Microsoft Store へのアプリの送信Submitting an app to the Microsoft Store

HoloLensと WINDOWS 10 PC の両方で、イマーシブヘッドセットの電源を入れてユニバーサル Windows プラットフォームアプリを実行します。Both HoloLens and the Windows 10 PC powering your immersive headset run Universal Windows Platform apps. HoloLens、PC、またはその両方をサポートするアプリを送信する場合でも、アプリの送信は パートナーセンターを経由します。Whether you're submitting an app that supports HoloLens, PC, or both, app submission goes through the Partner Center.

パートナーセンターの開発者アカウントをまだお持ちでない場合は、先に進む前に サインアップ してください。If you don't already have a Partner Center developer account, sign up for one before moving on.

Mixed Reality アプリのパッケージ化Packaging a Mixed Reality app

Mixed Reality アプリケーションをパッケージ化するには、次のようないくつかの手順があります。There are several steps to packaging a Mixed Reality application, including:

  • すべてのイメージアセットを正しく準備していますCorrectly preparing all image assets
  • HoloLens の [スタート] メニューに表示されるタイルイメージの選択Choosing the tile image displayed in the HoloLens Start menu
  • アプリのターゲットと最小の Windows バージョンを設定するSetting the target and minimum Windows version for the app
  • アプリの依存関係でターゲットデバイスファミリを設定するSetting the target device families in the app dependencies
  • アプリを Microsoft Store に関連付けるメタデータを追加するAdding metadata to associate the app with the Microsoft Store
  • アップロードパッケージの作成Creating an upload package

これらの各送信ステージについては、次のセクションで説明します。最初の送信の試行には参加しないことをお勧めします。Each of these submission stages is covered in its own section below - we recommend going through them sequentially you don't leave any out on your first submission attempt.

Appx に含まれるイメージ資産を準備するPrepare image assets included in the appx

Appx ビルドツールでアプリケーションを appx パッケージに組み込むには、次のイメージ資産が必要です。これは、Microsoft Store に送信するために必要です。The following image assets are required for the appx building tools to build your application into an appx package, which is required for submission to the Microsoft Store. タイルとアイコン資産のガイドラインの詳細については、MSDN を参照してください。You can learn more about guidelines for tile and icon assets on MSDN.

必要な資産Required Asset 推奨される小数点以下桁数Recommended Scale イメージ形式Image Format 資産はどこに表示されますか。Where is the asset displayed?
71x71 正方形の正方形のロゴSquare 71x71 Logo AnyAny PNGPNG 該当なしN/A
150x150 正方形の正方形のロゴSquare 150x150 Logo 150x150 正方形 (100% scale) または 225x225 (150% scale)150x150 (100% scale) or 225x225 (150% scale) PNGPNG 開始 pin とすべてのアプリ (310x310 のが提供されていない場合)、ストア検索候補、ストアリストページ、ストア参照、ストア検索Start pins and All Apps (if 310x310 isn't provided), Store Search Suggestions, Store Listing Page, Store Browse, Store Search
310x150 ワイドのワイドロゴWide 310x150 Logo AnyAny PNGPNG 該当なしN/A
ストア ロゴStore Logo 75 x 75 (150% スケール)75x75 (150% scale) PNGPNG パートナーセンター, レポートアプリ, レビューの作成, マイライブラリPartner Center, Report App, Write a Review, My Library
スプラッシュ スクリーンSplash Screen 930x450 (150% scale)930x450 (150% scale) PNGPNG 2D アプリランチャー (スレート)2D app launcher (slate)

HoloLens 向けに開発している場合は、次のような利点があります。If you're developing for HoloLens, there are additional recommended assets that you can take advantage of:

推奨資産Recommended Assets 推奨される小数点以下桁数Recommended Scale 資産はどこに表示されますか。Where is the asset displayed?
310x310 のの正方形のロゴSquare 310x310 Logo 310x310 の (150% scale)310x310 (150% scale) 開始 pin とすべてのアプリStart pins and All Apps

ライブタイルの要件Live Tile requirements

HoloLens の [スタート] メニューでは、既定で、含まれる最大の四角形のタイルイメージが使用されます。The Start menu on HoloLens will use the largest included square tile image by default. Microsoft によって発行されたアプリには、3d アプリランチャーの実装 手順に従ってアプリに追加できる、オプションの3d ランチャーが用意されています。Apps published by Microsoft have an optional 3D launcher, which you can add to your app by following the 3D app launcher implementation instructions.

