視線入力Gaze

見つめは入力の最初の形式であり、mixed reality 内でターゲットを設定する主な形式です。Gaze is the first form of input and is a primary form of targeting within mixed reality. 宝石は、ユーザーが世界中のどこを見ているかを示し、その意図を判断することができます。Gaze tells you where the user is looking in the world and lets you determine their intent. 実世界では、通常、対話するオブジェクトを見ていきます。In the real world, you'll typically look at an object that you intend to interact with. これは、宝石と同じです。This is the same with gaze.

Mixed reality ヘッドセットでは、ユーザーの頭の位置と向きを使用して、頭を見つめたベクトルを決定します。Mixed reality headsets use the position and orientation of your user's head to determine their head gaze vector. このベクトルは、ユーザーの目の間で直接のレーザーポインターと考えることができます。You can think of this vector as a laser pointer straight ahead from directly between the user's eyes. ユーザーが部屋を見ていくと、アプリケーションはこの射線と独自のホログラムを持つことができ、空間マッピングメッシュを使用して、ユーザーが見ている仮想オブジェクトや実世界オブジェクトを判断できます。As the user looks around the room, your application can intersect this ray, both with its own holograms and with the spatial mapping mesh to determine what virtual or real-world object your user may be looking at.

HoloLens 2 では、ユーザーの頭部、視線、またはほぼ手動の相互作用によって相互作用を対象にすることができます。On HoloLens 2, interactions can be targeted by either the user's head gaze, eye gaze or through near or far hand interactions. HoloLens (第1世代) では、通常、ユーザーの顔からターゲットを導き出す必要があります。これは、ユーザーの位置を直接レンダリングしたり操作したりすることではありません。On HoloLens (1st gen), interactions should generally derive their targeting from the user's head gaze, rather than trying to render or interact at the hand's location directly. 相互作用が開始されたら、操作やナビゲーションジェスチャと同様に、ハンドの相対的な動きを使ってジェスチャを制御できます。Once an interaction has started, relative motions of the hand may be used to control the gesture, as with the manipulation or navigation gesture. イマーシブヘッドセットを使用すると、ヘッド見つめまたはポイント対応のモーションコントローラーを使用してターゲットを調整できます。With immersive headsets, you can target using either head gaze or pointing-capable motion controllers.


デバイスのサポートDevice support

機能Feature HoloLens (第 1 世代)HoloLens (1st gen) HoloLens 2HoloLens 2 イマーシブ ヘッドセットImmersive headsets
頭を見つめますHead gaze ✔️✔️ ✔️✔️ ✔️✔️
視線Eye gaze ✔️✔️

注意

HoloLens 2 に固有のその他のガイダンスは近日対応予定です。More guidance specific to HoloLens 2 coming soon.

見つめの使用Uses of gaze

Mixed reality の開発者として、ヘッドまたは目を見つめながら、さまざまなことを行うことができます。As a mixed reality developer, you can do a lot with head or eye gaze:

  • アプリは、ユーザーの注意がどこであるかを判断するために、シーン内のホログラムとの間で使用できます。Your app can intersect gaze with the holograms in your scene to determine where the user's attention is.
  • アプリでは、ユーザーの宝石に基づいてジェスチャとコントローラーの押下をターゲットにして、ユーザーによる選択、アクティブ化、グラブ、スクロール、またはその他のホログラムとの対話を可能にすることができます。Your app can target gestures and controller presses based on the user's gaze, letting the user select, activate, grab, scroll, or otherwise interact with their holograms.
  • アプリを使用すると、空間マッピングメッシュを使用して、宝石を実際の表面に配置できます。Your app can let the user place holograms on real-world surfaces, by intersecting their gaze ray with the spatial mapping mesh.
  • アプリでは、ユーザーが重要なオブジェクトの方向を確認していないことを知ることができます。これにより、アプリは、そのオブジェクトに対して視覚的な合図やオーディオの手掛かりを与えることができます。Your app can know when the user is not looking in the direction of an important object, which can lead your app to give visual and audio cues to turn towards that object.

カーソルCursor

ヘッドを見つめする場合は、ほとんどのアプリでカーソル(またはその他の聴覚/視覚表示) を使用して、ユーザーが対話しようとしている内容に自信を持っている必要があります。For head gaze, most apps should use a cursor (or other auditory/visual indication) to give the user confidence in what they're about to interact with. 通常、このカーソルを世界中に配置して、頭の中線が1つ目のオブジェクトと交差するようにします。これは、ホログラムや実際の表面です。You typically position this cursor in the world where their head gaze ray first intersects an object, which may be a hologram or a real-world surface.

宝石を示すビジュアルカーソルの例An example visual cursor to show gaze
宝石を示すビジュアルカーソルの例An example visual cursor to show gaze

目を見つめて、通常はカーソルを表示しないことをお勧めします。これは、ユーザーにとって煩雑で面倒になるためです。For eye gaze, we generally recommend not to show a cursor, as this can quickly become distracting and annoying for the user. 代わりに、視覚的なターゲットを微妙に強調表示するか、非常に薄い目のカーソルを使用して、ユーザーが何を操作しようとしているかについて自信を持っています。Instead subtly highlight visual targets or use a very faint eye cursor to provide confidence about what the user is about to interact with. 詳細については、HoloLens 2 での目に基づく入力の設計ガイダンスを参照してください。For more information, please check out our design guidance for eye-based input on HoloLens 2.

ユーザーの宝石にアクションを与えるGiving action to the user's gaze

ユーザーが宝石を使用してホログラムまたは実際のオブジェクトを対象にしたら、次にそのオブジェクトに対してアクションを実行します。Once the user has targeted a hologram or real-world object using their gaze, their next step is to take action on that object. ユーザーがアクションを実行する主な方法は、ジェスチャモーションコントローラー音声を使用することです。The primary ways for a user to take action are through gestures, motion controllers and voice.

関連項目See also