開発者向けの Mixed reality キャプチャMixed reality capture for developers

注意

HoloLens 2 の新しい MRC 機能に関するガイダンスについては、以下のPV カメラのレンダーに関する説明を参照してください。See Render from the PV camera below for guidance on a new MRC capability for HoloLens 2.

ユーザーは、常にmixed reality キャプチャ(MRC) の写真またはビデオを取得できるため、アプリケーションを開発する際には注意が必要な点がいくつかあります。Since a user could take a mixed reality capture (MRC) photo or video at any time, there are a few things that you should keep in mind when developing your application. これには、MRC ビジュアル品質のベストプラクティスと、MRCs のキャプチャ中にシステムの変更に応答するためのベストプラクティスが含まれています。This includes best practices for MRC visual quality and being responsive to system changes while MRCs are being captured.

開発者は、混合現実のキャプチャと挿入をシームレスにアプリに統合することもできます。Developers can also seamlessly integrate mixed reality capture and insertion into their apps.

HoloLens の MRC (最初世代) では、720p までのビデオと写真がサポートされています。 HoloLens 2 の MRC では、最大1080p および最大4K 解像度までのビデオがサポートされています。MRC on HoloLens (first-generation) supports videos and photos up to 720p, while MRC on HoloLens 2 supports videos up to 1080p and photos up to 4K resolution.

品質の MRC の重要性The importance of quality MRC

多くの場合、ユーザーがアプリを使用するのは、大量の現実にキャプチャされた写真とビデオです。Mixed reality captured photos and videos are likely the first exposure a user will have of your app. Microsoft Store ページに mixed reality スクリーンショットとして使用するか、ソーシャルネットワーク上で MRCs を共有する他のユーザーからのものであるかを指定します。Whether as mixed reality screenshots on your Microsoft Store page or from other users sharing MRCs on social networks. MRC を使用して、アプリをデモし、ユーザーを教育し、世界中の対話を共有するようユーザーに促すことができます。また、ユーザーの調査や問題の解決にも対応できます。You can use MRC to demo your app, educate users, encourage users to share their mixed world interactions, and for user research and problem solving.

MRC がアプリに与える影響How MRC impacts your app

アプリでの MRC の有効化Enabling MRC in your app

既定では、アプリは、ユーザーが混合現実のキャプチャを実行できるようにするために何も行う必要はありません。By default, an app does not have to do anything to enable users to take mixed reality captures.

アプリでの MRC のアラインメントの向上を可能にするEnabling improved alignment for MRC in your app

既定では、mixed reality キャプチャは、右目の holographic 出力と写真/ビデオ (PV) カメラを結合します。By default, mixed reality capture combines the right eye's holographic output with the photo/video (PV) camera. この2つのソースは、現在実行中のイマーシブアプリによって設定されたフォーカスポイントを使用して結合されます。These two sources are combined using the focus point set by the currently running immersive app.

これは、フォーカス平面外のホログラムが、(PV カメラと右ディスプレイの間の物理的な距離によって) も整列しないことを意味します。This means that holograms outside the focus plane won't align as well (due to the physical distance between the PV camera and the right display).

フォーカスポイントを設定するSet the focus point

イマーシブアプリ (HoloLens) では、安定化平面を使用する場所のフォーカスポイントを設定する必要があります。Immersive apps (on HoloLens) should set the focus point of where they want their stabilization plane to be. これにより、ヘッドセットと mixed reality キャプチャの両方で最適なアラインメントが実現されます。This ensures the best alignment in both the headset and in mixed reality capture.

フォーカスポイントが設定されていない場合、安定化平面は既定で2メートルになります。If a focus point is not set, the stabilization plane will default to two meters.

PV カメラからのレンダリング (オプトイン)Render from the PV camera (opt-in)

HoloLens 2 では、mixed reality キャプチャが実行されている間に、アプリがPV カメラからレンダリングする機能を追加します。HoloLens 2 adds the ability for an immersive app to render from the PV camera while mixed reality capture is running. アプリで追加のレンダリングが正しくサポートされるようにするには、アプリでこの機能をオプトインする必要があります。To ensure the app supports the additional render correctly, the app has to opt-in to this functionality.