Windows のターゲットと最小バージョンを指定するSpecifying target and minimum version of Windows

Mixed Reality アプリに Windows のバージョンに固有の機能が含まれている場合、サポートされているターゲットと最小プラットフォームのバージョンを指定することが重要です。If your Mixed Reality app includes features that are specific to a Windows version, it's important to specify the supported target and minimum platform versions.

Windows Mixed Reality のイマーシブヘッドセットを対象とするアプリに特に注意を払ってください。少なくとも windows 10 の秋の作成者の更新プログラム (10.0;ビルド 16299) が正常に機能するようにします。Pay special attention for apps targeting Windows Mixed Reality immersive headsets, which require at least the Windows 10 Fall Creators Update (10.0; Build 16299) to function properly.

Visual Studio で新しいユニバーサル Windows プロジェクトを作成するときに、Windows のターゲットと最小バージョンを設定するように求められます。You'll be prompted to set the target and minimum version of Windows when you create a new Universal Windows Project in Visual Studio. 既存のプロジェクトの場合、この設定を変更するには、ドロップダウンメニューの下部にある [アプリ名の> のプロパティ] を選択して、[プロジェクト] メニューの [<ます。For existing projects, you can change this setting in the Project menu by selecting the <Your app name's> Properties at the bottom of the drop-down menu.

Visual Studio 2019 での最小バージョンとターゲットプラットフォームのバージョンの設定Setting minimum and target platform versions in Visual Studio 2019
Visual Studio での最小バージョンとターゲットプラットフォームのバージョンの設定Setting minimum and target platform versions in Visual Studio

ターゲットデバイスファミリの指定Specifying target device families

Windows Mixed Reality アプリケーション ( HoloLensイマーシブヘッドセットの両方) はユニバーサル Windows プラットフォームの一部であるため、 windows ユニバーサルターゲットデバイスファミリを使用するすべてのアプリパッケージは、イマーシブヘッドセットを使用する HoloLens または windows 10 pc で実行できます。Windows Mixed Reality applications (for both HoloLens and immersive headsets) are part of the Universal Windows Platform, so any app package with a Windows.Universal target device family can run on HoloLens or Windows 10 PCs with immersive headsets. アプリマニフェストでターゲットデバイスファミリを指定しないと、意図しない Windows 10 デバイスまでアプリを開けないことがあります。If you don't specify a target device family in your app manifest, you may inadvertently open your app up to unintended Windows 10 devices. 次の手順に従って、目的の Windows 10 デバイスファミリを指定し、 パートナーセンターでアプリケーションパッケージをアップロードして Microsoft Store 送信するときに、正しいデバイスファミリが設定されていることを再確認します。Follow the steps below to specify the intended Windows 10 device family, then double-check that the correct device families are set when you upload your app package in Partner Center for Microsoft Store submission.

