Unreal Insights を使用したプロファイリングProfiling with Unreal Insights

Unreal Insights は、Unreal Engine のデータを収集、分析、視覚化するプロファイルシステムです。Unreal Insights is a profiling system that collects, analyzes, and visualizes data from Unreal Engine. プロファイリングシステムを使用すると、最適化のボトルネックや、アプリのパフォーマンスが向上する可能性のある領域を見つけることができます。The profiling system can help you find optimization bottlenecks and areas where you apps performance could use a boost. 通常は、エディターから Unreal Insights を有効にしますが、HoloLens 2 の場合はコマンドラインを使用する必要があります。Normally, you enable Unreal Insights right from the editor, but for HoloLens 2 you'll need to use the command line.

セットアップSetup

Unreal では、HoloLens ランチャーで "カスタムプロファイル" を作成して構成し、コマンドラインパラメーターを使用して Unreal Insights を有効にすることができます。Unreal lets you to create and configure a "Custom Profile" in the HoloLens launcher with the command line parameters that enable Unreal Insights.

  1. コマンドプロンプトで ipconfig コマンドを使用して、コンピューターの IP アドレスを検索します。Find the IP address of your computer using the ipconfig command on the command prompt. IP アドレスは、ipconfig によって示される IPv4 アドレスです。The IP address is the IPv4 address listed by ipconfig. 後でコマンドラインパラメーターを設定するときは、この点に注意してください。Keep this in mind for later when you set Command Line Parameters.

重要

VPN の背後にいる場合は、代わりに VPN 経由で提供される IP アドレスを指定する必要があります。If you're behind a VPN, you may need to provide the IP address provided via the VPN instead.

Ipconfig コマンドのコマンドラインの結果のスクリーンショット

  1. Unreal Engine パネルの上部に戻り、[Launch] \ (起動) ボタンの下に デバイスマネージャー を開きます。Go to the top of the Unreal Engine panel and open Device Manager under the Launch button:

デバイスマネージャーが強調表示されている起動オプションのスクリーンショット

  1. [デバイスマネージャーで、[ 一覧 にないデバイスの追加] を選択します。In the Device Manager, select Add an Unlisted Device:

Unreal engine で開かれるデバイスマネージャーのスクリーンショット

  1. [ プラットフォームの選択 ] をクリックし、[ HoloLens] を選択します。Click Select a platform and choose HoloLens:

HoloLens が強調表示された [一覧にないデバイスの追加] ドロップダウンのスクリーンショット

  1. IPoverUSB を使用している場合は、デバイス Id として 127.0.0.1: 10080 を入力します。If you're using IPoverUSB, enter 127.0.0.1:10080 as the Device Identifier. HoloLens のユーザーとパスワードをそれぞれのフィールドに入力し、必要に応じて 表示名 を入力します。Enter your HoloLens user and password in their respective fields and fill Display Name as you wish.

重要

デバイス Id は HoloLens の IP アドレスであり、手順 1. で見つかった Unreal Insights を実行しているコンピューターではありません。The Device Identifier is the IP address of the HoloLens, NOT of the computer running Unreal Insights you found in step 1.

デバイスマネージャーでの HoloLens デバイスの詳細のスクリーンショット

  1. [ 追加 ] を選択すると、デバイスマネージャーのデバイスの一覧に HoloLens が表示されます。Select Add and your HoloLens should appear in the device list of the device manager:

デバイス一覧に追加された HoloLens のスクリーンショット

LaunchLaunch

  1. [起動] ボタンの下にある [UE4] パネルから プロジェクトランチャー を開きます。Open Project Launcher from the UE4 panel under the Launch button:

プロジェクトランチャーが強調表示されている起動オプションのスクリーンショット

  1. カスタム + 起動プロファイル にカスタムプロファイルを作成するには、このボタンを選択します。Select the + button to create a custom profile under Custom Launch Profiles. 作成した後は、いつでもこのプロファイルを編集できます。Once created, you can always edit this profile later:

