領域について説明します。また、行き詰まった場合に役に立つリソースも紹介します。The following sections can take you into areas beyond the beginner level material you've already completed, along with helpful resources if you get stuck. これらのトピックとリソースは順番に並んでいるわけではないため、お好きなところから自由に参照することができます。Note that these topics and resources are not in any sequential order, so feel free to jump around and explore!

ストリーミングとデバッグStreaming & Debugging

開発している最中に HoloLens デバイスでアプリケーションをテストしたい場合は、Unreal エディターまたはパッケージ化された Windows 実行可能ファイルを使用して、お使いの PC から直接ストリーム配信できます。If you want to test out your application on a HoloLens device while still in development, you can stream it directly from your PC by using either the Unreal editor or a packaged Windows executable file.

Visual Studio を使用してアプリケーションをデバッグする場合は、こちらの手順にしたがってください。If you're looking to debug the application with Visual Studio, follow these instructions.

[パフォーマンス]Performance

Mixed Reality 向けの開発には、プラットフォームに依存するパフォーマンス チェックポイントが含まれます。Developing for mixed reality comes with performance checkpoints that depend on the platform. 安定した応答性の高いホログラムを表示するには、HoloLens 2 アプリを 1 秒あたり 60 フレームで実行する必要があります。A HoloLens 2 app must run at 60 frames per second for holograms to appear stable and responsive. さいわい、Unreal アプリケーションでこれを実現するためのパフォーマンスの推奨事項を提供しています。Luckily, we have performance recommendations for achieving this in your Unreal applications.

サポートされている機能Supported Features

HoloLens 2 の機能HoloLens 2 Feature サポートする最も古い Unreal Engine のバージョンEarliest Supported Unreal Engine Version
ARM64 のサポートARM64 support 4.234.23
PC からのストリーミングStreaming from a PC 4.234.23
空間マッピングSpatial mapping 4.234.23
手と関節の追跡Hand and joint tracking 4.234.23
視線追跡Eye tracking 4.234.23
音声入力Voice input 4.234.23
空間アンカーSpatial anchors 4.234.23
カメラへのアクセスCamera access 4.234.23
QR コードQR codes 4.234.23
空間オーディオSpatial audio 4.234.23
ストリーミング用の観戦スクリーンのサポートSpectator Screen support for streaming 4.244.24
ストリーミングに対する Planar LSRPlanar LSR over streaming 4.244.24
サンプル アプリ (HoloLens2Example および Mission AR)Sample apps (HoloLens2Example and Mission AR) 4.244.24
モバイル マルチビュー: パフォーマンス ヒット 60 fpsMobile multi-View: Performance hits 60 fps 4.254.25
3 番目のカメラのレンダリング3rd camera render 4.254.25
パッケージ化されたデスクトップ アプリからのストリーミングStreaming from a packaged desktop app 4.25.14.25.1
Azure Spatial Anchors for HoloLens 2 (ベータ版)Azure Spatial Anchors for HoloLens 2 (beta) 4.254.25
OpenXR のサポート (ベータ版)OpenXR support (beta) 4.254.25
UX Tools のサポート (0.8)UX Tools support (0.8) 4.254.25
開発者向けドキュメントおよびチュートリアルDeveloper docs & tutorials 4.254.25

関連項目See also