  • Visual Studio でこのフィールドを設定するには、 package.appxmanifest を右クリックして [ コードの表示] をクリックし、[ TargetDeviceFamily Name ] フィールドを探します。To set this field in Visual Studio, right-click on the Package.appxmanifest and select View Code, then find the TargetDeviceFamily Name field. 既定では、次のエントリのようになります。By default, it should look like the following entry:
<Dependencies>
   <TargetDeviceFamily Name="Windows.Universal" MinVersion="10.0.10240.0" MaxVersionTested="10.0.10586.0" />
</Dependencies>
  • Hololens アプリを作成している場合は、ターゲットデバイスファミリを Holographic に設定することによって、hololens にのみインストールされるようにすることができます。If you're creating a HoloLens app, you can make sure it's only installed on HoloLens by setting the target device family to Windows.Holographic:
<Dependencies>
   <TargetDeviceFamily Name="Windows.Holographic" MinVersion="10.0.10240.0" MaxVersionTested="10.0.10586.0" />
</Dependencies>
  • アプリで、視線や手作業の追跡などの HoloLens 2 機能が必要な場合は、 10.0.18362.0 の Holographic を使用してターゲットデバイスファミリを windows に設定することで、windows バージョン18362以上を対象としていることを確認できます。If your app requires HoloLens 2 functionality, like eye or hand-tracking, you can make sure it's targeted to Windows versions 18362 or greater by setting the target device family to Windows.Holographic with a MinVersion of 10.0.18362.0:
<Dependencies>
   <TargetDeviceFamily Name="Windows.Holographic" MinVersion="10.0.18362.0" MaxVersionTested="10.0.18362.0" />
</Dependencies>
  • アプリが Windows Mixed reality のイマーシブヘッドセット 用に作成されている場合は、ターゲットデバイス ファミリを 10.0.16299.0MinVersion で windows に設定することにより、windows 10 pc にインストールされていることを確認できます (windows mixed reality の場合に必要です)。If your app is created for Windows Mixed Reality immersive headsets, you can make sure it's only installed on Windows 10 PCs with the Windows 10 Fall Creators Update (necessary for Windows Mixed Reality) by setting the target device family to Windows.Desktop with a MinVersion of 10.0.16299.0:
<Dependencies>
   <TargetDeviceFamily Name="Windows.Desktop" MinVersion="10.0.16299.0" MaxVersionTested="10.0.16299.0" />
</Dependencies>
  • 最後に、アプリが HoloLensWindows Mixed Reality の両方で実行されるように設計されている場合、アプリがこれら2つのデバイスファミリでのみ利用可能であることを確認し、各ターゲットにそれぞれの MinVersion を持つ各ターゲットデバイスファミリの線を含めることにより、各ターゲットの Windows バージョンが正しいことを確認します。Finally, if your app is intended to run on both HoloLens and Windows Mixed Reality immersive headsets, you can make sure the app is only available to those two device families and simultaneously ensure that each target has the correct minimum Windows version by including a line for each target device family with its respective MinVersion:
<Dependencies>
   <TargetDeviceFamily Name="Windows.Desktop" MinVersion="10.0.16299.0" MaxVersionTested="10.0.16299.0" />
   <TargetDeviceFamily Name="Windows.Holographic" MinVersion="10.0.10240.0" MaxVersionTested="10.0.10586.0" />
</Dependencies>

デバイスファミリのターゲット設定の詳細については、 TARGETDEVICEFAMILY UWP のドキュメントを参照してください。You can learn more about targeting device families by reading the TargetDeviceFamily UWP documentation.

アプリをストアと関連付けるAssociate app with the Store

アプリを Microsoft Store に関連付けると、次の値が現在のプロジェクトのローカルアプリマニフェストファイルにダウンロードされます。When you associate your app with the Microsoft Store, the following values are downloaded to the current projects local app manifest file:

  • パッケージ表示名Package Display Name
  • パッケージ名Package Name
  • パブリッシャー IDPublisher ID
  • 発行者表示名Publisher Display Name
  • バージョンVersion

独自のカスタム .xml ファイルを使用して既定の package.appxmanifest ファイルをオーバーライドしている場合は、アプリを Microsoft Store に関連付けることはできません。If you're overriding the default package.appxmanifest file with your own custom .xml file, you can’t associate your app with the Microsoft Store. カスタムマニフェストファイルをストアに関連付けると、エラーメッセージが表示されます。Associating a custom manifest file with the Store will result in an error message.

また、Visual Studio ソリューションに移動し、[プロジェクト > ストア] を選択して アプリをストア > 関連付ける ことで、購入および通知のシナリオをテストすることもできます。You can also test purchase and notification scenarios by going to your Visual Studio solution and selecting Project > Store > Associate App with the Store.

アップロードパッケージの作成Creating an upload package

Windows 10 用のユニバーサル windows アプリのパッケージ化に関するガイドラインに従ってください。Follow guidelines at Packaging Universal Windows apps for Windows 10.

アップロードパッケージを作成する最後の手順は、 Windows アプリ認定キットを使用してパッケージを検証することです。The final step of creating an upload package is validating the package using the Windows App Certification Kit.