カスタム起動プロファイルが強調表示されているプロジェクトランチャーのスクリーンショット

  1. HoloLens カスタム起動プロファイルの [ プロファイルの編集 ] ボタンを選択し、次のように構成します。Select edit profile button on the HoloLens custom launch profile and configure:
    • デバイスへのコピーを有効にするに は、ブックで[クック] を選択します。Select Cook to By the Book to enable copying to device
    • [アーカイブ] セクションの [アーカイブします か? ] をオンにして、削除するのではなく、生成された .appxbundle を保持し、ディスク領域を節約することができます。You may want to check Do you wish to archive? in the Archive section to retain the generated .appxbundle rather than deleting to save disk space. .Appxbundle の場所を指定し、必要に応じて開発ビルドに切り替えます。Specify a location for the .appxbundle and switch to a development build if you wish

書籍と HoloLens が強調表示されているプロファイル構成のクックオプションのスクリーンショット

  1. ビルドを展開する方法 を設定しますか? [デバイスにコピー ] を選択して、UI の 起動 セクションをアクティブにします。Set How would you like to deploy the build? to Copy to device to activate the Launch section of the UI:

デバイスへのコピーが強調表示されている配置オプションを使用したプロジェクトランチャーのスクリーンショット

  1. [起動] セクションで、追加のコマンドラインパラメーター を設定します。Set Additional Command Line Parameters in the Launch section. パラメーターは ue4commandline.txt ファイルに書き込まれ、バンドルにパッケージ化されて、起動時に使用されます。The parameters will be written into a ue4commandline.txt file, packaged into the bundle, and used at launch.

注意

"IP_OF_YOUR_PC" は、手順 1. で見つかった IP アドレスです。"IP_OF_YOUR_PC" is the IP address we found in step 1. これは、HoloLens の IP アドレスではなく、Unreal Insights を実行しているコンピューターの IP アドレスです。This is the IP address of the computer running Unreal Insights, NOT the IP address of the HoloLens.

重要

トレースが非常に高速になります。Traces can get large very quickly. トレースサイズを低く保つために必要なチャネルのみを有効にします。Enable only those channels you need to keep trace size low.

起動構成オプションのスクリーンショット

  1. アプリを起動する前に、Unreal insights を起動します。そうしないと、アプリの前に実際の情報を適切に初期化できません。Launch Unreal Insights BEFORE app launch, otherwise Unreal Insights wont be able to initialize appropriately before the app:
    • Unreal Insights の実行可能ファイルは、通常は次のように、バイナリエンジンフォルダーに格納されます。 "C:\Program Files\Epic Games\UE_4.26\Engine\Binaries\Win64\UnrealInsights.exe"The Unreal Insights executable is stored in the binaries engine folder, usually as follows: "C:\Program Files\Epic Games\UE_4.26\Engine\Binaries\Win64\UnrealInsights.exe"

実行中の unreal insights 実行可能ファイルのスクリーンショット

  1. [ 戻る ] を選択して、 プロジェクトランチャー ダイアログのルートに戻ります。Select Back to return to the root of the Project Launcher dialog
  2. エディターに戻り、カスタム起動プロファイルで [ 起動 ] をクリックします。Back in the editor, Click Launch on your custom launch profile

カスタム起動プロファイルのスクリーンショット

  1. プロジェクトがパッケージ化され、デバイスにインストールされ、起動します。Watch as your project is packaged up, installed on your device, and launched

プロファイルProfiling

Unreal Insights に戻り、デバイスへの ライブ 接続を選択してプロファイリングを開始しますBack in Unreal Insights, select the Live connection to your device to start profiling

カスタムプロファイルは、プロジェクト間で共有されます。The custom profile is shared between projects. ここからは、毎回作成したカスタムプロファイルを使用できます。これを毎回行う必要はありません。From here on out, you can use the custom profile you created instead of having to do this every time. セットアップセクションで手順 3. ~ 6. を実行するたびに、デバイスへの接続を再作成する必要があります。You only need to recreate the connection to the device every time you start Unreal with steps 3 to 6 in the setup section.

関連項目See also