PV カメラからのレンダリングでは、既定の MRC エクスペリエンスに対して次の点が改善されています。Render from the PV camera offers the following improvements over the default MRC experience:

  • 物理環境とハンズオン (ほぼ相互作用のため) の両方に対するホログラムのアラインメントは、既定の MRC で見られるように、フォーカスポイント以外の距離でオフセットを使用するのではなく、すべての距離で正確である必要があります。Hologram alignment to both your physical environment and hands (for near interactions) should be accurate at all distances, instead of having an offset at distances other than the focus point as you might see in the default MRC.
  • ヘッドセットの右目は、MRC 出力のホログラムをレンダリングするために使用されないため、侵害されることはありません。The right eye in the headset won't be compromised, as it won't be used to render the holograms for the MRC output.

PV カメラからのレンダリングを有効にするには、次の3つの手順を実行します。There are three steps to enable rendering from the PV camera:

  1. PhotoVideoCamera HolographicViewConfiguration を有効にするEnable the PhotoVideoCamera HolographicViewConfiguration
  2. 追加の HolographicCamera render を処理するHandle the additional HolographicCamera render
  3. この追加の HolographicCamera からシェーダーとコードが正しくレンダリングされることを確認します。Verify your shaders and code render correctly from this additional HolographicCamera
PhotoVideoCamera HolographicViewConfiguration を有効にするEnable the PhotoVideoCamera HolographicViewConfiguration

オプトインするには、アプリは単に PhotoVideoCamera のHolographicViewConfigurationを有効にします。To opt-in, an app simply enables the PhotoVideoCamera's HolographicViewConfiguration:

var display = Windows.Graphics.Holographic.HolographicDisplay.GetDefault();
var view = display.TryGetViewConfiguration(Windows.Graphics.Holographic.HolographicViewConfiguration.PhotoVideoCamera);
if (view != null)
{
   view.IsEnabled = true;
}
DirectX で追加の HolographicCamera render を処理するHandle the additional HolographicCamera render in DirectX

アプリが PV カメラから表示するオプトインを持っていて、mixed reality キャプチャが開始される場合:When the app has opt-in to render from the PV camera and mixed reality capture starts:

  1. HolographicSpace の CameraAdded イベントが発生します。HolographicSpace's CameraAdded event will fire. このイベントは、アプリがこの時点でカメラを処理できない場合に遅延する可能性があります。This event can be deferred if the app cannot handle the camera at this time.
  2. イベントが完了すると (未処理の遅延がない場合)、HolographicCamera は次の HolographicFrame の AddedCameras の一覧に表示されます。Once the event has completed (and there are no outstanding deferrals) the HolographicCamera will appear in the next HolographicFrame's AddedCameras list.

Mixed reality キャプチャが停止した場合 (または mixed reality キャプチャが実行されているときにアプリがビューの構成を無効にした場合)、次の HolographicFrame の RemovedCameras の一覧に HolographicCamera が表示され、HolographicSpace の CameraRemoved イベントが発生します。起動.When mixed reality capture stops (or if the app disables the view configuration while mixed reality capture is running): the HolographicCamera will appear in the next HolographicFrame's RemovedCameras list and the HolographicSpace's CameraRemoved event will fire.

HolographicCamera にviewconfigurationプロパティが追加され、カメラが属している構成を識別できるようになりました。A ViewConfiguration property has been added to HolographicCamera to help identify the configuration a camera belongs to.

Unity で追加の HolographicCamera render を処理するHandle the additional HolographicCamera render in Unity

注意

PV カメラから表示する Unity サポートは開発中であり、まだ使用することはできません。Unity support to render from the PV camera is under development and can't be used, yet. このドキュメントは、PV カメラからのレンダリングをサポートする Unity のビルドが利用可能になったときに更新されます。This documentation will be updated when a build of Unity with support for rendering from the PV camera is available.

シェーダーとコードがサポートする追加のカメラを確認するVerify shaders and code support additional cameras

Mixed reality キャプチャを実行し、異常な配置、コンテンツ不足、またはパフォーマンスの問題がないか確認します。Run a mixed reality capture and check for unusual alignment, missing content, or performance issues. 必要に応じてシェーダーとコードを更新します。Update shaders and code as appropriate.