他の Windows 10 デバイスファミリで使用できる既存の製品に HoloLens 固有のパッケージを追加する場合は、次の点に注意してください。If you're adding a HoloLens-specific package to an existing product that's available on other Windows 10 device families, pay attention to:

一般的なガイダンスとして、デバイスのバージョン番号が最も大きいパッケージがストアによって配布されていることが挙げられます。The general guidance is that the package with the highest version number for a device is the one distributed by the Store.

Windows のユニバーサル パッケージと Holographic パッケージがあり、windows のユニバーサルパッケージのバージョン番号が新しい場合、HoloLens ユーザーは Holographic パッケージではなく、より新しいバージョンの windows. ユニバーサルパッケージをダウンロードすることになります。In a scenario where there's a Windows.Universal package and a Windows.Holographic package, and the Windows.Universal package has a higher version number, a HoloLens user will download the higher version number Windows.Universal package instead of the Windows.Holographic package.

上記のシナリオが探している結果ではない場合、いくつかの利用可能な解決策があります。In cases where the above scenario isn't the outcome you're looking for, there are several available solutions:

  • Holographic などのプラットフォーム固有のパッケージが、Windows などのプラットフォームに依存しないパッケージよりも常に高いバージョン番号を持っていることを確認します。Ensure your platform-specific packages, such as Windows.Holographic, always have a higher version number than your platform agnostic packages like Windows.Universal
  • アプリを Windows. Universal としてパッケージ化しないでください。プラットフォーム固有のパッケージも含まれている場合は、代わりに、使用する特定のプラットフォーム用に Windows のユニバーサルパッケージをパッケージ化してください。Don't package apps as Windows.Universal if you also have platform-specific packages - instead package the Windows.Universal package for the specific platforms you want it available on
  • すべてのプラットフォームで動作する単一の Windows ユニバーサルパッケージを作成します。Create a single Windows.Universal package that works across all platforms. このオプションのサポートは現時点では適切ではないため、上記のソリューションをお勧めします。Support for this option isn't great right now so the above solutions are recommended.

注意

HoloLens (第1世代) と HoloLen 2 の両方でアプリをサポートするには、2つのアプリパッケージをアップロードする必要があります。1つは、x86 for HoloLens (第1世代)、もう1つは ARM または ARM64 for HoloLens 2 を含んでいます。To support your app on both HoloLens (1st Gen) and HoloLen 2, you need to upload two app packages; one containing x86 for HoloLens (1st Gen) and one containing ARM or ARM64 for HoloLens 2.

パッケージに ARM と ARM64 の両方を含めると、ARM64 のバージョンが HoloLens 2 で使用されます。If you include both ARM and ARM64 in your package, the ARM64 version will be the one used on HoloLens 2.

注意

1つのパッケージを複数のターゲットデバイスファミリに適用するように宣言できます。You can declare a single package to be applicable to multiple target device families

アプリケーションのテストTesting your app

Windows アプリ認定キットWindows App Certification Kit

Visual Studio を使用してパートナーセンターに送信するアプリパッケージを作成する場合、アプリパッケージの作成ウィザードでは、作成されたパッケージに対して Windows アプリ認定キットを実行するように求められます。When you create app packages to submit to Partner Center through Visual Studio, the Create App Packages wizard prompts you to run the Windows App Certification Kit against the packages that get created. ストアへのスムーズな送信プロセスを行うには、アプリのローカルコピーが Windows アプリ認定キットのテスト に合格してからストアに送信することをお勧めします。To have a smooth submission process to the Store, it's best to verify that the local copy of your app passes the Windows App Certification Kit tests before submitting them to the Store. リモート HoloLens で Windows アプリ認定キットを実行することは現在サポートされていません。Running the Windows App Certification Kit on a remote HoloLens isn't currently supported.

すべての対象デバイスファミリで実行するRun on all targeted device families

Windows ユニバーサルプラットフォームを使用すると、すべての Windows 10 デバイスファミリで実行される1つのアプリケーションを作成できます。The Windows Universal Platform allows you to create a single application that runs across all of the Windows 10 device families. ただし、ユニバーサル Windows アプリがすべてのデバイスファミリで動作することは保証されていません。However, it doesn't guarantee that Universal Windows apps will just work on all device families. 選択した各デバイスファミリで アプリをテスト して、適切なエクスペリエンスを確保することが重要です。It's important to test your app on each of your chosen device families to ensure a good experience.

