Unreal でのプロジェクトのアップグレードUpgrading projects in Unreal

Unreal が新しいバージョンに更新されると、非推奨になった関数は、ブループリントをコンパイルするとき、またはプロジェクトをパッケージ化するときに、警告として表示されます。When updating to a new version of Unreal, deprecated functions show up as warnings when compiling blueprints or packaging the project. 関数は、代わりに使用する必要がある新しい関数が追加されると非推奨になります。Functions are deprecated when a new function has been added that should be used instead.

4.26 のアップグレード4.26 upgrades

4.26 では、AR と VR のすべてのプラットフォームがリファクタリングされ、共通のインターフェイスが追加されて、アプリケーションのコードはプラットフォームに依存しなくなったため、通常より多くの警告が表示される可能性があります。In 4.26, all AR and VR platforms have been refactored to add common interfaces and keep application code platform agnostic, so you may see more warnings than usual. プロジェクトを他のプラットフォームにいっそう簡単に移植できるよう、新しい API に更新することをお勧めします。Updating to the new APIs is recommended so the project can be more easily ported to other platforms.

非推奨になった関数と、代わりに使用する関数が、警告メッセージで示されます。Warning messages will show which function has been deprecated and indicate what function to use instead. 非推奨のすべての関数は、このリリースでは引き続き動作しますが、今後のリリースでは動作しない可能性があります。All deprecated functions will continue to work for this release but may not work in future releases. また、非推奨の関数は、ブループリントで関数を検索したときの一覧にも表示されなくなります。Deprecated functions will also no longer be listed when searching for functions in a blueprint.

名前付き ARPin 作成関数のブループリント

4.25 で非推奨になったもの4.25 deprecations

非推奨になった関数Deprecated function 新しい関数New function
CreateNamedARPinCreateNamedARPin ピン コンポーネント関数のブループリント
LoadWMRAnchorStoreARPinsLoadWMRAnchorStoreARPins ローカル ストアから ARPins を読み込む関数のブループリント
LoadWMRAnchorSaveARPinToWMRAnchorStoreStoreARPinsLoadWMRAnchorSaveARPinToWMRAnchorStoreStoreARPins ローカル ストアに ARPin を保存する関数のブループリント
RemoveARPinFromWMRAnchorStoreRemoveARPinFromWMRAnchorStore ローカル ストアから ARPin を削除する関数のブループリント
SetEnabledMixedRealityCameraSetEnabledMixedRealityCamera 有効な XRCamera を設定する関数のブループリント
ResizeMixedRealityCameraResizeMixedRealityCamera XRCamera のサイズを変更する関数のブループリント
StartCameraCaptureStartCameraCapture カメラ キャプチャ開始のために ARCapture を切り替える関数のブループリント
StopCameraCaptureStopCameraCapture カメラ キャプチャ停止のために ARCapture を切り替える関数のブループリント
StartQRCodeCaptureStartQRCodeCapture QRコード キャプチャ開始のために ARCapture を切り替える関数のブループリント
StopQRCodeCaptureStopQRCodeCapture QRコード キャプチャ停止のために ARCapture を切り替える関数のブループリント
空間マッピングは、以前の 4.25 では自動的に開始されましたが、現在の 4.26 では切り替える必要があります。Spatial mapping previously automatically started in 4.25, but now needs to be toggled in 4.26. 空間マッピングを有効にするために ARCapture を切り替える関数のブループリント
ShowKeyboardShowKeyboard キーボードはテキスト ウィジェットにフォーカスが設定されると自動的に表示されるため、4.26 では削除されました。Removed in 4.26 since the keyboard automatically shows when a text widget is focused on.
HideKeyboardHideKeyboard キーボードはテキスト ウィジェットがフォーカスを失うと自動的に非表示になるため、4.26 では削除されました。Removed in 4.26 since the keyboard will automatically hide when a text widget is unfocused.
SupportsHandTrackingSupportsHandTracking ハンド トラッキング サポート プロパティのブループリント
IsDisplayOpaqueIsDisplayOpaque IsDisplayOpaque プロパティのブループリント
GetHandJointTransform、GetPointerPoseInfo、GetControllerTrackingStatusGetHandJointTransform, GetPointerPoseInfo, GetControllerTrackingStatus モーション コントローラーのデータを取得する関数のブループリント
GetVersionStringGetVersionString バージョン文字列を取得する関数のブループリント
IsTrackingAvailableIsTrackingAvailable IsTrackingAvailable プロパティのブループリント
IsButtonClicked、IsButtonDown、IsGrasped、IsSelectPressedIsButtonClicked, IsButtonDown, IsGrasped, IsSelectPressed Unreal の入力アクション システムを使用します。Use Unreal’s input action system.
SetFocusPointForFrameSetFocusPointForFrame 4.26 では削除されました。Removed in 4.26. 以前はリモート処理のときの再投影に使用されていましたが、現在は深度の再投影がサポートされています。Previously used for reprojection when remoting, which now supports depth reprojection.

4.26 の変更点4.26 changes

重要な変更点は、Windows Mixed Reality プラグインを起動する場合に、 [Edit](編集) > [Project Settings](プロジェクトの設定) > [Project](プロジェクト) > [Description](説明) > [Settings](設定)[Start in VR](VR で開始) が必須であることです。The significant change is that Start in VR from Edit > Project Settings > Project > Description > Settings is mandatory for starting Windows Mixed Reality plugin. このパラメーターを指定しない場合、デバイスにホログラムは表示されません。Without that parameter, you will not see your holograms on the device.