Mixed Reality ホームで 3D モデルの配置を有効にするEnable placement of 3D models in the mixed reality home

注意

この機能は、 Windows 10 April 2018 更新プログラムの一部として追加されました。This feature was added as part of the Windows 10 April 2018 Update. 以前のバージョンの Windows は、この機能と互換性がありません。Older versions of Windows are not compatible with this feature.

Windows Mixed Reality ホームは、アプリケーションを起動する前にユーザーが移動する開始点です。The Windows Mixed Reality home is the starting point where users land before launching applications. シナリオによっては、(ホログラムアプリのような) 2D アプリでは、3D モデルを直接混合現実ホームに装飾として配置したり、フル3D でさらに検査したりすることができます。In some scenarios, 2D apps (like the Holograms app) enable placement of 3D models directly into the mixed reality home as decorations or for further inspection in full 3D. [ モデルの追加] プロトコル を使用すると、web サイトまたはアプリケーションから Windows Mixed Reality ホームに3d モデルを直接送信できます。この場合、 3d アプリランチャー、2d アプリ、ホログラムのように永続化されます。The add model protocol allows you to send a 3D model from your website or application directly into the Windows Mixed Reality home, where it will persist like 3D app launchers, 2D apps, and holograms.

たとえば、スペースを設計するための3D 家具のカタログを表示するアプリケーションを開発している場合は、[ モデルの追加] プロトコル を使用して、ユーザーがこれらの3d 家具モデルをカタログから配置できるようにすることができます。For example, if you're developing an application that surfaces a catalog of 3D furniture for designing a space, you can use the add model protocol to allow users to place those 3D furniture models from the catalog. ユーザーは、世界中に、自宅の他のホログラムと同じように、これらの3D モデルの移動、サイズ変更、および削除を行うことができます。Once placed in the world, users can move, resize, and remove these 3D models just like other holograms in the home. この記事では、ユーザーがアプリまたは web から3D オブジェクトを使用して自分の世界を装飾できるようにするために、 add model プロトコル の実装の概要を説明します。This article provides an overview of implementing the add model protocol so that you can start enabling users to decorate their world with 3D objects from your app or the web.

デバイス サポートDevice support

機能Feature HoloLensHoloLens イマーシブ ヘッドセットImmersive headsets
モデルプロトコルの追加Add model protocol ✔️✔️ ✔️✔️

概要Overview

Windows Mixed Reality ホームで3D モデルの配置を有効にするには、次の2つの手順を実行します。There are 2 steps to enabling the placement of 3D models in the Windows Mixed Reality home:

  1. 3d モデルが Windows Mixed Reality ホームと互換性があることを確認します。Ensure your 3D model is compatible with the Windows Mixed Reality home.
  2. アプリケーションまたは web ページで モデルの追加プロトコル を実装します (この記事)。Implement the add model protocol in your application or webpage (this article).

モデルの 追加プロトコル の実装Implementing the add model protocol

互換性のある 3d モデルを作成したら、任意の web ページまたはアプリケーションから次の URI をアクティブにして、 add model プロトコル を実装できます。Once you have a compatible 3D model, you can implement the add model protocol by activating the following URI from any webpage or application:

ms-mixedreality:addmodel?uri=<Path to a .glb 3D model either local or remote>

URI がリモートリソースを指している場合は、自動的にダウンロードされ、ホームに配置されます。If the URI points to a remote resource, then it will automatically be downloaded and placed in the home. ローカルリソースは、ホームに配置される前に、mixed reality ホームのアプリデータフォルダーにコピーされます。Local resources will be copied to the mixed reality home's app data folder before being placed in the home. ユーザーがこの機能をサポートしていない古いバージョンの Windows を実行している可能性がある場合は、ボタンを非表示にするか、可能な場合は無効にすることをお勧めします。We recommend designing your experience to account for scenarios where the user might be running an older version of Windows that doesn't support this feature by hiding the button or disabling it if possible.

ユニバーサル Windows プラットフォームアプリからの モデルの追加プロトコル の呼び出し:Invoking the add model protocol from a Universal Windows Platform app:

private async void launchURI_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
   // Define the add model URI
   var uriAddModel = new Uri(@"ms-mixedreality:addModel?uri=sample.glb");

   // Launch the URI to invoke the placement
   var success = await Windows.System.Launcher.LaunchUriAsync(uriAddModel);

   if (success)
   {
      // URI launched
   }
   else
   {
      // URI launch failed
   }
}

Web ページから モデルの追加プロトコル を呼び出す:Invoking the add model protocol from a webpage:

<a class="btn btn-default" href="ms-mixedreality:addModel?uri=sample.glb"> Place 3D Model </a>

イマーシブ (VR) ヘッドセットに関する考慮事項Considerations for immersive (VR) headsets

  • イマーシブ (VR) ヘッドセットの場合、[ モデルの追加] プロトコル を呼び出す前に Mixed Reality ポータルが実行されている必要はありません。For immersive (VR) headsets, the Mixed Reality Portal does not have to be running before invoking the add model protocol. この場合は、[ モデルの追加] プロトコル によって Mixed reality ポータルが起動され、このオブジェクトが、混合現実のホームに到着すると、ヘッドセットが見ている場所に直接配置されます。In this case, the add model protocol will launch the Mixed Reality Portal and place the object directly where the headset is looking once you arrive in the mixed reality home.
  • Mixed Reality ポータルが既に実行されているデスクトップから [ モデルの追加] プロトコル を呼び出すときに、ヘッドセットが "起動済み" になっていることを確認します。When invoking the add model protocol from the desktop with the Mixed Reality Portal already running, ensure that the headset is "awake". それ以外の場合、配置は成功しません。If not, the placement will not succeed.

関連項目See also