Mixed Reality アプリをストアに送信するSubmitting your Mixed Reality app to the Store

Unity プロジェクトに基づく Mixed Reality アプリを送信する場合は、まずこの ビデオ を参照してください。If you're submitting a Mixed Reality app that is based on a Unity project, see this video first.

一般に、HoloLens やイマーシブヘッドセットで動作する Windows Mixed Reality アプリを送信するのは、Microsoft Store に UWP アプリを送信するのと同じです。In general, submitting a Windows Mixed Reality app that works on HoloLens and/or immersive headsets is just like submitting any UWP app to the Microsoft Store. 名前を予約してアプリを作成したら、 UWP 送信チェックリストに従います。Once you've created your app by reserving its name, follow the UWP submission checklist.

最初に行うことの1つは、Mixed Reality エクスペリエンスの カテゴリとサブカテゴリを選択 することです。One of the first things you'll do is select a category and subcategory for your Mixed Reality experience. アプリに最も正確なカテゴリを選択 することが重要です。It's important that you choose the most accurate category for your app. カテゴリを使用すると、アプリケーションを適切なストアカテゴリに分類し、関連する検索クエリを使用して表示されるようにすることができます。Categories help merchandise your application in the right Store categories and ensure it shows up using relevant search queries. VR タイトルをゲームとして一覧表示すると、アプリの露出が向上しません 。これにより、より多くの調整が行われ、混雑が少なくなるカテゴリには表示されなくなる可能性があります。Listing your VR title as a game won't result in better exposure for your app, and may prevent it from showing up in categories that are more fitting and less crowded.

ただし、発行プロセスには、次の4つの重要な領域があります。これにより、現実的に固有の選択を行うことができます。However, there are four key areas in the submission process where you'll want to make Mixed Reality-specific selections:

  1. [プロパティ] の [ Product 宣言] セクションを参照してください。In the Product declarations section under Properties.
  2. [プロパティ] の [システム要件] セクションを参照してください。In the System requirements section under Properties.
  3. [パッケージ] の [デバイスファミリの可用性] セクションを参照してください。In the Device family availability section under Packages.
  4. いくつかの ストアの一覧ページ のフィールド。In several of the Store listing page fields.

Mixed Reality 製品宣言Mixed Reality product declarations

アプリの送信プロセスの [ プロパティ ] ページでは、[ 製品宣言 ] セクションで Mixed Reality に関連するいくつかのオプションを確認できます。On the Properties page of the app submission process, you'll find several options related to Mixed Reality in the Product declarations section.

Mixed Reality 製品宣言Mixed Reality product declarations
Mixed Reality 製品宣言Mixed Reality product declarations

まず、アプリが Mixed Reality エクスペリエンスを提供するデバイスの種類を識別する必要があります。First, you need to identify the device types for which your app offers a Mixed Reality experience. デバイスの種類を識別することで、アプリがストア内の Windows Mixed Reality コレクションに含まれるようになります。Identifying device types ensures that your app is included in Windows Mixed Reality collections in the Store.

"このエクスペリエンスは、次のような Windows Mixed Reality 向けに設計されています"Next to "This experience is designed for Windows Mixed Reality on:"

  • アプリがユーザーの PC にイマーシブヘッドセットを接続したときに VR エクスペリエンスを提供する場合は、[ PC ] チェックボックスをオンにします。Check the PC box if your app offers a VR experience when an immersive headset is connected to the user's PC. このチェックボックスをオンにすることをお勧めします。アプリがイマーシブヘッドセットで排他的に実行するように設定されているか、または、ヘッドセットが接続されているときに、標準の PC ゲームまたは混合の現実モードやボーナスコンテンツを提供しているアプリかWe recommend checking this box whether your app is set to run exclusively on an immersive headset or if it's a standard PC game or app offering a Mixed Reality mode and/or bonus content when a headset is connected.
  • Hololens での実行時にアプリが holographic experience を提供する場合にのみ、 hololens ボックスをオンにします。Check the HoloLens box only if your app offers a holographic experience when it's run on HoloLens.
  • 両方の種類のデバイスでアプリが Mixed Reality エクスペリエンスを提供する場合は、 両方 のチェックボックスをオンにします。Check both boxes if your app offers a Mixed Reality experience on both device types.

