MRTK v2 の概要Getting started with MRTK v2

MRTK ファースト ステップ ガイドMRTK Getting Started Guide

参照してください、 MRTK ファースト ステップ ガイドMRTK V2 の概要についてはします。See the MRTK getting started guide for information on getting started with MRTK V2.

Mixed Reality ツールキット (MRTK) とは何ですか。What is Mixed Reality Toolkit (MRTK)?

MRTK は、HoloLens はリリース当初とでは、今せずに作成した開発者コミュニティの困難な作業はできないためにきました驚くようなオープン ソースのツールキットです。The MRTK is an amazing open source toolkit that has been around since the HoloLens was first released, and would not be where it is today without the hard work of our developer community who have contributed to it. 過去 3 年の間、開発者コミュニティのフィードバックに応えし、する最大の懸念事項を考慮に入れて MRTK v2 を作成しました。Over the past 3 years, we have listened to the feedback of our developer community, and built MRTK v2 to take the biggest concerns into account.

Unity を使った MRTK v2 には、複合現実のアプリケーション用のオープン ソース クロス プラットフォーム開発キットです。The MRTK v2 with Unity is an open source cross-platform development kit for mixed reality applications. MRTK バージョン 2 の目的は、Microsoft HoloLens、Windows Mixed Reality 没入型 (VR) ヘッドセットと OpenVR プラットフォームを対象とするアプリケーションの開発を促進します。MRTK version 2 is intended to accelerate development of applications targeting Microsoft HoloLens, Windows Mixed Reality immersive (VR) headsets and OpenVR platform. プロジェクトの目的は、複合現実のアプリケーションを作成しすべての拡大に伴い、コミュニティに貢献するエントリに対する障壁を削減です。The project is aimed at reducing barriers to entry to create mixed reality applications and contribute back to the community as we all grow.

参照してください、 MRTK ドキュメント ポータル詳細。See the MRTK documentation portal to learn more.

機能領域Feature areas

Input system 入力システムInput System

Hand Tracking (HoloLens 2) 追跡 (HoloLens 2) を渡すHand Tracking (HoloLens 2)

Eye Tracking (HoloLens 2) 視線 (HoloLens 2)Eye Tracking (HoloLens 2)

Voice Commanding 音声コマンドの実行Voice Commanding

Gaze + Select (HoloLens (1st gen)) 視線 + の選択 (HoloLens (第 1 世代))Gaze + Select (HoloLens (1st gen))

Teleportation TeleportationTeleportation

UI Controls UI コントロールUI Controls

Solver and Interactions ソルバーと相互作用Solver and Interactions

Controller Visualization コント ローラーの視覚化Controller Visualization

Spatial Understanding 空間の理解Spatial Understanding

Diagnostic Tool 診断ツールDiagnostic Tool

MRTK Standard Shader MRTK 標準シェーダーMRTK Standard Shader

UI と相互作用の構築ブロックUI and Interaction Building blocks

Button
ボタンButton
HoloLens 2 の関節手の形を含む、さまざまな入力方式をサポートするボタン コントロール
A button control which supports various input methods including HoloLens 2's articulated hand

Solver
ソルバーSolver
さまざまなオブジェクトの配置動作 tag-along、本文ロック、定数のビュー サイズおよび surface 磁力など
Various object positioning behaviors such as tag-along, body-lock, constant view size and surface magnetism

Fingertip Visualization
指の視覚化Fingertip Visualization
指を直接やり取りする信頼度を向上させる visual アフォー ダンス
Visual affordance on the fingertip which improves the confidence for the direct interaction

MRTK v2 の最小要件Minimum Requirement for MRTK v2

  • Unity 2018.3.xUnity 2018.3.x
  • Microsoft Visual Studio 2017 またはそれ以降Microsoft Visual Studio 2017 or later
  • Windows SDK 18362+Windows SDK 18362+
  • Windows 10 1803 以降Windows 10 1803 or later

新しい MRTK v2New with MRTK v2

これらのプラットフォーム ツールに対するマイクロソフトのコミットメントを強調します。We want to stress our commitment to these platform tools. 実際には、セットアップ experience (OOBE) や Mixed Reality Learning アプリケーションなど、受信トレイ エクスペリエンスを開発する MRTK バージョン 2 を利用します。In fact, we leveraged MRTK version 2 to develop our inbox experiences, such as the setup experience (OOBE) and our Mixed Reality Learning application. 最初は、プラットフォーム上で開発する最善の方法を考えているためです MRTK を通じて公開されている新しい HoloLens 2 機能を確認することも期待できます。You can also expect to see new HoloLens 2 capabilities first exposed through MRTK because we believe it’s the best way to develop on our platform.

モジュールModular

ツールキットのすべてのビットをプロジェクトを考慮する必要はありませんようにして、モジュール方式で作成しましたがあります。We have built it in a modular way, so that you do not need to take every bit of the toolkit into your project. これを実際には、いくつかの利点があります。There are actually a few benefits to this. プロジェクトのサイズを小さく維持だけでなく管理しやすくなります。It keeps your project size smaller, as well as makes it easier to manage. スクリプト可能なオブジェクトで構築されていますので、インターフェイス駆動ことも、その他のサービス、システム、およびプラットフォームをサポートするために、独自に含まれているコンポーネントを交換するため。On top of that, because it’s built with scriptable objects and is interface driven, it’s also possible for you to replace the components that are included with your own, to support other services, systems, and platforms.

クロスプラットフォームCross-platform

その他のプラットフォームと言えば、クロス プラットフォーム サポートしています。Speaking of other platforms, it has cross-platform support. すべて 1 つのプラットフォームがサポートしているわけでは中、に他のプラットフォーム、ビルド ターゲットを切り替えたときに中断されます toolkit のことを確認されました。And while this doesn’t mean every single platform is supported out of the box, we have made sure none of the toolkit code will break when you switch your build target to other platforms. 堅牢性とモジュールの設計による拡張機能を ARCore、ARKit、OpenVR など、複数のプラットフォームをサポートできる適切なパスを設定します。The robustness and extensibility with the modular design sets you up on a good path to be able to support multiple platforms, such as ARCore, ARKit, and OpenVR.

パフォーマンスの高いPerformant

モバイル プラットフォームを使用 20050607 がパフォーマンスに注意してください。Working with mobile platforms, we constructed it with performance in mind. これは非常に重要なツールが働きますしようとしていないことを確認したいです。This is super important, and we wanted to ensure that the tools are not going to work against you.

関連項目See also