追加のカメラへのレンダリングをサポートできない特定のシーンがある場合は、その間に PhotoVideoCamera の HolographicViewConfiguration を無効にすることができます。If there are certain scenes that cannot support rendering to an additional camera, you can disable the PhotoVideoCamera's HolographicViewConfiguration during them.

アプリでの MRC の無効化Disabling MRC in your app

2D アプリ2D app

次の方法で混合の現実のキャプチャを実行すると、2D アプリでビジュアルコンテンツを非表示にすることができます。2D apps can choose to have their visual content obscured when mixed reality capture is running by:

イマーシブアプリImmersive app

イマーシブアプリでは、複合現実のキャプチャからビジュアルコンテンツを除外することを選択できます。Immersive apps can choose to have their visual content excluded from mixed reality capture by:

  • HolographicCameraRenderingParameter のIscontentprotectionenabledを設定して、関連付けられているフレームに対して mixed reality キャプチャを無効にしていますSetting HolographicCameraRenderingParameter's IsContentProtectionEnabled to disable mixed reality capture for its associated frame
  • HolographicCamera のIsHardwareContentProtectionEnabledを設定して、関連付けられている holographic カメラの mixed reality キャプチャを無効にするSetting HolographicCamera's IsHardwareContentProtectionEnabled to disable mixed reality capture for its associated holographic camera

パスワードキーボードPassword Keyboard

Windows 10 5 月2019更新プログラムでは、パスワードまたは pin キーボードが表示されたときに、ビジュアルコンテンツが mixed reality キャプチャから自動的に除外されます。With the Windows 10 May 2019 Update, visual content is automatically excluded from mixed reality capture when a password or pin keyboard is visible.

MRC がアクティブであることを把握していますKnowing when MRC is active

アプリでAppcaptureクラスを使用すると、システムの混合現実のキャプチャが実行されているかどうかを知ることができます (オーディオまたはビデオのいずれか)。The AppCapture class can be used by an app to know when system mixed reality capture is running (for either audio or video).

注意

デバイスで混合 reality キャプチャを利用できない場合、AppCapture のGetForCurrentView API は null を返すことがあります。AppCapture's GetForCurrentView API can return null if mixed reality capture isn't available on the device. アプリが中断されたときに CapturingChanged イベントの登録を解除することも重要です。それ以外の場合、MRC はブロックされた状態になります。It's also important to de-register the CapturingChanged event when your app is suspended, otherwise MRC can get into a blocked state.

ベストプラクティス (HoloLens 固有)Best practices (HoloLens-specific)

MRC は開発者による追加作業がなくても機能することが期待されていますが、アプリで最適な mixed reality キャプチャエクスペリエンスを提供するために注意すべき点がいくつかあります。MRC is expected to work without additional work from developers, but there are a few things to be aware of to provide the best mixed reality capture experience of your app.

MRC は、ホログラムのアルファチャネルを使用して、カメラの画像とブレンドします。MRC uses the hologram’s alpha channel to blend with the camera imagery

最も重要な手順は、アプリが不透明な黒にクリアするのではなく、透明な黒にクリアされるようにすることです。The most important step is to make sure your app is clearing to transparent black instead of clearing to opaque black. Unity では、これは既定で MixedRealityToolkit に対して行われますが、Unity 以外で開発している場合は、1行の変更が必要になることがあります。In Unity, this is done by default with the MixedRealityToolkit but if you are developing in non-Unity, you may need to make a one line change.

以下は、アプリが透明な黒にクリアされていない場合に、MRC に表示される可能性のあるアイテムの一部です。Here are some of the artifacts you might see in MRC if your app is not clearing to transparent black:

エラーの例: コンテンツの周囲に黒い端がある (透明な黒にクリアできない)Example Failures: Black edges around the content (failing to clear to transparent black)

Failing to clear to transparent black: black edge artifacts around holograms Failing to clear to transparent black: black edge artifacts around holograms

失敗の例: ホログラムの背景シーン全体が黒で表示されます。Example Failures: The entire background scene of the hologram appears black. 背景のアルファ値1を設定すると、背景が黒になります。Setting a background alpha value of 1 results in a black background