上の [PC] を選択した場合は、"Mixed Reality セットアップ" (アクティビティレベル) を設定する必要があります。If you selected "PC" above, you'll want to set the "Mixed Reality setup" (activity level). これは、ユーザーがセットアップ中に境界を定義していないため、イマーシブヘッドセットに接続されている Pc で実行される Mixed Reality エクスペリエンスにのみ適用されます。This only applies to Mixed Reality experiences that run on PCs connected to immersive headsets, as Mixed Reality apps on HoloLens are world-scale and the user doesn't define a boundary during setup.

  • ユーザーを1つの場所に配置するようにアプリを設計した場合は、[ 固定 ] を選択します。Choose Seated + standing if you designed your app to have the user stay in one position. たとえば、航空機コックピットを制御しているゲームがあるとします。For example, in a game where you're in control of an aircraft cockpit.
  • セットアップ中に定義されたセットの境界内でユーザーが実行する意図に基づいてアプリが設計されている場合は、[ すべてのエクスペリエンス ] を選択します。Choose All experiences if your app is designed with the intention that the user walks around within a set boundary defined during setup. たとえば、は、サイドステップとアヒルが攻撃を避けるためのゲームである場合があります。For example, might be a game where you side-step and duck to dodge attacks.

Mixed Reality システム要件Mixed Reality system requirements

アプリの送信プロセスの [ プロパティ ] ページでは、[ システム要件 ] セクションで Mixed Reality に関連するいくつかのオプションを確認できます。On the Properties page of the app submission process, you'll find several options related to Mixed Reality in the System requirements section.

システム要件System requirements
システム要件System requirements

このセクションでは、Mixed Reality アプリの最小 (必須) ハードウェアと推奨される (オプションの) ハードウェアを識別します。In this section, you'll identify minimum (required) hardware and recommended (optional) hardware for your Mixed Reality app.

入力ハードウェア:Input hardware:

アプリケーションで 音声入力用の マイク がサポートされている場合は、チェックボックスを使用して、潜在顧客に、 Xbox コントローラーまたはゲームパッド、または Windows Mixed Reality モーションコントローラー を指定します。Use the checkboxes to tell potential customers if your app supports microphone for voice input), Xbox controller or gamepad, and/or Windows Mixed Reality motion controllers. この情報は、アプリの製品詳細ページにストアに表示され、アプリが適切なアプリ/ゲームコレクションに含まれるようになります。This information will be surfaced on your app's product detail page in the Store and will help your app get included in the appropriate app/game collections. たとえば、モーションコントローラーをサポートするすべてのゲームにコレクションが存在する場合があります。For example, a collection may exist for all games that support motion controllers.

入力の種類については、[ハードウェアの最小値] または [推奨されるハードウェア] のチェックボックスをオンにすることをお勧めします。Be thoughtful about selecting checkboxes for "minimum hardware" or "recommended hardware" for input types.

次に例を示します。For example:

  • ゲームにモーションコントローラーが必要で、マイクを使用して音声入力を受け入れる場合は、[Windows Mixed Reality motion controller] の横にある [最小ハードウェア] チェックボックスをオンにします。ただし、[マイク] の横にある [推奨されるハードウェア] チェックボックスをオンにします。If your game requires motion controllers, but accepts voice input via microphone, select the "minimum hardware" checkbox next to "Windows Mixed Reality motion controllers," but the "recommended hardware" checkbox next to "Microphone."
  • Xbox コントローラー、ゲームパッド、またはモーションコントローラーを使用してゲームをプレイできる場合は、"Xbox コントローラーまたはゲームパッド" の横にある [最小ハードウェア] チェックボックスをオンにし、[Windows Mixed Reality motion controller] の横にある [推奨されるハードウェア] チェックボックスをオンにします。If your game can be played with either an Xbox controller, gamepad, or motion controllers, you might select the "minimum hardware" checkbox next to "Xbox controller or gamepad" and select the "recommended hardware" checkbox next to "Windows Mixed Reality motion controllers" as motion controllers will likely offer a step-up in experience from the gamepad.