背景のアルファ値1を設定すると、背景が黒になります。

期待される結果: ホログラムが現実の世界と適切にブレンドされている (透明な黒に消去する場合は予期される結果)Expected Result: Holograms appear properly blended with the real-world (expected result if clearing to transparent black)

透過的な黒に消去する場合に予期される結果

解決方法:Solution:

  • アルファ値を0にするために、不透明な黒で表示されているコンテンツを変更します。Change any content that is showing up as opaque black to have an alpha value of 0.
  • アプリが透明な黒にクリアされていることを確認します。Ensure that the app is clearing to transparent black.
  • Unity の既定値は、MixedRealityToolkit で自動的にクリアされるようにクリアされますが、Unity 以外のアプリの場合は、ID3D11DeiceContext:: ClearRenderTargetView () で使用される色を変更する必要があります。Unity defaults to clear to clear automatically with the MixedRealityToolkit, but if it’s a non-Unity app you should modify the color used with ID3D11DeiceContext::ClearRenderTargetView(). 不透明な黒 (0、0、0、1) ではなく、透明な黒 (0、0、0、0) であることを確認する必要があります。You want to ensure you clear to transparent black (0,0,0,0) instead of opaque black (0,0,0,1).

必要に応じてアセットのアルファ値を調整できるようになりましたが、通常は必要ありません。You can now tune the alpha values of your assets if you’d like, but typically don’t need to. ほとんどの場合、MRCs はすぐに使えるように見えます。Most of the time, MRCs will look good out of the box. MRC は、前乗算したアルファを前提としています。MRC assumes pre-multiplied alpha. アルファ値は、MRC キャプチャにのみ影響します。The alpha values will only affect the MRC capture.

HoloLens が HoloLens で有効になっている場合に予期されることWhat to expect when MRC is enabled on HoloLens

以下は、特に明記されていない限り、HoloLens (第1世代) と HoloLens 2 の両方に適用されます。The following apply to both HoloLens (first-generation) and HoloLens 2, unless otherwise noted:

  • システムによって、アプリケーションが 30 Hz レンダリングに調整されます。The system will throttle the application to 30Hz rendering. これにより、MRC を実行するためのヘッドルームが作成されます。これにより、アプリは一定の予算予約を維持する必要がなく、30 fps の MRC ビデオレコードレートにも一致します。This creates some headroom for MRC to run so the app doesn’t need to keep a constant budget reserve and also matches the MRC video record framerate of 30fps
  • デバイスの右上にあるホログラムコンテンツは、録画/ストリーミングの場合、"スパーク" と表示されることがあります。テキストが読みにくくなり、ホログラムの端がより jaggy に見える可能性があります ( HoloLens 2での3番目のカメラのレンダリングでは、この侵害を回避します)。Hologram content in the right eye of the device may appear to “sparkle” when recording/streaming MRC: text may become more difficult to read and hologram edges may appear more jaggy (opting-in to 3rd camera render on HoloLens 2 avoids this compromise)
  • アプリケーションで有効になっている場合、MRC の写真やビデオによってアプリケーションのフォーカスポイントが尊重されます。これにより、ホログラムが正確に配置されます。MRC photos and videos will respect the application’s focus point if the application has enabled it, which will help ensure holograms are accurately positioned. ビデオの場合、フォーカスポイントが滑らかになるため、フォーカスポイントの深さが大幅に変化した場合に、ホログラムが徐々にずれて表示されることがあります。For videos, the Focus Point is smoothed so holograms may appear to slowly drift into place if the Focus Point depth changes significantly. フォーカスポイントと異なる深さにあるホログラムは、実際の世界からのオフセットとして表示されることがあります (下の例を参照してください。フォーカスポイントが2メートルで設定されていますが、ホログラムは1メーターに配置されています)。Holograms that are at different depths from the focus point may appear offset from the real world (see example below where Focus Point is set at 2 meters but hologram is positioned at 1 meter).