Windows Mixed Reality イマーシブヘッドセット:Windows Mixed Reality immersive headset:

アプリを使用するためにイマーシブヘッドセットが必要かどうか、またはオプションであるかどうかを示すことは、お客様の満足度と教育に不可欠です。Indicating whether an immersive headset is required to use your app, or is optional, is critical to customer satisfaction and education.

アプリをイマーシブヘッドセットで のみ 使用できる場合は、[Windows Mixed Reality イマーシブヘッドセット] の横にある [最小ハードウェア] チェックボックスをオンにします。If your app can only be used through an immersive headset, select the "minimum hardware" checkbox next to "Windows Mixed Reality immersive headset." これは、アプリの製品詳細ページの [購入] ボタンの上に警告として表示されます。これにより、お客様は、従来のデスクトップアプリのように、PC で動作するアプリを購入しているとは考えられません。This will be surfaced on your app's product detail page in Store as a warning above the purchase button so customers don't think they're purchasing an app that will function on their PC like a traditional desktop app.

アプリが従来の PC アプリのようなデスクトップで実行されていても、イマーシブヘッドセットが接続されているときに VR エクスペリエンスが提供されている場合 (アプリの完全なコンテンツを利用できるか、一部のみ)、"Windows Mixed Reality イマーシブヘッドセット" の横にある [推奨ハードウェア] チェックボックスをオンにします。If your app runs on the desktop like a traditional PC app, but offers a VR experience when an immersive headset is connected (whether the full content of your app is available, or only a portion), select the "recommended hardware" checkbox next to "Windows Mixed Reality immersive headset." アプリがイマーシブヘッドセットが接続されていない従来のデスクトップアプリとして機能している場合、アプリの製品詳細ページの [購入] ボタンの上に警告は表示されません。No warning will be surfaced above the purchase button on your app's product detail page if your app functions as a traditional desktop app without an immersive headset connected.

PC 仕様:PC specifications:

アプリが、可能な限り多くの Windows Mixed Reality イマーシブヘッドセットユーザーにリーチできるようにするには、統合されたグラフィックスを使用する Windows Mixed Reality pcの pc 仕様を対象とします。If you want your app to reach as many Windows Mixed Reality immersive headset users as possible, target the PC specifications for Windows Mixed Reality PCs with integrated graphics.

Mixed Reality アプリが Windows Mixed Reality PC の最小要件を対象としているか、専用 GPU ([Windows Mixed Reality Ultra PC]) のような特定の PC 構成を必要とするか (の場合)、 https://docs.microsoft.com/windows/mixed-reality/enthusiast-guide/windows-mixed-reality-minimum-pc-hardware-compatibility-guidelines 関連する pc 仕様を "最小ハードウェア" 列に追加する必要があります。Whether your Mixed Reality app targets the minimum Windows Mixed Reality PC requirements, or needs a specific PC configuration like the dedicated GPU of a [Windows Mixed Reality Ultra PC](https://docs.microsoft.com/windows/mixed-reality/enthusiast-guide/windows-mixed-reality-minimum-pc-hardware-compatibility-guidelines, you should add the relevant PC specifications in the "minimum hardware" column.

混合の現実のアプリがパフォーマンスを向上させるように設計されている場合、または特定の PC 構成またはグラフィックスカードで高解像度のグラフィックスを提供している場合は、関連する PC 仕様を "推奨されるハードウェア" 列に含める必要があります。If your Mixed Reality app is designed for better performance or offers higher-resolution graphics on a particular PC configuration or graphics card, you should include the relevant PC specifications in the "recommended hardware" column.

これは、混合 Reality アプリが PC に接続されたイマーシブヘッドセットを使用している場合にのみ適用されます。This only applies if your Mixed Reality app uses an immersive headset connected to a PC. Mixed Reality アプリが HoloLens でのみ実行される場合、HoloLens にはハードウェア構成が1つしかないという PC 仕様を示す必要はありません。If your Mixed Reality app only runs on HoloLens, you won't need to indicate PC specifications as HoloLens has only one hardware configuration.