2メートルのホログラムは、世界に完全に登録されます。

アプリ内からの MRC 機能の統合Integrating MRC functionality from within your app

Mixed reality アプリでは、アプリ内から MRC の写真またはビデオキャプチャを開始できます。キャプチャされたコンテンツは、デバイスの "カメラロール" に格納されていなくてもアプリで利用できます。Your mixed reality app can initiate MRC photo or video capture from within the app, and the content captured is made available to your app without being stored to the device's "Camera roll." カスタムの MRC レコーダーを作成することも、組み込みのカメラキャプチャ UI を利用することもできます。You can create a custom MRC recorder or take advantage of built-in camera capture UI.

組み込みのカメラ UI を使用した MRCMRC with built-in camera UI

開発者は、 カメラキャプチャ UI API を使用して、わずか数行のコードでユーザーがキャプチャした mixed reality の写真またはビデオを取得できます。Developers can use the Camera Capture UI API to get a user-captured mixed reality photo or video with just a few lines of code.

この API は組み込みの MRC カメラ UI を起動します。この UI では、ユーザーは写真やビデオを撮影し、結果として得られたキャプチャをアプリに返すことができます。This API launches the built-in MRC camera UI, from which the user can take a photo or video, and returns the resulting capture to your app. 独自のカメラ UI を作成する場合、またはキャプチャストリームへの低いレベルのアクセスが必要な場合は、カスタムの Mixed Reality キャプチャレコーダーを作成できます。If you want to create your own camera UI, or need lower-level access to the capture stream, you can create a custom Mixed Reality Capture recorder.

カスタム MRC レコーダーの作成Creating a custom MRC recorder

ユーザーは、常にシステム MRC キャプチャサービスを使用して写真またはビデオをトリガーできますが、アプリケーションではカスタムカメラアプリを作成する必要がありますが、ホログラムは、MRC と同様にカメラストリームに含めることができます。While the user can always trigger a photo or video using the system MRC capture service, an application may want to build a custom camera app but include holograms in the camera stream just like MRC. これにより、アプリケーションはユーザーの代わりにキャプチャを開始したり、カスタムの記録 UI を作成したり、MRC 設定をカスタマイズしていくつかの例に名前を設定したりできます。This allows the application to kick off captures on behalf of the user, build custom recording UI, or customize MRC settings to name a few examples.

HoloStudio は、MRC 効果を使用してカスタム MRC カメラを追加しますHoloStudio adds a custom MRC camera using MRC effects

HoloStudio は、MRC 効果を使用してカスタム MRC カメラを追加します

Unity アプリケーションでは、プロパティのLocatable_camera_in_Unityが表示され、ホログラムが有効になります。Unity Applications should see Locatable_camera_in_Unity for the property to enable holograms.

その他のアプリケーションでは、 Windows Media Capture apiを使用してカメラを制御し、ビデオとオーディオ効果を追加して、仮想ホログラムとアプリケーションオーディオを静止画やビデオに含めることができます。Other applications can do this by using the Windows Media Capture APIs to control the Camera and add an MRC Video and Audio effect to include virtual holograms and application audio in stills and videos.

アプリケーションには、効果を追加するためのオプションが2つあります。Applications have two options to add the effect:

注意

MixedRealityCapture 名前空間は Visual Studio で認識されませんが、文字列はまだ有効です。The Windows.Media.MixedRealityCapture namespace will not be recognized by Visual Studio, but the strings are still valid.

MRC ビデオ効果 (MixedRealityCapture. MixedRealityCaptureVideoEffect)MRC Video Effect (Windows.Media.MixedRealityCapture.MixedRealityCaptureVideoEffect)

プロパティ名Property Name タスクバーの検索ボックスにType 既定値Default Value 説明Description
StreamTypeStreamType UINT32 (Mediastreamtype)UINT32 (MediaStreamType) 1 (VideoRecord)1 (VideoRecord) この効果がどのキャプチャストリームに使用されるかを説明します。Describe which capture stream this effect is used for. オーディオは使用できません。Audio is not available.
HologramCompositionEnabledHologramCompositionEnabled booleanboolean TRUETRUE ビデオキャプチャのホログラムを有効または無効にするフラグ。Flag to enable or disable holograms in video capture.
RecordingIndicatorEnabledRecordingIndicatorEnabled booleanboolean TRUETRUE ホログラムのキャプチャ中に画面の記録インジケーターを有効または無効にするフラグ。Flag to enable or disable recording indicator on screen during hologram capturing.
VideoStabilizationEnabledVideoStabilizationEnabled booleanboolean FALSEFALSE HoloLens トラッカーを使用して、ビデオの安定化を有効または無効にするフラグ。Flag to enable or disable video stabilization powered by the HoloLens tracker.
VideoStabilizationBufferLengthVideoStabilizationBufferLength UINT32UINT32 00 ビデオ安定化に使用する履歴フレームの数を設定します。Set how many historical frames are used for video stabilization. 0は待機時間が0で、電源とパフォーマンスの観点からはほぼ "無料" です。0 is 0-latency and nearly "free" from a power and performance perspective. 最大品質には15が推奨されます (待機時間とメモリの15フレームのコスト)。15 is recommended for highest quality (at the cost of 15 frames of latency and memory).
GlobalOpacityCoefficientGlobalOpacityCoefficient floatfloat 0.9 (HoloLens) 1.0 (イマーシブヘッドセット)0.9 (HoloLens) 1.0 (Immersive headset) 0.0 (完全に透明) から 1.0 (完全に不透明) までの範囲内のホログラムのグローバル不透明度係数を設定します。Set global opacity coefficient of hologram in range from 0.0 (fully transparent) to 1.0 (fully opaque).
BlankOnProtectedContentBlankOnProtectedContent booleanboolean FALSEFALSE 保護されたコンテンツを示す 2d UWP アプリがある場合に空のフレームを返すことを有効または無効にするフラグ。Flag to enable or disable returning an empty frame if there is a 2d UWP app showing protected content. このフラグが false で、2d UWP アプリで保護されたコンテンツが表示されている場合、2d UWP アプリはヘッドセットと mixed reality キャプチャの両方で保護されたコンテンツテクスチャに置き換えられます。If this flag is false and a 2d UWP app is showing protected content, the 2d UWP app will be replaced by a protected content texture in both the headset and in the mixed reality capture.
ShowHiddenMeshShowHiddenMesh booleanboolean FALSEFALSE Holographic カメラの非表示領域メッシュと隣接するコンテンツの表示を有効または無効にするフラグ。Flag to enable or disable showing the holographic camera's hidden area mesh and neighboring content.
OutputSizeOutputSize SizeSize 0、00, 0 ビデオの安定化のトリミング後に、目的の出力サイズを設定します。Set the desired output size after cropping for video stabilization. 0または無効な出力サイズが指定されている場合は、既定のトリミングサイズが選択されます。A default crop size is chosen if 0 or an invalid output size is specified.
PreferredHologramPerspectivePreferredHologramPerspective UINT32UINT32 1 (PhotoVideoCamera)1 (PhotoVideoCamera) キャプチャする holographic カメラビュー構成を示すために使用される列挙です。Enum used to indicate which holographic camera view configuration should be captured. 0 (表示) に設定すると、アプリは写真/ビデオカメラから表示するように要求されません。Setting 0 (Display) means that the app won't be asked to render from the photo/video camera

MRC オーディオ効果 (MixedRealityCapture. MixedRealityCaptureAudioEffect)MRC Audio Effect (Windows.Media.MixedRealityCapture.MixedRealityCaptureAudioEffect)

プロパティ名Property Name タスクバーの検索ボックスにType 既定値Default Value 説明Description
MixerModeMixerMode UINT32UINT32 22
  • 0: Mic オーディオのみ0 : Mic audio only
  • 1: システムオーディオのみ1 : System audio only
  • 2: Mic とシステムオーディオ2 : Mic and System audio

同時の MRC の制限事項Simultaneous MRC limitations

同時に、複数のアプリが MRC にアクセスすることには、いくつかの制限があります。There are certain limitations around multiple apps accessing MRC at the same time.