デバイス ファミリの利用可否Device family availability

Visual Studio で アプリを正しくパッケージ化 した場合は、[パッケージ] ページでアップロードすると、使用可能なデバイスファミリを含むテーブルが生成されます。If you've packaged your app correctly in Visual Studio, uploading it on the Packages page should produce a table with the available device families.

デバイスファミリの可用性テーブルDevice family availability table
デバイスファミリの可用性テーブルDevice family availability table

混合の現実アプリがイマーシブヘッドセットで動作する場合は、テーブルで少なくとも "Windows 10 Desktop" を選択する必要があります。If your Mixed Reality app works on immersive headsets, then at least "Windows 10 Desktop" should be selected in the table. Mixed Reality アプリが HoloLens で動作する場合は、少なくとも "Windows 10 Holographic" を選択する必要があります。If your Mixed Reality app works on HoloLens, then at least "Windows 10 Holographic" should be selected. アプリが Windows Mixed Reality ヘッドセットの種類の両方で実行されている場合は、"Windows 10 Desktop" と "Windows 10 Holographic" の両方を選択する必要があります。If your app runs on both Windows Mixed Reality headset types, both "Windows 10 Desktop" and "Windows 10 Holographic" should be selected.

ヒント

多くの開発者は、パッケージマニフェストと、パートナーセンターでのアプリ/発行者アカウント情報の不一致に関連するアプリのパッケージをアップロードするときに、エラーが発生します。Many developers run into errors when uploading their app's package related to mismatches between the package manifest and your app/publisher account information in Partner Center. 多くの場合、これらのエラーは、Windows 開発者アカウントに関連付けられているアカウント (パートナーセンターへのサインインに使用するアカウント) を使用して Visual Studio にサインインすることで回避できます。These errors can often be avoided by signing into Visual Studio with the same account associated with your Windows developer account (the one you use to sign into Partner Center). 同じアカウントを使用すると、アプリをパッケージ化する前に、Microsoft Store の id に関連付けることができます。If you use the same account, you'll be able to associate your app with its identity in the Microsoft Store before you package it.

アプリを Microsoft Store に関連付けるAssociate your app with the Microsoft Store
Visual Studio でアプリを Microsoft Store に関連付けるAssociate your app with the Microsoft Store in Visual Studio

ストアの一覧ページStore listing page

アプリ送信プロセスの [ ストアの一覧 ] ページでは、いくつかの場所で、Mixed Reality アプリに関する有用な情報を追加できます。On the Store listing page of the app submission process, there are several places you can add useful information about your Mixed Reality app.

重要

アプリがストアによって適切に分類され、Windows Mixed Reality のお客様が検出できるようにするには、アプリの "検索用語" の1つとして "Windows Mixed reality" を追加する必要があります ([共有フィールド] セクションを展開すると、検索語句を検索できます)。To ensure your app is correctly categorized by the Store and made discoverable to Windows Mixed Reality customers, you should add "Windows Mixed Reality" as one of your "Search terms" for the app (you can find search terms by expanding the "Shared fields" section).

Windows Mixed Reality を検索語句に追加するAdd Windows Mixed Reality to search terms
検索語句に "Windows Mixed Reality" を追加するAdd "Windows Mixed Reality" to search terms

ゲームまたはアプリの無料試用版を提供するOffering a free trial for your game or app

多くの場合、コンシューマーは、Windows Mixed Reality のイマーシブヘッドセットを購入する前に、仮想現実の経験がないことに制限されています。In many cases, your consumers will have limited to no experience with virtual reality before they buy a Windows Mixed Reality immersive headset. このようなユーザーは、大量のゲームで期待されることを認識していない場合や、イマーシブエクスペリエンスで独自の快適なしきい値を把握していない場合があります。They may not know what to expect from intense games or be familiar with their own comfort threshold in immersive experiences. 多くのお客様は、windows Mixed Reality pcとしてバッジされていない pc で、Windows mixed reality イマーシブヘッドセットを試すこともできます。Many customers may also try a Windows Mixed Reality immersive headset on PCs that aren't badged as Windows Mixed Reality PCs. これらの考慮事項により、有料の混合現実アプリまたはゲームの 無料試用版 の提供を検討することを強くお勧めします。Because of these considerations, we strongly recommend you consider offering a free trial for your paid Mixed Reality app or game.

関連項目See also