写真/ビデオカメラへのアクセスPhoto/video camera access

写真/ビデオカメラは、同時にアクセスできるプロセスの数に制限されています。The photo/video camera is limited to the number of processes that can access it at the same time. プロセスがビデオを記録したり、写真を撮影したりしている間、他のプロセスは写真/ビデオカメラの取得に失敗します。While a process is recording video or taking a photo any other process will fail to acquire the photo/video camera. (これは Mixed Reality キャプチャと標準の写真/ビデオキャプチャの両方に適用されます)(this applies to both Mixed Reality Capture and standard photo/video capture)

HoloLens 2 では、アプリは MediaCaptureInitializationSettings ' Sharingmodeプロパティを使用して、写真/ビデオカメラを排他的に制御する必要がない場合に sharedreadonly を実行することを示すことができます。With HoloLens 2, an app can use MediaCaptureInitializationSettings' SharingMode property to indicate that they want to run SharedReadOnly if they don't need exclusive control over the photo/video camera. これにより、キャプチャの解像度とフレームレートは、他のアプリによって提供されるように構成されている他のアプリに制限されます。Doing so means the resolution and framerate of the capture will be limited to what other apps have configured the camera to provide.

組み込みの MRC フォト/ビデオカメラアクセスBuilt-in MRC photo/video camera access

Windows 10 に組み込まれた MRC 機能 (Cortana、スタートメニュー、ハードウェアショートカット、Miracast、Windows デバイスポータル):MRC functionality built into Windows 10 (via Cortana, Start Menu, hardware shortcuts, Miracast, Windows Device Portal):

  • 既定では ExclusiveControl を使用して実行されますWill run with ExclusiveControl by default

ただし、各サブシステムには、共有モードで動作するためのサポートが追加されています。However, support has been added to each subsystem to operate in a shared mode:

  • アプリが写真/ビデオカメラへの ExclusiveControl アクセスを要求した場合、組み込みの MRC は、アプリの要求が成功するように、写真/ビデオカメラの使用を自動的に停止します。If an app requests ExclusiveControl access to the photo/video camera, built-in MRC will automatically stop using the photo/video camera so the app's request will succeed
  • アプリの ExclusiveControl 中に組み込みの MRC が開始された場合、組み込みの MRC は SharedReadOnly モードで実行されますIf built-in MRC is started while an app has ExclusiveControl, built-in MRC will run in SharedReadOnly mode

この共有モード機能には、いくつかの制限があります。This shared mode functionality has certain restrictions:

  • Cortana、ハードウェアショートカット、または [スタート] メニューを使用した写真: Windows 10 April 2018 更新プログラム (またはそれ以降) が必要Photo via Cortana, hardware shortcuts, or Start Menu: Requires the Windows 10 April 2018 Update (or later)
  • Cortana、ハードウェアショートカット、または [スタート] メニューを使用したビデオ: Windows 10 April 2018 更新プログラム (またはそれ以降) が必要です。Video via Cortana, hardware shortcuts, or Start Menu: Requires the Windows 10 April 2018 Update (or later)
  • Miracast 経由のストリーミング MRC: Windows 10 10 月2018更新プログラム (またはそれ以降) が必要です。Streaming MRC over Miracast: Requires the Windows 10 October 2018 Update (or later)
  • Windows デバイスポータルまたは HoloLens コンパニオンアプリを使用したストリーミング MRC: HoloLens 2 が必要ですStreaming MRC over Windows Device Portal or via the HoloLens companion app: Requires HoloLens 2

注意

別のアプリが写真/ビデオカメラを使用している場合、組み込みの MRC カメラ UI の解像度とフレームレートは通常の値から小さくなることがあります。The resolution and framerate of the built-in MRC camera UI might be reduced from its normal values when another app is using the photo/video camera.

MRC アクセスMRC access

Windows 10 April 2018 更新プログラムでは、MRC ストリームにアクセスする複数のアプリに関する制限はなくなりました (ただし、写真/ビデオカメラへのアクセスにはまだ制限があります)。With the Windows 10 April 2018 Update, there is no longer a limitation around multiple apps accessing the MRC stream (however, the access to the photo/video camera still has limitations).

Windows 10 April 2018 Update より前のバージョンでは、アプリのカスタム MRC レコーダーはシステム MRC と同時に使用できませんでした (写真をキャプチャする、ビデオをキャプチャする、または Windows デバイスポータルからストリーミングする)。Previous to the Windows 10 April 2018 Update, an app's custom MRC recorder was mutually exclusive with system MRC (capturing photos, capturing videos, or streaming from the Windows Device Portal).

関連項目See also